ルーヴェス・ヴァレンタイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イギリス人作家でもありオカルト家でもある。
伯爵の位を持ち、裏ではマフィア主催のオークションに参加、
妻ベレァナ復活のための儀式具を探している。

数十年前、売れない小説家だった彼は視察のためにエーゲ海のある島に入り込み
ベレァナの魔力に犯され人としての痛みを感じる神経を奪われ、
代わりに才能と若さ、そして邪眼を与えられた。

枯渇していた欲望を満たしベレァナと一子を儲けたが直後にアザリア、
ヴェスパーティンにベレァナが倒され息子を奪われる。

彼の小説『妖精王の庭園』は若者の間に奇妙なセンセーションを巻き起こしているが、
物語の真意は不明。
主人公は愛する娘に殺されることを望むという奇妙なエンディングで幕を閉じており
ハイパーレガシィの暴挙を予言していたともネット上でささやかれている。

ちなみに、この物語のいくつかの点は『ミカエルの箱庭』に類似する。