|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

?/ヘスティア

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ヘスティア
  • クロノスとレアの長女。
  • 火の女神であり、処女神。
  • オリンポスとの関わりを持ちたがらない。

幼少時~オリンポスを出る迄  (20巻内「序章の星座宮」より)


  • 幼少の頃は、闇に包まれた時の神殿で過ごす。小さい時から冷静沈着だが、男勝りな所もあったようだ。当初は自身が何者なのか知らなかったが、クリュメネーがハデスに打ち明けた自分達の生い立ちを聞き、女姉妹の中で真っ先に意見し、兄弟と共に、父にクロノスと戦うことを選択。神殿脱出のため炎の術を使ったりもした。

  • ポセイドンを庇ったクリュメネーとクロノスがそのまま消えたのを見たのに、ショックを受けつつ、彼女の命を無駄にせぬように促され、新しい世界へと向かった。時の神殿を出て、初めて地上へ。太陽のまぶしさにただ立ち尽くすばかりだったが、母を名乗る女神レアと、自分より年長に見えるのに、弟だと名乗るゼウスが迎えに来た。そんなゼウスに向かって、率直に「年上に見える」と疑問を出す。時の神殿と地上では、光や大気の影響で成長速度が違うのだという説明を受け、自身もすぐ成長すると告げられた後、皆と共に何処かの神殿へと招かれる。

  • クロノスは大怪我だが生きている事を知る。しかし、クリュメネーは逝っただろうとの言うレアの言葉にショックを受け涙する。そんな中、平和に生きていくためにクロノスを打倒せよとレアに言われる。神殿の外を眺めつつ、「美しいところだな この世界は・・・」と、ハデスに話しかけた。そんな美しい世界・・・ここで皆と平和に暮らすのが彼女の希望であった。そんな彼女の希望を聞き、その為にも、皆の為にも、父クロノスを倒そうというハデスの言葉を聞き受け止めた。

  • 打倒クロノスを告げられ、約1年近く。時の神殿から出て、成長速度も速くなったためか、少女から綺麗だが勝気そうな女性に成長を遂げており、クロノス神殿への、進軍に当初は黙って着いて行く。進軍途中、「いよいよだな兄上」と、ハデスにと話しかけハデスを驚かせた。 「炎は戦には役立つ 連れて来てよかったと 思わせてやろう兄上」と、マイペースだが心強い発言をする。

  • 迎撃軍と衝突後、ほぼ全滅させた為、兵の休息を取る為に天幕を張った。

  • 次々現れる、迎撃軍。兵士の疲労を見て、このまま進軍するのは無理ではないかと意見し、それを機会にに、進軍について話し合われたが、意見がまとまらない。そんな中、ヘカーテの提案が選ばれる形となり、ヘカーテの案内でポセイドン・ハデスの3人が、クロノス神殿に向かい別働隊を組むことに決まる。自分達は足を緩めて進軍することになった。

  • 出発前のハデス達に、「十分に気を付けてな」と彼女なりの気遣いの言葉をかけている。

  • 無事ハデス達がクロノスに勝利した後、オリンポスと名付けられた新しい神殿で、兄弟皆と共に天地の支配権を持つ神として暮らすことになった。しかしある日、夜分にポセイドンが自失しているハデスを引っ張って来る状態で自室へと飛びこんできた。どうしたのか尋ねると、ゼウスとレアのワナに嵌められたと事情を説明される。神殿中が兵で騒がしくなって居る中、デメテルを訪ね、ハデス達の状況を説明した。デメテルには、とにかく二人をここから逃がさなくてはならないことを告げ、一角獣の用意を頼んだ。

  • 門の外では、オリンポス神殿脱出の準備ができ、水や食料も渡した。こんなことになるとはと、残念そうな顔をしつつ、落ち着いたらなんとか連絡するように言っておいた。暫らく別れを惜しんでいたが、兵士達が近づいて来た音に気付き、後のことは任せるよう言い、急いで逃げるように促した。

  • ハデスと別れて泣きじゃくるデメテルにしっかりするよう声をかける。そして、そのうちに、自分達もオリンポスを出ることを提案するのだった。心の中で、ハデスとポセイドンに無事に逃げ切るように呼びかけつつ・・・。


オリンポスを出てから


  • オリンポスにベルセフォネーを奪われたハデスにデメテルの神殿に呼び出された。    (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • 自分の聖火ならオリンポスの結界も越えられるはずだと述べるハデスに、その通りだと答えた。いかなる神殿の炎も、自分には思いのままだったが、オリンポスの陰謀には関わりたくないという本音をそのまま伝えた。しかし、長い間地上天界に、全く興味を示さなかった兄ハデスのたっての願いを聞かないのも妹として、あまりに薄情。   (2巻内「偽りの星座宮」より)

  • これきりの協力で、後のコトは一切関知しないことを告げてから、ハデスをオリンポスに送った。  (2巻内「偽りの星座宮より」)

  • ハデスの姿が炎と共に消えた後、残ったデメテルに話しかけられ、今の炎はオリンポスの燭に通じるものだと説明。ほどなくオリンポスへ潜入できるだろうと告げた。  (2巻内「偽りの星座宮より」)


■?
  • 現世名は出て来ないが、日本人。ギリシアの男性と結婚して現地在住。娘の名は、リリ。ワイルドな母親。  (17巻「天空の星座宮」巻末より)
  • 前世では処女神だったが、現世では違う生き方を選択。  (17巻「天空の星座宮」巻末より)