鳴滝丈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

九門高校の三年生。
金髪を逆立てたいまどきのイケメン風(あくまでもイケメン、ではない)青年で、性格も人懐っこいが
極度のシスコン、そして悲劇的貧乏。

絹夜、レオと基本的に三人で行動することが多いが、空気を読んで二人にさせようとフェードアウトすることも。

世慣れしたような青年だが、実のところかなり背伸びをしており、負担を背負っている。
余裕さえ見せるが常に自分にプレッシャーをかけている窮屈な男。
優しいといえばそれまでだが、その中に研ぎ澄まされた怒りと不満を抱えている。

貧乏の為に勤労青年で顔が広く、デパートの屋上でやっているヒーローショーでは
子供に人気なヒーロー「ミナライダー」の中身としてアクション俳優のバイトをしており
将来俳優になりたいという夢と家系が背負っている脈守の使命の間で揺れている。

体のいい態度で優柔不断ともいわれるがそれはすべて受けとめようとしているからであり、
情をとってしまうロマンチストであるからともいえる。
夢想家でことなかれ主義。ただしその裏で自分の犠牲をいとわないずるい男。

修業の名目で家を出ていった父を恨んでおり、
いつか越えてやるという強さへの憧れと復讐心を隠し持っている。
数年前は手のつけられない不良で今の彼からは想像もできないほどのワルだったという。
「九門高校に鳴滝あり」とまで噂されていた彼だが、母の入院をきっかけに今のキャラクターに落ち着いたものの
ワルさに通じたところが残っており、口にはしないが考え方はドライ。

とあるきっかけで黒金絹夜(九門Ver)の前に現れた字利家ひとみに出会い、
単なる強さへの興味と下心で彼女と個人的な付き合いを始めるが、
だんだんとストイックな師弟関係へとなっていき、その変化の中で男としての強さを学ぶ。



ちなみに、妹は下記のとおり。

  • 春野(15歳)、良妻賢母型。家事全般をする。
  • 夏野(13歳)、元気娘。基本的にトラブルメーカー。
  • 秋野(12歳)、眼鏡っこ。兄の説教役でたぶん一番常識人。
  • 冬野(11歳)、無口で何を考えているかわからない。絹夜に懐く。