|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

工藤 信彦/ミノース

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ミノース
  • ずっと立ちつくしているハデスを不思議に思い、どうしのたか声をかける。冥府では季節はわからないが地上では春らしいことを伝え、たまには地上に訪ねられたらどうかと?と勧める。  (20巻内「序章の星座宮」より)

  • 数十年後―――ハデスに、レテ川に若い娘の生者が一人迷いこんだようだと報告する。そこに向かうハデスに続いて行くと、迷いこんだ娘が、デメテルの娘、ベルセフォネーだと判明。ハデスを迎えに来たというベルセフォネーを、自分がデメテルの神殿まで送るようにとハデスに命じられた。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • ハデスとベルセフォネーは、言い合いとなってしまい、ハデスの頬が張られたことに慌てて、思わず、「ハデス様」と声をかけた。結局ハデスは自分が行くための馬車の用意をするようにと命じて来た。 (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 冥府へ降りてきたハデスの花嫁ベルセフォネーが、冥府をもっと快適にと、掃除やインテリアなどにてきぱき指示する様子を見つつ、「ず・・・ずいぶん しっかりした奥方さまですね ハデス様」と、ハデスに向かって、感想をもらしている。(2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 感想と共に、呆れているのか驚いているのか、「はは」という笑いも共に小さくもらしている。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • ベルセフォネーの様子を見て、感想を述べた自分に、ハデスからは、好きなようにさせておけば、その内慣れるだろうと告げられた。   (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • ハデスの神殿を訪れ、ベルセフォネーを見たヘカーテが、ハデスと会話した後、「あんな小娘が冥府の王妃だなど 絶対に認めない!!」と、叩きつけるように言った後、その場を去って行くのを見て、ハデスの背後からおずおずと、「ハデス様・・・ ヘカーテ様はあなたのことを・・・」と忠言したのだった。  (4巻内「古の星座宮」より)

  • ハデスの元へヘルメスが訪れ、言葉をやり取りをしていた。そんな中、衛兵からタルタロスの門が何者かの手によって開けられ、中の罪人出て来ていることが報告された。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 一瞬の隙をついて、ヘルメスが剣をハデスに剣を突きつけ脅していた。慌てて剣を抜こうとするが、ハデスから騒がないように指示され、見守っているとハデスが術を使ってすぐにヘルメスが無力化された。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 妖魔に襲われ傷ついたハデスが、ベッドの上で気がついたのに、気づき声をかける。起き上がろうとするハデスを慌てて、止めた。上半身だけ体を起こし自分に巻かれた包帯を見るハデスに、人間だったら即死の傷だったと説明し、横になるように勧める。ハデスから、ベルセフォネーの行方を尋ねられ、「申し訳ありません」と答えるしかなかった。   (2巻内「偽りの星座宮」より) 

  • ベルセフォネーがオリンポスへ連れ去られたことを知ったハデスに、出かけることを告げられ、「いけません。その傷で・・・」と、慌てて止めたが、口出ししないようにと言われてしまう。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • いくらベルセフォネーがデメテルの娘でも、ハデスが命をかけることはないと告げながら、必死で止めようと食い下がったのだが、ハデスからは、デメテルのためではなく、自分自身のために取り戻したいのだと告げられ、言葉を失ってしまう。 (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 立ち尽くしている自分に、ひとあし先にヘスティアの力を借りたい旨の伝令をデメテルの所に出すようにと、ハデスから命令された。  (2巻内「偽りの星座宮」より)

■工藤 信彦(くどう のぶひこ)
  • 15歳。5月7日生まれ、牡牛座。A型。(6巻内「暗黒の星座宮」内キャラプロフより)
  • 中学校3年生。学校名不明。 (6巻内「暗黒の星座宮」内キャラプロフより)
  • 伏見駅にて天野(ハデス)と待ち合わせ。天野(ハデス)から、アレスの現世の調査を依頼され、現世名や現在の性格などを報告。最近の動向として、ポセイドンのことを調べていることも報告。天野(ハデス)から、こんなことを頼んで済まないと謝られるが、これくらいしかお手伝いできないと述べ、自分は現世でもあなたの部下ですから、ご用の時はいつでも声をかけるように、とにこやかに告げた。
「また ご用の時は お呼びください  僕は現世でも あなたの部下です」  (3巻内「闘争の星座宮」より)
このセリフと爽やかな笑顔が、好印象。出番が少なかった割に人気があったのも頷ける。