|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

内藤湖南「唐代の文化と天平文化」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唐代の文化と天平文化
 この度朝日新聞で天平文化に関する講演会を開くについて、私にも一席お話するやうにといふことであります、私はこゝに掲げました通り『唐代の文化と天平 文化』といふ題を出しました。実を申しますとこの題について考へましたことは、この講演が初めてゞはありませぬ、二三年前に奈良に仏教美術といふ雑誌があ りまして、そこで天平芸術の研究号といふものを出したことがありました時に、私にやはり之と同じ題で話をするやうにといふ向ふからの注文でありました、そ れでこれと同じやうなことを話して「仏教美術」に筆記してもらつてあります。今日お話いたしますのも大体それと同じ意味でありますけれども、その当時ある 部分は大変に粗略にいたしましたところがありますので、今日はなるべくそのときに粗略に話をいたしたところを、少し詳細にお話をして見たいと思ふのであり ます。
 随分この問題は大きな問題でありまして、単に日本ばかりの問題ではありませぬ。私は一体日本歴史が専門でありませぬ、支那の歴史が専門でありますけれど も、支那の方から申しましても、この日本文化といふものがやはり一つの大きな問題でありまして、東洋全体から考へますといふと、支那といふ大きな文化の中 心がありまして、その文化が四方に伝播していつて、その周囲の国々の文化をだんくひき起しまして、新しい文化を形作らしめるやうになつてをりますことは、 恰度西洋におけるギリシヤの文化が欧羅巴の国々に拡がつたと同じやうな形になつてをります。殊にその中で過去――古い時代はもちろんでありますが、近代を 通じましても、此日本における天平時代の文化といふものは、支那文化が拡がつて形づくりました周囲の各国文化のうちで最も重要なものであるといふことがで きると思ひます。それで支那文化の伝播を調べる上については、天平文化を調べるのがよほど必要なことであります、さういふところから私ども[#「ども も」?]大に興味をもつてこの天平文化に関することを考へても[#「も」衍?]見ましたのであります。もちろん単に吾々が日本人である立場から申しまして も、日本の文化が支那文化の影響を受けて、どういふ風に芽を出して来たかといふことを考へるのは、よほど興味ある問題でありますところから、そのことも考 へないことはありませぬが、ともかく私から申せば、その方は枝葉でありまして、支那文化の伝播といふ方から考へる方がよほど興味があります。殊に支那文化 は日本に影響を及ぼしたばかりでなしに、支那の周囲の国々に皆影響を及ぼしてゐるので、その状態がその国々によつてどういふ風に各々できてをるか、どの国 が一番巧く支那文化を応用して、自国の文化を創造したかといふことがよほど面白い問題であります。
 文化の中心といふものは単に支那の内部だけにおきましてもだん/\動いてをります、いつでも同じ地方で文化が栄えてゐるわけでありませぬ、支那におきま しても最初北の方の渤海湾の沿岸地方で第一に文化が発達しまして、それからだんく南の方に及んで、今日では南の方が文化の中心地になつてをります。この文 化の中心がだん/\移動して行くのは、国境には関係ないのでありまして、支那の内地でもだんく文化の中心が移動した以上は、それから国境を越えて、他の国 に往つて栄えることもあると思ひます。さういふ関係から日本文化が東洋において、どういふ径路を経て、竟に東洋文化の中心になるか、今日既になりつゝある と思ふのでありますが、それがどういふ径路を経来つて居るかといふことは重要な問題であります。
 また文化についてもう一つの考へ方があります、我邦に於ては昔は支那の学問の影響を受けまして、すべての文化と申しますか、道徳その他のことは古代が非 常によくて、だん/\後になると堕落するものと考へてをりました。然るに近年になつては殊に西洋の文芸復興期以後の考へ方の影響を受けまして、世界は進歩 するものだ、すべての民族は進歩するものだといふ風に考へてをりまして、だん/\後ほどよくなると考へるやうな傾きになつてをります。それはどちらもある 点においては各真理でありませう、私ども歴史家と申しますものは、世の中を年代順に縦に見て行くのでありますから、これがもし進歩が停止するといふ風に考 へると、ちつとも興味のないものでありますが、しかしそれが果して今日の時代に考へるやうに、必ず進歩するものかどうかといふこともこれも一つの疑問だと 思ひます。これまでも私どもは随分支那の歴史をなるべく進歩したものと考へやうとして居るのであります、支那のやうな保守的といはれている国でも進歩して をると考へてをるのであります。また支那のやうな国にもたまにはさういふことを考へた歴史家があります、そのことは後でその人のことに触れることがありま して申しますが、さういふことを考へた歴史家がたまにはあります。それでありますからなるべくさういふ風に考へて見ようと思つたのでありますが、しかし近 年になりまして朝鮮において関野博士が楽浪の発掘をされてから以後、今から二千年ほど前の漢代の文化といふものが非常に立派なものであるといふことが分つ てから、少しその事に疑ひを持つやうになりました。或はある時代にある種類のものが非常に絶頂に達するまで発達した以上は、そのことについてはその以後の 時代にはもうそれより以上発達しないものではないか、それ以後の時代において発達するのは、その発達すべき種類が変つて来るのであつて、その文化の高さの レベルからいつたら、ある時代に絶頂に達したものはそれぎりになるのではないかと考へるやうになりました。これらはいろく考へやうでありまして、今日以後 において世界の歴史が統一されて考へられ、世界の文化が統一されて発達するまでは何ともいへない問題であります。しかしともかくさういふ風に、ある時代に はある種類の文化は絶頂に達するものだといふことを考へて見ますことも事実においては必要だらうと思ひます、その点からこの天平文化といふものを見ますと よほど面白いのであります。もちろん日本においても天平時代から平安朝にかけて非常に立派な文化を形造つたのでありますが、それではその後において日本の 文化といふものが退歩したかといふと、さうではないので、また後の江戸時代になりまして、相当にまた別の種類の発達をしてをるのであります。であります が、天平時代に日本が造り上げたところの文化は、近畿地方において造り上げた文化は、その種類のものにおいてはその後の時代にどんなに立派ないろくなこと をやつて見ても、同じ種類のものにおいては、それ以上できないのではないかといふ考へも起されるほど、天平文化といふものは日本の各時代の文化において、 よほど高価なものであるといふことができるのであります、その点はこの天平文化といふものを考へる上においてまづ予め考への中へ入れてよいことであらうと 思ひます。
 しかし私は今日さういふ総体的の議論をながくいたすつもりではありませぬので、なるべく部分々々について、今私が申しました総体的の考への証拠になるべ きやうなものゝ材料についてお話をして、その材料に対する興味からして、皆さんが自然にそのことを御自分で研究せらるゝやうになることを希望しますので、 そのためにこゝにいろ/\な参考品を持つて参りました。殊に私は彫刻の専門家とか、絵画の専門家といふやうなものでもありませぬので、それらの点にも話は 及びますけれども、それは極めて大体を申しまして、ともかく天平文化といふものを総体的に眺め得る材料をこゝに提供したいと思ふ。それについていろ/\の 問題に触れることになりますが、第一に考へておきたいと思ふことは先ほども申しましたやうに支那文化といふものは支那をめぐるいろいろな民族、そのいろ/ \な民族の多くは殆んど尽く支那よりも遅く発達した国でありまして、支那文化の影響を受けて、各自分の文化を形造つた国でありますから、その支那をめぐる 各民族が各文化を形造つたもので、日本と相類したものがあれば、それと恰度この比較をして考へて見るといふことは、日本文化の値打ちを見る上においてよほ ど手取り早く分ることだと思ひます、それでさういふことに注意しようと思ふのであります。支那の国をめぐる国といひましてもいろ/\ありますけれども、今 日まで多少文化といふものを持ち伝へてゐる国は沢山ありませぬ。西の方にはまつ西蔵がありまして、これは元来その国語の性質などは支那と同一系統のもので ありませうけれども、中ごろから文字を採用するのに支那文字をその国の文字に採用せずに、印度の文字を採用しましたところからして、文化が支那と同じやう な径路を辿つて発達しないことになりました、いはば支那の同文の国でなくなりました、元来は国語の性質は同様であるのに、途中から全く異つた文字の国にな りました、ともかくそれが現代に続いてをります。それから日本の文化は隋唐以前から支那の文化を受けて居りましたが、その盛んになつたのは唐代からであり ます。之と似たのは朝鮮であります、朝鮮は殆ど日本と何から何まで同じやうな径路を経て支那の文化を受入れてをるのであります、その国語から申しましても 朝鮮語と日本語とは同じ系統の国語であります、それからして支那の文字を用ひまして、一時は全く支那の文字だけで、支那の文章を自分の国の文章として用ひ るやうになつたことも大体日本と同じであります。それでこの日本文化を朝鮮の文化に比較して見ると真に興味があり、また支那文化を受入れた支那をめぐる国 々の中で、最も長く文化を相続してをつて、その間に多少特色の異つたところのあることを示してをり、比較研究によほど便利なものでありますから、私の今日 のお話も時々朝鮮文化に触れることになります。大体これは全体のお話の前置きであります。
 その文化の本質に至りますと、まつ政治に関することからお話して見たいと思ひます。政治に関すること、これも実は今度の講演会では日本の政治が支那の政 治の影響を受けた、殊に天平時代において最も多く受けてをりましたから、その方の専門家にごゝでその講演をして戴きたいと思うたのでありましたが、何か御 都合でその専門家の方が、別の問題について話されるやうになつたらしいので、それでまつその遺漏を補ふ意味もあつて、私が柄にもないことでありますけれど も少しその方のことを申上げて見たいと思ふ、それだけでも今日お話をすればおしまひになる位の大問題でありますが、今日は極く簡単に話して見ます。
 支那の政治と申しましても大きな話でありますが、大体政治を運用する上において官職といふものが重要なものであります、その官職に関する支那の歴史は随 分こみ入つたものでありまして、唐の時代になるまで既に幾多の変遷を経てをります。支那人はよほど古く周代・漢代あたりからしてこの官職に関する事につい ては、いろいろな実際の官職の外に、又官職に関する理想もありまして、その理想と実際必要上発達してくるところの官職と、その両方から支那の官制即ち職官 といふものが発達して来た。一面において実際上の必要からいろ/\官職ができます、一面においては総体的の理想からかく/\に官職を制定したがいゝと、両 方から考へられました。その総体的の理想から考へましたことも、もう漢代において既にその二つの派がありました、私ども支那の学問を特別にいたすものには それを今文派古文派と申します、この二つがありましてその二つが既に官職に関する理想において別々の考へを持つてをりました。それでその内容を申せばなか く長いことでありますけれども、ともかくそれらの二つの派で今日素人が見て誰でも気のつくことは官職の数の揃へやうがはつきり異つてをること、それは今文 派の官職の揃へ方はすべて三の倍数で揃へてあります。天子の下に三公を立てる、其下に九卿を立てる、それから大夫が二十七、元士が八十一、さういふ風にし まして大体三の倍数で官職を整頓して行きます。この今文派と申しますのは漢学に興味のおありの方は御承知でありませう、礼記王制と申しますのが今文派の理 想を書いたものであります。もう一つ古文派と申しますりは、周礼が即ち古文派の理想を書いたのでありまして、これは六の倍数で官職を考へました、大体にお いて政府の組織を天官、地官、春官、夏官、秋官、冬官、といふやうに六つに分けて、その各の官に六十官づゝおきまして即ち三百六十官、さういふ理想で造つ たのであります。その外に実際の必要上できてくるところの官職があるのであります、それがだん/\秦の始皇から以後、漢代六朝を経て唐代までに、この二つ の理想と、実際上の必要から起るところの官職と、それが組み合つて唐の時代の官制といふものができました。唐の時代の官制の本には――今日でも唐六典とい ふのがありまして、日本でも唐の官制を摸倣した結果、唐六典は非常に大事な書として研究されたのであります。それで唐代官制は理想と実際と.の官職が両方 から互に組み合つて出来た結果として、自然冗官が沢山できた、理想の方から考へて造つたものと実際上から考へて造つたものと、それが同じやうな仕事を両方 でしなければならぬやうなものができました、これは唐の六典を見ると分るのであります。
 ところが唐の時代に既にそのことについて考へのついた政治家がありました、前に申しました支那で世の中は進歩するものだといふ考へをもつた歴史家と申し ました、杜佑といふ人が、即ちその政治家であります。この人は名著の通典といふ本を作つてをりますが、その人は唐の中ごろの政治家で、恰度弘法大師が入唐 された時代の人でありますから、天平時代の少し後の人でありますが、ともかくこの人は私の考へでは歴史家として史記を作つた漢の司馬遷以後の第一の歴史家 であると思ひます。この人の特色ともいふべきは、即ち支那の歴史家に殆ど見ないところの、支那の国がだん/\進歩するといふことを考へて居たことで、それ が通典といふ本の至るところにその考へが現はれてをりますが、多くの人はこの通典といふ本を読んでも、その意味を今日まで殆ど誰も注意してをらなかつたの でありますが、私は先日友人の狩野教授の記念論文集ができました時に、その意味のことを論文として書いておきました。さういふ人で非常に歴史家として偉い 人でありますが、政治家としても勝れた考へを持つてをつた人であります。この人が唐の官制を論じたことが通典の中に見えてをります、その通典の中に見えた 官制論には、唐の制度には矛盾し、重複して居る官職が沢山あることを認めてをります。それでこの人の申しました大体を申しますと、刑罰の方を掌る、今で申 すと司法省に当る官職でありますが、それが二つあります、一つでいゝことであるのに二つある。唐の制度では尚書省、門下省、中書省これが一番主なる官職で あります。この尚書省の中に六部を含んでをります、即ち周礼の六官から来ました所の吏部、戸部、礼部、兵部、刑部、工部の六部を含んでをります。このほか に唐の制度に九卿がありまして、それは王制の方から来たのであります。それでこの九卿の中には大理寺といふものがありまして、これが司法官、前の六部の中 の刑部も司法官、かういふ風に司法に関する官が二つ重複してをります。又工部が尚書省の六部の中にある上に、将作監といふ工作に関するものがあります、こ れも重複してをります。戸部は内務大蔵を一緒にしたやうな官であります。それが唐代には別に司徒の官があつてこれも重複してをる。礼部これは今日で申せば 文部省であります、これもこの礼部のほかに礼儀使といふものがありまして重複してをる。この外にもかういふ風に重複したものがいろ/\あります。それをこ の人が挙げまして唐の制度はかういふ風に重複して無駄があるから、これを整理する必要があると論じました。当時の人で杜佑の如きいゝ頭を持つた宰相などは なかつたから、この議論は用ひられなかつたのであります。ともかくさういふ議論を唐代に杜佑が出しましたが、これは唐代のことでありますけれども、吾々が 天平文化を考へる上について考へておくべきことであります。
それは日本で唐の制度をとつて八省を作りました時に、唐の制度を摸倣したのではありますけれども、唐の制度を鵜呑にしたものではないのであります。太政官 がありましてそのほかに八省を作つたので、その八省の中に大体唐の六部を含んでをり、又中書省をも含んでをります。さうして太政官には尚書と門下の両省を 含んでをります。かういふ風に日本では唐の制度を取り入れたのでありますが、大体唐の時は尚書、門下、中書この三つの主な機関に分けまして、中書省といふ のは天子の秘書官で、今日でいへば内閣と同じ意味のものでありますけれども、これは天子の直接の秘書官でありまして主に詔勅、さういふものを取扱ふところ のものであります。門下省と申しますものは、これは当時代議制度はありませぬが、官吏の中で天子の命令即ち中書が起草する命令の不都合だと思ふことを駁論 することを許されたところのもので、門下省といふのはその審議の機関であります。それで唐の政治といふものは中書省、門下省とが両方で相談して、中書省は 天子の意志を代表し、門下省はそれに対する審議機関で、此の両省で考へを練つてそれがいよく極つたところで尚書省といふ執行官に移します、その尚書省の中 の六部が各分担するところの仕事を執り行ふのであります。かういふ風に唐の制度が分けてありましたが、一種の合議政治、貴族的合議政治といつてよろしいか 知りませぬが、専制政治のやうでも天子の意志ばかりで行はれるのでありませぬ。それを日本でも太政官八省に移しますときに、太政官には尚書と門下との二つ を取入れました。太政官の中に弁官があります、弁官といふのはこれは執行官でありますが、その外の大納言、中納言、少納言といふのが門下省に当りまして、 即ち天子の命についていろく審議するところであります。唐の中書省は日本では中務といふものを作りまして、八省の中にあります。つまり唐の六部のほかに、 中書省が日本では八省の中へ並んで来たわけでありますから、それで七省になります。処でなぜ八省になつたかと申しますと、日本では唐の戸部を民部と大蔵と 二つに分けました、今日でも内務と大蔵と二つに分れてをります如く、唐の戸部に当るところが日本では民部、大蔵の二つになりましたからそれで八省になりま したわけです。かういふのは日本のやり方ですが、これは単に謂なくしてやつたのでなく、日本の歴史によつて分けました。日本の歴史では大蔵といふものは、 唐の制度を取入れる前から特別な発達をしてをりましたので、其起原に溯ると、日本の財政は海外交通のため開けて来たのであります。奈良朝以前には大和川の 大和、河内の国境に当る辺に船氏といふ船のことを掌る百済帰化人の末孫がをりまして、それが税関の職務をしてをりました、それから淀河の枚方から上の方に 河内首といふ支那帰化の税関官吏の人がをります、さうして此の両地で大和へ入る運上を取立てゝをつたのであります。其外に秦氏には長蔵、大蔵の職になつた 者があり、漢霊帝の末孫には内蔵、蔵人、椋人になつた者がある、それらが日本の財政官のぞもくの初めだといつてよろしいので、その方が唐の制度を摸倣する 前に既に大蔵といふものゝ形に発達してをりました、それで日本ではその歴史を重んじてこの戸部を二つに分けて民部と大蔵といたしました。日本で八省百官を 作つて唐の制度を移しましたについてはなか/\そこに苦心がありまして、日本従来の発達と唐の制度とを巧く考へ合せてやりました。太政官の中にある弁官は 執行官でありまして、少納言といふが門下の職で、これを太政官の中に含んでをるやうに巧く取入れたのであります、日本の国情に合ふやうにしたのでありま す、これが全体の官職に関する唐の制度と日本の制度との関係であります。
 そのほかにつきましても偶然ながら杜佑が申しましたやうな、支那の制度の理想と実際から生れて来た重複を努めて省きました。日本には司法官其他が二つ づゝできるやうなことはありませぬ、後になると便宜上それが変つて来ますけれども、ともかく最初制度を作りました時は支那のやうに司法官が二つできること もありませぬ、工作の官が二つできることもありませぬ、支那の制度における矛盾と重複とを日本で採用するときに省いたのであります。杜佑は奈良朝以後、平 安朝初期の人でありますから、日本で杜佑の論を参酌する筈がありませぬ。日本の政治家が支那の制度を取入れるときによく考へて重複しないやうに巧く取入れ た、こゝらが日本の制度を作る苦心の存するところでありまして、おそらく明治年間に西洋の制度を取入れるよりもつと苦心が大きかつたと思ひます。明治年間 に西洋の制度を取入れるには、その以前において発達した制度を記した大宝令その他制度に関する本が日本にありまして、明治初年の王政復古の時にそれを再興 するやうな傾きがあつて、その古い制度を考へた上に西洋の発達した制度を取りましたから、両方の発達した制度を巧く照し合せる上においてよほど便宜があつ たのでありますから、この天平以前において日本の原始制度の上に支那の制度を取入れるよりは苦心が少なかつたといつてもよろしいのであります。天平以前の 支那の官職の取入れ方はよほど考へたといふことがこれでわかります。
 これは日本の事蹟ばかり見てをりますと格別ありがた味が分りませぬが、これを朝鮮の制度に比べますと大変よくわかります。朝鮮では我が天平時代は新羅の 国が朝鮮をともかく統一した時代に当ります、それから後新羅は二百余年間朝鮮を統一して支配してをりましたが、その間の制度については今日は至つて文献が 少なく、日本のやうに制度に関する特別の本も残つてをりませず、ただ三国史記など朝鮮の古代史のうちに幾らか残つてゐるに過ぎませぬ。或はもつといろ/\ の事があつたが、文献が失はれた為わからなくなつたともいはれませうか、今日歴史の上に残つてゐる新羅の制度を見ると、初めから日本に比較にならないほ ど、唐の制度を取入れる手際が不味いといふことが明かであります。新羅には到底支那の従来の理想の六部のやうなものを全部取入れる考へも出ず、日本の太政 官八省のやうな整然たる制度を作り上げる考へも出なかつた。それは今日三国史記即ち朝鮮で一番古い歴史、朝鮮で古い歴史と申しましても、三国史記は藤原の 末ごろに書かれたものであります、それに載つてをる制度を見るとお粗末のものでありまして、とても日本の当時のやうな整然たる制度ができなかつた。ところ がその次の高麗の時代になつて、恰度日本では藤原時代でありますが、その時以後にできたものがはじめて唐の制度の摸倣をやりました。この摸倣はまるつきり の摸倣で、日本のやうにその国情を考へ、唐の制度の欠
点を考へて、巧く抜き差しをする、さういふやうな考へがなしに、殆んど鵜呑に唐の制度を採用したのが高麗の制度であります。それでありますから朝鮮の唐制 度の採用の仕方は初めから日本より劣つてをります。新羅の時代のいろ/\な仏像、その他発掘物の中には随分芸術的価値の立派なものがあつて、定めし非常に 文化が発達してをつたらうと申すものもありますが、その実制度の上において先づよほど日本より劣つてをるといふことが明かであります。唐制の中で新羅の国 の摸しましたものは、太政官のやうなところと礼部とそれ位しかありませぬ。その他の官職は日本のやうな整然としてをるものにとても及ばなかつたのでありま す、いよ/\高麗になつて唐の制度を摸倣しましたが、しかしそれは全く鵜呑で、日本のやうに自分の国の国情を考へる余地がなかつた、さうして見ると当時の 日本の政治家といふものはよほど偉いものであつたといふことがわかる。どういふ人がこれをやりましたか、表面に現はれてをるは大織冠鎌足の子藤原不比等、 さういふ人がやつたのでありませう。そのほか支那へ留学した人々がいろ/\考へたことでありませうが、その当時支那の文化の日本に対する勢力は、今日の西 洋文化の日本に対する勢力よりも遙かに盛んであつたと思はれますが、日本でこの制度を考へるときはその支那の燦爛たる文化に魅惑されずに、自国の国情を考 へてしたのであります。
 これが大体の官制でありますが、そのほかに唐の制度を摸倣して日本でいろ/\のものを立てました、それは律、令、格、式であります。これは唐の制度を組 立てる全体の法令でありますが、今日では唐律だけは満足に残つてをりますが、唐令、唐格、唐式は殆どなくなりまして、僅かに残闕が世の中にあるばかりであ ります。律といふのは今日の日本でいへば六法であります、幸に唐律は全部残つてをりますが、日本がそれに摸倣して作つたところの日本の律はそれは大方なく なりまして、今日残つてゐるのは四つしかありませぬ、名例、衛禁、職制、賊盗、これも全部は残つてをりませぬがこの四つだけは幾分残つてをります。名例律 は法律用語の定義を定めたのであります、そのほかは一部分一部分の法律であります。今日残つてをるところの日本律と唐律とを比較しますと、日本律は唐律を 採用して、あるものは殆ど文句までまるで同じでありますが、それでもその間に大変斟酌を加へまして、例へば一番重い罪を支那では十悪と申します、日本では それを二つ省いて八虐としました、さういふ風で大体から申しますと日本律は唐律に比較して罪の科しやうが軽減されてをります。支那に必要であつたが日本に は必要でないことは律に除いてあります、法律などを定めるにおきましても、よほど日本の国情を斟酌してやつたといふことがわかります。しかしまた日本で向 ふのものを殆どそのまゝとつたところも随分ありますが、そのとり方の苦心、短い間にそれだけのものを考へて拵へる苦心がわかります。
 その次に令でありますが、令は日本には幸ひに一部分残闕してをりますけれども大部分が残つてをります。ところが唐の令は殆ど今日はなくなつてをります、 全くなくなつてゐるといつてもよろしいのであります、ところが幸ひに一部分を私がフランスで発見しましたので手づから写して参りました。令の中に公式令と いふものがありまして、これが規定の文書に関する式を現はしたもので、つまり詔勅命令其他の文書の式でありますが、その部分が残つてあつたので写して来ま した。それは支那の敦煌から発掘したのでありますが、それをフランスの国民図書館に蔵してをります。それを私は写真に撮らうと思うたのでありますが、既に 裏うちをして肝心の令の方へ紙を貼つてあつた、その反対の面に紙を貼ればいゝのに令の方に貼つてあつた。それで仕方なしに一生懸命眺め透して写しとりまし たが、幸ひに公式令のところであつたので、日本へ帰つてから大宝令の公式令に比較して見ましたが、日本では太政官八省になつてをり、支那では尚書省の六部 その他の官職でありますので、文書を往復する官署の名は違ふが、文書をやり取りする方法、それは全く支那の真似をして居りますので、公式に関する文書は殆 ど同じであります。私が紙を貼つた下の見えない字を一生懸命読んだのでありますから、写し違ひが二三字ありましたが、日本の令を調べて見ると、其の誤字を 日本の令で直せるくらゐである。それくらゐ日本の令と唐令といふものは一致してをりました。しかしこれも日本の方は大体国情から考へましてすべてが簡単に なつてをります、往復文書は大した差はありませぬが、唐の辞令書は中書、門下、尚書この三省を経て手続きがなかなか面倒であり、その辞令書が長い文句で書 いてありますが、日本では尚書門下を一つの太政官で取扱ふから大変辞令が簡単になります、今日でもそのやり方が残つてをりまして、辞令はすべて内閣で取扱 ひます。日本は太政官の簡単なやり方が残つてをつて、唐のやうに中書から門下に移し、それから尚書に移すといふ手続きが省かれてゐる。さういふことが日本 の令の特色であることがわかる。幸ひフランスに僅かの断片がありましたので日本の令といふものは、どういふ風に唐令を取入れたかといふことを知ることがで きた。
 それから格であります、格は散頒刑部格といふものがやはりフランスの図書館にあるものを写した、それはロトグラフで写して来てをります。大体唐の時に重 大な法令は、律令にあるので、今の日本でいへば、憲法其外六法全書にあるやうな者が律令にあるのでありますが、そのほか細かい臨時の伺、指令のやうな規定 は即ち格でありまして、格といふのは実行に役に立つところの規程でありますが、散頒刑部格とありますのは六部のうちの刑部の格で、さうしてこの格には留司 格と散頒格といふものと二通りあります。留司格と申しますのはその取扱ひをする役所に留めておく格を留司格、一般の心得のため布告する格は散頒格でありま す、私が写して来たのは即ち刑部に関する散頒格であります。日本にも三代格といふものがあります、その三代格にこの唐の時の格を比較して見ると著しく違ふ のは、日本の格は非常に簡単で細かい規定などが割合にない、唐の格は非常に複雑であることである。それは日本のことを善く解釈しますれば、日本は唐ほど役 人でも人民でも悪賢くなかつた、法律を潜るやうなことを日本人はしなかつたから、日本ではさういふ綿密な格を造る必要がなかつたといふことであります。ま た一面からこれを悪く考へて見ますと、律令といふやうな難しい制度を唐から真似はいたしましたが、実際の当時の日本の事情が唐の当時のそんな細かい規定ま でを必要とするほど進歩してはいなかつた、といふ風に考へることも出来るのであります。兎も角唐のものに比較して日本の方は至つて簡単であつたのでありま す。
 式につきましては、日本では延喜式といふものがあります、唐式は敦煌から発掘されて支那の羅振玉氏が出版した水部式だけが残つて居つてその他はありませ ん、これは河川とか水利に関するものであります。私がフランスに行くまでは、律令格式の中で水部式が敦煌から出たといふことは知れてをりましたが、他の律 令や格はありませんでした。所が幸ひ私がフランスで調べた結果、令も格も皆出て来ましたのみならず、律の断片もありましたが、これは今日世に伝はつてをる 唐律と全く変りがありません。日本の律令格式のやり方は唐のを真似たものであるといふことは前から分つて居りましたが、日本が支那の制度を摸倣する上に如 何に慎重なる態度を以てしたかといふことが、此等の実物の比較によつて判るやうになりました。

 以上は政治に関することでありますが、その他については先づ第一に文学のことを申上げて見たいと思ひます。唐の文学を日本に輸入するについては、第一必 要なことは書籍の輸入でありました。唐から輸入された書籍につきましては日本国見在書目録といふ本がありますが、これは天平より百六七十年後即ち宇多天皇 の寛平年間に書かれたもので、その当時日本に現在してゐた所の支那の書籍目録であります。それに載つて居る書籍が大部分天平時代に既に輸入されて居つたか どうかといふことは疑’問でありまして、天平時代の人が果してどれだけ支那の本を見て居つたかと申しますと、若し日本国見在書目のやうなものが、天平時代 に出来て居れば世話がないのでありますが、これは不幸にして纒つた目録がありません。それ故色々な材料から、天平時代までに輸入された支那書籍の目録を抜 き出して、直接には天平時代の人がどれだけの書籍を知つて居つたかといふことを知り、又此等、の書籍と後の日本国見在書目とを対照して、間接に天平時代に 読まれたらしく思わるゝ書籍の概況を推想する外,に方法がありまぜん。その内で第一に注意さるゝのは、天平時代の政治家で又学者である所の吉備真備が持つ て来たといふ本があります。続日本紀によると天平七年に吉備公が唐から帰つた時、唐礼一百三十巻、大衍暦経一巻、大衍暦立成十二巻、楽書要録十巻を献じた とあります。唐礼一百三十巻とあるのは、唐の高宗の永徽礼であるらしいので、又大衍暦といふのは、有名な唐僧一行の新しく造つた暦の本であります。楽書要 録も此時に持つて帰つて居りますが、此本は後に支那には絶えてしまつて、其の残闕本が日本にのみ伝はりました。それで支那の或る学者は楽書要録は日本人が 偽造したものだなどゝいつてゐますが、それは確に誤りです。それからまた続日本紀には載つて居りませぬが、吉備公は東観漢紀一百四十三巻をも持つて帰られ たことが日本国見在書目録に出てをります。それに吉備公は三史五経、名、刑、算術、陰陽、暦道、天文、漏刻、漢音、書道、秘術、雑占、一十三道を伝へ学ば れたと扶桑略記にありますから、此等諸道の本を自ら持ち帰られたか、或は其以前に輸入して居つたのでありませうか、惜しいことには其の目録がありません。 第二に注意すべきは聖武天皇の宸翰雑集といふ本が正倉院に尊蔵されて居りますが、それは聖武天皇がその当時御覧になつた支那の本の中から、大部分は仏教に 関する詩文を御手づから抄写せられたものであります。これは佐々木信綱博士が先年出版になりましたが、それを見ますと、六種ほどの本の中で三種ほどは日本 国見在書目録にありますが、あとの三種はその中にない本であります。さうして見ますといふと、日本国見在書目録の時代には既に無かつたやうな本を天平時代 の人は見て居つたといふことが判ります、随つて大体平安朝に劣らぬ程、天平時代にも支那の本が豊富にあつたらしく想像されるのであります。第三に注意すべ きことは、どなたも御承知の日本書紀は奈良朝に出来た漢文の日本歴史でありますが、その本には支那の本を沢山引いてある、中にははつきりと書名を挙げて引 いてある処もあります。即ち神功皇后紀に晋起居注といふ本を引いて居りますが、これは今日支那にもなければ、日本でも無くなつてゐます、しかし見在書目に は載つて居りますから、此本は日本書紀を編纂した天平以前から見在書目の時代まで現存してゐた証拠であります。その外日本書紀は、日本の歴史を書くのに、 その文章を漢文で美しく書かうといふので、支那の天子の詔勅をそのまゝ丸抜きにして日本の詔勅として書いた処などあります。後世の史論から申すと日本書紀 の此の態度は事実に遠く、後から支那の歴史の文を借りて、文章を飾るために書いたのであるといつて排斥されませうが、文化の方から考へますると、日本の歴 史を文飾するために用ひらるゝ丈のいろくな支那書籍を、奈良朝時代に持つてゐたといふ証拠にもなります。
当時既に豊富に支那のいろ/\な本を持つて居つて、日本書紀を編纂した人々はいろくな支那の材料を読みこなして、どの辺に詔勅に使ふに都合のよい文句があ るかといふことを知つて居つて、それを採用したといふことが判ります。かくの如く和銅養老年間頃、日本書紀を編纂した時には既に支那の本を豊富に持つて居 つたのであります。此の外にも奈良朝の書籍やら文章で、其の引用文を調べたら同様の結果を得られる者がありませう。第四には佐々木博士が聖武天皇宸翰雑集 と同時に発刊した、南京遺文といふものがありますが、それはやはり正倉院に在る奈良朝の古文書其他を集めて一冊とされたものであります。其中に天平二十年 六月十日、更可請章疏等として仏書並に漢籍の目録が挙げてありますが、其全文は大日本古文書第三巻に出て居ります。其漢籍の中、半分位は見在書目録にある 本であります、またそれになければ支那の正史の中の書目、即ち隋書経籍志とか旧唐書経籍志、又は新唐書芸文志とかに載つて居る本であります(附記を参看せ られたし)。
 之によつて推想しますと当時の唐の主なる本は天平時代に既に我邦にあつたのでありまして、見在書目録の時代と大した相違はなかつたらしく、又見在書目録 に出てゐない本で天平時代にあつたと思はれる本もあるのであります。仏教の書籍は別といたしまして、当時日本ほど支那の本を沢山持つてゐた国は、支那を繞 る他の国々において見ることが出来なかつたのでありませう。又仏教の本に致しましても、続日本紀に吉備公と同時に入唐した僧玄■が五千余巻の仏書を携へて 帰つたことが記してある。五千余巻といへば殆んど当時の一切経全部であつ
たと思ひます。当時の日本の学者並びに僧侶が支那の知識を得るために、どれだけ支那の書を利用したかといふことがこれでも分ります。猶又これ等の材料から、当時の人々が如何に漢文なり詩なりを自由に扱ひ得たかといふことに就て更に考へて見ませう。
 続日本紀といふ本は当今の官報のやうな材料を日記体に並べたものでありますが、奈良朝、天平時代を中心としてその時代のいろ/\の文献を含んでをりま す。詔勅などは歴代のものが皆な含まれてをりまして、それが全部漢文で書いてあります。或は有名な人が書いた文章などがありますが、それが頗る美文に出来 て居りまして、当時如何に漢文を巧みに作り得たかといふ標準になるのであります。その中に宝亀元年吉備大臣が作つた骸骨を乞ふ啓があります、孝謙天皇が崩 御になつて光仁天皇がまだ皇太子で御位に即かれなかつた間のことでありますが、四六文で美事に書いてあります。宝亀三年にまた文屋大市といふ人がやはり骸 骨を乞ふ表を奉つてをります、私はこれはやはり吉備公が書いたものだと思ひます。何となれば文屋大市といふ人はこれは天武天皇の系統の人でありまして、当 時既に姓を賜つて人臣となつてゐた人でありますが、孝謙天皇崩御の後、皇嗣の候補者の一人であり、殊に吉備公が此人を天子にしようといふ意見を出したほど で、吉備公に関係の深い人ですから、これも吉備公が作つたものだと思ひます、これもなか/\立派な漢文で書いてあります。その外公の奏議には、唐で安碌山 の乱の時、太宰府の防備に関する者などがありまして、公の籌略と共に其の文才をも見るべぎものがあります。かやうに当時の学者の第一人者である吉備公の文 はともかく二三だけ発見されたが、その出来栄の上手な所から見ると、その当時の人々がどれだけ漢文を作り得たかといふ実例が、我々の頭にはつきり分るので あります。
 その外に我々がその前後の人の漢文の中で最も感心するのは古事記を奉るの表であります。これは太安万呂といふ人の作で、和銅五年のことでありますから、 吉備公よりずつと以前のことであります。これがやはり四六文で書いてありますが、その中に日本の故事が沢山使つてありまず、支那の故事を使つて漢文を書く のは比較的楽でありますが、この人が日本の神代以来の典故を盛んに使つてある手際には実に敬服に堪へません。これ等のことから推して当時の人々の漢文に対 する技倆を窺ひ知ることが出来ます。これを他の国に比較して見まするといふと、当時朝鮮にはどれだけ漢文を書き得た人があつたかといふと、現存して居る者 には我邦に比較し得べきものはありません。但し強首、薛聡、金大問など有名な人が作つた漢文があるといふことでありますが、今日では既にそれ等の文献も多 くはなくなつて、其のたま/\残つて居る者も真偽不明であるために、之を証明すべき物がありません。
 次に考へられることは詩でありますが、我邦当時の詩を集めたものに懐風藻といふ本が出来て居りまして、其の序文も四六の名文でありますが、その中に奈良 朝時代の人々の詩が百二十首ほどありまして、多くは当時流行の五言古詩でありますが、中には七言の詩もあります。弘文天皇、大津皇子は勿論、鎌足の子孫の 史とか宇合とかいふやうな人も其の作家の一人であります、それ等は初唐の詩と殆ど同じやうな風調であります。これも朝鮮の方に較べ得るものがあるかといふ と、文献を失つて不明なためかも知れませんが、殆どありません。朝鮮には今から五百年ほど前に東文選といふ本が出来て、古い詩文が出てをりますが、日本の 天平以前に当る時代の詩がたゞ一首だけ載つて居ります、而も作者の名は知れませぬ。唐時代の人の詩も幾らかありますが、多くは平安朝の菅公頃の時代の人々 の詩のみで、それ以前のものは殆どありません、無いからといつて作らなかつたと速断する訳には行きませんが、兎も角日本では百二十首もあつたのに、朝鮮で は一首より無かつたといふことは実際朝鮮には、あまり詩人が無かつたのでないかとも思はれるのであります。これで当時の我邦の文化は朝鮮に比して、優つて も劣らなかつたといふことが断言出来ると思ひます。この懐風藻の百二十首の中には、阿部仲麻呂が唐から日本へ帰らうとした時に作つた、有名な五言詩は入つ て居りません。
 それからまた或はこれは支那本国と比較することは無理でありませうが、支那以外の国と比較して我邦の偉かつたことは、日本の国語で文章や歌を作つたこと であります。歌では日本書紀や古事記などにも載つたものもありますが、当時の歌を集めたものは万葉集であります、これなどは殆ど朝鮮に比較するものが無い といつてよい位であります。尤も新羅時代の朝鮮語の歌らしいものが全く無かつたかといふとさうでもありません、三国遺事といふ本に五六首遺つて居ります、 けれども今日ではこれを読むことさへ既に困難であります、我邦の万葉集のやうに二十巻も遺つてゐるものはありません。其外日本では当時国語の文章がありま して、乃ち続日本紀などに載つて居る宣命などがそれで、雄大荘厳を極めた者でありますが、朝鮮ではどうでありますか。朝鮮の国語で書いた文章は全くなかつ たかといふと必ずさうでもありません、今日京城の総督府博物館に慶州地方から発掘した天宝十七年の葛項寺石塔記といふ碑文があります、それが当時朝鮮語で 書いたかと思はれるものであります。又今日では実物はもうありませんが、対馬に朝鮮の鐘が渡つて来たことがありまして、八幡宮の中にありました、その鐘の 銘の拓本が伝はつて居りますが、それがやはり新羅時代の朝鮮語で書いたらしい文でありまして、この一二つが残つてをります当時の新羅の国語で書いた文章で あつたに違ひありません。しかしこれは日本ならば法隆寺の金堂の薬師三尊の光背銘位の程度のものでありまして、到底日本ほど自分の国語を以て、歌なり文な り、雄篇大作をするといふほどには至らなかつたものと考へられます。この点即ち国語の独立は日本国民の最も大きな.仕事の一つであります。支那の文学を受 入れて支那と同じやうに文なり詩なりを作る上において、又日本固有の文なり歌なりを盛んに作つた事に於て、両つながら当時の日本人が他国民に優れた非常な 能力を持つて居た証拠であらうと思ひます。
 又その頃から既に漢文を読むのに、日本読みにすることが行はれまして、吉備公などは五十音を作つたといふ言伝さへあります、ともかく当時漢文を日本の国 語の法で訓読することが盛んに行はれたので、送り仮名のやうなものが、当時既に出来て居りました。漢文を読むについてオコト点とか、送り仮名などは平安朝 になつて始めて現はれたといふ説がありますけれども、私はどうしても奈良朝時代からあつたものだと信じて居りましたが、近年になつて尊勝院の聖語蔵にあつ た多くの仏経が調べられた結果、当時から既に訓読のものがあつたことが明かになりました。支那の文章なり詩を読むについて、日本読みにするといふことは、 当時支那の文学に対して日本人の理解力を増す上において非常な力があつたことゝ考へます、それは当時の文化に余程大きな影響があつたものでありませう。当 時新羅の方にも日本の仮名のやうなものが発達して、即ち吏吐が新羅の薛聡によつて作られたといふ伝説がありますが、その訓読の仕方は日本と異つてをつて、 支那語の文法をくづさない訓読をしたものであります。これに反しまして日本ではなるべく日本風に理解するやうに、訓読したといふことは、これは当時日本の 文化を支那の文化より独立させるといふことについて、余程重要なことであつたと思はれるのであります。
 芸術のことにつきましては、これは私の専門外のことでありまして、十分な自信を持つて申上げることは出来ませんが、幸に今日は専門家の関野博士も御出に なつて居られますから、思ひついたことだけを申上げて御批判を願ひたいと思ふのであります。第一に彫刻のことについて申して見たいと思ひます。彫刻のこと はこの天平時.代、奈良朝にかけて非常な発達をしたのでありまして、私が申上げたいのは天平時代の彫刻と、朝鮮の当時の彫刻を比較して見たいのでありま す。茲には多少似寄つた種類のものを並べたのでありますが、朝鮮では慶州の石窟菴といふ処に沢山な彫刻がありまして、それが皆な優秀なものであります、こ の石窟菴の彫刻は、従来の批評家の説では支那の彫刻が既に朝鮮に輸入されてから一種の発達をして、朝鮮の特色を現はしたものであると言はれて居つたやうで あります。それを当時の唐時代の日本彫刻に比較して見ますると、石窟菴の彫刻と同種の題材を取りました日本の東大寺の三月堂及び戒壇堂の四天王、興福寺の 釈迦十大弟子などを比べて見て、一見して気のつくことは、日本の彫刻が大体からいつて大変写生味を帯びて居つて、余程実際の人物に近くなつてゐるといふこ と、それから日本の彫刻には、日本固有の伝統的な一種の技術があつて、その特色を現はしてゐるのではないかといふことであります。三月堂などにあるもの は、殆どさうであると断定し得る位でありまして、その面相などを見ると頗る写生味を帯びてゐる、そしてその全体の姿勢を見ると、何処となく日本で従来伝へ 来つた埴輪の土偶の形式に似通つてゐることを見出し得るだらうと思ひます。それで天平時代の日本の芸術は非常に発達して居つて、写生的技倆を持つて居り、 それに古くからの伝統、埴輪式のものが多少加味されて居つたのではないかと思はれます。即ちそれが日本の地方色を帯びた特色を現はしてゐることゝ、当時支 那の唐時代の彫刻などが写生味を帯びて来た、その発達の程度を日本に取入れて、それと同様な程度にまで進んで行かうとした努力を示すものではないかと思ひ ます。処が石窟菴の方の彫刻は余程それと趣を異にして居つて、その姿勢なり顔付なりが総て写生味が少ない。姿勢に就いても、これに似たものを考へると、支 那では六朝時代からあつたもの、即ち竜門の彫刻(附記を参看すべし)とか、又関野博士が発見
されました天竜山石窟にある石仏(附記を参看すべし)などの中、六朝時代の特徴ともいふべき一種の姿勢、即ち身体がフワリ/\と動いて居るやうな流動式の 姿勢とも申しませうか、一種の姿勢があります、それに共通点があるやうであります。それが又絵画の上にも現はれて居りますので、例へば顧凱之の女史箴の巻 中にあります人物、其外曩きに日本へ一度来たことがありましたが、買手がないので持つて帰つた間立本の帝王図巻の人物の姿勢がやはり流動式姿勢を持つてゐ ます。さうして見ると六朝から唐の初めまでに伝統的に相続した所の絵画彫刻の風格を、朝鮮では石窟菴時代まで依然伝へて居つて、そのやうな形が彫刻の上に 現はれて居るのであらうかと考へます。日本贔負の考から申しますといふと、日本では既に天平時代に隋、唐時代の絵画、彫刻に写生味を加へ、しかもその間に 埴輪以来の伝統をとり入れて固有の特色を発揮したに拘らず、朝鮮の彫刻は猶六朝時代の形式を鵜呑にして、日本ほど発達しなかつたものと思はれるのでありま す。
 その外絵画について見ましても、六朝から唐の時代の間には支那でもいろ/\と変遷をして居りまして、六朝時代の画は閻立本までが、一つの時期を為して居 ります。その後有名な呉道子といふ人が出て、画風が一変して白描の画風が流行した、即ち一種の筆意を持たした墨の使ひ方をした、これが重なる一つの変化で あります。それからもう一つは張萱、周■といふこの二人が開元天宝時代に興りまして、非常に肉感的な写生風の絵を描きました、これがまたその当時の流行に なりまして、それ以後の絵は美人などを描きますと肉付の豊かな美人を描くやうになりました。天平時代はちやうど呉道子の時代から周■、張萱の時代に亘るの でありますが、既に唐のさういふ最近の画風の感化を受けてをつたといふことが感ぜられます。六朝式の絵といふもの、即ち閻立本風の絵は、日本では法隆寺の 玉虫の厨子の扉とかさういふ古いものに多くあり、呉道子のやうな絵は正倉院の麻布に描いてある菩薩の絵、あれなどが呉道子の風の絵であらうと思ひます。支 那にも確かなものがありませんので、比較することは困難でありますが、農林大臣の山本悌二郎氏が所有してをられる呉道子の送子天王像巻といふのがあります が、それが宋の頃の摸本だと言はれて居るのでありますが、その呉道子の画と較べて見ますると、麻布の絵の面貌などの描き方は余程共通した点がありまして、 日本には既にその当時呉道子風の絵が伝はつて居つたことが判ります。周■の方は本社の上野さんが持つて居られる美人の琴を聴いてゐる画が、明の仇英の摸本 で余程よく周■の風神を伝へたものだと思ひます。張萱の画はボストンの博物館に宋の徽宗の墓本がありまして、これは唐の原本そのまゝだといはれて居りまし て、これを見ますると薬師寺の吉祥天図、正倉院の屏風画の樹下美人、又は法華寺の来迎仏の屏風などは周肪、張萱等の写生派
と美人画の風を日本で受けて居た証拠だと思ひます。其の時代も殆ど天平時代と同時であるが、画風の影響が日本に来たことが非常に早かつたもので、向ふで流 行するといふと直ぐに日本へ伝はつた、如何に当時文化の関係が敏速であつたかといふことが判ります。恐らく当時日本の奈良の都といふものは、唐の進歩した 地方、長安、洛陽、揚州などの地方と殆ど同じやうな程度の文化を有.して居る程、進歩して居つたものと見えます。
 書の方につきましては、こゝに先づ欧陽通の書いた道因法師の碑文を出して、一の標準と致しましたが、又欧陽通が晩年に書いたもので高句麗の泉男生の墓誌 があります、泉男生は高句麗から唐へ降つて唐で死んだ人でありまして、その墓誌は最近洛陽で発掘されたのであります。欧陽通は父の欧陽詢の風を承けた唐の 初の書の大家でありますが、不思議なことにはこの人の書に酷似した書が日本にあります、支那人に見せますと欧陽通の字だといつて、日本人が書いたものとは 信じません。なくなられた御影の小川為次郎さんが持つて居られた金剛場陀羅尼経といふのがそれでありまして、それには丙戌の歳といふ干支が書いてありま す。丁度朱鳥元年に当るのであります、川内国志貴評内知識為七世父母及一切衆生云云とありまして教化僧宝林と奥書にあります。之は日本で書いたものに相違 ないのであります。さうすると欧陽通が日本に来る筈がないから日本人の書いたものであることが判る、しかしそれが如何にもよく欧陽通に似て居りまして、誰 でも名前を隠して見せると欧陽通の書だと思ひます。又それと同一人の書いたものではないかと思ふ書が日本の金石文にあります、即ち朱鳥元年のものでありま すが、長谷寺の千体仏の下の銘がそれでありまして、両方を較べて見まするとその書体が殆ど同じであります。兎も角日本では右の金剛場陀羅尼経と長谷寺千体 仏の二つだけではありますが、欧陽通そのまゝの文字があるのであります。道因法師の碑を書いたのは、泉男生墓誌よりも十六年前で、金剛場陀羅尼経と長谷寺 千体仏とは泉男生墓誌より七年後であります、即ち殆ど欧陽通と同じ時代の人が書いたのでありますが、既に当時欧陽通そのまゝの書風を書いた人が我邦にあつ たといふことは、如何にその時代の人々が支那の文化を受け入れるのに敏感であつたかといふことが判ります。
 又欧陽通の父欧陽詢の書風を余程うまく書いたものに、やはり故の御影の小川さんの所蔵で華厳音義といふものが二巻ありますが、これは多分、原は東大寺あ たりにあつたのでありませうが、昔浄土宗の管長をして居られた養■徹定といふ有名な高僧がもつてゐられたものでありまして、それが後に西本願寺に入り、西 本願寺の売立め時に小川さんが買はれたのであります。其の書風は欧陽詢の文字と同じでありまして、支那人に見せると余りよく似ているのでビツクリするほど であります。しかし此の音義の中には日本語が入つて居りますので、どうしても日本で書いたこと疑ひなきものであります。これ等は当時の有名な支那の書家の 書風を日本人が如何によく習つて書いたかといふ二三の例でありますが、この外に高野山に文館詞林といふものがあり、巻物で十二巻ほどになつてゐます、その 内の一巻に唐の有名な書家の楮遂良によく似た字があります。これは嵯峨天皇の朝に写したのであります、奈良朝時代ではありませんが、平安朝の極く早い時で 奈良朝に近い頃であります。これなどは従来人が余り注意して見なかつたのでありますが、近年発見されたものであります。又弘法大師の灌頂記、風信帖は顔真 卿の書に似て居りまして、大師はよく唐の当時の新しい書風を学ばれ、よく書かれたものと見えます。それから以後に唐では柳公権といふ人が出ましたが
メニュー

更新履歴
取得中です。