|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

服部之総「新撰組」

新撰組
一 清河八郎
夫れ非常之変に処する者は、必ずや非常之士を用ふ──

 清河八郎得意の漢文で、文久二年の冬、こうした建白書を幕府政治総裁松平春嶽に奉ったところから、新撰組の歴史は淵源するのだが、この建白にいう「非常之変」には、もちろん外交上の意味ばかりでなく、内政上の意味も含まれていた。さて幕末「非常時」の主役者は、映画で相場が決まっているように「浪士」と呼ばれたが、その社会的素姓は何であろうか。
 文久二年春の寺田屋騒動、夏の幕政改革を経て秋の再勅使東下、その結果将軍家は攘夷期限奉答のため上洛することとなり、その京都ではすでに「浪士」派の「学習院党」が隠然政界を牛耳っている。時をえた浪士の「非常手段」は、このとし師走以来の暦をくってみるだけでも、品川御殿山イギリス公使館焼打ち、廃帝故事を調査したといわれた塙次郎の暗殺、京都ではもひとつあくどくなって、 「天誅」の犠牲の首や耳や手やを書状に添えて政敵のもとへ贈り届ける。二月になると全都の目明しは皆恐がって引退する。
 このような事態のうちに、清河八郎の建白による浪士組が、組織され、やがて分裂してそのなかから新撰組が、討幕派浪士を検索する京都特別警備隊としての役割につくが、こちらのほうもやっぱり同じ「浪士」である。この浪士とかの浪士の、同一性の差異性を明らかにするには、それによってひろくは幕末非常時諸戦士の社会的素姓の問題にも触れ、やがて新撰組の歴史を釘づける運命的な地盤そのものに達するには、伏見寺田屋事件を顧みるのが近道だろう。
 幕政改革をめざす折衷派の盟主島津久光が上洛するその直前をねらって、七百の同志をもって伏見と江戸で同時に事をあげ、京都所司代と江戸閣老を斃し、公武合体派を抑制しつつ一挙「鎌倉以前の大御代を挽回」するというのが、寺田屋に憤死した「浪士」派の粒々半力年にわたる工作の荒筋だった。この工作途上に、ことに前半、非常に大きな宣伝煽動家の役割をしたのが清河八郎、庄内の酒造家で豪農で郷士だった家がらの長男に生まれ、江戸へ出て文武の道場を開いていた。ブルジョア地主出身のいわばインテリで、白皙長身、満々たる覇気と女郎買いをしたことまで日記につける律義さがある。文久元年秋から二年春へかけての彼の活躍の跡を、なかんずくその連絡の結節を辿ってゆくと興味が深い。
 清河一味を京都における討幕派巨頭田中河内介に紹介したのは京都の同志で医師を職業とした西村敬蔵。河内介その人も本来但馬の医師の次男坊で、中山家諸大夫田中氏の養子となったものである。万延以降、鹿児島の町人で郷士の是枝柳右衛門を通じて薩州その他九州の尊攘派と連絡がついているので、中山中愛卿の教旨を持たせて清河らを肥後に送った。肥後の同志は直接ブルジョア的地盤を欠いている点に特色があったが、それだけ極端な尊攘派で、国学者や神主を中心に軽格士族が多く組織されていた。ところで肥後に会同した清河その他に、薩藩極左派と連絡できる素因を作ったのは長州竹崎の商人白石廉作である。薩藩は文久元年十月以来公武合体派たる誠忠組の天下となって、応じて極左尊攘派も進出して、領袖は藩校の国学教師有馬新七、無数の糸で町人身分とつながる外城郷士たちが組織されていた。
 寺田屋事変前後彼らはすべてその限りで「浪士」であった。だが全体としての寺田屋派を仔細に見れば、烈々たる士たり農たる諸要素はいわば鉄片であって、どこかブルジョア的導線につながる一脈の黄色い火薬がこれを点綴していることがうかがわれる。この導線こそ維新変革史を通じて一貫した「左派」の特質であった。
 これに対して清河八郎の建白によって成った官許「浪士組」は、もう右の導火線からは遮断された存在だった。いかにもそこはすべての範疇の「浪士」が含まれた。一片一片の要素としては「左派」浪士団に存在したすべてのものがここにもまた馳せ参じていた。文武道場の主として民間に覇を称えた者も、水戸長州等東西南北の脱藩士も、地主層出身も「甲斐の祐天」こと山本仙之助一党のごとき無職渡世流も。
 しかもすべてがこの場合もまた、あるいは身分制度に対する、言路壅蔽に対する、外夷跳梁に対する、それぞれの鬱勃たる社会的不満を、ひとしく「尊攘」の合言葉にかけて馳せ参じたものである。
 「幕府之御世話にて上京仕候共、 一点之祿相受不申候間、尊攘の大義相願奉り候。万}皇国を妨げ私意を企候輩これあるに於ては、たとひ有司之人たり共、聊用捨なく譴責仕度一統の座赤心に御座候。」 (朝廷への「浪士組」建白書)
 嘘でもペテンでもなく、またあながち幕府への謀叛とも断ずるわけにはゆかなかった。けだし文久非常時の合言葉「尊王攘夷」は、幕政改革以来すくなくとも表面でにまた幕府の──iすなわち薩越一橋水戸等公武合体派の指揮下に立った改造幕府の──合言葉ともなっていたから。
 清河八郎の役割は──その意志は別として──ただスイッチを切り換えたのである。近代資本の方向に通ずる導線から封建支配の中央部へじかに連結するそれへ。すでに彼は寺田屋事件の直前、その煽動家的資質が災いして従前の同志から除名されていた。 「浪士組」組織後はもとの関西同志から裏切者と指弾された。それにもかかわらず八郎の素志が、老中板倉周防守の刺客に斃れる瞬間までいささかも変わらぬ尊攘の赤心に貫かれていたことは、遺稿からも一点疑いを容れぬ事実である。一歩進んで八郎の魂胆が幕府の力で浪士を集め機を見て討幕に逆用するにあったという、稗史の臆測を是としてみてもかまわない。問題は意志!ただしこの場合討幕の──いかんにあるのではない。非常時建白の瞬間から、意志実現のための客観的地盤を永遠に喪失したという意志の彼方の事実のなかに…横たわっている。

二 肥後守容保

 京都守護職松平容保は純情一徹の青年政治家である。公武合体H尊王攘夷の建前にiiこの、本来過渡的な、折衷的な政治綱領を過渡的折衷的なそれとせず、純一無垢にこれに終始せんとした珍しく生一本の政治家だった。官許「浪士組」に馳せ参じた諸浪士たちはこの松平容保のなかに、その意味で自己の同一物を見出すことができたであろう。
 非常時京都の警視総監として何よりも検索しなければならぬ「浪士」のなかに、松平容保は他のあらゆるものを──たとえば身分制度に対する、言語壅蔽に対する、外夷跳梁に対する、物価暴騰世路困難に対する彼らの不満を。またたとえば彼らの背後にあるときには「長州」を、後には「薩州」を──認識することができたが、ただ一つ、これらすべてを「歴史」の爆薬に転ずる一筋の黄色な導線にだけは最後まで気がつくことができなかった。
 守護職松平肥後守は、 「浪士」を無下に弾圧する代りに、これを理解し、善導することを念願した。清河といっしょに、 「寺田屋」派から分離し後、天誅組の謀主となって斃れた藤本鉄石等まで、いちじは黒谷の肥後守を訪れることがあった。
 「攘夷御一決のこの節、御改革仰出され候に付ては、旧弊一新、人心協和候様これなく候ては相成らざる儀に候ところ、近来輦轂の下、私に殺害等の儀これあり、畢竟言語壅蔽諸司不行届の所致と深く恐入候次第に付、上下の情実貫通し皇国の御為御不為に候儀は勿論、内外大小事となく善悪とも隠匿致居候事ども、聊憚りなく、筋々へ申出づべく候。但忌諱を憚候儀これあり候はば、封書にて直接差出申べく、又(肥後守)自身聞届候儀も可有之候。」 (文久二年二月)
と布告してもみた。浪士の暴状にたまりかねた将軍後見職二橋慶喜が、一網打尽的弾圧政策を肥後守に強要したのに対して、職権を賭してあくまで反対し、押しきったのもそのころだった。 「浪士組」が関東から上洛してきたとき、松平肥後守の手文庫の中には、べつに藤本鉄石以下の「京都浪士人別」というのが秘められていた。要は「浪士」の要求を聞き、公武一和して尊攘に邁進すれば、文久非常時を立て直すことができると、かたく彼は信じていたのだ。
 だが、はたして「尊攘」はすべての矛盾を解決する鍵たりえたか? それどころか、討幕派にとって「尊攘」は矛盾をいよいよ発展させるための合言葉としてとりあげられていたのではないか。尊攘挺身隊をもって自任する合法「浪士組」と、同じく尊攘挺身隊をもって自任する「京都方浪士人別」とをすら、わが肥後守はもう握手させることができなかったではないか。それどころか、合法「浪士組」と非合法浪士派とは、京都では顔を合わぜた瞬間からもう挑み合い、つかみ合い、警視総監としての肥後守をいっそう多忙ならしめたではないか。
 そこで「浪士組」は滞京わずか二十日ほどで再び江戸へ帰された。公式の理由は、おりから切迫した英幕危機に備えて、関東で攘夷先頭を承れというにあった。だが彼らが肥後守と京都をあとにした瞬間から、江戸幕府にとっては、ただまっとうに「攘夷」の素志があるというだけですでにやっかいな代物だった。英幕危機が高潮に達し、同時に英幕講和が、極秘裡に画策されつつあった四月中旬に、清河以下「浪士組」領袖が、長州でも肥後守でもなく幕閣の秘密命令で一網打尽されるには、かならずしも清河らの討幕陰謀を必要としない。領袖を奪われて改組された「浪士組」──「新徴組」は、もうただ従順な幕府の番犬だった。
 とすれば、 「浪士組」東下にさいして、とくに「尽忠報国有志之輩Lとして、総員二百二十一名のうちから二十名たらず、京都に踏みとどまって組織した「新撰組」は、どんなものであろうか。

三 芹沢鴨

安穏に相成候処、はからず明二十三日御下向の趣承り、天下の安危此時に懸り、止むを得ず毛塵の身を顧みず愚案申上ぐべく候。若御下向遊ぽされ候ては天下囂然の節、虚に乗じ万一為謀計者も計り難く候。何卒今暫らく御滞留被遊候儀然るべくと乍恐奉存候。云々」
 わずか一割にたらぬ残留組の中心は常陸芹沢村の郷士芹沢鴨を首班とする水戸浪士の一派で、京都の政情に望みをかけ、中央──京都における合体尊攘方策の即時実現をまだ夢みていた。武田耕雲斎のごとき水戸尊攘派領袖が慶喜側近として京都に頑張り、見込み違いをまだまだ悟りきれなかったおりからのことである。他半は近藤勇一派。
 三月に組織されたときの新撰組では芹沢が局長筆頭で、三名の局長中二名まで水戸藩、第三筆頭が近藤になっている。守護職肥後守の管轄に属し、組としての最初の建白は、
 「叡慮に仍つて大樹公御上洛の上、攘夷策略御英断これあり候事と、一統大悦奉り候処、明(三月)二十三日大樹公御東上の由承り驚入奉候。大樹公攘夷の為暫洛陽に御滞留遊ばさる可き旨御沙汰に付、天下人心
 時局収拾のため合体尊攘即行に望みをかけた水戸藩および肥後守のたてまえをそのまま表現したものだが、いつまで経っても事志と違うにつれて、芹沢派はいよいよただの乱暴者に還ってしまった。
 こんなふうで文久三年三月から九月までの新撰組の最初の半力年間は、ほとんど仕事らしい仕事をしていない。この間に文久政変最大のクーデターだった八月十八日の変が起こって新撰組は当日御所警備を命ぜられ、翌日から市中見回りの任務についたが、いわゆる「新撰組」調子の大活躍は、芹沢一派の人をくった乱暴沙汰を除いては、なに一つまだ見られない。
 九月十六日、新撰組は肥後守の内命によって芹沢一派の清掃を決行し、近藤勇の峻厳な統制の下に改組された。この日から松平肥後守は、新撰組において、はじめて腹の底から信頼できる自己の手足を見出したのである。

四 近藤勇
 前年の冬、江戸で「浪士組」に馳せ参じた、清河のいわゆる「非常之士」二百数十名の中で、近藤勇を盟主とする試衛館派数名は、何ほどの注意にも値しないものに見えた。勇は単なる平隊士、芹沢鴨は本部付幹部、上洛の宿々では芹沢のため宿舎割りの苦労もなめた。
 勇にはそれまで国事に奔走した経歴もない。どこそこの藩士でも脱藩者でもない。牛込柳町天然理心流道場試衛館の若主人といったところで、道場試合は巧者でもなく、名が売れていたわけでもない。勇の身上にただその気性と胆にあったと、稗史はすべて説き明かすが、気性と胆なら「非常之士」二百五十名、みんなひとかどの者ばかりだった。
 ただ勇の試衛館は、たとえば斎藤弥九郎の練兵館、桃井春蔵の士学館──この二人とも、文久二年十二月、清河建白の趣旨どおり、与力格をもって幕府に召し抱えられたi同様に、しかし月とすっぽんほどの段違いの格で江戸市中に門戸を張る武術道場の一つであったが、斎藤、桃井らの道場と違った一つの特徴をもっていた。特徴というのはほかでもない。試衛館が、江戸にありながら、実質上は武州多摩郡一帯の、身分からいって「農」を代表する、農村支配層の上に築かれていた点である。
 それは手作もするが「家の子」も小作も持ち、一郷十郷に由緒を知られ、関八州が封建の世となってこのかた数知れぬ武家支配者を迎送しながら、 「封建制度」の根底的地位に坐して微動もせず存続してきた特定社会層である。
 同じ関八州でも渋沢栄一一門や高島嘉右衛門のように、また地方は違うが前に見た清河八郎のように、この同じ社会層のなかから同時にブルジョア的要素をも代表するものが発生して、幕末の政治史を多彩にいうどっている。農村富農から藍玉仲買業や酒屋や山林業者やが派生して、必然的な道筋に添うて初期資本家を形成しても、他面彼らが依然たる封建制根底者的富農の資格を失っていないこと、それどころか、二つの資格は相互にからみあって、幕末維新史上の一つの特質を打ち出していること──これらについて多くいわぬとして、ここに、一方における近代的資格をほとんどまるで具えていないところの農村富農の一範疇が、文久非常時を契機として政治の舞台にせり出してきたとき、どんな役割をすべきか、したか。これを見るうえで、試衛…館一派の歴史は珍重なものといえるであろう。
 天然理心流二代目近藤三助は武州多摩郡加住村の出、八王寺を中心に多摩地方の農村富農の子弟を「武術」の上で組織した。二代目を継いだ近藤周助も多摩郡小山村の「農」、 その養子となって三代目を、すでに道場は江戸へ移っていたが、継いだのが近藤勇で同郡調布上石原村の「農」の三男、勇の同門で盟友で幕下第一将たる土方歳三は同郡石田村の大百姓の末子である。道場は江戸にあっても、たえず多摩地方の農村青年の問に泊りがけで出稽古をする。試衛館何天王に数えられる沖田、山南、原田、井上、永倉等といった手合いのうちに、白河、仙台、松山諸藩の脱藩士があるが、このやり方ですべて多摩地方の豪農地盤と多年密接に結びつけられてしまっている。
 芹沢派清掃後の新撰組は、試衛館以来のこれら手足を意のままに動かして、近藤、土方両名の完全な独裁が布かれた。以来、新撰組の離合集散出処進退は、この両名が代表する社会的地盤に照らすことなしには理解されない。
 近藤勇が、輝ける新撰組隊長として切り結んだ敵手と同じく──否それ以上にいつまでも──腹からの「尊攘」論者だったといっても、右の地盤に照らすとき不思議はなかろう。
 文久三年十月中旬といえば、すでに重だった芹沢派の清掃が済んで新撰組に近藤支配が樹立された後である。そのころ幕府が江戸の新徴組とともに新撰組を祿位をもって優待しようとしたのに対して、肥後守へ上表して辞退した近藤勇署名の文中、
 「全体私共儀は尽忠報国の志士、依て今般御召に相応じ去る二月遙々上京仕り、皇命御尊載、夷狄攘斥の御英断承知仕度存志にて滞京罷在候。外夷攘払の魁つかまつり度き趣旨は是迄愚身を顧ず度々建白候通り、未だ寸志之御奉公も仕らざるうち祿位等下し置かれては云々」
 そのころまた、京都における合体派諸藩の政客が一力に会同して時局を議した席上、勇は新撰組を代表して、「薩長は先ごろ攘夷を行なったとはいえ、いずれも一藩の出来事、皇国一致して外夷を屠るの壮挙は、まだ行なわれていないのである。去る八月以来公武合体が実現している今日となっては、すべからく皇命を奉じ、幕府をたすけ、上下協力して国論を定めもって攘夷の効を奏すべきである」と論じて将軍家再上洛の必要を力説した。
 明くる文久四年正月、すでに長州はじめ討幕派陣営の塵もとどめぬ、合体派天下の京都へ将軍は再び入洛したが、四月になって攘夷方策はおろか、長州征伐の段取りすら一決せず、諸侯は気をくさらせて退京し始め、虚に乗じて筑波に討幕の旗があがり、洛中にも怪しげなものの気配が匂い始めたというとき、将軍はあわを食って東帰を言上した。
 このときも新撰組は必死となってi隊を解散するぞといって反対した。この建白書の中で、我々は本来公武一和攘夷決行のお召しによって上京したものであって、市中見回りのためお募りにあい成ったわけでも、また見回り奉公のつもりでお勤めしている次第でも絶対にないめだから、攘夷御決断もなくそのまま東帰さるるようなら、末の見込みもないことで迷惑の結果は、自然めいめいの失策もでき、かえって公儀のご苦労にも及んでは恐れ入り奉るので、万一このまま御発駕になるのでしたら我々一統に離散仰せつけられたい、と鬱勃たる語気をみなぎらせている(五月三日付老中の建白書)。
 将軍はさっさと帰っていったが、守護職松平肥後守のゆえに、新撰組は黙って市中見回りを断続しているうち、一ヵ月目に、池由屋事件が起こったのである。
 かねてにらんでいた四条小橋の古道具屋に踏み込んで、主人を検挙して吐かせてみたら……有名なこの一件について書くまでもあるまい。池田屋で秘密に会合した討幕派の陰謀は、すでにもう「攘夷」ではなく、かえって尊攘実現のため痩せる思いをしつつある松平肥後守以下京都における真正合体派の権力を、一挙に清掃して政権を奪取することにかかっていた。この日以後近藤勇の新撰組には、攘夷遷延のゆえに幕府当路を責めることよりも何よりも、さしあたりまず、 「尊攘」実践のための第一前件と考えられた公武合体そのものを死をもって護る使命が課せられた。それはさしずめ「長州」の、やがては「薩長」の暗闇の使徒に対して現制度を死守する、特別警備隊の仕事であった。ブルジョア的要素に一筋の連結も持たぬ、多摩農村の封建的根底部分を百パーセント武装化した、試衛館独裁下の新撰組ほど、この任務のために不敵、真剣、精励たりうるものがおよそ他に考えられようか。
*
 池田屋事件の文久四(元治元)年から、鳥羽伏見のいくさに敗れて東帰するまでの三年間、新撰組如上の本質に、何一つ変化がなかったばかりか、隊士の離合、隊勢の発展のたびごとに、いよいよ本来の姿を明確にしてゆく。東帰後はいうもさらなり。こころみに読者、しかるべき幕末史観に照らしつつ、材料詳細をきわめた二つの新撰組記録」子母沢寛氏『新撰組始末記』、平尾道雄氏『新撰組史』について考案し給え。
 


メニュー

更新履歴
取得中です。