※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ミュウツー
【出典】ポケットモンスター
【種族】いでんしポケモン
【性別】オス
【年齢】
【外見】
【性格】
【口調】
【備考】
ミュウの遺伝子で作られたポケモン。自らの存在意義に悩んだ果てに自分を生みだした人間への逆襲を画策しようとする。強大な超能力を持ち、天候や人の心を操りテレパシーで会話する。
過去と高度な悩みを抱える為かどこか虚無的で哀しげな雰囲気を持っている。本物とコピーどちらが強いか戦って決めようと主張するなど、「強さ」にアイデンティティを求める傾向がある。

ロケット団首領でありトキワジムリーダーのサカキに唆され、利用するための能力試しに戦いを繰り返していた。やがてサカキの元にいる事に価値を感じなくなり、ミュウツーは拘束具ごとロケット団の基地を破壊し、彼方へと飛び去る。映画ではテレパシーを使って会話するが、このエピソード内ではミュウツーが会話するシーンは登場しない。

劇場版のミュウツーは攻撃的な所はあるが決して凶暴ではなく、高度な悩みを抱える、どこか虚無的なポケモンとして描かれている。また、『ミュウツーの逆襲』の補足的な作品である映像作品「ミュウツーの誕生」では、ミュウツーの製造経緯や幼少時代の思い出などが描かれており、幼少時は人間と同様の感情に溢れていた小さな子供として描かれている。その幼少時に、仲良くしてくれた少女アイ(アイツー)と悲しい別れをした事がきっかけで存在意義や誕生理由に苦しむようになりそのまま成長。カプセルから出された時は、暴走して研究所を破壊した後にロケット団に軍事利用されるも脱出。こうして悩みの果てに自分を生み出して利用する人間に恨みを抱くようになり、人間たちに逆襲しようとする。

個体の能力として、各種超能力(サイコキネシスやテレパシー、テレポーテイション)を非常に強いレベルで行使でき、テレパシー能力によって人間とコミュニケーションを行ったり(ジョーイを操ったりもしていた)、サイコキネシス能力によって天候をも自在に操作できる。また、高い知能ゆえに科学、物理学といった人間が生み出した学問の概念も理解しているらしく、自らポケモンのコピーを作る装置を作り上げたり、既存のモンスターボールに入ったポケモンを取り込んでしまう独自の黒いモンスターボールを使い、自分が人間(ポケモントレーナー)以上の存在であることをアピールしている。






以下、動物キャラ・バトルロワイアルにおけるネタバレを含む


+開示する

ミュウツーの本ロワにおける動向



初登場話 019:LABYRINTH  ~午前二時の迷宮~
死亡話 060:残すものは言葉だけとは限らず
登場話数 4話
スタンス マーダー(無差別)
現在状況 1日目朝の時点で死亡
現データ 060:残すものは言葉だけとは限らず

キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話
パスカル 敵対   戦闘。殺害したと思っている 019:LABYRINTH  ~午前二時の迷宮~
まん丸 敵対 ポッチャマ 襲撃する 050:神の不在証明
メレオロン 殺害 カクレオン 殺害する 050:神の不在証明
ホロ 敵対   襲撃する 050:神の不在証明
モロ 殺害 殺害する 060:残すものは言葉だけとは限らず
ムックル 敵対 殺害される 060:残すものは言葉だけとは限らず

最終状態

ミュウツーの逆襲を経験していないため、人間たちへの逆襲のために優勝を決意。
片腕を犠牲にするもパスカルを殺害(実際は色々あって死ななかったが)し、遭遇したメレオロン組にも襲い掛かった。メレオロンの念能力に惑わされるも、周囲に放ったサイコカッターでメレオロンを殺害する。その際、人間形態をとっていたホロを人間と勘違いし、激しい憎悪の感情を抱く。
次にモロ・ムックルのコンビを襲撃。モロを仕留めるも、手痛い重傷を負ったためにムックルの牙からは逃れられなかった。
死体はムックルによって貪られてしまう。

頭脳・戦闘力が高いレベルで揃った強者であり、対主催としてもマーダーとしても活躍出来る存在であったが、神二柱を前に力尽きた。人に造られし獣は、神々には敵わないということだろうか。




踏破地域



 1 2 3 4 5 6 7
A■■■■■■■
B■■■■■■■
C■■■■■■■
D■■■■■■■
E■■□□■■■
F■■■■□■■
G■■■■■■■










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー