ヴェスパーティン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前黒金家当主。
法王庁の調査班のエージェントであったが、字利家に出会い浄化班を設立。
彼女を女性として見ていたが相手にされないまま時は過ぎ、
黒金絢音とお見合い結婚。三人の息子をもうける。

字利家に対しては淡い恋心から男の友情のようなものに変化したものの、
考え方が似かよったりと、やはり影響を与えられていた節が強い。

温和で能天気で未来が見えていない男。
また、見事な金髪から「黄昏ヴェスパーティン」という異名を持つ。




別作品ではガンナーであるヴェスパーティンとして登場している。
■漫画「常時的月了」
貧乏賞金稼ぎとして登場。相棒を”実家に置いてあったラバーカップ”で一本釣りする等、
破天荒でつかみどころのない性格の男である。

■小説「NitmareDust」
主人公ifの幼馴染で、数年前に行方不明に。
実はとあるダンジョンで死にかけ、その体に寄生した電波生命が彼の記憶や性格を引き継いでいる。
また、この作品の主人公ifは黒金絹夜(陰楼学園Ver)のモデルであり、
世界眼オクルスムンディ、聖銃グレイシャルガンを持ち、戦闘狂の神父とかなり類似点が多い。