|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百四十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 八歳になった時、自分は父にたずねて仏とはどんなものでしょうかというと、父は仏には人間がなったのだという。またたずねて人間がどうして仏になったのでしょう。すると父が答えて仏に教えられてなるのです。さらにたずねてその教える仏は何が教えて仏にしたのでしょう。父が答えてそれもまたその前になっていた仏の教えによっておなりなすったものです。そこでさらにたずねて、それではその一番はじめに教えた第一番の仏は、どうしてできた仏でしょうと言うと、父は、さあそれは天から降ったかも知れない地から湧いたのかも知れないと言って笑った。後で子供に問いつめられて返答ができなくなりました、といろんな人に話して面白がっておられた。
メニュー

更新履歴
取得中です。