|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

国木田独歩「節操」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「房、奥様の出る時何とか言つたかい。」と佐山銀之助は茶の間に入ると直ぐ訊いた。
「今日は講習會から後藤|樣≪さん≫へ一寸廻るから少し遲くなると|被仰≪おつしや≫いました。」
「飯を|食≪くは≫せろー」と銀之助は|忌々≪いま/\≫しさうに言つて、白布の|覆≪か≫けてある長方形の食卓の前にドツカと坐わつた。
 女中の房は手早く燗瓶を銅壺に入れ、食卓の布を除つた。そして更に卓上の食品を彼處此處と置き直して心配さうに主人の樣子をうかゞつた。
 銀之助は外套も脱がないで兩臂を食卓に突いたまゝ眼を閉ぢて居る。
「お衣服《めし》をお着更になつてから召上つたら如何で御座います。」と房は主人の窮屈さうな樣子を見て、恐る/\言つた。御機嫌を取る積りでもあつた。何故主人が不機嫌であるかも略ぼ知つて居るので、
「面倒臭い此儘で食ふ、お燗は|最早可≪もうい≫いだらう。」
 房は燗瓶を揚げて直ぐ酌をした。銀之助は會社から歸りに何處かで飮んで來たと見え、此時既にやや醉つて居たのである。醉へば蒼白くなる顔は益々蒼白く、秀でた眉を寄せて口を一文字に結んだのを見ると房は|可恐≪こはい≫と思つた。
 二三杯ぐい/\飮んでホッと|嘆息≪ためいき≫をしたが、銀之助は|如何≪どう≫考へて見ても|忌々≪いま/\≫しくつて堪らない。今日は|平時≪いつも≫より遲く|故意≪わざ≫と七時過ぎに|歸宅≪かへ≫つて見たが、矢張豫想通り妻の元子は歸つて居ない。これなら下宿屋に居るも同じことだと思ふ位なら未だ辛抱も出來るが、銀之助の腹の底には或物がある。
「何時頃に歸ると言つた。」
「何とも|被仰≪おつしや≫いませんでした。」と房は|言悪≪いひにく≫さうに答へる。
 後藤へ廻はるなら廻はると朝自分が出る前にいくらでも言ふ|時≪ひま≫があるぢやアないかと思ふと、銀之助は思はず、
「人を馬鹿にして居やアがる。」と唸るやうに言つた。そして酒ばかりぐいノ\呑むので、房は、
「旦那樣何か召上がりませんか、」と|如何≪どう≫かして機嫌を取る積りで優しく言つた。
「見ろ、何が食へる。薄ら寒い秋の末に熱い汁が一杯吸へないなんて情ないことがあるものか。下宿屋だつて汁ぐらゐ吸はせる。」
 銀之助の不平は|最早二月≪もうふたつき≫前からのことである。そして|平時≪いつ≫も此不平を|明白≪あからさま≫に口へ出して言ふ時は
「下宿屋だつて」を持出す。決して腹の底の或物ほ出さない。
 房は「下宿屋」が出たので|沈默≪だまつ≫て了つた。銀之助は急に起上がって、
「出て來る。」
「最早直≪もうぢ≫き奥樣がお帰宅《かへ》りになりませう。」と房は驚いて止めるやうに言つた。
「奥|樣≪さん≫の|歸宅≪かへる≫のを待たないでも可いぢやアないか。」
 銀之助はむちやくちや腹で酒ばかし呑んで斯うやつて居るのが、女房の歸るのを待つて居るやうな氣がしたので、急に外に飛び出したくなつたのである。
「外で何を勝手な眞似をして居るか解りもしない女房のお|歸宅≪かヘり≫を、謹んでお待ち申す亭主ぢやアないそ」といふのが銀之助の腹である。
「それはさうで御座いますが、最早直きお歸りになりませうから。」と房は飽くまで止めようとした。
「歸ったつて可いぢやアないか。|乃公≪おれ≫は出るから」と言ひ放つて、何か思ひ着いたと見え、|急速≪いそ≫いで二階に上つた。
 火鉢には櫻炭が埋《い》かつて、小さな鐡瓶からは湯気を吐いて居る。空氣洋燈が煌々と燿いて書棚の|角角≪かどかど≫や、金文字入りの|書≪ほん≫や、置時計や、水彩甕の金縁や、籐のソハに敷いてある白狐の銀毛などに反射して部屋は綺麗で陽氣である、銀之助はこれが|好≪すき≫である。しかし今夜は此等の光景も彼を誘引する力が少しもない。机の上に置いてある彼が不在中に來た封書や葉書を手早く調べた。其中に一通差出人の姓名の書いてない封書があつた。不審に思つて先づ封を切つて見ると驚くまいことか、彼が今の妻と結婚しない以前に關係のあつた|静≪しづ≫といふ女からの手紙である。
 銀之助は静と結婚する積りであつたけれど教育が無いとか身分が卑しいとかいふ非難が親族や朋友の間に起り、且つ其純潔すら疑がはれたので遂に何時とはなしに銀之助の方から別れて了つたのであった。別れて今の妻《さい》と結婚して後は靜の成行≪なりゆき≫に就き銀之助は全く知らなかつた。
 ところが五年目に突然此手紙、何事かと驚いて読み下すと其意味はーお別れしてから種々の運命に遇つた末今は或男と夫婦同樣になつて居る、然るに貴樣《あなたさま》との關係と同じく、矢張男の家で結婚を許さない、その爲め男は遂に家出して今は愛宕町何丁目何番地小川方に二人して日蔭者の|生活≪くらし≫をして居る。窮迫に窮迫を重ね、ちび/\した借金も積りて今は何としても立行かぬ樣となつた。そこで如何なることがあつても貴樣《あなたさま》はと誓つて居たけれど、其誓も捨て義理も忘れてお願ひ申すのである、何卒二十圓だげ用意して明晩來て呉れまいかーといふのである。
 明晩とは今夜である、銀之助はしみ/゛\靜の|不幸≪ふしあはせ≫を思つた。靜は男に|愛着≪おも≫はれ又た男を|愛着≪おも≫ふ女である。そして可憐で正直で怜悧な女であるが不思議と關係のない者からは卑しい人間のやうに思はれる女で、實に何者にか咀《のろ》はれて居るのではないかと思った。しかし銀之助には以前≪もと≫の戀の情《こゝろ》は少しもなかつた。
 どうせ飛び出すのだ、何しろ訪ねて見ようと、銀之助は先づ懐中を改めると五圓札が一枚と|餘≪あと≫は小錢で五六十錢あるばかり。これでも仕方がない、不足の分は|先方≪むかう≫の樣子を見てからの事と直ぐ下に降りた。     ・
「房、遲くなつたら|閉≪し≫めても可いよ。」
「アラ如何してもお出になりますので御座いますか。」と房はきよと/\して氣が氣でない。
「何に心配しないでも可いよ。奥樣に急に用が出來たから出たつて言つてお呉れ。」
 外は星夜で風の無い靜かな晩である。左へ曲れば公園脇の電車道、銀之助は右に折れてお濠邊の通行のない方を選んだ。ふと氣が着いて、自宅から二三丁先の或家の瓦斯燈で時計を見ると八時過ぎである。
 外で冷かな空氣に觸れると醉が足りない。もすこし飮んで出れば可かつたと思つた。
 愛宕町は七八丁の距離しかないので銀之助は靜のこと、今の妻の元子のことを考へながら、歩むともなく|徐々≪のろ/\≫歩るいた。
 成程比べて見ると靜には何處か卑しいところがあつて、元子にはそれがない。
 静の卑しいやうに他≪ひと≫から思はれるところは何故であるかと考へた。靜には何處かに色ッぽい風がある。女性にはなくてならぬ節操といふ釘が一本足りないで、其爲め身體全體に「たるみ」が出來て居る、其「たるみ」が卑しい色を成して居るのだ、それが證據には自分の前に静には|情夫≪をとこ≫が有つたらしく、自分の後に今の男があるではないか。
 けれども自分の経驗に依ると靜は自分と關係してる間は、決して自分を不安に思はしめるやうなことは無かつた。正直で可憐で柔和で身も魂も自分に捧げて居るやうであつた。
 銀之助は斯う考へて來ると|解≪わか≫らなくなつた。|節操≪みさを≫といふものが解らなくなつた。
 成程元子は見たところ|節操々々≪みさを/\≫して居る。けれど講習會を名に何をして居るか知れたものでない。想像して見ると不審の點は|幾多≪いくら≫もある。今夜だつて何を働いて居るか自分は見て居ない。自分の見る事も出來ないこと、それが自分に猛烈な苦惱を與へることを元子は實行して居るではないか。
 考へれば考へるほど銀之助には解らなくなつた。忌々しさうに頭を振つて、急に|急足≪いそぎあし≫で愛宕町の闇い狹い路地をぐる/\廻つて|漸≪やつ≫と格子戸の小さな二階屋に「小川」と薄暗い瓦斯燈の點けてあるのを発見けた。「小川方」とあつた、よろしいこれだと、躊躇ふことなく格子を開けて、
「お宅にお靜さんといふ人が同居して居られますか。」
 と訊くや、直ぐ現はれたのが静であつた。
「能く來て下さいました。待つて居たんですよ。サアどうか上つて下さいましな。」と低い艶のある聲は昔のまゝである。
「イヤ上るまい。貴方は一寸出られませんか。」
「さうね、一寸待つて下さい。{と急いで二階へ上つたが間もなく降りて來て、
「それでは|其所≪そこ≫いらまで御一所に歩きませう。」
 二人は並んで默つて路地を出た。出るや直ぐ銀之助は、
「よくこれが出しましたね.」と親指を静の眼の前へ突き出した。
「アラ|彼≪あん≫な事を、相變らず口が悪いのね。」
「別れてから、たつた五年ぢアありませんか。」
「ほんとに五年になりますね、|昨日≪きのふ≫のやうだけれど。」
 二人の言葉は一寸途斷れた。そして何所へともなく目的≪あてど≫なく歩いて居るのである。
「今のこれとは何時からです。」と銀之助は又た親指を出した。
「これはお|止≪よ≫しなさいよ、變ですから。|一昨年≪をととし≫の冬からです。」
「それまでは。」
「|貴樣≪あなた≫と|不可≪いけ≫なくなつてから唯だ内に居ました。」
「たゞ。」
「さうよ。」と言つて「おゝ薄ら寒い」と静は銀之助に寄り添つた。銀之助は思はず左の手を靜の肩に掛けかけたが|止≪よ≫した。
「僕も醉が醒めかゝつて寒くなつて來た。靜ちやんさへ差つかへ無けれア彼の角の西洋料理へ上がつてゆつくり話しませう。」
 靜は一寸考へて居たが、
「|最早≪もう≫遲いでせう。」
「ナアに未だ。」
 靜は又一寸考へて、
「|貴郎≪あなた≫私のお願を叶へて下すつて。」と言はれて氣が着き、銀之助は|停止≪たちど≫まつた。
「實は僕今夜は五圓札一枚しか持つて居ないのだ。これは僕の小使錢の餘りだから可いやうなものゝ若しか二十圓と纏ると、鍵の番人をして居る妻君の手からは兎ても取れつこない。どうかして僕が他から工面しなければならないのは貴女にも解るでせう。だから今夜はこれだけお持ちなさい。|餘≪あと≫は二三日中に|如何≪どう≫にか|爲≪し≫ますから。」と紙入から札を出して靜に渡した。
「ほんとに私は、こんなことが|貴郎≪あなた≫に言はれた義理ぢアないんですけれど、手紙で申し上げたやうな譯で……」
「|最早≪もう≫可いよ、僕には解つてるから。」
「だって全く貴樣にお願ひして見る外方法が盡きちやつたのですよ……」
「最早|解≪わか≫つてますよ。それで|餘≪あと≫の分は何れ二三日中に持つて來ます。」
                   *             *
 銀之助は靜に分れて最早歩くのが嫌になり、俥を飛ばして|自宅≪うち≫に歸つた。遲くなるとか、|閉≪し≫めても|可≪い≫いとか房に言つたのを忘れて了つたのである。
 歸つて見ると未だ元子は歸宅《かへ》つて居ない。房も機嫌を取る言葉がないので、沈默つて横を向いてると、銀之助は自分でウキスキーの瓶とコツプを持つて二階へ駈け上がつた。
 精《き》で三四杯あほり立てたので、醉が一時に發して眼がぐら/\して來た。此時、
「斷然元子を追ひ出して靜を奪つて|來≪く≫る。卑しくつても|節操≪みさを≫がなくつても静の方が可い。」といふ感が猛然と彼の頭に上ぼった。
「|靜≪しづ≫が可い、靜が可い。」と彼は心に繰返しながら室内をのそ/\歩いて居たが、突然ソハの上に倒れて兩手を顔にあてゝ溢るゝ涙を押へた。


http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1230475/24
メニュー

更新履歴
取得中です。