拳銃全般2


装弾数が多くてオートマチック式のハンドガンで一番ベストなのは9㎜パラベラム以外にありますか?

純粋な軍用となると、連発式の拳銃の存在意義は
Texas rangerの時代で終わっているのかも知れません。
軍用のフルメタル・ジャケットの弾丸は、人を殺すのに向いてないんです。
打撃力は、口径と弾丸の重さに比例するので、本当は45ACPがいいのでしょうが、
携行弾丸数が9mmより少ない事と、NATOに気兼ねして米軍はベレッタを採用したと噂されています。
拳銃(及び弾丸)は、どちらかというと警察の特殊部隊などが研究の最前線です。
その分野でいくと、私は40S&Wを押すんですが。
(41:74)

9paraFMJの殺傷力はとても高いよ。警察関係が他の口径や弾種を選ぶのは流れ弾を嫌うから。
警察が民家なんかに踏み込む時は裏口も固めるのが鉄則だけど、9paraFMJだとターゲットを貫通した弾が、
さらに壁を抜け、裏で待機する同僚を殺傷するような事態が起こりうるそうな。
あ、貫通するよりターゲットの体にとどまる弾のほうが殺傷力高そうなイメージだけど、んなことないよ。
人間の急所ってやつはたいがい体の深いところにあるからね。

水上1㍍くらいで水中に拳銃(9ミリ)を撃ったら、どのくらい水深しますか??

昔の本だが、別冊GUNpart2に水中発射の実験が載ってた。

9ミリではなく.45オートだが、水深35センチで発射、
1mで19ミリ厚の木板を撃ち抜けない。
50センチで1枚貫通、2枚目にへこみ。
しかも、不発の連続。

質問では水上発射だが、水深1mに到達したときには
こぶができる程度に威力が落ちてると思われ。
(43:18)

拳銃のライフリングによって弾丸にかかる回転は、秒間何回転くらいなんでしょうか?

beretta.comの取説のPDF読んだら(あるんだよ)250mmで一回転、
ってあった。
初速390m/sなんで秒速1560回転ですね。rpmだと93000回転。
2ストロークエンジンのレッドゾーン並ですな。おっかない。
(52:101)

オートマチックをダブルアクションにする必要ってあるんですか?

一発目を安全にすばやく発射するため。
シングルアクション(SA)なら遊底を後退させて薬室に弾薬を装填してしまうと、
ハンマーは起きたままになる。これでは暴発の危険があるのでセフティをかけて
発射の直前に外す。
ダブルアクション(DA)なら、薬室に弾薬を装填した後ハンマーを戻してもワンアクションで
発射できる。
(DAには操作するとハンマーを安全に落とす事が出来るデコッキングレバーがあることが多い)
ガバメント等のSAでこの操作をするには,ハンマーを指で押さえトリガーを引いてコックされた
シア(ハンマーを支える部品)を外し、指でハンマーの下りた状態まで戻すしかない。(とても危険)
あとDAのトリガープルは重いので、セフティOFFでもSAに比べて暴発の危険性が低い。
(59:641)

380ACPとか357マグナムって直径が9mmとあったんですが太さが同じなら打てるの?

オートマチックとリボルバーでは薬莢の形が違ってまして…。
リボルバーでは薬莢後端のリムがシリンダーに引っ掛けるため薬莢の直径より
広くなってますが、
オートマチックではリムと薬莢本体の直径は一緒なんですな。
したがってオートの弾をリボルバーに入れるとすぽっと抜けてしまいます。

このため9㍉パラをリボルバーで発射するにはクリップを使ってシリンダーに装填します。
ヨーロッパでは実際にクリップを使って9㍉パラの発射できるリボルバーが販売されていますが、
コルトパイソン用のクリップがあるかどうかは判りません。
(WW2時にガバメントの供給が不足したため、S&Wやコルトのリボルバーでクリップを使って
45オートが使用できるようにしたものが支給されたことがあります。)
(61:443)

警察の銃って、電話線の螺旋コードみたいなものでホルスターに繋がってますよね?

あれの役割はなんでしょうか?
あれはランヤード、あるいはピストルランヤードと言います。
銃の脱落防止(脱落しても地面に落として破損せず、即戻せる)です。
また、ものによっては腕にかけることで銃の安定性を高める場合もあります。
軍用・公用の銃で見られるものです。
(62:95)

無稼動実銃というものが日本では所持が許可されているみたいですが、なぜメーカーは最初からインサート入れて無稼動状態にして輸出しないのでしょうか?

無稼働実銃と言うのは真性銃を加工し発射機能を取り去ったものです
主に装飾品としての需要がありますが、実銃の価格に加工費用が掛かるので
実銃が売れるなら兎も角、わざわざ加工するメリットが無いと考えているようです
また実銃から発射機構を取り除く加工の基準があり、それは銃身および薬室に穿孔
機関部の閉鎖機工は開放した状態で溶接、つまり永久的な加工をしなければ
それは実弾発射出来る可能性があるとして無稼働実銃として認定出来ないからです。
(309:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)
無可動実銃市場の大半はアンティーク的な価値を持つ古い銃が中心であるため。
それらをガンディーラーから小数づつ買い付け、加工後輸入する形になるのでメーカーは
そもそも関与していない場合がほとんど。
現在も生産されている現用銃の無可動実銃はメーカーから直接買い付ける場合もあるものの、
ごくわずかな数に過ぎない対日輸出分についてまでメーカーが自ら無可動化しても、メーカーに
とってはメリットも何もない。
そのまま加工・輸入業者に売れば良いだけ。
(309:68)
検査ってどういうものでしょうか
銃身閉塞薬室穿孔の確認
機関部の溶接部分の確認
ようは無稼働実銃が実弾発射能力を完全に取り除かれているかどうかの検査
(309:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

colt vest pocketの様なハンマーではなくストライカー方式で発火させる銃は、トリガーを引きっぱなしにすると撃針がコックされないと思うのですが

どのようにしてコック位置に保持しているのですか?
撃針(ストライカー)と引き鉄(トリガー)はトリガーバーもしくはトリガーリンクとシアいう部品を介して連動しています
遊底(スライド)が後退すると、ディスコネクターまたはディスコネクトノッチにより連動が絶たれ撃針がコッキングされます
引き鉄を戻すとトリガーとストライカーの関係が復帰し、引き鉄を引くと撃針が開放されます
これが基本的な半自動装填式機構の作動プロセスとなります。
(306:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

拳銃のマニュアルセイフティとデコッキングレバーの違いはなんですか

マニュアルセイフティとは、安全装置のうちレバー等手で操作して作動させる物を言います
デコッキングレバーとは、撃発させる事無く撃鉄を安全に倒す為のレバーの事です
機種によってはデコッキングレバーがマニュアルセイフティの作動レバーを兼ねています
例えばM92F系列やワルサー PPK系列、同じくP-38がそうですし
H&Kではコントロールレバーとして倒す方向によって機能を使い分けたり出来ますし
MK- 23ではそれぞれ独立したレバーを備えています
またSIGのP220系列では内蔵安全装置の他にはデコッキングレバーのみを装備したものもあります
(305:佐藤 ◆i3FjaNbBfI)

デコッキングレバーも一種のマニュアルセイフティ。
安全装置にも多少の機能の違い、メーカーによる呼称の違いがある。

コルトガバメント等はハンマーをコックした状態を維持しながら安全装置を掛けられる。
ワルサーP38以降、ハンマーコック=装填状態で安全装置を掛けると
ハンマーを(安全に)リリースする機構が流行する。
ダブルアクションの銃では特に、安全装置を解除した時、
装填の有無を射手が忘れてるとヤバイからという配慮だ。
H&K社はこの機構をスライド側に写し、ストロークの大きな操作感を与えて
「デコッキングレバー」という名称を与えたという訳。
(305:822)

撃鉄って必要な部品なのですか?

回転式拳銃の時は撃鉄で直接雷管を叩いていましたが、今は撃針が叩くので撃鉄は無くても問題ないのでは?
撃鉄(ハンマー)と言う部品が、何故今でも使われるかと言う点を説明すると
  • 外装式の場合、不発の時に指で起こして再度激発を試みる事が出来る
  • 見た目に起きているか、倒れているかが視認出来るので銃の状態を一目で把握出来る
  • 回転する部品なので、自動的に連動する内蔵安全装置を周囲に配置しやすい
と言う利点があります、これは撃針打撃方式の銃でも同じような事が言えますが
そもそも打撃針(ストライカ)方式の登場は、ボルトアクション式や自動装填式など
撃鉄を配置しにくい、或いは露出した撃鉄の存在は不適切な設計要件を満たすと言う
撃鉄以外の打撃方式を模索しての結果、試行錯誤されて来た経緯があります
ストライカ方式のメリットは、撃発装置を小さく設計出来、銃の形状の自由度と
内蔵安全装置の確実な動作を担保出来る技術的な要件を満たせる限り
撃鉄を使いたくない、と言う設計要件において発達してきました
ちなみに、従来撃鉄と撃針が一体化していたS&Wは、逆に今では分離させて
撃鉄が起きた時の突起を無くす、と言う利点を選択しており、
また、撃発機構に惰性による打撃力が必要な場合も撃鉄式を採用する傾向があります
(642:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

ショートコイルとストレートブローバックの違いは?

こち亀の第55巻で、両津勘吉氏がテロリストと対決した際、お互いの拳銃の銃口をくっつけた後、どっちの拳銃が発砲したかは
分かりませんが、テロリストの拳銃が分解(破壊?)されて、「ショートコイルだから撃てんだろう!単純なストレートブローバックの勝ち!」
と、両津勘吉氏が言うのがあるのですが、これってどうゆう事なのですか。
このお話で使用された拳銃は、作者の秋本君が創作した架空の銃です
特徴はストレートブローバックのため銃身が固定されている事で
銃身と遊底(スライド)をわずかに後退させるように、銃身を押し付ける事で
相手の銃のディスコネクタを作動させ、発砲不能にして撃ち壊しました
この当時、警察特殊部隊などの情報が少なく、亜米利加のSWAT等の情報から
創作した警視庁の警察特殊部隊と言う架空の部署の活躍を描いたものでした

この機構的な特徴を利用したアクションは、映画等でも良く見られるもので
実際の戦闘においても、銃身の先を保護する「ストライクフェイス」と言う部品を
取り付ける事で、相手の身体に銃口を押し付けて発砲する事が可能な
近接格闘用の装備があります。
(643:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

拳銃は全弾撃ちつくした時以外でマガジンをいれたままスライドオープンする事はできますか?

遊底止め(スライドストップ)レバーが露出しているものは全てホールドオープン(後退位置で固)出来ます
ワルサーPPK系列やSIG P230等一部の遊底止め内蔵式のものは出きません。
(302:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

オートローディングタイプの銃は薬室に弾が残ってる状態でマガジンを交換しても、コッキングする必要ないじゃないですか。しかし敢えてやったらどうなりますか。

お察しの通り薬室内の弾薬を排出し、新たな弾薬を一発装填します
これは自動装填式の銃器全てで可能な操作です。
(302:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

ルガーP08とかワルサーP38のように、バレルだけが銃本体から前方に生えてるような拳銃はなぜ無くなったんでしょうか?

今の銃は、スライドが前方に伸びてバレルの周りを覆うような形になっているのであって、
「突き出したバレルが無くなった」というわけじゃありません。考え方が逆なんです。

なぜバレルだけが突き出した形から、そのバレルの周りをスライドが覆う形へと変化したのかですが、
それはスライドの重量を少しでも稼ぐためです。

自動拳銃は発射した弾の反動とかガスの圧力とかそういった力を使ってスライドを後退させて空薬莢を排出し、
後退したスライドがリコイルスプリングの力で元の位置に戻るときに次の弾を装填する機構を持った銃ですが、
弾の威力が強くなってくるとスライドが後退する勢いが速くなり、また後退し始めるタイミングも早くなり、
いろいろと危険なので少しでもタイミングとスピードを遅くしようといろいろな工夫がされていますが、
一番有効な手段の一つが「前後動する部品を重くする」こと、もうひとつがリコイルスプリングを強くすることです。

素材として使われている鉄の比重を重くすることは物理的に不可能なので、銃全体のサイズを挙げずに
少しでもスライド(=前後動する部品)の体積を稼いで重くするために、スライドは前方に伸びて
銃身の周りを覆うような形へと進化していきました。
同時に銃身の周囲や下方に大きなスプリングを内蔵することでリコイルスプリングの強さも稼げます。

ルガーP08とかワルサーP38のように前後動する部品が銃の後方だけに限られていて
スプリングもその狭いスペースに押し込める小さいものに限られていたものに比べて、
より強い弾を安全にかつ確実に発射できるようになったわけです。
(他にもスライドが後退し始めるタイミングを遅らせるためのアイデアはいろいろありますが割愛します)
(649:882)

拳銃での狙撃は実用的ですか?

拳銃と言っても、銃床を備えて居ないだけで小銃用弾薬を使用するものもあります、
それらの拳銃としての有効な射程は100m~200mと、
ちょっとした遠距離からの狙撃を可能としており、一説には
ケネディ大統領暗殺事件での、オズワルド以外の射手の存在を示唆する
所謂魔弾の正体が、教科書ビルとは別の位置から狙撃された、ライフル弾を使用する拳銃である
.221レミントンファイアボールである、とも言われています。

元々これらの銃は、米国の拳銃をカテゴライズする法律によって拳銃とみなされる寸法になっており
遠距離の鉄板を射撃するシルエット競技や害獣駆除などの用途で使われる物です。
(654:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

現代の軍隊同士の戦闘で拳銃は役に立つんですか?

拳銃の、軍用銃としての用途は、今現在、極近距離や閉鎖空間での戦闘など、
拳銃を主武装とした状況以外では、ほぼ使用を想定されていません。
それは大規模な軍事行動において各個の兵士に支給しても、通常の任務では
全く発砲しない、と言う状況から、任意で装備する、補助的な装備となっています、
とは言え、今でも拳銃は制式装備でもあるため、一定数が毎年調達されています。
(657:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

リボルバーと自動拳銃では、同じ弾を使ったら同じ威力という事でいいのでしょうか?

同じ弾薬・バレル長なら、ガス漏れが有る分、リボルバーの方が低威力、たいした差ではないが。
(659:501)

よく映画やアニメなどでお互いに正面から銃を向けて膠着するシーンがありますが、詰まるところあれって先に撃った者勝ちですよね?

拳銃が当たるくらいの距離ならば、よっぽど狙いが悪いかのんびりしていない限り、
撃たれた瞬間に筋肉神経の反射で指が引き金を引くので、ほとんど同時に当たります
(戦争板初質スレ3:796)

グロックの様なハンマーのない銃は反動の軽減や、引っかかって暴発することを防ぐためあのような形であるとここで聞いたのですが

じゃあ逆にハンマーある銃はなんで付けてるの?
軍用の銃(Mk23、USP、M92、M1911A1、HK45やPx4)にはかならず付いてますよね
撃鉄(ハンマー)を打撃針(ストライカ)に置き換える理由として、
引っ掛かりの原因となる突起を無くす事も、勿論ありますが、
その他、撃鉄の回転モーメントによる命中精度への悪影響を少しでも排除したり、
パララックス(視差)と言う、握把と銃身の高低差を僅かでも小さくする事で、
発砲時に発生する発射反動による回転モーメントを小さくしたり、
またその為に握把周辺の構造容積を小さくする目的で、
遊底(スライド)に撃発機構を内臓する為に、そのような構造を取る事もあります。

最近のグロックやS&W M&P、XD等、拳銃による戦闘を意識したものは、
正に、そのような設計思想を持って造られて居ますね。

補足すると、
従来からの撃鉄方式は、マスケットの時代からプルーフされた、信頼性の高い機構で、
撃鉄が起きている事で(コッキング)発射準備が出来ているか目で確認出来、
また万一の不発の時に再度起こして雷管を打撃する事も可能です。
(664:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)
新しいハンドガンでも、撃鉄で撃針を叩く構造になっているのは、どういう意味があるのでしょう
ヘックラーウントコッホがP7以降ハンマレスを捨て、また
コルトがAA2000で派手に失敗したので、
各社グロックさんちの様子を見ながら試行錯誤しています、
S&Wはニューミリタリーアンドポリスを投入、10mm弾と共に普及しつつあり、
ファブリックナショナルはFiveseveNとその他の新旧二本立て
ベレッタ等老舗メーカは造り慣れた機構を継続使用しているようですね。
(664:名無しPOW ◆1LxEVEeIgU)

トグルアクションの拳銃は、弾を撃ちつくしたときどういう状態になるのでしょうか?

ルガーに限れば、ボルトの前端がマガジン・フォロアーの後端にひっかかり、
トグルが跳ね上がった状態で停止する・・・のだが、
その状態でマガジンを抜くと、当然ながらボルトは閉鎖位置まで前進、
ファイアリング・ピンはコックされたままの状態になる。

弾の入ったマガジンを差し込むと、そのままでは初弾がチェンバーに入っておらず、
トグルを一度引っ張って放し、初弾をチェンバーに送り込む必要がある。

なお、アメリカのガンスミス、ジョン・マーツ氏が、
最終弾を撃ち終わってマガジンを抜いても、トグルが跳ね上がった状態のままで止まり、
新しいマガジンを入れてちょっとトグルを引き上げると初弾を装填できる、
独自のメカを考案したことがあるが、一般的ではない。
(291:500)

テレビの射撃訓練シ-ンで、標的に当たったら穴も開かずカキ-ンと音がして採点だったが

実際の射撃訓練場で使う弾は的を再利用する為弾頭を樹脂製とかに変えてるのですか?
標的には紙製の他、命中したかどうかを音で判断するメタルプレートがあるのです
これは穴だらけになって交換する必要が無いので結構普及しています。
(289:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

現在のハンドガンはもう技術的限界に来ていて、どれも似通ったものになっていますが、これ以上の技術革新はあるのでしょうか

拳銃の技術的限界はすなわち、実包及び銃本体の軽量化が、そのような状況となっています。
また、作動方式も、専ら反動利用のショートリコイルを超える画期的な発明も無く、
現時点で考えられるのは、ケースレス機構を拳銃サイズまで小型化することでしょうか。

現在小銃用の無薬莢弾薬は、一部実用化しており、一定の評価を得ていますが、
この小型化による弾薬のスリム化、構造の簡易化が望まれているようです。

威力に関しては、現状での弾頭形状等の選択肢は多岐に渡り、使用者としては要求が満たされ
充分に満足の行く状況ではありますが、依然、法執行等におけるロープロファイル任務については、
拳銃弾薬の威力不足は、年々深刻さをましているようで、反動軽減と威力の高次元でバランスした、
5.7mmや4.6mmの近接防御火器を越えるものの登場が待たれている事もまた事実です。
(俺初質スレ431:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)


38口径でヒグマを倒せますか?

灰色熊の例で言えば、最低限度熊を倒すのに必要な威力は、
.357Magnum以上の初活力が求められます。

それにしても、齧られ引っ掛かれながらも六発を撃ち込んで、
辛うじて動きを止められる程度の、本当の最小限の威力です。

大抵は.44Magnumより大威力のものを、最期のバックアップの為に携行します。
(687:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

同じ銃弾を使っても銃の種類によって反動は違う物なのでしょうか?

大きく影響するのは銃の重量。重いほど反動が少ない。
ガス作動式でピストンが動くものはブローバックより反動が少ない。
H&Kがガス作動式メインになってきているのはこれも要因といわれている。
銃床、床尾(肩当て)の材質や作り方も影響し、一般に木製のストックは反動が軽いと言われる。
逆に鉄のスケルトン式は反動を強く感じる。
89式はガス作動式の上、シリンダー入口に拡張部があるので、反動はかなり軽い方に入る。
逆にスペインCETMEのMod.Lなどはブローバックの上3.4kgと軽量なので反動は強い。
特にMod. LCは3.22kgとさらに軽量で金属の引き出し式銃床なので最悪っぽい。
(281:76)

ベレッタM93などの「フルオート拳銃」の利点、欠点は何でしょうか?

携帯性の良好な事が特徴である拳銃に可能な限りの火力を持たせる手段として
全自動発射機構が付加されたのが始まりです
これはごく初期の自動式拳銃であるマウザー拳銃から既に考えられていました
本来は護身用の補助火器である拳銃に攻撃的な用途にも耐えうる機能を追加したものでしたが
軽量で、基本的に片手で保持して使用する拳銃には全自動射撃による反動はどうしても扱いにくく
M93Rの登場までは着脱式の銃床等を付属する事でなんとか実用に耐えうる様になっていましたが
拳銃本来の軽便さとの引き換えでもありましたし、どうしたところで補助火器以上の威力は持ちえませんでした

戦後、重要人物の護衛任務等で最低限の装備で最大の火力を必要とする場面が多く成りましたが
私服での護衛にSMG装備では大仰過ぎるが、拳銃では火力に乏しいという状況から
ベレッタ社がM92を基本に開発した物がM93Rです、
これは全自動では拳銃の弾倉をごく短時間で撃ち尽くしてしまう欠点を解消すべく機械式三発制限点射機構が組み込まれました、
この機構のお陰で的確な制圧射撃が可能となり、後に自動小銃にも取り入れられました、
M16A2やSGシリーズ、八九式小銃を始め各国の制式小銃に採用され現在ではほぼ標準的な装備となっています
(275:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

オートマチックピストルのホルードオープンという状態について教えて下さい

ホールドオープンは発射(の反動、ガス)によって後退したスライドが、
複座バネで前進して次弾を装填しようとする際に、弾がなくなっているので、
かわりに出っ張っているマガジンのフロアー(底板)に引っかかって止まる仕掛け。
だから引き金を引いただけではスライドが開きようがない。
またそのようなデザインになっていないマガジンでは、ホールドオープンにならないことがある。
普通はオープンで止まるけどね。
(274:735)

自動装填式拳銃の殆どは弾倉が空になるとマガジンフォロワの一部がスライドストップを押し上げるようになっています
つまり最後の一発を薬室に装填した時点でスライドストップはスライドを止める方向にテンションが掛かっているので
このまま最後の一発を発砲すると後退した遊底(スライドまたはボルト)が後退した状態で停止します
その状態で弾倉を交換するとスライドストップにはテンションが掛からないため
遊底をちょっと引いて離すかスライドストップを押し下げると遊底が前進して再び弾薬を装填し、発射準備が完了します。
(274:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

現在の拳銃は前方マガジンでは無いのは何故ですか?

でかくて複雑(コストがかかる、故障の原因が増える)で
重くて使い難い(重心バランス悪い)から
(戦争板初質スレ5:330)

マンガで銃口に指つっこんで「暴発するから撃てないだろう」っていうシーンがあったけど、本当に暴発するの?

装薬の爆発力が非常に高いので、指どころか銃身に土を詰めても
軽く押しのけてしまいます。ま、指が吹き飛びますね。

ここで思考実験を。
銃口をふさぎ暴発させるためには、装薬が発生させる爆発エネルギーを閉じ込め、
それによる内圧が銃身、薬室など銃の中枢部分を破裂させる、というプロセスが
必要になると考えられます。

しかし爆発エネルギーは逃げやすい方に集中しますから、銃弾に作用し動かします。
銃弾は銃身内の空気を圧縮しながら前に進み‥‥

空気は圧縮しやすい気体ですから、銃口部分に到達するときには銃身の初速は
通常射撃状態とほとんど変わらない状態になります。
また銃弾の後ろからは装薬の燃焼ガスが続いてきます。

つまり、指先が銃弾を押しとどめる頑丈で、また銃弾とぶつかっても銃口との間に
隙間を生じないほど強く密着させることができれば可能‥
これはむちゃくちゃな前提なので不可能でしょう。

銃弾はそのまま発射され、指はそれによって破砕されるでしょう。
(134:595)

454カスール撃てるリボルバーなら同じ口径の45ウィンマグや45ACP弾を撃てるんだろうか?

357マグナムリボルバーなら、それ以下の威力の38口径弾全て撃てると聞いた。
弾薬の上位互換性は、これを結構考慮して設計された銃は多く有ります
前出の.454Casuleは.45longcoltを延長したもので、明らかな上位互換を目指しています
これは安価で低威力な.45longcoltとの互換性を持たせる為にS.A.A(シングルアクションアーミー)を
大型化したカスールリボルバーを開発し、既存の弾薬との互換性を売りに出来る事を目指した為です。

上位互換性を持たせるメリットは、その弾薬が普及し切って陳腐化した際に、強化された弾薬との互換性があれば
そのまま、次世代への移行が簡易に、ほぼ無改造で可能に成る、と言うかつてS&Wがスコフィールド式での経験から
同一口径から拡張される可能性を大いに考慮した設計思想を取り入れ、同社を現在の成功へと導きました。
(697:三等自衛業 ◆LiXVy0DO8s)

ハンマーが無いタイプの銃ってチェンバーに弾があるか、引き金を引いたら弾が出る状態か否かをどうやって知るの?

撃鉄内臓式の銃では、機種によってはストライカーがコッキングされている事を知らせる
コッキングインジケータが装備されているものもあります。
また大抵は、薬室に弾薬が装填された状態においてストライカーがコッキングされますので
薬室に実包がある=撃針がコッキングされている、と判断します。

グロック式などにはインジケータが無い替わりに、引き鉄が発砲位置に起こされる事で
撃発準備完了状態=薬室に装填され撃針がコッキングされた状態であると判断します。
(703:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

自動拳銃の装填不良って結構な割合で起きるもんなの?

1982年(だったか少し後か)に、オーストリア軍がGlock 17を
テストした際、ふるい分け試験の合格基準は10000発当たり20発以下の
作動不良でしたが、試験結果は10000発で1発の作動不良でした。

逆にいうと、10000発当たり20発を超える作動不良は、受け入れがたいレベルだと
いうことにもなるでしょう。

ちなみにH&Kも(たしか9mm USPだったと思いますが)、NATO基準(オーストリア軍のと同じ。逆か。)を
15000発の射撃中7発の作動不良でパスしています。

NATOの軍用拳銃採用基準の、最低合格基準の1つが1万発撃って、stoppageが20発以下、です。
ただし、これは所定の間隔できちんと整備を行いながらの話であり、射手に原因があるような(反動でぶれるなど)
stoppageは数えません。
(703:system ◆systemVXQ2)

かつての中型拳銃より大型拳銃が現代の主流になっているのは何故ですか

中型拳銃と大型拳銃の違いから考えるような問題なのですが
主に警察用拳銃の威力を基準に、大威力か大口径かが表現されます。
つまりかつては.380ACP/9mmKurzが警察用として主流だったので
それ以上の大きさ、威力のものが、大口径大威力である、と相対的に表現しました。
第二次大戦前後は、それらは「軍用大型拳銃の市販版」と言う売られ方をしており
軍隊経験のある購入者が一定数の需要を満たしていました。

護身用や、私服警官が使用するものとして、軽量小型で比較的大威力の中型拳銃は
大型拳銃を使用する業務とは完全に使い分けが為されるようにも成っています。
時代は下り、軍用拳銃と同等のものが警察用として多数採用され、
9mmPARA、.45ACP、.38spl/.357Magnumが警察用としても普及しました。
それが犯罪者の重武装化、抗弾装備の普及に伴い、威力不足となった事から
現在の市場傾向として、警察用と同じものあるいはその民間仕様が主として選択されるようになっており
その基準で行けば昨今は、警察用拳銃と同等の口径・威力は最低限度であると言えるでしょう、
一般に拳銃を所持可能な人にとっては、それは選択肢としてはボトムとなります。

また最新のトレンドは、中型拳銃のサイズで、大威力の弾薬を使用する
所謂サブ・コンパクトと呼ばれるジャンルが大きくシェアを伸ばしています。
(707:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

何で警察の拳銃って種類多いの?

県警ごとに勝手に決めてるからだろ
軍事行動をする訳じゃないんだから別に補給や整備の共通性のことはあまり気にしなくていいだろうし

ただ、ニューナンブとM37とM360Jに関しては、調達時期は被っていない
(俺初質スレ2049:185)
何でわざわざ別の拳銃にするの?同じような性能なのに?
ニューナンブの更新にニューナンブを再生産するよりはM37を導入した方がいいだろう
64式の更新に89式を導入するのと同じで

陸自だって連隊ごとに次期小銃のトライアルを個別にやってたらいろいろな小銃を導入することになってただろ
(俺初質スレ2049:188)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯