|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐佐木茂索「曠日」

     一
      つ          したた
 兄は礼助の注いで出した茶の最後の滴りを、紫色した
くちひる   ちゃわん   なが
唇で切ると、茶碗を逆に取って眺めながら、
    ほたるで          や
「今どき螢出のこんな茶碗なんか使うの止めや。物欲し
                    えたい
そうであかんわ。筋の通ったのがないのなら、得体の知
              かしらは
れんものでも使うたがええ。茶を頭葉つかうのなら、そ
れ相応につろくせんとあかんでな」こう言ってちょっと
     とつこつ
黙ったが、突兀として、
       ひと
「ーお前まだ独りか?」と問うた。
 礼助は苦笑とともに答えた。
「驚いたな。  いくら僕だって、結婚でもすれば兄さ
んに知らせますよ」
 すると兄は、あははと大きく笑ってから、
             ほこり
「そらそやろな。  どうも埃くさいでな。独り身とい
                     うちじゆう
うやつは、何としても埃くさい。何ぽ掃除しても家中が
                     にお
埃くさい。埃があるないの問題やない、埃を消す匂いが
              もろ
ないのやでな。ーいいかげんに貰うたらどうや?」と
言った。
「埃くさいか。名言だな」
「埃はどうでもいいがな、どうや、貰うたらどうや?」
「いいのがあればいつでも貰いますよ」
                  あ
 礼助としては、この種の質問にしばしば遭っているの
で、いつも決った返事をするよりほかに仕方がなかった。
「どんなのがええのや? 参考に聞いておこう。わしの
心当りにないとも限らんでな」
 兄の単刀直入に礼助も気軽な返事をした。
 みえ
「実枝さんみたいな気立ての人ならいい」
「実枝みたいな? そんならどうや一層のこと実枝を貰
ったら?」
 礼助は特に実枝のことを言うつもりではなかった。兄
弟共通に知っている女性では、ほかに適当の心当りがな
         いとこ
いので、差当りこの従姉の娘を挙げてみたまでであった。
しかし、兄から、そんなら実枝を貰ったらと言われると、
不意に顔が固くなるのを覚えた。では、やはり、そっと
しま
収っておいたものを礼助は口に出したのだろうか。礼助
は否、と言いきれはしなかった。彼は固いままの顔をい
        とつさ
ささか赤くして、突嗟に何とか言わなければならなかっ
た。
「でも子供があるからな」
「子供がなければいいのか?」
「そんなこと言っても無理じゃないか。子供があるんだ
もの」
「子供をよそへやればどうや?」
 この兄の語気は強かった。礼助はへたばりそうになり
    かろ
ながら、辛うじて、
「そうもいかん」と言った。「──考えておく」
「そうか」
 短く言って兄は、また、
「そうか。──お前、一度京都へ来たらどうや。何なら
わしの帰るとき一緒に行かんか。もう一年くらい行かん
のやろ?」
「そう、一年くらい行かんかも知れん。一緒というわけ
にもゆかんが、──そのうち行きます。とにかく久しぶ
りだから」
「そんならおいで。待ってる」
 兄はなお一碗の茶を喫すると、腰を上げてから、
     ようたし
「ちょっと用達して、そのまま夜行で帰る。もう寄らん
よ」
         ごきげん
「じゃ送りません。御機嫌よう。──あ、だけど京都へ
お帰りになっても黙っていて下さい。でないと僕行って
もちょっと具合が悪いし、第一行きにくくなるから」
 兄は承知して帰って行った。



 四月に入ると早々、礼助に多少暇な日が出来た。ちょ
うど大阪に用事もあるのでかたがた、その帰りに京都へ、
という気になった。
 大阪の簡単な用事を片づけると、花見遊覧の広告で一
杯の電車で京都へ入った。礼助は四条大橋で電車を下さ
れると、すぐ泊りつけの宿屋へ行ったが、満員で不器量
に断られた。花見時の京都の宿屋だから無理もないとこ
                      おつくう
ろだった。断られてみると、新しい宿を探すのも億劫だ
しするので従姉の時子の宅へ泊めてもらうことにした。
        らくほく
兄の杏平のうちは洛北も二里ばかり電車から先を歩かな
ければならない遠さなので、滞在中の宿にはあまり面白
くないわけだった。だと言って、時子の宅も面白いわけ
ではなかった。時子の隣りが、やはりこれも礼助の従姉
になる民子の宅で、民子の子が実枝なのだからーつま
り礼助は時子の宅へ泊れば実枝と隣り合わせにいること
になり、従って滞在中はほとんど毎朝毎晩顔を合わせな
けれぽならないわけになるのだった。これは礼助にとっ
   かゆ     くすぐ
て痛し痒しで、若干の擽ったさを伴うものに違いなかっ
た。
 だが、それはそれとして、いずれにしたところで、今
時分、中途半端な時間に時子の宅へ行くのも勝手の悪い
ものだった。行ったら寝るよりほかに手のない時刻、そ
ういう時刻に行きたかった。旅つかれのぼんやりした頭
で行って、なまじ実枝でも居合わせて雑談でも始まって
               まるやま
はかなわないと思った。で礼助は円山公園を一廻りして
                 しんきようごく
今度は四条通りを逆にぶらりぶらりと新京極の方へ来た。
                   まが
新京極であるカフエに疲れた腰を下した。擬いアストラ
                かみそり   ほお
カンの冬帽をかむって、三日ばかり剃刀を知らない頬の
                 あわただ
ままの礼助、しかもどことなく旅先の慌しい疲労を浮
ベている目つきの礼助は、どう見ても四月のほかほかと
した陽気の中の人物ではなかった。やや長く伸びた髪、
         ふけ
肩先にとまっている頭花、随分じじむさい顔なり姿なり
        は
だなと卓の向うに嵌めてある鏡を見ながら礼助は思っ
た。
                     コーヒー
 ぼんやり傍へ来た小さなウエトレスに一碗の珈琲を注
文するとさらにもう一度鏡を見た。東京にいて生活に順
序があると毎朝鏡を見るから何の気もつかないのだが、
こうしてわずかでも旅先きの、しばらくぶりで見る鏡で
は、身の衰えと言おうか、いつの間にか忍び込んだ老い
──老いと言うのも気が早過ぎるが、ともかく青春はす
  きのう
でに昨日の花であることがありありと分った。
         すみ
 ー部屋の向うの隅にウエトレスが四五人かたまって
                   ひ
いる、そのうちの一人がふと礼助の注意を惹くほどに笑
った。これは自分が笑いの的になっているのだなという
ことが礼助に分った。一人のウエトレスが笑うと、ほか
の小さな一人が背のびして礼助の方を見た。そうしてこ
れも笑った。皆、順々に見ては笑い、しまいに一緒にな
って顔を伏せて笑い出した。子供だから何でも面白いの
だろうと思いながら、しかし礼助は、この擬いアストラ
カソの冬帽子を冠った男が、うまくもない珈琲を、むつ
         な            こつけい
かしそうな顔をして嘗めているのは多少誰にでも滑稽な
ものかも知れないと思った。
 礼助は珈琲を嘗めながら改めて鏡中の自分を眺めやっ
                 みぞ     たて
た。そうしてにっと微笑しながら、頬に溝を掘る深い立
じわ  な
皺を撫でてみた。



 翌日時子の宅で礼助が目ざめたのは、正午を少し過ぎ
た時分だった。
 井戸端で顔を洗ったが、何となくはっきりしないので
   ちかま
改めて近間の銭湯へ出かけて、帰って来ると食事の仕度
が出来ていた。時子にお給仕してもらっていると、開け
    ふすま かげ
放された襖の蔭から、
「いらっしゃい」と言いながら実枝が出て来た。礼助は、
「やあ」と言って軽く頭を下げた。「その後は──」
     あいさつ
 一通りの挨拶が済むと、実枝は、時子に、
      ゆ       き
「きょう、お行きる?」と訊いた。
 お茶の会へ行くかというのだった。礼助という不意の
客があっても予定通り行くかというのだった。礼助はお
茶の会と聞くと微笑を禁じ得なかった。この前、京都へ
来たときも、茶の会を方々引き廻されたのを思い出した
のだった。礼助は時子に言った。
「行ってらっしゃい。僕は一人でいいから。その方が勝
手だから」
 しかし時子は、彼女たちと一緒に茶の会へ行くように
                      けんにんじ
礼助を勧めた。これから行こうとしているのは、建仁寺
    あん
の何とか庵で、庭がいいから是非行くようにと言った。
建仁寺の庭を見る興味は動いたが、この前の茶の会で、
もう大てい懲りているので、すぐにも出かけるというよ
うな気持ちにはなれなかった。でも勧められると断れな
いので、礼助は一緒に行くことを約束した。実枝は隣り
 うち
の家へ着物を着替えに帰った。
 彼らは建仁寺の何とか庵で約一時間を費やした。建仁
          もど
寺を出て、四条通りへ戻った。まだ三時に間があった。
礼助のつもりでは、お茶の会のあと、彼女らとどこかへ
御飯を食べに行く気だったのだが、こう時間外れでは仕
          よつつじ         たたず
方がなかった。彼らは、四辻のポストの傍にしばらく佇
んでいた。
「円山へでも行ってみましょうか」
                   たた
 礼助は赤いポストをステッキでコツコツ叩きながら時
子を顧みた。
 彼らは用のない人種らしい顔をして、石段を上り円山
公園をぶらりぶらりと奥の方へ歩いた。奥へ進み過ぎて、
       ひがしやま
ここからはもう東山の「山」の領分になるだろうと思わ
れたあたりまで来た。
「くたびれたわ」
                    ハンケチ
 実枝はそう言いながら平たい石の腰かけを手巾ではた
いた。
 礼助は、
「やあ、ありがとう」と言うと、掃かれた石の上に腰を
下した。礼助の次ぎに実枝、その次ぎに時子が腰を下し
た。
 花はまだ咲きはしないが、もう花が咲いても不思議で
はない陽気だった。腰をかけている下から石の冷たさが
  し
尻に泌みて来るのが快よい時候だった。礼助は擬いアス
                   さら
トラカソの冬帽を手に持って、頭を太陽に晒した。時々
かす
微かな風が髪の先を渡った。実枝の髪を渡る風は実枝の
  にお             す
甘い匂いを礼助の顔に擦りつけた。
「いい天気だ。全く眠くなる」
「まあ、あんなに寝ても、まだお眠いの?」

    ぎようさん            まじめ
 時子は仰山に目を見張ってみせた。礼助は、真而目な
顔をして、
「夜は夜、昼は昼、眠りの味はまるで別なものです」と
言った。
 それから彼らは眠りについてしばらく会話をした。礼
助が相変らず朝寝坊で、というよりは、昼寝て夜起きて
いるような悪習慣を持っていることを彼女らは心配した。
世間並みの生活をしないことがどんなに健康に影響する
かを説いて、早起ぎをするようにと時子は忠告した。す
ると実枝は、
「でも、そうでないと御勉強出来ないというなら仕方が
ありませんわ」と言った。
「じゃ寝坊でも構いませんか?」
「それや──」
「もっともこいつは実枝さんに関係のないことではある
が」
「ありますわ」
    がくぜん
 礼助は愕然として問い返した。
「あります?」
「だって京都にいらっしゃる間、毎日どこかしら連れて
行って頂きたいと思っているのに、お昼までも休んでい
らしちゃ、あと半日ですもの」
「なあんだ、虫のいい話だな。あはは」
さも気軽らしく礼助は言った。



                        て
 翌日礼助は起ぎるなりすぐ髪床へ行き湯に入って、手
拭を番台に預けると、ふ隈ろ鮃をしてぶらりと近所を散歩
した。髪床と銭湯と散歩とで二時間半、かれこれ三時間
近くも費やして帰って来ると、時子が待ち構えていて、
「大丸までちょっと買物に行きますが、一緒にどう?
みい              しんき     いや
実さんも行きますの、女の買物なんか辛気くそうてお厭
やろうが、おつき合いなさいな」と例の東京でも京都で
もない言葉で言った。礼助は、
「行ぎますかね。別に用事もなし」と答えた。
                    みちみち
 彼らは昨日のごとく三人連れで出かけた。途々時子は
京都というところは近所のうるさいところだと言った。
実枝が時々日本髪に結うとそれさえ町内の問題になると
告げた。これには礼助も驚かされて、
             たず
「何てんです、それは?」と訊ねた。
「いいえね、お実枝はんは近ごろ日本髪に結うて髪慣ら
                  みい
しをしてはるのと違いますかなんてね、実さんのところ
の女中に訊ねたりするのですよ。よく聞いてみるとね、
高島田にでも結う準備じゃないかというのですよ。お嫁
に行く下ごしらえじゃないかというわけなのですよ。全
くうっかりしていられないところ──」
「へえ」
    あき
 礼助は呆れた顔をしてみせると同時に、世間でも実枝
       やもめ
がいつまで若き寡婦で通すのかと興味を持っているのだ
なと思った。
「そらこの人でもね」と時子は実枝を顧みながら言った。
「いつどうなるか分りはしませんけれど、そんなことこ
っちの勝手でしょ? それを何も世間中で気をつけて見
ていないでもいいやろと思いますの。この人でもあない
されては意地が出んものでもありますまい?」
 意地が出るというのは寡婦を通そうとする意地が出る
ことを意味するようであった。礼助は、
「意地なんてこと、それは別ですがね。とにかく、そう
世間の狭い土地じゃちょっと困りますね。何となく、何
をするにもぎこちないでしょうからな」
「ほんまに」
               こうそう
「ぎこちないと自分で感じちゃ、行蔵が自然を欠きます
からな。つい心にもないことをしたりする」
「ほんまに」
              ぎれ
 大丸へ入ると彼女たちは寄せ裂のところへ第一に行っ
       せんたく
て時間のかかる撰択を開始した。礼助がぼんやり彼女た
ちについて裂の問を泳いでいると、それにふと気のつい
た時子は、
「食堂へ行って待っていらっしゃい。こんなとこ退屈で
しょ?」と笑った。
 礼助は食堂で待つことにした。珈琲を三杯ほど飲み干
したころ、時子と実枝の顔が重なって食堂の入口に現わ
れた。礼助は食堂にもう何の用もなかった。用がないの
みならず、すでに飽いていた。で彼女たちの姿をみると、
「何か食べます? 飲みます?」と訊ねた。
 彼女たちも食堂に別段用のある様子でもなかった。彼
女たちがはかばかしい返事をしないのを見ると礼助は、
「出ませんか」と誘った。そうして彼ら三人は外へ出る
ことになった。
 電車通りへ出ると、時子は用事があるからすぐ帰ると
言い出した。礼助は、
「そう。これからどこかへ晩御飯を食べに行きませんか。
帰ってもどうせ食べるんだから、どうです」と言った。
 すると、時子は、
「じゃ、実さんと二人で行ったらよろしゃろ。わたしは
どうしても用があるから帰らんとどうもー」と礼助に
返事してそれから実枝の方へ向いて「ねえ、そうなさ
い」と言った。
 実枝は、突嗟には返事のなりかねるという顔をした。
   たもと
礼助は袂から煙草を出して火をつけた。時子は重ねて、
「ねえ、そうなさい」と言った。
 実枝は、辛うじて言った。
「でも、だってそれは、──康夫が待っているのですもの」
          もり
「康夫さんはわたしが守してあげます。だからあんた行
っていらっしゃい」
「でも──時さんも一緒にいらっしゃい」
「そんな無理言うて。わたしは用事があります」
 彼女たちの問答は限りがなく同じことが繰り返されそ
うだった。礼助は、
「皆、一緒に出て来たのだから一緒に行きましょう」と
言った。



         ご
 礼助のあらかじめ期したようなことは何も起らずに、
彼と彼女たちの交渉け毎日この程度を出なかった。これ
    あんど
は礼助の安堵であったが同時に焦慮であった。焦慮と言
っては強きに過ぎよう、が、ただ何となく物足りない気
持ち、とだけでは言い済まされぬものであった。しかし
礼助は平然として朝寝をし、目が覚めれば彼女たちと外
に出た。外に出て、今日は昨日より親しくなったな、で
は明日はこの親しさからさらに先の親しさに進もうと思
って帰って来るが、明日になると、第一日の朝と同じと
ころから歩み出さねばならないことが分る、それよりほ
かに仕方のないことが分る、礼助はこの失望に似た心持
ちを毎日繰り返していた。
 なじみを一日一日と加えてゆくのは、ただ康夫とだけ
だった。この四つになる子供は、始めのうちは礼助の傍
へも来なかったが、二日目には、ああしろこうしろとい
うようになった。両手をぶらりと下げたまま奇妙なしか
めっつらをして、「幽霊──ゆうれい!」と礼助の上へ
のしかかって来るようになった。礼助は幽霊の康夫に追
い廻されて座敷中を逃げた。逃げながら、座敷の片隅に
いて康夫を見守っている実枝と目を合わせた。実枝は、
「康夫さん、そんなおいたしてはいけません」と子供を
しか
叱った。
「子供はぐんぐん大きくなるものだな」
「ほんとに。自分のお婆さんになるのはちっとも気がつ
きませんけれどね」
                 ふ
 そう言われて、礼助は実枝も本当に老けて来たなと思
                   じじ
った。新京極のカフエの鏡で礼助は自分の爺むささを明
らかに知ったが、彼女も、必ずしももう若くはない。四
つになる子供の親に、確かに違いない。
                        けい
「こうしてお互いに年とりますなあ。あなたはお茶の稽
古をして」
「そうして、あなたは朝寝坊をして」
「違いない」
 礼助はははと笑った。
 ある朝礼助が目をさますと、兄の杏平が時子の宅へ来
ていた。
               やつ
「お前来ていたのか。辛気くさい奴やな。来たなら来た
とちょっと知らしたらいいのに」
 兄は礼助の顔を見るとそう言った。
「そのうち自分で出かけて言いに行くつもりだったから、
そのままにしていたのです」
 兄は、用事があるので、今日はゆっくりしていないで
すぐ帰宅するのだと告げた。帰る途中の円通寺という寺
まで実枝も同道するのだと言った。
「礼助、だからお前も一緒にうちへ来い」
 兄はそう命令するように言った。ちょうどそこへ外出
の仕度をした実枝がやって来た。実枝は礼助に向って、
「お目ざめ? きょうはお兄さんに連れて頂いて円通寺
まで行きますの」
「そうですってね。で僕もついでだから来いと、今言わ
れているところです」
 近々に実枝が主人で茶の会をするので、円通寺の茶室
を借りるため、きょうはその依頼なり下調べなりに行く
というのだった。実枝などの程度の、まず準宗匠格の婦
人が十人ぼかりで会を作っていて、毎月月番廻り持ちの
茶事を営んでいるのだが、その当番に今月実枝が当って
いるというのだった。
 結局、礼助も連れ立って行くことになった。
 からりと拭い上ったというではないが、四月にしては
曇り気味の乏し過ぎる空だった。さして急がなくても歩
               はだ
きさえすればすぐ、少々は汗ばむ肌になるほどのいい天
気だった。終点で電車を捨てて、二里余りの野路と山路
を歩かなければならなかった。彼らは足もとに埃を舞わ
                     ひがさ かざ
せながら白々とした野路を歩き出した。実枝は日傘を翳
         すそ  はしよ
した。礼助と兄とは裾を端折っていた。礼助はステッキ
で向う手の山を指しながら言った。
「この真白の路が、あの山の入口まで、まず二十五町か
       つまさき
な? それから爪先上りが一里半近くか。少し参るな」
「何言うてる。女でも歩く」
 そう兄は言った。実枝は、
「お気の毒さま、暑いのに」と言った。
 でも一歩山へ入ると日影が続いて、いくらか涼しくな
った。礼助は、こんなところで兄から何か言い出されて
                へきえき
はたまらないと思ったので、遠路に辟易した顔をして愚
痴ばかりこぼしていた。円通寺にたどりつくと、ほっと
した。兄は式台に片足かけて心やすそうに、
「おっさん、おっさん」と呼んだ。
 しかし誰も出て来なかった。
「留守かしら?」
          くさかりがま
 そう言っていると、草刈鎌を手にした六十くらいの婆
さんが傍の植込みの中から現われた。
「皆、お留守どす」
「そうか。それは困った。小僧さんもいんのか」
            おつ
「学林へ行ってはります。和尚さんは御本山どす」
「のん気やな、皆留守にしよって。──仕方がない、ち
ょっと勝手に上げてもらいまっさ」
「へえ。どうぞ」
 兄は先登に立って上った。実枝も礼助も続いた。礼助
は、
 いなか  のんき        おしよう
「田舎の寺は呑気でいいな」と留守の和尚の部屋へ座り
ながら言った。
「さ、ぐずぐずしていると日が暮れるで、茶室だけ見と
こか」
                   ぞうり
 兄はこう言って実枝を促した。で三人は草履をつっか
けて茶室へ渡った。茶室は庭の奥まったところにあって、
三部屋あった。その二つに炉が切ってあった。兄と実枝
            かま
は勝手に押入れを開けて、釜や茶道具を調べ出した。礼
助はその間中、庭を見て歩いた。和尚が作っているらし
 ぼたん
い牡丹畑を見て帰って来ると、兄は、
「礼助、もう帰るぞ」と言いながら薄暗い部屋の中から
出て来た。
「お待ちどおさま」
                    ほのじろ  かもい
 実枝も続いて出て来た。血の気のない顔が仄白く鴨居
の下に浮いた。
       きょうみだい
「礼助、あれが京見台や」と兄は言って、前向うの小さ
な山の頂きを指した。
「京見台?」
「うん、あれへ上ると京都が見える、それで京見台と言
うのだ。あいつに上って一番京都を見下してやろか?」
「それもいいな」
「どうや実枝?」
「わたし、少し疲れてますし、それに帰りが遠くなるか
ら、先に去にますわ。どうせお二人とは別々になるのや
し」
「そうか。そんならお帰り」
 兄と礼助とは円通寺の門外まで実枝を送って出て、そ
こで別れた。実枝は京都の方へ今来た道を一人戻って行
った。別れてしまうと礼助は、
「何だか女一人帰すのは残酷なようだな」と言った。そ
うして、今しがた歩いて来た白々とした野路と山路を思
い浮べた。
「何、昼間のことや、大事ない。──お前どうや?」
「え?」
 礼助にはちょっと兄の言ったことが分らなかった。し
かし、「え?」と問い返すと同時に、兄は実枝のことを
言ったのだなと分った。
「実枝どうや?」
「どうって──」
「嫁に貰う気があるのか?──止めにしとき。あれはあ
かん」
    ひようへん  ぼうぜん  まも
 礼助は豹変した兄を呆然と目守った。
「あかん?」
「ああ。あかんとも。少し老け過ぎている。お前には老
け過ぎてる。それに、ひところほど美しゅうない。嫁は
美人でないとあかんぞ。美人でないと人が寄りつかんで
な。人が寄りつくと寄りつかんでは大変な違いや。へち
やの女房持ってると友達も来よらんでな」
 礼助は再び呆然と兄を目守った。兄は平然として、
「さあ、京見台へ上ろう」と言った。
「ああ上ろう」
 礼助は京見台へ早く上りたくなった。京見台へ上って
眼界がどう開けるかはまだ知るわけもなかったが、今し
がたの白々とした野路も、もちろん見えそうな気がして
                    いちぼう
ならなかった。野路も山路もすべて明らかに一眸に収め
                      すぎ
得られそうな気がしてならなかった。そうして、杉の多
い山路の、杉の影に、見え隠れして遠ざかって行く小さ
な日傘を見るような気がしてならなかった。白々とした
野路に一点の紅を落す日傘が、くるりと廻って、京見台
の方を不意に仰ぎ見そうな気がしてならなかった。
 礼助は京見台からの目が、どの程度の大きさに、ある
いは小ささに、京の町々を見得るのかをも知らないうち
から、実枝の日傘だけははっきりと見える気がしてなら
なかった。
 彼は兄を顧みて言った。
「京見台へ上って美人を探すかな」
「よかろ」
 兄は元気よく言って、ぐんぐんと上って行った。

メニュー

更新履歴
取得中です。