|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

服部之総「咸臨丸その他」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

咸臨丸その他



 太平洋をはじめて汽船が横断したのは──といった問題を、ひところしきりに調べたことがあった。といったのでは、呑気とも好奇とも思われようが、いったい考証というようなものは、前後の問題から切り離してみたら、まったく気違いじみた話である。
 ところが、おかしなもので、はじめはある重要な歴史的関連を明らかにする目的から、iたとえば、この場合でも幕末の日本開国を、アメリカの手で行なわせるうえに一つの役割をしたのが、横断太平洋汽船航路問題である──ということを明らかにする目的から、太平洋定期航路の発生を調べ始めてみると、行きがかり上その船名や、トン数やといった、いわばどうでもいいような事がらまで気になってくる。
 だが、それでもまだ純粋に好奇的な考証趣味に落ちこんでしまったとは、かならずしもいえまい。
 たとえばある文献に最初の横断太平洋定期就航船は一八六五年(慶応元年)で、船はアメリカの太平洋郵船会社の「コスタリカ」 「ニューヨーク」 「オレゴニアン」「ゴールデン・エージ」のうちのどれかだ、と書いてある。
 第二の文献には船名を挙げないで一八六七年にサンフランシスコから横浜に向かったとあり、第三の文献を見ると、 一八六七年の元旦にサンフランシスコを出て二十二日目に横浜に着いた「コロラド」がそれだとある。
 こうなってくると、いったいどれが正しいのか確定したい、ということになってくる。
 資料価値の検討、その他その他といろいろ試みるに従って、いつかしら定期航路といわず、およそはじめて太平洋を横断した船は何だ? というふうなことになって困るなと思いながら、そのくぜなんとか納得がゆくまではいつまでもへんに頭の隅っこにこびりついてぬけない。いつのまにか問題の出発を忘れて、一見つまらないことに、それ自体のために、せんさくを試みだしている。
 考証趣味などいうものは、所詮暇人のものであり、暇人でないとできっこないはずだが、我々のように暇をもたぬ人間は、そのためかえって、その僅かな暇、または偶然に与えられた機会に盗みをするように、かねて気にかかっていたつまらぬ事がらを大事件らしくひねくり回すことができると、その瞬間だけはひどく暇持ちになったような、はなはだのんびりした気持になる。むろんこれまた阿片の類にちがいない。

 さて、はじめておよそ太平洋を横断した蒸気船は北太平洋ではなく南太平洋の出来事だ。
 一八五三年まで、 一隻の汽船も太平洋を渡っていない。だがこの年一千トンの推進汽船「モニュメンタル・シティ」号(アメリカ船)がサンフランシスコからシドニーへ渡った。
 その所要日数七十五日は、立派な記録と評判されたが、彼女にこれ以上の記録を出す機会は与えられないでしまった。
 というのも、この船は合衆国へ引ぎ返さず、シドニー-メルボルン航路に回されたのだが、その一ヵ月後、シドニー-メルボルン問のオーストラリア海岸で難破してしまったからである。
 その年の六月ペルリの「黒船」が浦賀へはじめてきているが、これはそれまで日本へきたすべてのアメリカ船と同様に大西洋からインド洋を経てきたものである。
 はじめて北太平洋を横断した汽走船──商船といわず軍艦といわず──については残念ながらはっきりしたことがまだ書けない。
 北太平洋横断の定期就航汽船の最初のものが一八六二年六月八日にサンフランシスコから横浜に着いたC・W・ブルックス会社の郵便蒸気船ジョン・T・ライト号(三百七十トン)だったということは、明らかになっているが、それ以前に単独で横断した汽走船としてさしあたって間違いのない記録は、ついこの間まで汽船を見たこともなかった日本の汽走軍艦咸臨丸である。
 咸臨丸はそのとき(万延元──一八六〇i年正月)遣米使節を迎えにきたアメリカ汽走軍艦「ポーハタン」より一足先に品川を発って三十七日かかってサンフランシスコへ直航した。 「船将」勝海舟以下日本人ばかりでともかくこの壮挙をやってのけたので、非常なセンセーシヲンを起こした。
 ポーハタンが太平洋を渡って迎えにきたのかどうか、その前ペルリ艦隊中の汽走艦ミシシッピーが単独で太平洋を渡って帰っていったのでなかったかどうか、これらはまだ調べるための「暇」も機会もありそうにない。
 ともかく間違いのない事実として、汽船による北太平洋横断の試練時代に、やっと航海術を習ったばかりの日本人の手で、東から西への無寄港横断が実現されたのである。

 その咸臨丸-二百五十トンーは「蒸気船とはいへ蒸気は百馬力ヒュルプマシーネと申して港の出入に蒸気を焚くばかり航海中は唯風を便りに運転せねばならぬ。
 二、三年前和蘭から買入れ値は小判で二万五千両、……其前安政二年の頃から幕府の人が長崎に行つて蘭人に航海術を伝習して、其技術も漸く進歩したから此度使節がワシントンに行くに付き、日本の軍艦もサンフランシスコまで航海と斯う云ふ訳で幕議一決……」 (『福翁自伝』)。
 このときの航海のことは尾佐竹氏の『夷狄の国へ』の冒頭に詳しい。
 ついでながら当時の日本の蒸気船というのは全部で三艘、すべて幕府の軍艦になっていて、うち二艘はオランダから買い入れた咸臨丸と朝陽丸、他の一艘はイギリス女王から贈られた「エムペラー」改め蟠竜丸。
 幕府以外の諸侯で最初に汽船を買い入れたのはその翌文久元年に薩摩がイギリス人リンゼイから十二万ドルで買った補助機関船「イングランド」だった。白鳳丸と改名されて英薩戦争で英艦隊に拿捕され焼棄された。
 『近代の偉人故五代友厚伝』という本を見たら、友厚が文久二年に幕府の千歳丸に水夫に化けて乗り込んで上海へゆき、 「不図独逸船シャジキリー号を売却するの風聞を耳にするや……若冠白面の身を以て汽船八艘の船価五十万弗を十二万五千弗にて買収し、 一躍船長となり八艘の船を引率して帰朝したり。云々」と書いてあったが調べてみたら「シャジキリー」は「サー・ジョージ・グレイ」で、文久三年にこれと「コンテスト」と二艘合わせて十八万ドルで薩藩が購入している。
 この年日本全体で七艘、総価格五十七万ドルの外船を購入したのが事実である。 『偉人伝』には往々この類のでたらめが多い。

 話がそれたが、薩藩に「イングランド」を売りつけたイギリス人リンゼイの著書『一八一六から一八七四年に至る商船史』には、合衆国の太平洋郵船会社の定期航船がはじめて北太平洋を横断すべく、金門湾を解纜したのは一八六七年一月だったと記している。船名は不明(前文「汽船が太平洋を横断するまで」 のなかで挙げた初度日米連絡就航船隊としての「チャイナ、ジャパン、アメリカ」等の船名はリンゼイのこの書によったものである)。
 これがスタンレイ・ロージャースの近刊『太平洋』にまると、一八六七年で、船は「コロラド」である。パスク・スミス氏の著書『日本に於ける西夷』では、一八六五年として書中当時の右会社就航船として挙げられた.「コスタリカ、ニューヨーク、オレゴニアン」以下のなかに「コロラド」なる船名は見当たらない。
 いったいどれが正しいのか──もとより船名は、維新当時の人名と同じように、かってに変えることができるし、事実また変えられもしたであろうが──と、長い間へんに気にかかっていたのである。ところがこれも最近『福翁自伝』を読んで偶然はっきりすることができた。
 「夫れから慶応三年(一八六七)になつて又私は亜米利加に行た。是で三度目の外国行。慶応三年の正月二十三日に横浜を出帆して……此時には亜米利加と日本との間に太平洋の郵便船が始めて開通した其歳で、第一着に日本に来たのが、コロラドと云ふ船で、其船に乗込む。
前年亜米利加に行た時には小さな船で(咸臨丸を指す──著者)海上三十七日も掛ったと云ふのが、今度のコロラドは四千噸の飛脚船、船中の一切万事、実に極楽世界で、二十二日目に桑港に着た。」
まずこれでいい。ところでひき続いて、
 「着たけれども今とは違つて其時分はマダ鉄道のないときで、パナマに廻らなければならぬから、桑港に二週間ぽかり逗留して、其処で太平洋汽船会社の別の船に乗替へてパナマに行て、蒸汽車に乗てあの地峡を踰えて、向側に出て又船に乗て、丁度三月十九日に紐育に着き……」
 私はこれを読みながら、 一八五〇年にマルクスが書いた評論のことを思い合わせた。
 カリフォルニアの黄金狂時代を契機として展開された一連の事情は「いまやニューヨークおよびサンフランシスコ、サンジュアン・ド・ニカラグァ、レオン・チャグレス(パナマ地峡の向こう側の当時の港およびパナマ」を新時代の世界商業および交通の重心地帯とするにいたるだろう──と彼は述べた。
 この推論中の重要な一要件として世界市場の完成、ことに横断太平洋汽船の開通を前提とするそれが置かれていた。
 「数年ならずしてイングランドからチャグレスへ、チヤグレスおよびサンフランシスコからシドニー、広東およびシンガポールへ汽船の定期就航を見るにいたるだろう。」
 おそらくは、カール・マルクスのカの字もマの字も──それとともに、彼が謳歌した後年の日本資本主義のためのもっとも呪わしきいっさいのものを夢にも知らなかっただろうところの、タイクン政府通訳官福沢諭吉氏は、見らるるごとく慶座二年旧正月二十三日から三月十九日にわたって、十七年前のマルクスの予言がそのままの形で実現された新時代の一大交通網の上を「極楽世界」のごとき思いに酔いながら運ばれていったものであった。

メニュー

更新履歴
取得中です。