|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百四十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 いつまでもあるいは逆境、あるいは順境に処して、それに支配されるのは専ら苦楽のためである。楽は好ましく愛するの意である。好み愛するものを求める情はいつまでたっても止まぬ。無際限なものである。人の楽欲するところは、第二に名誉である。名誉のうちに二種類、行為に関するもの、才能芸術に関するもの二つ。楽欲の第二は色慾である。その第三は飲食物に対する慾である。いっさいの欲望はこの三つをもって最上とする。この三つはいずれも人間の本性に違背した心から発しているの燐丶それには多かれ少かれ、煩悶を伴う。求めないのが最もいい。
メニュー

更新履歴
取得中です。