|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

江戸川乱歩「火星の運河」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 またあそこへ来たなという、寒いような魅力が、わたしをおののかせた。にぶ色のやみが、わたしの全世界をおおいつくしていた。おそらくは、音も、においも、触覚さえもが、わたしのからだから蒸発してしまって、ネリヨウカンのこまやかによどんだ色彩ばかりが、わたしのまわりを包んでいた。

 頭の上には夕立雲のように、まっくらに層をなした木の葉が、音もなくしずまり返って、そこからは巨大な黒碣色《こくかつしよく》の樹幹が、滝をなして地上に降りそそぎ、観兵式の兵列のように、目もはるかに四方にうち続いて、末は奥知れぬやみの中に消えていた。

 幾層の木の葉のやみのその上には、どのようなうららかな日が照っているか、あるいは、どのような冷たい風が吹きすさんでいるか、わたしには少しもわからなかった。ただわかっていることは、わたしが今、はてしも知らぬ大森林の下やみを、ゆくえ定めず歩きつづけている、その単調な事実だけであった。歩いても歩いても、幾抱えの大木の幹を、次から次へと、迎え見送るばかりで、景色は少しも変わらなかった。足の下には、この森ができて以来、幾百年の落ち葉が、湿気にみちたクッションをなして、歩くたびに、ジクジクと、音を立てているに相違なかった。

 聴覚のない薄やみの世界は、この世からあらゆる生物が死滅したことを感じさせた。あるいはまた、無気味にも、森全体がめしいたるチミモウリョウに満ち満ちているがごとくにも、思われないではなかった。クチナワのようなヤマヒルが、まっくらな天井から、雨だれをなしてわたしの襟《えり》くびにそそいでいるのが、想像された。わたしの眼界には一物の動くものとてはなかったけれど、背後には、クラゲのごときあやしの生きものが、ウヨウヨと身をす紅合わせて、声なき笑いを合唱しているかもしれなかった。

 でも、暗やみと、暗やみの中に住むものとが、わたしをこわがらせたのはいうまでもないけれど、それらにもまして、いつもながらこの森の無限が、奥底の知れぬ恐怖をもって、わたしに迫った。それは、生まれたばかりの嬰児《えいじ》が、広広とした空間に畏怖《いふ》して、手足をちぢめ、恐れおののくがごとき感じであった。

 わたしは「かあさん、こわいよう」と叫びそうになるのを、やっとこらえながら、一刻も早く、やみの世界をのがれ出そうとあせった。

 しかし、あがけばあがくほど、森の下やみはますます暗さをまして行った。何年のあいだ、あるいは何十年のあいだ、わたしはそこを歩きつづけたことだろう! そこには、時というものがなかった。日暮れも夜明けもなかった。歩き始めたのがきのうであ〆ったか、何十年の昔であったか、それさえあいまいな感じであった。

 わたしはふと、未来永劫《みらいえいごう》、この森の中に大きな大きな円を描いて歩きつづけているのではないかと、疑いはじめた。外界の何物よりも、わたし自身の歩幅の不確実が恐ろしかった。わたしはかつて、右足と左足との歩きぐせに、たった一」インチの相違があったために、沙漠《さばく》の中を円を描いて歩き続けた旅人の話を聞いていた。沙漠には雲がはれて、日も出よう、星もまた'たこう。しかし、暗やみの森の中には、いつまで待っても、なんの目印も現われてはくれないのだ。世にためしなき恐れであった。わたしはその時の心の髓からのおののきを、なんと形容すればよいであろう。

 わたしは生まれてから、この同じ恐れを、幾たびと知れず味わった。しかし、ひとたびごとに、言い知れぬ恐怖の念は、そして、それにともなう、あるとしもなきなつかしさは、ともに増しこそすれ、決して減じはしなかった。そのようにたびたびのことながら、どの場合にも、不思議なことには、いつどこから森にはいって、いつまたどこから森を抜け出すことができたのやら、少しも記憶していなかった。一度ずつ、まったく新たなる恐怖が、わたしの魂を押し縮めた。巨大なる死の薄やみを、豆つぶのようなわたしという人間が、息を切り、汗を流して、いつまでも歩いていた。

 ふと気がつくと、わたしの周囲には異様な薄明かりが漂いはじめていた。それは・たとえば、幕に映った幻灯の光りのように、この世のほかの明るさであったけれども、でも、歩くにしたがって、やみはしりえにしりぞいていった。

 「なんだ、これが森の出口だったのか」

 わたしはそれをどうして忘れていたのであろう。そして、まるで永久にそこにとじ込められた人のように、おじ恐れていたのであろう。

 わたしは水中を駆けるに似た抵抗を感じながら、でも、しだいに光りのほうへ近づいて行った。近づくにしたがって、森の切れ目が現われ、なつかしき大空が見えはじめた。しかし、あの空の色は、あれがわたしたちの空であったのだろうか。そして、その向こうに見えるものは? ああ、わたしはやっぱり、まだ森を出るこどができないのだった。森の果てとばかり思い込んでいたところは、その実、森のまん中であったのだ。

 そこには、直径一丁ばかりの丸い沼があった。沼のまわりは、少しの余地も残さず、ただちに森が囲んでいた。そのどちらの方角を見渡しても、末はあやめも知れぬやみとなり、今までわたしの歩いて来たのより浅い森はないように見えた。

 たびたび森をさまよいながら、わたしはこんな沼のあることを少しも知らなかった。それゆえ、パッと森を出離れて、沼の岸に立った時、そこの景色の美しさに、わたしはめまいを感じた。万花鏡を一転して、ふと幻怪な花を発見した感じである。しかし、そこには万花鏡のようなはなやかな色彩があるわけではなく、空も森も水も、空はこの世のものならぬいぶし銀、森は黒ずんだ緑と茶、そして水は、それらの単調な色どりを映しているにすぎないのだ。それにもかかわらず、この美しさは何物のわざであろう。銀鼠《ぎんねず》の空の色か。巨大なクモが今、獲物をめがけて飛びかかろうとしているような、奇怪なる樹木たちの枝ぶりか。固体のようにおし黙って、無限の底に空を映した沼の景色か。それもそうだ。しかし、もっとほかにある。えたいの知れぬものがある。

 音もなく、においもなく、膚ざわりさえない世界のゆえか。そして、それらの聴覚、嗅覚、触覚が、たった一つの視覚に集められているためか。それもそうだ。しかし、もっとほかにある。空も森も水も、何者かを待ち望んで、ハチ切れそうに見えるではないか。彼らの貪婪《どんらん》きわまりなき欲情が、いぶきとなってふき出しているのではないか。しかし、それがなぜならば、かくもわたしの心をそそるのか。

 わたしはなにげなく、目を外界からわたし自身の、いぶかしくも裸のからだに移した。そして、そこに、男のではなくて、豊満なるおとめの肉体を見いだした時、わたしが男であったことをうち忘れて、さも当然のようにほほえんだ。ああこの肉体だ! わたしはあまりのうれしさに、心臓がのどの辺まで飛び上がるのを感じた。

 わたしの肉体は、(それは不思議にもわたしの恋人のそれと、そっくり生きうつしなのだが)なんとまあすばらしい美しさであろう。ぬれ鬘《かつら》のごとく、豊かにたくましき黒髪、アラビヤ馬に似て、精悍《せいかん》にはりきった五体、ヘビの腹のようにつややかに青白き皮膚の色、この肉体をもって、わたしは幾人の男子を征服して来たか、わたしという女王の前に、彼らがどのようなありさまでひれ伏したか。

 今こそ、何もかも明白になった。わたしは不思議な沼の美しさを、ようやく悟ることができたのだ。

「おお、おまえたちは、どんなにわたしを待ちこがれていたことであろう。幾千年、幾万年、おまえたち、空も森も水も、ただこの一せつなのために、生きながらえていたのではないか。お待ちどおさま! さあ、今、わたしはおまえたちの激しい願いをかなえてあげるのだよ」

 この景色の美しさは、それ自身完全なものではなかった。何かの背景としてそうであったのだ。そして今、このわたしが、世にもすばらしい俳優として彼らの前に現われたのだ。

 やみの森に囲まれた底なし沼の、深くこまやかな灰色の世界に、わたしの雪白な膚が、いかに調和よく、いかに耀かしく見えたことであろう。なんという大芝居だ。なんという奥底知れぬ美しさだ。

 わたしは一歩沼の中に足を踏み入れた。そして、黒い水の中央に、同じ黒さで浮かんでいる一つの岩をめがけて、静かに泳ぎはじめた。水は冷たくも暖かくもなかった。油のようにトロリとして、手と足を動かすにつれて、その部分だけ波立つけれど、音もしなければ、抵抗も感じない。わたしは胸のあたりに、ふた筋三筋の静かな波紋を描いて、ちょうどまっ白な水鳥が風なき水面をすべるように、音もなく進んで行った。やがて、中心に達すると、黒くヌルヌルした岩の上に、はい上がる。そのさまは、たとえば夕なぎの海に踊る人魚のように見えたであろうか。

 今、わたしはその岩の上にスックと立ち上がった。おお、なんという美しさだ。わたしは顔をそらざまにして、あらんかぎりの肺臓の力をもって、花火のようなひと声をあげた。胸とのどの筋肉が無限のように伸びて、一点のようにちぢんだ。

 それから、極端な筋肉の運動が始められた。それがまあ、どんなにすばらしいものであったか。アオダイシッウがまっ二つにちぎれて、のたうちまわるのだ。シャクトリムシとイモムシとミミズの断末魔だ。無限の快楽に、あるいは無限の苦痛に、もがくけだものだ。

 踊り疲れると、わたしはのどをうるおすために、黒い水中に飛び込んだ。そして、胃の腑《ふ》の受けいれるだけ、水銀のように重い水を飲んだ。

 そうして踊り狂いながらも、わたしは何か物足りなかった。わたしばかりでなく、周囲の背景たちも不思議に緊張をゆるめなかった。彼らはこの上に、まだなにごとを待ち望んでいるのであろう。

「そうだ、紅のひと色だ」

 わたしは、ハッとそこに気がっいた。このすばらしい画面には、たった一つ、紅の色が欠けている。もし、それを得ることができたならば、ヘビの目が生きるのだ。奥底知れぬ灰色と、光り輝く雪膚と、そして紅の一点、そこで、何物にもまして美しいヘビの目が生きるのだ。

 したが、わたしはどこにその絵の具を求めよう。この森の果てから果てを捜したとて、一輪のツバキさえ咲いていないのだ。立ち並ぶかのクモの木のほかに木はないのだ。

「待ちたまえ。それ、そこに、すばらしい絵の具があるではないか。心臓というシボリ出し、こんなあざやかな紅をどこの絵の具屋が売って.いる」

 わたしは薄い鋭いつめをもって、全身に、縦横無尽のかぎ傷をこしらえた。豊かなる乳ぶさ、ふくよかな腹部、府つきのよい肩、はりきった太もも、そして美しい顔にさえも、傷口からしたたる血のりが川をなして、わたしのからだはまっかな彫りものにおおわれた。血潮の網シャツを着たようだ。

 それが沼の水面に映っている。火星の運河! わたしのからだは、ちょうどあの気味わるい火星の運河だ。そこには水の代りに赤い血のりが流れている。

 そして、わたしはまた、狂暴なる舞踊を始めた。キリキリ回れば、紅白だんだら染めのコマだ。のたうち回れば、今度は断末魔のナガムシだ。ある時は胸と足をうしろに引いて、極度に腰を張り、ムクムクと上がって来る太ももの筋肉のかたりを、できるかぎり上へ引きつけてみたり、ある時は岩の上に仰臥《ぎようが》して、肩と足とで弓のようにそり返り、シャクトリムシがはうように、その辺を歩きまわったり、ある時は、またをひろげ、そのあいだに首をはさんで、イモムシのようにゴロゴロところがってみたり、または切られたミミズをまねて、岩の上をピンピンとはねまわって、腕といわず肩といわず、腹といわず腰といわず、ところきらわず、力を入れたり抜いたりして、わたしはありとあらゆる曲線表情を演じた。命の限り、このすばらしい大芝居の、はれの役目を勤めたのだ。……

「あなた、あなた、あなた」

 遠くのほうで、だれかが呼んでいる。その声が、ひとごとごとに近くなる。地震のように、からだがゆれる。

「あなた。何をうなされていらっしゃるの」

 ボンヤリと目をあくと、異様に大きな恋人の顔が、わたしの鼻先に動いていた。

「夢を見た」

 わたしはなにげなくつぶやいて、相手の顔をながめた。

「まあ、びっしょり、汗だわ。……こわい夢だったの?」

「こわい夢だった」

 彼女のほおは、入り日時の山脈のように、くっきりと陰と日なたに分かれて、その分かれ目を、しらがのような長いむく毛が、銀色に縁取っていた。小鼻の脇に、きれいなあぶらの玉が光って、それを吹き出した毛穴どもが、まるでほらあなのように、いともなまめかしく息づいていた。そして、その彼女のほおは、何か巨大な天体ででもあるように、徐々に徐々に、わたしの眼界をおおいつくして行くのだった。
         (『新青年』大正十五年四月号)
メニュー

更新履歴
取得中です。