|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

服部之総「Moods cashey」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Moods cashey

 How much dollar ? を「ハ・マ・チ・ド・リ」と、居留地の人力車夫仲間で決めてしまう。こうしてできた実用英語がピジン・イングリッシュである。十九世紀の世界を、シナの開放と日本の開国で円形に完成した者は英語国民であったから、香港、上海、横浜と逐次つくられていった外人セツルメントで、土地のシナ人や日本人との間で用いられる実用国際語も、英語を基調としたことは当然である。
 これにたいしてピジン・ジャパニーズとでもいうようなものが居留地の外人の間で生まれることも当然である。英語なまりで理解された日本語であり、実用国際語のヨコハマ版であり、欧米人の間で Yokohamaeseまたはヨコハマ・ジャパニーズと呼ばれたものである。進駐軍の兵士が oh heigh yoh ! と発音するたぐいである。
 そのようなビジン・ジャパニーズは、役人との接触からでなく民衆との日常的接触から生まれてくるのだから、さしあたってはハリス公館のおかれた下田港で誕生したであろうが、そのための一冊のパンフレッ卜ができるまで体系化されるのは、なんといっても横浜の居留地が開かれた後のことである。安政条約が規定した三港開港の時日は二八五九(安政六)年七月一日とされていた。その前日、ハリスは初代横浜米国領事ドルを従えて下出から神奈川本覚寺に移っている。神奈川の代りに幕府が提供した横浜村の居留地の開港式に列した外人は四十四名でアメリカ商館はウォルシュ・ホール商会、イギリス商館はジャーディン・マジソンおよびデント商会に代表され、いずれも上海で売り込んだ古強者から成っていた。
 上海では今でもサランパンというピジン・イングリッシュが使われている。ペケはマレイ語で「行く」ことであり、いったんピジン・イングリアソュに編入されるや、欧米商館と足跡をともにして広がっていった。
 文久二(一八六二)年版の『横浜見聞誌』に「本町一丁目花鳥茶屋ならびに鳥をあきなふ、異人南京ここに来りてよりよりと買行けばぺけぺけさらつパアと出てゆくもあり」と書かれている。ペケやサラ。パアのピジン・イングリッシュにおける位置は、さしむき今日のパンパンにあたろう。
 横浜で発行された「チェリー=ブラッサムス」という雑誌のある号に、ピジン・ジャパニーズが収録されている由で、バスク・スミス氏の『日本および台湾の西夷』からそれを紹介してみる。
 Hat = Caberra mono(冠り物)
 Immediately = Todie mar(ただいま)
 Tailor = Start here(仕立屋)
 Loat er = Fooratchi-no-yats(不埓な奴)
 A "bad hat"   = Berrobo-yaru(べらぼう野郎)
 Colour = Eel oh(色)
これらの単語がSerampan(こわれる)、piggy(移す、とりのける、もってゆく、捨てる、ペケ)、nigh(ない)などと組み合わされて、季節で色変りはしませんか= Atsie sammy eel oh piggy nigh ? はまだわかるとして、
 燈台= Funey high kin serampan nigh  rosokoo となると、判じ物である。
 会話篇となると、いよいよ怪しくなる。
 「乞ふ卒直に余の言をなさん、余は他の日本商人とひとしからず、余の商品の値段を一言にして請求するのみ、これ余の家憲なり」=Watarkshee  atcheera kooni   maro   maro   arimasu.   Kono   house   stoats neigh dan backhary hanash.
 いずれ劣らぬスーヴェニール──もっとも、その品々は、今日の日本人が見たら、よだれのたれそうなものばかりであっただろうが──を並べている日本商人が、私の店に限ってお値段のかけひきはござりません、というのである。それが、コノ ハウス ヒトツ ネダン バカリ ハナス となる。これに対して、買手の外人が、
 「余は汝の良識を讃美せん。思ふに汝は汝の国民の品位をたかむることを望むなるべし。しからば汝はダラーの代りにキンサツにて代価を受け取るや必せり」=Walk-arimas。   nei   dan   yourashee。  Kinsatz sinjoe
arimas. ワカリマス、ネダンヨロシイ、キンサツ シンジョーアリマス。
 これだけで、かのなが仁義をきったつもりだから、おかしい。金札というのは、もしそれが単に「紙幣」を意味するピジン・イングリッシュでなく、正確に金札と呼ばれた特殊の紙幣を指しているとすれば、幕府の勘定奉行小栗上野介の発案で慶応三年夏以来、神戸開港を機として大阪の半官半民の金融および貿易機関たる「商社会府」から発行されたものである。鴻池をはじめ関西財界の巨頭連が強制的に株式を持だされて設立されたものであるが、二度目の長州征伐に負けたあととて、関西方面での幕府の信用失墜して、この金札は兌換紙幣だったにかかわらずほとんど信用されず、たちまち取付けにあうというありさまだった。これが「金札」と呼ばれたのに対して、時を同じくして横浜で、居留地かぎり通用といりことで、同じく幕府が横浜の関税収入を引当てとして、三井家から発行させた紙幣を「銀札」と称した・それ以前にはおよそ外人が使用しうる日本紙幣というものは存在しないのだから、問答に出てくるきんさつがこの銀札であるにせよかの金札であるにせよ、事がらが慶応三年以後に属していることだけは間違いがなく、三百年の屋台骨まさに崩れんとして、いちはやく日本人の商業社会からさつの見放されていたこともまた間違いがない。
 そこで日本商人は次のごとく語って堂々と断わる
 「日本帝国政府の紙幣の価値暴露せるをもって、余の協力経営者久しく不在なる間、汝の善言に従ふことを得ざるなり。」
 こう英語でちゃんとその会話例の欄は書いてあるのだが、右側の、これを翻訳したヨコハマ・ジャパニーズの欄には、たんと、単に── Kinsatz   yah   dai oh, dora your a shee.
 バスク・スミス氏の著書にはこの「チェリー・ブラッサムス」という掲載雑誌のナンバーも年号も記載されていないので、この珍奇の資料のデートは内容から判断するほかはない。右文中に、「日本帝国政府の紙幣」と書かれているからといって、明治以後のことだとするのはあたらない。条約はタイクンすなわち将軍の名で締結されているけれども、外国側ではそのタイクンのことを「日本皇帝陛下」と記した例は、一八五五(安政二)年十月十四日長崎で調印された日英仮条約の前文に、その言葉が用いてあるのでも知れる。したがって、幕府発行の紙幣のことを「日本帝国政府の紙幣」と記載したとしても、文献のデートを疑う理由にはなるまい。
 それにしてもこの文献が慶応三年以前のものでないことは、さきに述べたところから明らかである。してみると、横浜開港以来八年の歳月を経ており、ヨコハマ・ジャパニーズも、独自の風格をととのえたものとしなければならぬ。事実それは、ととのえている──
 Physician = Doctorsan
 Dentist = Hahdykesan
 Banker = Dora donnyson
 銀行家が「ドル旦那さん」はよいとして、海上保険検査員のことを、Serampan funney high kin donnysonにいたってはいう言葉がない。
 大使=Yakamash’sto
 兵士=Ah kye kimono sto
 大使は租界の絶対権者だから、やかましい人にちがいない。横浜のイギリス駐屯軍は赤い制服を着て「赤兵」と呼ばれていた。
 それにしても水兵のDam your eye stoはどう解すべきであろうか? ずいぶん払は頭をひねってみるのだが、その解答は、単語欄に見出された左の言葉におちつくほかはないのである
 Difficult = Moods cashey

メニュー

更新履歴
取得中です。