HiMEと乙HiMEと@Wiki ノイズ060106

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タクティクスオウガの命中(回避)率について調べていたりする
先ずはAGIの影響を調べてみている

よってAGIのみを変更したユニットを用意
1 AGI 0
2 AGI 10
3 AGI 20
4 AGI 30
5 AGI 40
6 AGI 50

1vs1
命中50被命中50
2vs1
命中59被命中44
3vs1
命中68被命中37
4vs1
命中77被命中30
5vs1
命中86被命中24
6vs1
命中96被命中17

命中はAGIが10上がると9上昇だがAGIが50の時は
50/10*9=45とならずに46となっている…
現状ではAGI/50*46(AGI/25*23)と考えるべきか

回避はAGIが10上がると6ないし7上がる
これはとりあえずAGI/3*2として良さそうだ


命中率が飽和して100になってしまうのでこのまま続けては測定できない
防御側の回避を上げなければならないが回避も決定ではないので厳しい
現状では命中-回避で算出できるものとする
次は6vs4をやってみようと思う
予定では6の命中は50/50*46=46
4の回避は30/3*2=20
で最終的な命中率は50(基本値か?)+46-20=76
被命中は4の命中30/50*46=27.8=27
6の回避は50/3*2=33.3=33
となり最終的には50+27-33=44
となる見込み だがどうなるか