|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

服部之総「志士と経済」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

志士と経済

 幕末に取材する大衆文芸は一部志士文芸(?)でもあるが、志士活動の基底にどんな社会経済が横たわっているのかはっきりしないものが多い。股旅物、三尺ものの主人公が何で食っているかはいかにもはっきりしているが、一歩すすんで、彼らの生活の物質的な地盤となっている社会経済-いわゆる旦那衆を構成する特定社会層の本質となると描かれていることがもう稀だ。筋の波瀾と離合のからくりが、いつかつくり話めいて感じられ、現実性と迫力を失ってしまう一半の原因は、そのへんからくるのではあるまいか。
 本来、志士なるものが大量的に登場するのは、安政以来のことで、万延・文久度の澎湃《ほうはい》たる行動期となって、真木和泉『義挙三策』に見るように、みずから、「義徒」と呼んだ。もとよりさまざまな出身で、 一概にいえぬが、大量的支配的な現象として、無位無官「草莽」志士の地盤には、全国地方の新興産商業の勢力が、脈々として息づいている。
 この謂いは、ことに初期の志士その人が多く文人学士で、ときにひどい貧乏に耐えていた事態と、べつに背馳するわけでない。無産者運動の草分けが小ブルジョア層から出たように究極は社会的な深い矛盾が、諸国人の思想と行動を乗せてゆくので、貧乏覚悟で藩権にも幕権にもあえて屈しようとせぬ面魂が、そもそも物をいっているのである。
 妻は病牀に臥し児は飢に号くとうたった梅田雲浜の貧乏は一通りのものではなかった。姪の矢部登美子に雲浜みずから述懐した話というのに、信子が嫁にきたじぶんく弘化元年雲浜三十四歳)自分はこの京都にある藩校望楠軒で講主をしていたが、赤貧洗うがごとくで、妻帯なぞは思いもよらぬ。かたく断わったが、立斎先生(上原立斎)は娘をどうでも貰ってくれといって、他の許婚までしてあったのを破約してむりやり信子を押しつけてしまった。むろん信子が才色兼備の女だとはかねて知っていたものの、まだ二十歳にたらぬ女で、どうするだろうと危ぶんでおった。そのうち長女竹子をあげる(弘化三年)、 家はますます貧乏になる、たった二畳敷の浪宅に親子三人が、日に一食か二食で暮らせるうちはまだしもよかったが、後にはそれさえ窮して、大日本史数葉を書写して門人の鳴尾(順造)に二朱で売ってやっと粥を炊いて凌いだこともあった。信子は辛がりもせず、事たらぬ住居なれども住まれけりわれを慰む君あればこそ、などと詠み、いじらしい心根であったと、暗然として亡妻をしのんだ。
 雲浜が藩の忌諱にふれて素浪人になったのは嘉永五年でこの年長女竹子についで長男繁太郎が生まれ、おまけに雲浜自身病気あがりでどうにも凌ぎがつかぬところから、いちじ洛西高雄に引き移ってかねて覚えのある医者の看板を出したが、内外情勢を見てじっとしておれず、江戸、水戸、郷里福井に遊説し、例の臥床号飢の訣別詩を賦して十津川郷士の一隊を連れ大阪湾のプチャーチン乗艦に当たろうとしたころ(安政元年)は、もう押しも押されもせぬ一流の首領だった。訣別詩が語るように以前にまさる窮乏状態で、福井遊説の旅費も、藩士中の同志数輩へあてて「大困窮進退是谷まり、一歩も動候事も出来がたく候、毎々恐入候事に候得共」と手紙を書いている。
 訣別詩といえば、吉田松陰に「報国精忠十八歳。毀レ家貧士二十金」というのがある。これは安政六年の初め、長藩主の参府を伏見に要して尊攘の機をつかもうといういわゆる要駕策決行のため、門人野村和作が家祿を売って二十両をえ、これを旅費として脱走するのに餞けた詩である。この詩を贈る松陰にもとより金のあろうはずもない。時局不安の潮流は、一見寒儒貧士によって代表され、富商富農層の動きなどおよそ認められそうもないのだが……
 事実また志士の一半は藩士なかんずく軽士層から供給された。松陰門下には野村和作だけでなく貧乏な軽士が多くいた。藩医の家がらの久坂玄瑞などはわりにいいほうだが、文久二年三月、同志とともに脱藩してでも伏見挙兵に加わろうと準備最中の日記に、 「金の一条には大困窮、英雄もこれには閉口なり呵々々」と書いて、その翌日、リセランド『窮理書』二巻とグール『小児書』二巻を抵当に知合いの医者から五両借りた。一定俸碌に衣食する貧乏軽士に開港後の物価騰貴がことさらこたえて、ために攘夷論が流行したという説は、『徳川慶喜公伝』で渋沢栄一説くところであり、総じて経済過程に留意する近来の維新史家たちに卓見として同意を表する向きもあるが、あまりそれではうがちすぎて、経済ことに消費経済と志士の生命がけの政治とが薄っぺらな紙一枚の同似性となり、矛盾ぬきの政治観となり、どうかと思われる。
 もっとも、そうした「志士」もいるにはいた。いつか田中貢太郎氏の小説で一役ふられているのを読んだようにも覚えているが、元治元年の秋鎌倉でイギリス士官バルドウィン少佐、バード中尉の両名を殺した清水清次、間宮一の一件が、当時のスイス領事ロバート・リンダウの手記となっているのを読むと、 「シミズ・セイイチ」(二十五歳)は親譲りの青森浪人で仙台の裏長屋に父親が窮死して後、方々に仕官の伝手を求めたが、外国貿易以来諸物価騰貴し、支出はかさみ、殿さまの借銭は殖えるばかりという情態ゆえ、とうてい新規お召抱えはだめだろうと相手にされない。攘夷戦争をおっ始めた長藩ならきっと仕官もできるだろうと、はるばる出かけてみれば馬関戦争に一敗したところで、仕官どころの沙汰でない。江戸に引き返して人夫稼ぎで暮らしていると、一日江戸の商家から横浜まで荷物を運んで、夷人跳梁の有様をつぶさに見た。その後同じようなルンペン浪士と知り合って、夷人斬りの計画を立て資金百五十両を強盗して、決行した、とある。
 清水清次に関する記録は、他にもいろいろあって、水戸浪人に操られたとするものもあるが、元治ももう秋の終りで、筑波も破れ長州も逼塞し、あらゆる点から見てバルドウィン殺しの背後に当年尊攘正統派の政治的な息がかかっていたろうとは考えられない。むしろリンダウ手記そのままの見方に、はるかに多くの妥当性が認められる。



 ところで、安政三、四年以後の雲浜は、もう何らの「寒儒」でもない。大獄の第一犠牲として彼が捕縛されたときの住宅は、烏丸御池にあったが、近所に劉石舟という詩人が住んでいて、その孫の説に、当時雲浜の収入はよほどあるものとみえ、暮し向き豊かで訪客絶えず、槍長刀大鳥毛の供具れをした客すら見受ける。客にはつねに酒肴を供し、ときに舞妓を召んで大騒ぎもし、日常生活はむしろ贅沢だったとある。先妻信子のいじらしさを、姪の前でもらしたのもこのころであったろう。
 近所では長州から金がくるのだと噂をし、かかわり合いになるのを怖れて小心な劉石舟は旅に出たほどだが、雲浜が名うての貧乏を一躍抛棄できたのは、けっして噂のごとく何らか秘密な陰謀政治家的な収入によるものではなかった。それどころかなかんずく公正な産業利潤にそれは源泉した。門人行方千三郎は安政四年の雲浜を叙して「時に梅田は昔日の貧儒にあらず、大和と長州との物産を交易し、経済の途を開き、大いに為す所あらんと欲し門戸を張って天下の有志を待てり」と書いているが、安政三年秋以来、雲浜が国事奔走にあわせて諸地方新興産業のための内地市場開拓──内地貿易のあっせんに尽くしたことは、京阪地方と長州、大和と長州、大和と北陸筋まで諸方面にわたった。しかもそれは、けっして偶然ではなかった。
 雲浜が物産貿易の方面へいよいよ乗り出したのは安政三年秋からだったが、それ以前の貧儒の時代から、彼には幾人かの地方産商業家の門弟知友があった。たとえば洛外川島村の門弟山口薫次郎は郷士で豪農でまた商人であり、大津時代には豪商鍵屋五兵衛が門人になっており、大和五条の木綿問屋下辻又七とも盟友、備中|連《つれ》島の名家で豪農で豪商だった三宅定太郎とは安政三年春以来兄弟盃の間がら、等々といったふう。こうした関係が何も雲浜固有の持ち味や性癖に基づくものでなく、かえって一の時代的、必然的な土台から生起していることは、当年思想家のすべてについて多かれ少なかれ同様の事が見出され、京都の雲浜、大和五条の森田節斎、讃岐琴平の日柳燕石(これは思想家で博徒の親分だった)、 江戸の大橋訥庵等いくらでもあげられる。また当時批判的諸思想が、国学派といわず、王道派といわず、もっとも自然でもっとも深い河床を諸地方の富農商層の間に見出していった事実は、先駆的諸思想そのものがそもそも支配的には町人自身を土台として発生した事実にあわせて、徳川末期以降の思想史が示すところでもあり、幕末の澎湃たる行動期が実証している。藤村の『夜明け前』はこの見地からみて深い興味があり、文学的なだけでなく文献的な価値さえもつと思われる。
 それはさておき、雲浜の偉大な功績は、諸思想とその社会的土台のこのような自然発生的な関係に、はじめて政治的表現を与え、広汎な組織をつくり出したことにある。彼がつくりあげた組織は単に思想的政治的なグループでなく、安政三年以後はさらに土台的な、生産経済の領域に及んだのである。その創意がみずからいうごとく雲浜自身に出たか──安政五年三月二十二日付、長藩家老浦靱負家来赤根忠右衛門宛の雲浜書翰に、 「然るに此度御物産之起りは、下拙一人の胸中より出つる事にて、御世話方の者残らず下拙の親類門人の者にて候へば、何事も皆今日は下拙の相談の上にて事を取計ひ居事に候云云」──それとも門生知己産商業家の発案に成ったか、どちらでもいい。いずれにせよ産物交易は、雲浜が長藩当路へ説きつけた論理に従うと、 「他日御国(長州)天朝御守護なされ候基本と相成るべき」もので、他日の政治行動の端緒であり、京摂と長州が気脈を通ずるための機関であり、物的根底たるべきものであるとした。
 このプランを抱いて安政三年冬大阪から海路長州に入るときの旅費三十両は備中の三宅定太郎が出した。長藩当路も承諾したから、翌春萩から博多へ渡って薩藩亡命北条右門だの、平野国臣らの同志と会い、帰京後京都の山口薫次郎、小泉仁左衛門、松坂屋清兵衛、大和の豪家村島長兵衛父子、その分家で雲浜の後妻千代の実家村島内蔵進、医者の乾十郎、木綿問屋の下辻又七、肥後の松田重助、前記備中の三宅定太郎その他と協議して事を運び、一方長州藩は京都藩邸留守居宍戸九郎兵衛を物産取組内用掛に任じ、大阪に販売所を設け、長州から蝋、半紙、塩、干魚、米を山城丹波大和諸州へ、京阪および大和から呉服類、小問物、菜種等を長州方面へ、相互に販路を開拓することとなって、雲浜処刑後も継続した。
 安政四年十月四日付、雲浜から大和五条下辻又七への手紙で見ると、さらに郷藩若州の産物方へ連絡をとって、大和方面の菜種や木綿の新市場を北陸一帯から蝦夷方面まで広げる計画も企てている。 『天誅組の研究』の著者は「幕末の五条と勤王志士」の章中この手紙を採録して、「右の如き一束は果して菜種書付等の文字を其まま解すべきや、はた当時志士等の符号の類なりしや解する能はざるものあり」と記しているが、こって思案に余ったのだろう。松陰なども雲浜のこの方面の仕事の意義はついに了解しなかったと見えて、貧儒時代の雲浜については、「京師人梅田源二郎……是は清献遺言にて固めたる男。好二人物之鑑一、好二切直之言一亦事情にも通じたる所有り。但酒徒也」(安政二年二月、野山獄中より久保清太郎への書翰)と推薦しているが、後になるとすっかり評価が変わって、当の雲浜と連座投獄された最後の江戸獄中から書いた『留魂録』のなかでは、梅田が先年、先に記した産物交易問題のため長州へ下ったせつ、これと何か不穏の事を密議したろうという当局の訊問に言及して、 「夫梅田は素より奸猾なれば余与に
志を語ることを欲せざる所なり何の密議をかなさんや」と記している。
 結局雲浜のほうが、松陰よりは、当年の政治家として、はるか上にいたこととなろう。両人の死後、万延・文久の行動期を迎えて、松門遺弟は全力をあげ活躍するが──ーリセランド『窮理書』を資金五両に替えて不如意を嘆じた玄瑞なども、やがで脱藩の要もなく藩論を握り、祗園町に美声と知謀を謳われる身分となるのは、一面前出宍戸九郎兵衛、周布政之助、桂小五郎といった一連の、近代的政策力をもつ建設派新官僚の支持によるが、他面ーむしろ決定的に──全国「草莽義徒」の組織された強大な圧力を代表することができたからである。ところですでに見たごとく雲浜こそ、この圧力のもっとも根底的な組織者だった。雲浜の時代はまだ「討幕」を現前の綱領として出さなかったのに、彼が組織したこの圧力はすぐさまそれをあえてするまで、矗々として成長した。



 戊午大獄の大弾圧も、雲浜が組織した社会的勢力の礎石部分には、手も触れなかった。後年の「大」西郷が心萎えて月照を抱いて入水するほど、しかく絶望的な大反動期だったが、この入水に立ち会った朗らかな志士平野国臣は、月照遺品を携えて京都に潜行するや、とたんに、この基礎的組織網の一端をたぐって、するすると安全な地下殿堂にもぐり込んだ。洛西の山口薫次郎から旅費を貰い、評判の惣髪を奴びんに剃り落として商人に化け、備中連島の三宅定太郎を頼って、さしずめ別宅の鉄物店に番頭と称していることになったが、その後一年ばかり、本人手記によると、 「商賈に変じ、陶朱公たらんと欲し、しばしば利貨を失ふ。」 雲浜に比べるとはるかに単純な、純情家だったから、案外本気で陶朱公たらんと欲したらしい。主観はどうでも、結果として国臣も雲浜同様、諸地方産商業家をより広い組織とより激しい政治戦線に、やがて駆りたてることとなった。
 備中連島は旗本山崎家の知行所五千石の一部で、三宅定太郎はこの地方きっての旧家、児島高徳の後裔と称し、六十余町歩の田地を持ち、山崎家民政顧問格におり、これら地主的資格の他面では、同時にさまざまの産商業を経営して新興資本家としての性質を具えた。雲浜の長州貿易にも参画して三宅はこの地方の綿を長州に輸出し、数多の取引を重ねたがこれは失敗に帰した。そこで国臣が雲浜張りで立案した新規のプランは、長州竹崎の白石兄弟と三宅を結びつけて改めて薩長備中三国の問に特殊な貿易網をつくりあげることだった。
 竹崎(今下関市内)の白石家は大床屋を勤める旧家で豪商だが、一万石の支藩清末領に属したから宗藩政庁を相手とする雲浜貿易とは直接関係がなかった。むしろ彼は薩藩当局が藩内物産の新販路を、広く下関を中心として拡張するというのを知ってこれと結ぶつもりで、種々画策していた。かねて筑前亡命中の薩藩士北条右門一派と知り合ったのもそのへんからで、西郷・月照一行が亡命の途次白石家へ潜んで以来ようやく全国志士の問に知られた。当主正一郎とその弟廉作、あい助けて家業に従い、文事を解し志操気概に富んだ点は、既記三宅定太郎、下辻又七、山口薫次郎その他当年の、志士派産商業家一般に通ずる性格である。西郷とは入水亡命の一年前、北条右門の紹介ではじめて対面したが、西郷はそのとき手紙を薩藩政庁に勤めている妹婿へ送って白石希望の新貿易案の助成方を頼んでいる。右門によって志士生活に入り、月照入水に立ち会って一躍名を成した平野国臣も、このへんの事情に通じ白石一家とは信交の間柄である。安政四年正月長州貿易交渉を終えた足で筑前に右門一派を訪うたときの雲浜の動静が、もっとわかっているとおもしろいのだが。
 それはともかく、国臣が立てたプランは、備中の三宅定太郎とこの白石を結びつけて、雲浜遺策をさらに九州まで拡大することで、それまでに白石の方では、すでに薩長貿易は緒についていたから(薩摩から藍玉、タバコ類を、長州から米、ダイズ、ワタ、コンブ類を輸出した)、国臣みずからまず白石を訪い、その足で筑前の北条一派と相談し、帰途さらに宗像郡大島の富豪佐藤大作とも謀って、すっかり計画が成り、さっそく連島から見本を兼ねた綿と糸を積んで国臣も乗り込んで、第一船を竹崎に乗りつけたのが、安政六年三月初旬のことだった。
 だが結局この企ても、その年が暮れる前に、いろいろの故障が続出して、挫折に終わった。たとえばはじめ薩州物産の見本としてヤマアイ(山藍)を、備中地方へもたらしたときは、値は安い品はいいというので、地方染物屋は大乗り気だったところ、いよいよ大量に現物を送りつサると、従前のアイ問屋仲間が特権を失うところから領主権力と結託して大々的に妨害し、はては三宅の鉄物店の番頭宮崎司──と国臣は変名していた──の正体まで洗われそうになったので、この二代目雲浜は竹崎から回航した最後の貿易船に打ち乗って、連島を去った。その翌日、三宅は役所に召喚され、みだりに浪人を滞在させ云々のかどをもって、閉門謹慎を申しつけられ、これをもって、連島貿易の一件は、けりとなった。
 それと前後して、白石の薩長貿易も、薩藩政変のため一頓挫をきたしていたが、安政六年暮れから改めて白石の店に腰を据えた国臣は、今度は郷里筑前の新興物産となっていた陶器類を、白石の手で馬関中心に売りさばき、その代り黒田家経営の精練所で使用する更紗や形木綿類の納入をする新計画に片棒かついで、万延元年二月中旬、白石の陶器販売店の支配人になる、というところまで事が運んだ。
 桜田義挙が、そのとたんに、竹崎の国臣、白石のところへ持ち込まれたのである。
 来月二十日前後を期して大老を斬ることはもっぱら水戸側が引き受ける、薩藩側はその機会に、京都に大挙出兵するという最初の江戸案が薩摩で修正されて、薩藩だけでなく筑前藩も協力して京都に出兵させようということになり、国臣に筑前を動かす役割が振られたのである。白石の家が幾度か連絡の場所となり密議の室となって、結局そう決まった。
 三月早々、薩藩士堀仲右衛門上書にあわせて宮崎司のペンネームで国臣からひそかに筑前藩主の手もとへ差し出した建白書の草稿は国臣の伝記者春山氏によって白石家文書の中から発見されたものだが、甚深な興味がある。
 まず、水戸の志士が井伊を討ったうえただちに横浜の焼打ちをするという密策──これは江戸でできた水薩密約覚書中にある──の後半部すなわち横浜攘夷について、国臣はじめ西国志士は反対意見で、建白書はこの問題から起筆している。横浜焼打ちは、大老暗殺が水戸の私怨でないゆえんを天下に表示するためだというが馬 「実は甚だ愚策にて一己清潔のため天下之大事を招候は必定」、内乱にあわせて対外戦端を開くことがあっては容易ならぬ仕儀となろう、という反対意見。
 ついで、大老暗殺が実現すれば、天下の人心動揺して金銀融通もとまり、米価高騰するに相違ないから、密事を知らぬ諸国諸家が騒ぎたてない今のうちに、然るべき器量人を大阪へ差し立てて、銀主から借りられるだけ借り入れさせ、軍費の備えをしておくこと肝要である旨。
 第三に、兵糧としての米穀も同様、今のうちに買い付けて置く事。それもごく内密に、商人の私買の形で、長府小倉辺の米を買い取らせ、二割か三割の手付金を打っておけば、よし不要になったところで米価は必定騰るのだから、俵当り十匁二十匁の徳にはなっても万々損にはならぬであろう事。
 この条の但書として、
 「但右御米御買入にても相成候儀に候は讐、幸かねて御国産陶器類、製練所御用のさらさ形木綿等、取揃方御用承り度……其段すでに旧冬来工藤左門を以て内願仕候下ノ関竹崎浦(清末家町人年寄勤)白石正一郎と申者へ、江戸一左右次第、急速御買米手付金渡させられ、其儀命ぜられ候はゞ、屹度閉密に相働き可申人物に御座候。同人は是迄薩州長州南国之御産物交易之御取次に携り候正直なる者に御座候。」
 第四、火薬類もぞんぶんに仕入れておかねばなるまい。薩州などは先代存命中から周防宮市の藤井又兵衛に命じて硝石十万斤を契約し、前後六万斤ばかり、鉛銅等で支払って引き取ってある。右又兵衛儀は自分で硝石を持ってはおらず、備後福山の大町人片山某から買い付けているのだが、この片山某の妻の兄にあたる備中連島三宅定.太郎なる者は、同志の者にて去年来別して懇意の間がらゆえ、この者の伝手をもって元方の片山に直談判させ、御国名を出さぬよう値段も格安に鉛硝石とも買い入れさぜるよういたされたい。手後れになるとその国主から邪魔がはいらぬものでもないから、一左右次第御英断然るべき旨。
 第五に大砲の事──薩藩から新式大砲を買い入れ、国産石炭をもって支払う。第六に下関渡海火急の場合白石正一郎へ用命の事、第七明石防備の事、以上七条。
 いわば非常時経済建白書で、その要所要所が、国臣既往一年間「しばしば利貨を失」った経済戦線と結びつけられている点妙味がある。しかしけっしてあだにはならなかった。右記第三にもある精練所御用一条につき、三月七日をもって白石は福岡に入り、滞在約十日、藩吏の歓待をうけ精練所も視察し、米買付けその他非常時経済問題まで打ち合わせたかどうかは知らぬが、肝心の桜田義挙が予定を大狂わせに早めてすでに三月三日に決行済みになっていた事実を一同いっこうに知らなかったことだけは確かである。義挙済みの風聞は白石国臣同道で馬関へ引き揚げた翌日の十八日になって達した。



 桜田義挙に関する水薩密約にいう決行予定日「二十日前後」を有馬新七『義挙要録』記載にそのまま基づいて二月二十日と見、三月三日の決行をもって十日余り遅れたとする考証(渡辺盛衛『有馬新七先生伝』)もあるが、春山育次郎氏『平野国臣伝』のごとく三月二十日とするほうが正しい。大老暗殺が予定より早められ薩筑両藩の京都派兵も抑止されたから、桜田義挙の結果もかえって反動跳梁の姿となり、大獄後の反動期が安政五年秋から桜田の変まで約一年半続いたとすれば、桜田変後の反動期も文久二年春まで二年たらず続いている。この二年間、志士に対する幕府の追及はいよいよ激しく、反対派諸雄藩主もほとんど抑止して動かず、一見すべては平穏かと見えて、やがて地下では、桜田変前に数倍する──否、質的にすでに討幕運動にまで転化した一大活動が、展げられていった。しかもそれが、いよいよ圧倒的に「草莽」義徒の間から盛り上がり、文久二年とともに湧き起こる澎湃たる行動期の一特色は、すでに地方産商業家のなかから算盤を棄て資産を抛ってみずから諸戦野に出動する者がぞくぞくとして認められた点にある。
 文久二年正月の坂下門事件(それと関連せる輪王寺宮擁立挙兵策、一橋擁立挙兵策等)に連座・獄死した下野義徒の中心には、宇都宮の呉服商菊地教中、大橋訥庵兄弟がおり、翌文久三年には、渋沢栄一が藍玉の売上金で武器を集め、一味とともに桃井儀八の沼田城乗っ取り策に応ぜんとするなど、水戸はさておき、とかく関東不穏の有力な震源地は、織物業中心地帯と関連していた。
 文久三年八月の天誅組挙兵に参画して戦死または獄死したリストのうちからあまり知られていないが古東領左衛門。
 この人は文久元年までは、いわゆる志士と交渉がない。淡路島三原郡津井村十二代世襲の庄屋で田畠四十町歩、山林七十余町歩、藩の「支配外」待遇。備中連島の三宅定太郎とよく似ている。そうした地主的存在の半面で、彼は大規模な土木企業家だった。安政二年の淡路津井港改築、同六年から文久元年にいたる同郡阿万村の大灌漑工事、津名郡岩屋の築港工事等、すべてその手になった。かねて近隣に志操気概を謳われていたが、文久元年清河、安積等九州遊説の別働隊、備前人藤本鉄石の遊説をもって深く志士と交わり、翌二年二月朔日付、京都の鉄石からの書翰に、
 「……先日は貞助様(領左衛門舎弟)御入京御座候処御勿々にて残意不少奉存候。偖愚意聊か御咄申候処、御承知にて早速金百両差向被下、慥に収手御芳情奉感佩候。追々正義家之為に相用可申喜入候。尊家之御事御国の御事、如何様にも御所置も有之べき事如何御座候や。僕等只々必死と存候迄、然も余処より御覧被下候より存外水火中に御座候御憐察可被下候。云々」
 まだシンパというところだったが、三月下旬京見物に託して大阪へ出て、伏見挙兵計画の背後に参画してからは、もう単なるシンパではなかった。文久三年六月以降京都に寓居を構え、郷里の財産大部分を処分して金に代え、大和天誅組には伍長の資格で参加し、京情偵察のため京都へ潜入して捕えられ、同志とともに翌年七月、六角獄で刑死した。このとき刑死した同志の中に、木綿問屋下辻又七等と雲浜貿易に参与した大和五条の医者乾十郎、井沢寛庵等もはいっている。
 連島の三宅定太郎も、池田屋事件前後には、六十余町歩の田産残るところわずか八町歩だったというが、その間の詳しい経緯は、今つまびらかにしない。
 竹崎の白石兄弟は、弟廉作のほうが、矢立を捨てて生野挙兵の主部隊に参加して死んだ。生野挙兵は大和天誅組の声援のためだったが、機を逸し戦略を誤ったためまず内部的に崩れ、廉作の部隊は、人足を強制徴発せんとしたことから農民と猟師の蜂起にあって、一隊十三名ことごとく死んだ。
 幕末著名志士の言動は今日ほとんど漏れなく調べ尽くされて数多の伝記に完成され、我々にはおよそ読む仕事だけが残されている形である。だが一般に、志士行動の社会的経済的根底の問題まで突き込んだ伝記類はきわめて稀で、藩末を扱った社会史経済史の方面でも、当面の産商業の具体的性格を究明する仕事は、多く今後にかかっている状態である。 「志士文芸」につきまとっている物たりなさは、その部面だけのことでなく、歴史や経済史の部面でも、相当の程度でいえるのである。ところで経済の志士と政治の志士と、あい容れぬものに思い込む仕方は、幕末東方君子国時代、すでにもうはやらなかった。大倉喜八郎の祖父、越後北蒲原郡新発田町の豪商大
倉定七の墓碑銘を、頼山陽が頼まれて、起筆していわく、
 「余嘗て謂ふ古の豪傑。皆善く産を治む。馬文淵の如し……」

メニュー

更新履歴
取得中です。