各国の戦車


Leopard/Type90D死ぬほど似てます。訴えられませんか?

兵器の世界にはんなもん存在しません。
第三国に輸出する他国の荷物を勝手にバラしてちょろまかしたりするのが日常の世界で
デザインが似ている程度のことなど問題のうちには入りませんので。
(9:249)

光文社文庫400「世界の戦車」の中に、「シミター(30mmアデン砲装備)は優れた 対空戦車のひとつに数えられる。」って書いてあるんだけど、シミターって対空戦車?

対空戦車ではなく、偵察戦車で正解です。
何かと勘違いしているのでしょうね。
(11:名無しさん@眠い人 ◆ikaJHtf2)

楔形の砲塔乗っけたイスラエル戦車って何?M60改造型なの?

写真ないのでははっきりしたことはいえませんが、多分そうでしょう。
イスラエルはその政治的・外交的事情から
外国の最新兵器の購入を常にあてにできるような国ではないため
過去の兵器を近代化改装する技術に長けています。
いわゆる「マガフ」戦車は有名ですな。
ほかにもその技術を生かして外貨稼ぎをやるために作られた、
M60系の改修キット「サブラ」なんかもありますから。
(12:眠い人 ◆ikaJHtf2)

スウェーデンのIkv.91の「Ikv」とはスウェーデン語のどの単語の略で、日本語ではどういった意味ですか?

Infanterikanonvagnの略です。
Infanteri:歩兵
Kanon:砲
Vagn:車
となり、歩兵戦闘車、IFVが近い訳でしょう。しかし、Kanonと称するだけあって、
搭載砲は90mmと強力です。

余談ですが、ウクライナが今度プロトを作った、MTBR-84(T-84MTBRだったかな?怪しい)は
T-84の125mm砲塔をそのままに、携行弾数を減らし、エンジンは1200馬力のままコンパクト化
して、5人分の歩兵収容力を作り出した力業の歩兵戦闘車で、当然MBTと同じ戦闘力、装甲です。
ここまで来ると、立派な砲車ですね。
(13:system)
歩兵戦闘車は別種の兵器でしょう。
おお、確かにIkv91はクルー4名で歩兵乗り組みはないのですね。訳で
錯覚してしまいましたが、これは駆逐戦車、tank destroyerと考えるべき
なのかな。重量16.3t、90mm低圧砲ですから、むしろ軽戦車、か。

確かに歩兵戦闘車ではありませんね。指摘ありがとうございます。
(13:system)

メルカバの砲塔の後ろにジャラジャラとぶら下げられた鉄球は、結局実戦で何かの役に立ったのでしょうか?

多分吸着地雷とか、対戦車ロケットを避けるものではないかと思います。
第二次世界大戦当時のドイツ戦車はコンクリートコーティングと、金網が張られていましたから、それの応用系でしょう。
(16:眠い人 ◆ikaJHtf2)

イスラエルの戦車や装甲車にはよく白い「V」のマークがペイントされていますが、あれは何のマークでしょうか?

味方識別マーク。
(21:眠い人 ◆ikaJHtf2)

メルカバは対人戦闘に特化した戦車だそうですが、どんなところが特化してあるのですか?

別に対人戦闘に特化したわけじゃなくて、対人戦闘能力を強化した、でしょう。
迫撃砲積んだり、機銃いっぱいつけたり。
イスラエル軍は戦車にクレイモアつけて近づく歩兵なぎたおしたりしてた。
(26:61)

韓国の戦車は、日本の戦車より優秀だといわれました。本当ですか?

パルパル戦車ですね。これは米軍の次期主力戦車開発で負けた
クライスラー社の原設計を、小型化(韓国用)にした物です。
私はこの戦車が好きでソウルの博物館で、韓国の出版社と共同で
取材してきました。博物館には正面と内部に展示してあります。
戦車装甲は複合ではありません。スペースドアーマー方式です。
これじゃ成形炸薬弾対応で、現用の戦車砲弾(90式)には対応出来ません。
パルパルの側面は特に弱いです。北朝鮮の戦車には十分対応可能です。
命中率はどうでしょうか?
更に追加しますと、この場合は正面戦闘です。パルパルは側面はT72では五分五分かな。
T62にはなんとか持ちそう。北朝鮮の火器管制装置(照準)はソビエト製ですので、
距離1.500まではまあまあですが、それ以上は性能悪化です。
パルパルは2.000くらいはOKでしょう。
90式は3.000以上、たぶん4.000でも90%以上の命中率はあるはずです。
知り合いが開発に関わってますが軍事機密なので教えてくれませんが、他の情報では見えない距離と聞きます。
アリゾナで実証試験やってます。
韓国のイタイのはエンジンはクライスラーからの輸入なんです。
更に突っ込めば自動車エンジンの 自主開発は不可能なのです。
マツダからの輸入品で、エンジン一個一万か一万五千円で乗せてるはずです。
で、マツダは赤字です・・・・
(29:一等自営業 ◆O8gZHKO.)

メルカバの後ろの砲塔に何十本とぶらさがっているものは何?

鉄の鎖です。対HEAT用。
(30:バッチ3)

北朝鮮がT-72戦車を保有しているのは本当でしょうか。また、北朝鮮が国産戦車を開発したというのは本当でしょうか。

何年か前に入ってきたビデオで「北朝鮮の軍事パレード」がありました。この中に新型戦車の映像が入ってました。
T-55か62の砲塔に増加装甲で補強したタイプでした。
今回も同じようで、62の砲塔に加工して80か90シリーズに似せてるようです。
新型なんて無理ムリ・・・・
(33:一等自営業 ◆O8gZHKO.)
軍事研究によると、北朝鮮の最新戦車、MBT(T-72)を所有しているが、
性能は、70年代のものであり、イラク軍の同型車と同じ運命をたどるのは、必至であると書かれている。
開発したんではなくて、改造では?
あの国の工業力は、想像をはるかに超える下級です。
中戦車級クラスは自主開発しておりますが、現在の主力は、自走迫撃砲、自走野砲などです。
(36:932)

レオパルド2、チャレンジャーのメーカはどこ?

レオパルド2→クラウス・マッファイ
チャレンジャー2→ヴィッカース・ディフェンス・システムズ
(チャレンジャー1は王立陸軍兵器廠)
(41:眠い人 ◆ikaJHtf)

なぜイスラエル軍はメルカバを前輪駆動にしたんでしょうか?

昔の戦車はリアエンジン・フロントドライブだったから前輪駆動だった。
メリットはキャタピラが外れにくいって事。
コレをRRかFFにすれば当然、容積的にはメリットが大きい。

戦車ってのは装甲板と砲でどうしても前が重くなる。重たいエンジンは後ろに置いた方がバランス的には良い。
というわけで、RRが普通に成ったんだ。

イスラエルはロシア戦車の照準機がヘタレだと言う事に目をつけた。
500m以上じゃ当たらない。そして想定戦場では1500m以上の戦闘が多い。

なおかつ、遠距離ではモンキーモデルのタングステンじゃない鋼製徹甲弾は威力を失う。
問題はheatの戦車砲弾とミサイルだ。
となれば、エンジンルームを空間装甲として使うアイデアが生きてくる。
多少、バランスに苦労してサイズと重量がオーバーしても割に合うと考えたのさ。
(42:815)

イスラエルの105mm砲を装備したシャーマンてスーパーシャーマンでしたっけ?

シャーマンにフランス製長砲身75mm砲を載せたのが”スーパーシャーマン”。
105mm砲を載せたのが”アィシャーマン”。
(46:274)
1.国内ではスーパーシャーマン・アイシャーマンの表記はまちまち
2.英語サイトでも同様。(.milサイトでも)
3.イスラエルのサイトではシャーマン自体への言及が少なく
  断定できない
(46:293)
そこら辺のサイトの写真でも分かるんだけど、イスラエルのシャーマンってベースは初期型なんだよ。
エンジンをフランス製に変えた奴て、サスをスクラップヤードから拾ってきたHVSSに
変更した奴は原則的に全部「スーパーシャーマン」だった筈。
(46:295)
イスラエルは、アメリカが鉄くずとして放出した76.2mmタイプも大量に購入していた。
(屑鉄と言っても砲身にガス抜き穴を開けたにすぎない代物で、簡単に修理できた)

足回りとエンジンの換装だけで済ませた奴は76.2mm砲搭載タイプであり、初期型ではない。
オリジナル75mm砲のタイプはフランス製の主砲に交換したが、その時点で76.2mm砲搭載タイプは
戦力として有効なのでそのまま使っている。
こちらが後に105mmタイプになっている。
ただ、どちらもスーパーと読んでいたという点は私の手持ち文献と一致します。
(46:338)

スウェーデンのStrv.103戦車ってB型とC型では外見上どの程度違いますか?

照明弾発射機
サイドスカート兼用増加燃料タンク
車体前面増加装甲
{(51:494)

スウェーデンのSタンクって世間的評論ってどんなもんでしょ?

コンパクトにまとめられることは悪くないが、現在持つなら砲塔の付いたMBTってとこ
かの国が某研デザインのステルス戦車へと走ったなら一時代きずいたかもしれん
(52:561)
まぁ、変わり者だね。って感じ。実戦経験がないので評価も難しい。スペックだけで
語れる車両でもないし。
ただ、いざとなれば1名だけで動かして戦闘も出来るって思想はなかなか良いと思う。
特にスウェーデンみたいな軍隊だと。
(52:562)

Sタンクの側面に何本も取り付けてあるフレームパイプ状のものは何でしょうか。組み立ててテントになるとか?

浮航用のフロート・スクリーンを展開するための渡河キットの装備です。
これを使って周囲にカンバスを張り、浮力を確保します。
Strv 103はフロートスカートを装備しており、30分以内に渡河準備ができるように
なっているそうです。
(53:130)

レオパルド2って評価が高いのでしょうか?

評価が高いも何も、レオパルド2は実戦経験してないから分からないというのが
正味のところでしょう。大体第3世代戦車というもの自体が

M1、レオパルド2、90式、チャレンジャー2、ルクレール、T80、K1A1

と数えるほどしかない。
この中で本格的に実戦参加したのはM1、チャレンジャー2
後チェチェンでT80ですか。
だから他は能力的には未知数です。レオパルド2は能力が証明されたM1と同等の装備を備えている事、
90式に比べ増加装甲を施した改良版が作れる発展性(逆にいうと増加装甲が必要ということでもあるかな)から
評価が高くなっているんだと思います
(62:735)

メルカバMK.2のサスペンションってT-34そっくりなのに、何でクリスティー型じゃなくてホルストマン型?

クリスティー型もホルストマン型もコイルスプリングでアームを受けてます。
違いは、クリスティー型(の定義)はスプリングが車内に内蔵されること。
スプリングが邪魔にならない分、ストロークが大きく、不整地走破性が高くなる訳です。

メルカバMK.2の場合、スプリングはあくまで車外にあります。
だからホルストマン型です。
メルカバMK.2は、本来の車体側面装甲の外に、もう一枚増加装甲を被せており、
そのためスプリングが内蔵されてるように見えるだけなのです。
(65:223)

北朝鮮の国力で、実際稼働している戦車は何両ほどなんでしょう?

稼働率はどこの国でも最高機密なのでわからない。
(67:376)

M48戦車のステレオサイトって砲と連動してる図解を見たんですが、地面が平らじゃない時はどうするんでしょう?

見た限り、地面が水平でないと連動機構は使えなさそうですね。
元々、ステレオ式測距器と砲が直接連動している訳では無いので、不都合はありません。
主砲自動照準器という機械式の連動装置があり、そいつをONにした時だけ連動します。

朝鮮戦争中~1970年代まで、アメリカは戦車を停車させてHEAT弾で
精密射撃する戦法を重視してます。
そのために高度なFCSが必要だったってだけで、いつでも主砲を連動させ
てた訳ではないですよ。

また、被弾とかで精度が落ちた時ってどうするんですか?(例えば明確に100m狂ったって認識できる場合)
元々、M48のステレオ照準器は煩雑で人気が無く、単眼式の照準器で目測
で距離を測ったあと、距離を射撃コンピュータに入力する射撃方法が好まれています。
つまり、ステレオ式が壊れてなくても、主に単眼式の方が使われてます。
そのため、後のM60に本格的な「光像合致式」照準器が装備されています。
(67:686本物)
「地面が水平でないと連動機構は使えなさそう」の、その理論と理由がわからない。
コンピュータが存在すれば、全ての誤差は計算で補正が可能と思われるので。
確かにM47では測距器から直接コンピューターに測定結果が送られてますね。
しかし、その場合弾道計算によるタイムラグが発生し、連動はしないようです。
(なんせ1950年代ですし)

M48の連動機構は測距器と主砲を機械的に結合し、距離に合わせて主砲を上げ下げする物です。
ただの金属アームでリンクしてるだけ。計算機は介在していません。
(弾種ごとに形状の違うアームを選ぶことはできます。)
(67:686本物)

チャレンジャーはどうやって命中率を高めたのでしょうか?

NATOの射撃大会の時の状況と湾岸戦争時の状況なども比べないと
一概に技術的/人的変化があったとは言えない。
(70:20)

ライフル砲と滑腔砲を比較した場合の、メリット・デメリットを教えてください。

英軍は何でライフル砲にこだわるんですか?
滑腔砲:砲身にライフルが刻んでいないため砲弾が回転しない。
    このためAPFSDS弾やHEATFS弾などの有翼弾を発射するのに適している。
    砲身寿命がライフル砲と比べて長い。
    ただし有翼弾は長距離射撃で風の影響を受けやすい。
ライフル砲:砲身にライフルが刻んである砲。砲弾に回転を与えられるため弾道が安定し    ている。
    ただしそれゆえAPFSDS弾などの有翼弾を発射するのに適していない。
    (スリップリングを使えば使用可能)また砲身寿命が短い。

イギリス軍が何ゆえライフル砲にこだわるかというと、英軍戦車はHEAT弾ではなく
HESH弾(粘着榴弾)を使用しているからです。
HESHは命中後に遅延信管が作動し、張り付いた弾頭の爆発の衝撃で装甲内部を
剥離・破壊する弾頭です。対戦車戦闘用としては英軍以外ではまったく廃れた弾種ですが、
英軍はHEAT-MP弾では榴弾としての効果に疑問があるとして、弾頭の炸薬量が多い
HESH弾を使用しています。
ライフル砲ならHESH弾を含む滑腔砲より多くの弾種が選択できるため有用であると
判断しているそうです。
(74:名無し軍曹)
  • >メンテナンスの面では、やはりライフル砲の方が大変ですか?
  • 陸自の人ではないのでメンテの事までは分かりませんが、砲身命数が低いと言うことは
  • 当然交換回数も多くなるわけで。
  • あと書き忘れた滑腔砲の長所として、
  • ライフル溝の抵抗が少ない分初速が高い。
  • 製作が容易で軽量である。       などもあります。
  • #right(){(74:名無し軍曹)}

おフランスのルクレルク戦車1両のお値段はいかほどですか。

ルクレルクの価格

4億円

アラブ首長国連邦への輸出価格のようです。
(75:system)

レオパルト2戦車の同軸機銃の装備位置、及びショト装甲を付けた型では同軸機銃が装備されているかどうか

レオ2の同軸機銃は砲の左上方、正面から見て防盾の右上にある。
ショト装甲型でも同軸機銃はあるし位置も同じ。
(76:505)
大概の戦車の同軸機銃は装填手席のある側にある。理由は、って書くまでもないので省略。
まぁ例外もあるけどね・・・。

M1エイブラムスみたいに機銃本体は右側にあるけど弾薬箱は左側にある、っていうのもある。
(76:505補足)

イギリスのチャレンジャー戦車120ミリライフル砲弾が弾頭と装薬の二つに分離した形で搭載されているのはなぜ?

そっちの方がたくさんつめるから。
一体型だとかさばるけど、分離しとけばいろんなとこに詰め込めるでしょ?
一体型の利点は、APFSDSの弾体が長く出来て、貫徹力が高まるからじゃない?
(80:ななしさん)

メルカバは重量級戦車であるため機動力、走破性が低いというのは本当?

メルカバMk4     65トン、1500馬力、トン当たり23馬力

M1A2エイブラムズ 63トン、1500馬力、トン当たり23馬力

チャレンジャー2   62トン、1200馬力、トン当たり19馬力

レオパルド2A6    60トン、1500馬力、トン当たり25馬力

T-90          46トン、840馬力、トン当たり18馬力

不整地の突破能力については馬力以上にサスペンションの
性能が重要になるという認識で開発したメルカバのパワーウ
ェイトレシオが他国の戦車と並んだ以上、馬力と重量だけで
機動性を見るのは単純が過ぎます。

ちなみに陸上自衛隊は61式戦車の開発に当たって、機動力
と重量の関連をM24軽戦車とM4E8中戦車を使って検証した
結果、M4のほうが「重いために不整地の機動力は上である」
として「機動力で防護する」という発想の25トン級を、本格的
な装甲を備えた36トン級に変更しました。
(初心者質問スレ481:427)

アメリカ軍も、軽い戦車の方が、不整地の機動力は上であると、誤った考えを持っていました。
ベトナム戦争で、アメリカ軍はM48戦車を投入しました。
これは、間違いから起きたことでした。
ジャングルや水田の多いベトナムの戦場では、重い戦車は役に立たないと、アメリカ軍は考えていました。
そこで、ベトナムへ派遣する部隊の編成から、M48戦車は除いていました。
ある部隊が、間違えて、M48戦車を持ったまま、ベトナムへ行きました。
ところが、実際にベトナムで使ってみると、軽戦車より不整地の機動力は上であると分かりました。
その後、M48戦車はベトナムの戦場で使われることとなりました。
装甲兵員輸送車についても、同じことが言えます。
M113装甲兵員輸送車より軽い装甲兵員輸送車がありました。
しかし、不整地の機動力は、重いM113装甲兵員輸送車の方が上だったそうです。
(初心者質問スレ481:霞ヶ浦の住人 ◆tL07zEn.bU)
M113より軽量な装甲車の例ですが、不整地の機動力については
重量でもってキャタピラをしっかりと地面にかみ合わせるほかに、キャタピラの
長さからくる色々な事情も関係するように思いますがどうでしょうか。
(初心者質問スレ481:437)
わざと「間違えた」のさ

送られていくもののリストとその現物を、管理する複数の人間が、すべて把握しているわけでもないので。
目の前にあっても「リストに無い」のを知らないか見落とすかすれば、見過ごされる。
リストに無いって事を誰かが知ってても、知ってる人間が「無いはずの現物が積み込まれる」現場を
目撃しなければ、気づかれないまま送られる。

こいうことは逆に「持って行くはずなのに、何故か積み忘れている」って事もあったし。
物品にICタグが貼られて輸送物がコンピュータ管理している現代とは違ったしね
(それでも現代でも、人間のほうの入力ミスで手違いが時々起こる)
(初心者質問スレ485:29-30)
ベトナムのときは戦車なんてあまり役に立たないという考えから
当時新型のM60ではなく旧式で軽いM48が意図的に投入されたんだが。
大規模に間違えちゃった例としては中国の架空師団が有名だがな。
(初心者質問スレ485:32)
「間違えて」と言うのは言葉の綾だが、海兵隊としては戦車の有用性を論議することもなく、
正規の編成装備の中に戦車があると言う理由でベトナムの戦車を持って行ったのだと言う。
要するに積極的に持って行くとしたと言うより、持って行かない理由を思いつかなかった。
これは確か海兵隊自身が編纂したベトナム戦史にあったと思う。
(初心者質問スレ485:36)

メルカバ戦車って乗員の生存率高めた設計て聞くけど、その分なんらかの機能を犠牲にしてたりするんですか?

フロントエンジン方式は機動性に劣る。
メルカバは機動力を重視した戦争に使うには向かない戦車。
アメリカがイラク戦争の劈頭でやったような電撃戦には使えない。
あと、メルカバは重量の割には武装が貧弱。
あくまで相対的な話だが、あの重量なら防御よりも攻撃に比重を置けばもう一クラス大きな口径の主砲が積めるだろう。
逆に言えば、攻撃力だけ求めるならメルカバよりもはるかに軽量な戦車が作れる。
(531:903)

中国の98/99式戦車の評価は?

中国の軍事関連掲示板における98/99式戦車論議
「解放軍の98/99式戦車の失敗についての試談」
ttp://www.zgjunshi.com/bbs/dispbbs.asp?boardid=4&star=1&replyid=285273&id=28226&skin=0&page=1
スレ主が98/99式戦車の10の失敗点について指摘。

1、98式は数の優位を頼むソ連式戦車の設計思想であり、単体の性
能は簡易化され量産性を優先している
2、外形設計は洗練されておらず、砲塔小型化も世界の趨勢に逆行
3、原型は70年代のT-72(モンキーバージョン)、エンジンの小型化
が出来ず車体が1m以上長くなってしまった
4、動力は騒音が大きく燃費も西側戦車より悪い
5、125mm砲は西側の120mm砲に劣るだけでなく、85式の125mm砲はパ
キスタンでの試験で命中率が7割と高くなかったためにパキスタンはT-80
購入に走った
6、対空機関砲の性能は良くないが、工場の関係で採用させている
7、射撃統制システム、安定装置、暗視装置の性能で海外と大きな差がある
8、防御力は、小さな砲塔、長い車体、洗練されてない外形から問題がある
99式でレオパルト2のような楔形装甲が付加されたことは軍が98式の装甲
に満足していない証明であるが、99式の装甲も西側とは格差がある
9、標準化の水準は低く、日米の戦車の武器の共通性との差は歴然
10、製造技術の水準が低く、冶金、鋼材では国外と大差があり、工場での
管理、労働者の素質の問題から、生産が遅れたり設計通りに生産できな
い問題がある

教育水準の問題から、近代的装備を運用するには西欧や日本に比べて差が
ある。コストの問題からしばらくは59式が軍の主力であり続ける
(J10や87式や99式等について語るスレ:365)

M1戦車はイラクで何両も損失してますがチャレンジャー戦車が全損した事はあるのでしょうか?

これが、湾岸では300両のイラク軍戦車を撃破して損害ゼロ。
イラク戦争でも友軍のチャレンジャー2による誤射で1両損失した以外は損失ゼロ。
ソースは丸7月号竹内修氏の記事。
(573:199)

メルカバの各型の簡単な見分け方って?

砲身真ん中の太い部分(排煙器)にジャケットの止め金三つついているのが105mm砲なので1か2。
砲塔側面が垂直で、砲塔リング(回転する場所)に球形の出っ張りが目立つのも識別点。
Mk.2はその出っ張り以外の砲塔側面に増加装甲がボルトでとめてある。Mk.1はボルト無し。
105mm砲を積んでいるのに砲塔側面がひし形に出っ張っている型はMk.2を最近改修した奴。

砲身真ん中の排煙器がつるっとしているのは120mm砲を積んだ3か4、砲塔が低めでかっちょいいのが3。
側面が垂直なら3の初期型、ひし形は後期の。
砲塔真ん中が高く見えてかっちょわるいのが4。
(イスラエル軍スレ13:552)

WW2後の西ドイツが駆逐戦車を運用し続けた理由は?

単純に戦力不足。
成形炸薬弾の発達により、他国の中戦車と同程度の主砲を積まなくても敵戦車を撃破可能になっていたこともあり、
90mmクラスの砲を軽量な車体に積めば、安価に敵戦車を撃破可能な車輌が作れた。

ただ、この辺は国ごとにアプローチが異なる。
ソ連では、BMP-1の低圧砲(サガーミサイルだけではなく)に西側の主だった戦車が撃破出来る能力を求めている。
米国ではオントスのような無反動砲装備車を開発し、日本も60式自走無反動砲を開発している。

他方で、開発当時、米英はソ連のJS3重戦車を過大評価してしまったり、核兵器使用下で残された重要拠点の取り
合いを模索(重戦車を開発したり、中戦車の航続距離を伸ばしたり)していた。

三つばかり注意点を挙げますな。
1.当時の西ドイツは、かつての「ならず者国家」としての遠慮と西側諸国最前線と言う事情から、人的被害と
引き換えに国土を守り抜く気概などが絡み合って、能力を限定した兵器の調達をする傾向があった。
(まあ我が国も戦闘機の空中給油や射爆性能に制限を加えるとかやってますように、あちらさんもそう言うこと
を対外的にやって見せたがるところがあった訳です。)

2.カノーネタイプの駆逐戦車については、実は砲のブリーチが大きいので、戦闘室内で振れなくなるとか、
長砲身が地面に使えて戦術的に効果的な待ち伏せポイントに到着しにくくなるとか、様々に問題がある。
実は砲塔を装備した方が大口径長砲身砲を搭載しやすい。(砲にも拠りますよ。)

3.駆逐戦車自体がドイツ機甲科の予算・兵器調達上の名称に過ぎず、他国では自走砲に水平射撃で戦車を
撃破可能な砲弾を開発させるとか、中国の89式120ミリ対戦車自走砲の要な例もある。
全周旋回可能な砲塔を装備した戦車以外に、対戦車砲弾を発砲可能な自走車輌を開発する可能性は今後もある。
(608:818)

メルカバって後ろにドアがついてるってほんとですか?

メルカバはフロントエンジンレイアウトの恩恵で後部ハッチがつけられました
ココには6名の歩兵は搭乗することが可能で、負傷した兵員の後送にも使えるのです
これはそれまでの戦訓もありますが、米国以上に「友軍兵士を見捨てない」方針の現れです。
(298:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

北朝鮮のT55、T62、T72に対して韓国保有M48の90mm砲って役にたつの?

もし使えるならK1も120mmなんて不必要なモノは捨てていっその事90mm砲にしたらどうだろうか?
韓国のM48はA5で105mm砲にアップデートした型式。
FCSの能力で言えばM48はステレオ測距器に機械的に主砲をリンクさせた程度の
代物で地面の傾斜にも対応出来ないと言われており、その場合は単眼式の照準器を使う。
と言うより、アメリカではステレオ式は使いにくいので、もっぱら単眼式の照準器を
使っていたと言う。その場合の射撃精度はT55やT62と大差無いだろう。
(工業製品としての精度の差は出るかも知れない。)
基本的にはイスラエルが第3次中東戦争頃に使ってた物の技術や部品をアメリカが
逆輸入して州軍などに配備していたような、韓国に配備された時点で2流3流品。

韓国のM48A5がどの程度マイナーチェンジされているかは不明。サイドスカート
の採用など、外見からすればいじくってるのは明らかではある。
ただ旧ソ連戦車の輸出仕様も負けず劣らずなので、似たり寄ったりかと。
(297:119)

メルガバの回転砲塔の後部の下端からチェーンを下げて暖簾状になってるの見たんですけど、どういう意味があるんですか?

対戦車ロケット避けのおまじない

対戦車ミサイルなどを撃ち込まれたとき、あの鎖に当たって信管が作動するので、
中の人に被害が及ばない。

実際には気休め程度という意見もある。
あと、最近の対戦車ミサイル/ロケットは、空間装甲対策を取っている物もあって、
(タンデム弾頭など)そういう物に対しては効果は薄いと思われる。
(291:151-156)

メルカバ戦車はイスラエル軍の運用や砂漠に適合した戦車だそうですが、逆にレオパルド・ルクレール・90式などはイスラエルでは本来の性能を生かしきれないものでしょうか?

とりあえずいい例として、1960年代に、
イスラエルがイギリスのセンチュリオンを購入した例がある。
主力戦車として期待されたセンチュリオンだけど、
いざ機種転換を始めたら、空冷フィルターが砂塵で詰まってあっという間にオーバーヒートするわ、
砂丘のアップダウン(砂漠は平坦なように見えて、実は勾配がかなり厳しい)
でトランスミッションが焼けるわと散々。
「こりゃあ使い物にならん」ということで、イスラエル得意の魔改造発動。
エンジンからトランスミッションから測量システムまで入れ替えて、
見事砂漠戦仕様主力戦車として返り咲き。
(290:725)

現代の技術でStrv103のような無砲塔戦車を作ったとして、日本の防衛に通用しますか?

構造上トップアタックに弱いし行進間射撃できないし視野狭いしあまりメリットない
というかそんなに高性能だったら新型戦車を開発してる
日中ロ印韓全部が採用しようとしなかったのもスウェーデンも後継型のStrv.2000には砲塔っぽいのつけてるのも説明つかないわな

そのStrv103の後継で中止になったのがStrv2000だが
http://alternathistory.org.ua/files/241009_strv2000.jpg
http://strv102r.tripod.com/strv_2000.htm
どうみても無砲塔ではなく無人砲塔だよ
(677:620-623)

戦後ドイツのラインメタル社やクラウス・マッファイ社は兵器開発を禁止されていたのに、なぜ後のレオパルドI・IIを開発できたのでしょうか?

1950年代にフランスなんかと戦車の共同開発をしていました。
また、米軍戦車の修理などで技術を吸収していますし、米国製戦車が入ってきて、それなりに技術レベルを
挙げることが出来たのも大きいです。
(276:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

現代の戦車の主流は第三世代MBTですが、アフリカや中南米の国家はどのような戦車を保有しているのでしょうか?

南アフリカはイギリス製のセンチュリオン中戦車をベースにして、これを近代化改修したオリファント戦車を経て、
砲こそ105mmだが第三世代MBTの能力を持つTTD試作戦車を開発し世界的な水準に達したそうで。
が、財政事情などから国産には至らず外国製の導入になるとか
南米ではブラジルがEE-T1オソリオ戦車
ただ、これは射撃関係はフランス製、パワープラント関係はドイツ製のコンポーネントが主用されている
砲塔もヴィカーズ社によって設計されたもの。半国産に近い。
アルゼンチンにもTAM戦車がありますがこれは1974年にアルゼンチン政府から出された要望に沿って、
西ドイツのティッセン・ヘンシェル社(現ヘンシェル・ヴェアテクニク社)がアルゼンチン陸軍向けに開発した
戦闘重量30tクラスのMBT。
重量と開発コストを低く抑える目的から、ティッセン・ヘンシェル社は、当時実用化していたマルダー歩兵戦闘車の
車体とコンポーネントを流用して開発
まあ間違っても第三世代MBTではないですね
(221:996)

イスラエルのIシャーマンって、防御力はM4のままなのに、どうして活躍できたんですか?

イスラエルの戦車兵の練度が高かったからだ!
つまり敵より速く目標に弾を当てて撃破したから防御が弱くても活躍出来た
攻撃力はアラブ側のT-55やT-62さらにはセンチュリオンでも撃破出来るくらい向上してたから
長距離で先制射撃して先に撃破すればいいんだ
砂漠や荒野が多い中東戦争ならではの事情だ!

…でも対戦車ミサイルを壕を掘って使用されたり
レバノン侵攻みたいな市街戦では脆いので
さすがに退役が進んだぞ!
(俺初質スレ2049:286)


米軍戦車


アメリカのM1が自動装填じゃないのはなぜですか?現代では人力装填のメリットは全くないと思うのですが。

それにいくら減口径弾とはいえ120ミリ砲弾は相当重いと思うのですが・・
米兵はデカイよ。
(7:667)
漏れが聞いたことあるのは、戦車乗員にスペアを用意しておくとかいう説。
自動装填装置を採用すれば装填手はクビに出来るけど、その分保守整備をやる人数が減るから面倒だとか、そういったもの
(7:670)
ちょうど軍事研究誌にT-72との比較で載っていたが、自動装填装置はコンスタントに装填できるが、
手動は最初の3発ぐらいを勢いまかせにどんどん装填できる。平均発射速度は同じでも、最初の3発バーストが速い方が有利だ、という話。

また、自動装填装置採用の大きな理由は乗員削減だが、戦車乗員は同時に戦車メンテ/応急修理係であり、
3人乗員では保たない、という考えも以前からある。自動装填装置付き戦車に4人乗ると1人は余ってしまう。
それなら手動装填でいいじゃないか、という話もある。

もっとも、140mm戦車砲になると、さすがに人力では厳しいらしく、自動装填装置が必須といわれている。
(7:679)

米軍のシェリダン「空挺」戦車ってパラシュートかなんかで空挺出来るって意味ですか?

シェリちゃんはオールアルミで超軽量です
なので、パラシュート投下可能です
実際にC-5から落としたこともあったはず
他の戦車は鉄で出来とります
また、シェリは砲からミサイルを撃つことも可能です
でも、燃え易かったので役立たずでした
(以上、タミヤの解説から引用)
(31:179)

ガスタービンエンジンのアイドリング時の燃料消費量は走行時とさほどかわらないという話をきいたのですが、本当なのでしょうか?

M1のアイドリング時消費燃料は45リットル/時とも60リットル/時とも言われます。
一方、走行時燃費は舗装面を最良燃費速度で走行して4.3リットル/km(戦車では燃料/距離で表すのが普通)。
アイドリング1時間の燃料で7~10km走れる事になります。
しかし、路面が不整地だと走行速度はほぼ半減するようですから、
アイドリング時/走行時の燃料消費比率は50%近くに達する可能性があります。
(31:317)

M1A1は燃費が悪いって聞きましたが

燃費が悪いのは確かなのですが、
それはガスタービンエンジンがアイドリングから全開まで
ほとんど燃料消費が変わらない、つまりエンジンをかけた状態で
待機しているとバカスカ燃料がなくなる、という点に要因があるようです。

エンジンをかけていないと各種の電子機器が使えない今の戦車では、これは非常にまずい。
だから現行のM1シリーズは砲塔後の外部に補助発電用エンジンがついています。
(40:205)

M46に採用されて革新的な性能を示した”クロスドライブ式変速機”って、どういう機構なんでしょう?

車でいうトランスアクスルのように、トランスミッションと操向装置が一体化した
当時としては画期的なミッションです。
コンパクトに作れるため、後方エンジン/後方駆動が実現し、車体のスペース確保と
低車高化に大きな役割を果たしました。
名前の由来は、入力軸と出力軸が十文字に交差するからだそうです。
(42:名無し軍曹)

朝鮮戦争ごろのアメリカ戦車には、「怪物の顔」みたいなのが描いてありますがあれはなんのためのものなんでしょうか?

敵を威嚇するためです。
しかしながら本気でそれに相手がビビると思った訳ではありません。
要するに自他に対する闘争心の誇示と考えればいいでしょう。
自分を少しでも強そうに見せたいというその発想の根源は珍走団と
似たり寄ったりですね。
(44:182)
特に、朝鮮半島の人間は虎を恐れるという認識が広まったためです。
(44:190)

アメリカの軽戦車ってM-551で打止め?

攻撃ヘリの能力が向上してきた現在では、所詮どっちつかずの能力しか
無い空挺戦車の必要性は薄れてきました。とりあえず今は、攻撃ヘリが
任務を代替えしたいます。
ただし、今後RMAの研究成果によって変わって来るとの説も有りますが。
(輪装式車両3両に、M1の能力を分散する予定との事ですが・・・)
(50:いやなヴァンツァー ◆RSKL58RGDs)

湾岸戦争で戦ったM1エイブラムズ戦車もエアコンがついてなかったんですか?

60年も前に北アフリカでも戦車戦が展開されていますが、無論エアコンなんぞついとりませんよ。
砂漠などの乾燥しきった場所では、直射日光をさえぎっていれば実は意外と快適と言う罠。
もちろん水分補給や換気などの必要はありますけど、ジメジメした暑さよりはマシだと思われ。
二次大戦の北アフリカの写真で、コートを着込んでいる兵士がいるが、あれも直射日光や外気をさえぎれば、
体温のほうが低くて快適とかいう理由だったと思った(記憶モードのため間違ってたらスマソ)
(51:817)
中東戦争でソ連製戦車を使ったエジプト軍、シリア軍では、
西側戦車に比べて劣悪な居住環境の戦車だったため、
倒れる戦車兵が続出。
これを捕獲したイスラエル軍も、さすがに即時投入はいやがった。
(51:817)
ソ連側も「これではマズい」と考え、後の中東向け戦車には
扇風機がつくようになりました。
(51:T-34/76 ◆RRg0QOD7sE)

朝鮮戦争時のアメリカの戦車の写真を見ると車体や砲塔の前面に怪獣みたいな絵が描いてあるんですけど何なのでしょうか?

(ゴ*ラやガ*ラのことではなく西洋人が絵本なんかに書くような怪獣)
敵の恐怖心を煽るためのもんです。当然迷彩のためではありません。
まぁ確かに恐いんですが、それだけの意味しかないのでその後とっとと廃れました。
(58:688)

M1A1は、いまだに全更新されてないんですか。

州兵は米陸軍のお下がり装備を使っている事が多く、また予算がつかなければ
更新せずそのままと言う事も十分あると思います。
(64:336)

アメリカ陸軍の昔の開発計画で、ADATSと同じ頃に計画された安価な戦闘車両の名前がわかりません。

多分それはM8リッジウェイAGS(Armored Gun System)軽戦車のことではないかと。
M8AGSは第82空挺師団などに配備する空輸可能な近接支援/対装甲用軽装甲車両として
1985年から開発がはじまった車両です。
配備寸前まで開発は進みましたがポスト冷戦の予算削減により生産の予算が承認されず
開発は1997年に終了しました。
  • 全長9.37m:全高2,78m:全幅2.69m:戦闘重量19.5t
  • 武装:105mm低反動砲×1・7.62mm機銃×1
  • エンジン:552HPディーゼルエンジン
(64:537)
MGS MOBILE GUN SYSTEMというピラーニャⅢの派生型の車体に105mm砲を
搭載した車両の配備が進められています。
(64:543)
※修正有り

M48戦車のステレオサイトって砲と連動してる図解を見たんですが、地面が平らじゃない時はどうするんでしょう?

M48戦車のステレオサイトって砲と連動してる
左右は砲塔と同時に回り、上下が砲と連動してると言う事でしょうか。

地面が平らじゃない時はどうするんでしょう?
傾いていても使えますよ。極端に言えば、縦方向になっても使えます。
昔のカメラには、この装置が付いてましたが、縦にかまえても、
距離測定は出来たはずです。

被弾とかで精度が落ちた時ってどうするんですか?
CSTVで見たものは、M60のレーザー式の調整だったようですが、
基本的には、レーザー式もステレオ式も、同じだと思います。

まず砲口に、焦点合わせ用の光学的な器具?を取り付けて、
決められた距離にある「的」の方向に、「砲口軸」と「レーザー光軸」
を、それぞれ合わせてる見たいでしたね。

左右の像が重ならないまま撃つの?
もし戦闘中に、ステレオ測距装置などが被弾した場合は、大抵の場合、
「単眼鏡」が砲と同軸に付けられていると思いますので、
それを使用するのだと思います。

最近のレーザー式などでは、取替えが容易になっているものも、
有るのかも知れませんね。
(67:☆≡ 6等兵 ≡☆)

M60からM1へとアメリカのMBTは進化したと思うのですが、なぜ急にあんなに強くなったのでしょうか?

ベトナム戦争のせいで開発に回す予算が足りなくなり、装備品の更新
が遅れた為です。で、M60を改良して使い回していた訳です。MBT-70
の開発も失敗しましたし。
空軍が、基本は50年代設計のファントムを改良して使っていたのと同じです。
F-4とM60の後継であるF-15、16&M1がほぼ同時期に出てきたので、
その因果関係は判ると思います。
(71:668)
西側第3世代MBTの先駆けになったのは西ドイツ(当時)のレオパルド2。
それ以降に採用された無印M1はM60と同様の105ミリライフル砲を装備していた。
レオパルド2と同等の砲を装備するようになるのはさらにその後のM1A1から。
(71:672)

イラク戦争では、旧式のM60戦車にリアクティブアーマーをコテコテにくっ付けた奴は出たのでしょうか?

もう海兵隊でもM60は退役しちゃったからね・・・。
(73:471)

M1A1とM1A2はどこが違うんですか?

M-1A1とM-1A2の違い:
ベトロニクスの換装が主な改造なので外見的な違いはほとんどなし。

  • 車長用独立熱線視察装置CITV搭載(装填手ハッチ前)←見た目はこれくらいしか差がない。
  • 車内情報システム搭載
  • 自己位置/航法システムPOS/NAV搭載
  • 主砲スタビライザーの水平/垂直二軸安定サイト化
  • 通信装置のデジタル化
  • デジタルエンジン制御システムDSU搭載
(75:260)

イラク軍の兵器でアメリカの主力戦車を倒すことはできるのですか?

対空砲の水平撃ちで何両かのM1を撃破してるらしいですね。
まあ、後部を狙ったらしいですが。
(75:545)
第三世代戦車が対空砲で撃ちぬけるとは到底思えんが・・・
BBCとかABC曰くロシア製の新型対戦車ミサイル(スマン形式不明)で撃破されたらしい。
ABCでは対エイブラムス用ミサイルと言ってた。
それと少数の戦車と装甲兵員輸送車が対戦車地雷の餌食になってるらしい
(75:548)

パットン戦車の車体底部は何だか丸まってますが何かメリットが有ったのでしょうか?

鋳造製のようなので、
丸い方が「冷却時の応力が、少なくなる」と考えられます。
(77:( - 。-))
地雷の爆発力を逃がすためです。
M26~M47は平板の溶接で船型を構成していました。
溶接部分は弱点となりますので、一体成形としたようです。
M60やM48Kは前面を平板にしてますね。

手持ちの資料だと、鋳物とされてますが、昔、熱間鍛造であると言う説もありましたので、製法の断言は避けます。
(77:321)
パットン戦車の車体底部は何だか丸まってますが

M48の場合は、「板かまぼこ」を裏返しにしたような形状ですが、
M60では、「台形」を逆さまにした形状に変えられているようですね。

しかし共に、その断面形状の角の部分は、「曲面形状」に作られていて、
鋳造の可能性は高そうです。

特にM48の車体前部には、砲塔に近い、優雅とも言える形状の、
球面的な形状で作られていますので、少なくともこの部分においては、
砲塔と同様、「鋳造以外は考え難い」と思われます。

しかし、M60の前面のみが、「平たい板の溶接?」に変えられた理由は、
「耐弾性の良い防弾鋼板を使いたかった」と言う事では無いのでしょうか?。

「鋳造」が好まれたのは、《 量産に向く 》と言う理由からだと思います。
(77:≡ 6等兵 ≡)
曲面は鋳造以外に作成方法はありませんか?
プレス、削り出し、叩き出し等、他にも手段はある。
鋳造になるのはコストと強度の兼ね合いから。
(77:362)
M48戦車の丸い車体前面部が継承されなかった理由質問された方(前スレ?)継続調査してみたよ。

M60戦車の車体も全て鋳物です。(前面は圧延鋼板かも?と回答してしまいましたが間違いでした。ごめんなさい。)

内部図解によると、前面装甲がそれなりに厚くなり、主砲弾収納チューブのラックや45口径弾ケース(乗員の自衛火器用ですね)に囲まれる形でドライバー席があり、操縦機器がギリギリ収まってます。

要するにM60が角張ったのは、車内容積の確保のためのようです。
(装甲強化&砲弾大型化対応)
(77:937)

イラク戦争でM1戦車に乗っていて水死した人がいるらしいのですが詳細を教えてください

チグリス川だかユーフラテス川の橋の上で戦闘中、被弾して戦車が川に墜落。
脱出できずに車内で溺死、だったはず。

砂漠の戦争で水死なんて話だけ聞いてるとギャグマンガだけど、
これほど悲惨な死に方もなかなかない・・・。

「うぅっ、戦車の中で水死は嫌だぁあああ!!」(by大滝よしざえもん&おおのやすゆき)
(80:832)
NBC防御だー
気密だー
潜水渡河だー
ってよく聞くので、落ちても平気かとおもってたのです・・・
 確かにNBC防御能力があり潜水渡渉能力がある車両なら、水密性はあるが
それはあくまでそういう準備をした上での話。
 いきなり水中に落ちたら水密が充分でないことはあるし、なによりそういった
能力は車両がちゃんと水平状態を保ってればの話。逆さまになったりしたら
水密性の確保は保証の限りではない。
 戦闘で損傷した結果水没したなら車体がどこかしら痛んでいる可能性もあるし、
ハッチを開けていたりしたらそれまで。

 ちなみにM1には完全潜水能力はありません。
 車体が水没するくらいの水深が限度。
(80:843)
NBC防御は外気の清浄化や放射線の遮蔽を指します。特別な準備なしで使えます。
(ただし、乗員はガスマスクや防護服を着用すべき)

NBC防御を準備しても水密性は得られません。
(80:850)

イラク戦争で出動した第3歩兵師団と海兵隊のエイブラムズはどの程度M1A2に改修されていたのでしょうか?

http://www.globalsecurity.org/military/systems/ground/m1-specs.htm
こちらのデータでは
M1IP(初期型 105mm砲搭載)は陸、海兵とも無し
M1A1は陸4393両 海兵403両
M1A2は陸に586両
M1A2SEPは陸に588両となっています。

第3歩兵師団については1個旅団が90年代を通じて常にクウェート展開
していました。この1個旅団については不明ですが、イラク戦争で増援されてきた2個旅団
については事前備蓄装備を使用し、人員だけを輸送したという話がありますので
使用車両はどの型か不明です。

第4歩兵師団については、米大陸本土から装備を輸送した船舶がトルコ沖合いで
暫し停泊していたことをご存知の方も多いと思います。
全車両M1A2かM1A2SEPだと思います。

#M1A1からM1A2への改修が現地で行われる可能性もあるので詳しいところは
書籍か議会報告などを待つ必要があると思います。当座としては上のHPを
あちらこちら覗いては如何でしょうか。
(90:15)
M1A1のフォース21対応型がM1A1Dで、
M1A2のフォース21対応型がM1A2SEPだとリンク先に書かれています。
従ってM1A1の場合現地改修をしたのならばM1A1D、第4歩兵師団については
M1A2SEPだと考えるのが筋だと思います。
(90:22)
更に追加 事前集積について質問された方はイラク戦争に参加した陸軍
海兵隊装備の戦車の種類について質問?がりだと思いますが。
損傷を受けたM1は全てM1A1であるとしている英文ソースがあります。
URLは
http://www.csis.org/features/iraq_instantlessons.pdf
PDFファイルなので翻訳サイトに掛けるには多少手間がかかるかと思いますが
参考にどうぞ。
(90:31)
追加。M1A1Dでググルと以下のURLが有りました。
http://www.hood.army.mil/4id/equipment/content/m1a2_sep.asp
第4歩兵師団の公式HPです。M1A2SEP装備部隊は第67機甲連隊第1大隊 第67機甲連隊第3大隊
第10騎兵連隊第1大隊の3つ
http://www.hood.army.mil/4id/equipment/content/m1a1d.asp
M1A1D装備部隊は第66機甲連隊第1大隊
M1アップリケ装備部隊は第66機甲連隊第3大隊
となっています。

大隊名については
http://www.globalsecurity.org/military/agency/army/4id.htm
ここの各旅団隷下の大隊と食い違いもあるようですが。
(90:34)

M1戦車は、チェチェンゲリラがT72相手にやったようなRPGの集中射撃で撃破できますか?

 RPGにもいろいろな型がある。タンデム弾頭のものなどは貫徹できる可能性が他よりも高いと思われる。
また、M1戦車も装甲は正面が厚めにできており、その分側面、背面、上面は薄い。
 従って、建造物上層階から上面に撃ち下ろすなどすれば可能性はさらに高まるだろう。
 また、戦車といえど、都市治安戦などでは車長や装填手、砲手などは車体外に上半身を出して監視している
ことが少なくない。防弾シールドなどが追加されているが車体の装甲を貫けなくても車体の外に体を出している
乗員に破片や爆風が当たることはありえる。
 だが、RPG射手はそれなりの覚悟が必要。また、実際には仕掛け爆弾のほうが多用されているのではないかと思える。
(537:312)

M1A1の中の人が砲弾装填するたびにとか叫んでる言葉の意味は?

「Save on!」って叫んでる。
装填手は装填が終わったら速やかに砲尾から離れて安全な位置に移動しないと、
発砲後に後座してきた砲にどつかれる。
なので砲手は装填手が退避したのを確認しないと発砲しない(してはいけない)
事になっている。
なので装填が完了したらすぐに砲尾から離れて「退避よし!」と申告する。
(346:597)

アメリカ陸軍のM60ってWW2のM26の直系の子孫なんですか?車体は余り変わってないように見えるんですが。

M26パーシングからマイナーチェンジでM46へ。ここから大改修されてM47/48へ。
ここで105mm砲装備にまでパワーアップされて更なる改修でM60へ。基本デザインは変わっていない。
(7:372)

アメリカの戦後戦車のニックネームについて教えてください。

M46  パットン
M47  パットンⅡ
M48  パットンⅢ
M48A5
M60  スーパーパットン
M60A1 シャイアン
M60A2 チェロキー
アメリカの戦車はたしか将軍の名前がつくのだと記憶しています。
しかし、シャイアンやチェロキーという将軍はいませんよね?
M47、M48、M60とPattonで合ってます。
基本的に米国の戦車はそのサブタイプには愛称を付けませんので、
M60A1とかM48A5については例え付いてたとしても、非公式な渾名
にしかなりません。
(102:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

M60戦車が昔「走る棺桶」と言われてたのは本当ですか?

M60が走る棺桶ということではない。
ヨム・キプル戦争時、シナイ半島でイスラエル軍のM60がAT-3サガー対戦車ミサイルにボコられたため、
「今やミサイルの時代、戦車なんか走る棺桶だ」と言われたのが元。
実際にはイスラエル側の用兵に問題があったわけで、移動要塞としての戦車の価値は未だに高い。
(493:301)
イスラエル側の用兵に問題があったわけで、とはどんな問題ですか?

随伴歩兵もなく、戦車の群が、対戦車ミサイルがたくさん隠れていそうな地形に

ためらいもなくずんずん突っ込んでいった。

今の機甲師団には歩兵戦闘車が随伴し、ヤバそうな地形があれば歩兵が先行して偵察、安全を確保してから進行する。
(493:306)

戦闘機や銃器の軍制式コンペってのは行われている様ですが、エイブラムズの時にはどのような競争があったんでしょうか。

M-1戦車は、クライスラー防衛事業部とジェネラル・モーターズ社
デトロイト・ディーゼル・アリソン事業部の二社の競作によって開発されました。
両社に提示された条件は、
  • M-60戦車の性能をすべての面で上回ること
  • 整備性・稼動性・耐久性の向上
  • 生産価格が3,300輌を生産するとして1輌辺り507,790ドル(1972年当時)を上回らないこと
などです。
1973年6月に両社に対してそれぞれ682万ドルと870万ドルでXM-1戦車の開発契約が結ばれました。
この競合契約の内容は、試作戦車を1輌、車両試験装置を1基、さらに弾道試験のための
車体と砲塔各1基を製作して引き渡すと言うものでした。

ところがその一方で、陸軍省は1974年12月に西ドイツ(当時)との間に次期主力戦車のテストに関する
協定を締結していました。これはレオパルド2戦車とXM-1戦車の評価試験を行い、
優れているほうを米軍のMBTとして採用すると言うものです。
さらに、後には両国の戦車の武装、装備の共通化を図る旨の覚書が追加されています。

クライスラー社とGM社の試作車は1976年1月31日に陸軍当局に引き渡され、アバディーンとフォート・ノックスで
試験が始められました。この結果、11月12日に陸軍長官によって公式ににクライスラー社の案が
採用されると発表されました。
しかし、このテスト中には上記の覚書に基づいた仕様変更を両社は求められたりしています。

採用が決定したクライスラー案に基づくXM-1戦車はさらに11輌が生産され、より詳細なテストが続けられました。
この間にアメリカにレオパルド2AV(レオパルド2戦車の装甲強化型)戦車がアメリカに持ち込まれて比較され、
一部の性能ではXM-1を上回ったとされます。
しかし最終的に1977年に両車の比較競作は中止とされ、米独のMBT共通化はなりませんでした。
(352:名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)

何故アメリカは戦車後進国から戦車先進国になれたんですか?

M1エイブラムスを開発するまでアメリカは戦車後進国だったのですが。MBT-70で西ドイツの優秀な戦車技術を得られたからですか?
まず、西ドイツが優秀と言うこともありません。
レオパルド1はM48から技術的に習得した部分も多々あります。

M48は、元々は朝鮮戦争でT34/85に対して有利に戦える戦車として短期間で開発した戦車であり、その前に
短期開発したM47のさらなるバージョンアップのつもりの戦車に過ぎません。
実際、自衛隊の61式開発時点でも、目標はT34/85であり、T54・T55は意識していないとされています。

また、欧州では重戦車M103との併用しており、あくまで主力中戦車であってMBT思想で設計された戦車では
ないし、JS3・JS4・T10などと比較しても仕方ありません。

M60も登場時点の他国の戦車や、登場時点で考えていた運用期間(MBT70との交代を考えていた)からすれば
優秀です。
大柄な割にエンジン出力が小さいとも言われますが、当時のアメリカはステレオ測距器を使った停車戦闘を
考えていたので、機動戦はしませんし。一応、軽合金の多用でドンガラの割には軽量に仕上げる努力もして
います。
そも、あのエンジンは航続距離の延伸を目指して突貫開発したものであり、本当に短期間しか使うつもり
が無かったことが判ります。
MBT70の失敗で延命させてしまったために、時代遅れなどと思われるのでしょう。
M48もM60も配備時点では優秀な戦車です。

むしろ迷走が始まったのはM60A2やMBT70を開発し始めた時期です。当時のアメリカはT62の性能を極端に
誤解してしまい、通常の戦車では優位に立てないと言う誤解があのような仕様の戦車開発に向かわせたと
言われています。 (その後、イスラエルから現物を手に入れる前ぐらいには誤解は解けていたようです。)
ちなみにフルシチョフ時代のソ連でもミサイル万能論によるミサイル戦車の開発や、成形炸薬弾による戦車
砲の強化が実施されています。

ちなみにレオパルド1は高速で対戦車ミサイルを避けながら戦うなどと言った誤解もありますが、初期型は
やはりステレオ測距器を用い、砲安定装置も装備しておらず、実はM48同様、行進間射撃には対応しておらず、
開発途中でMBT70計画の参加も始まっており、実はレオパルド1の開発途中で既に西ドイツは運用・設計思想
の転換を始めています。
(583:427)

M1には砲弾が爆発したとき爆風を外に逃がす機構があると聞きましたがどういうものなんですか?

内側からの圧力に比較的弱いパネルがあってそこが吹っ飛ぶことで爆風を逃がす。
砲塔の後部に砲弾を収納しているが、 この部分の上面が若干弱く作ってある。
ブローオフパネルという
(586:788-790)

M1とM1A1て、どれくらい違うの?

M1エイブラムズとIP-M1が「M68A1」105mmライフル砲 
M1A1以下、M1A1HA、M1A1D、M1A2、M1A2SEPが「M256」120mm滑空砲を装備
装弾数は
105mmライフル砲  105mm砲弾×55発
120mm滑腔砲    120mm劣化ウラン徹甲弾×40発(SEP42発)
となる

副兵装の12.7mm機関銃ないし7.62mm機関銃を装備している場合
弾数は1000発 / 12000発となっている

あとは6連装発煙弾発射機2基があり、発煙弾24発を発射できる

ほかにもヴェトロニクス・FCS射撃統制装置に始まる
電子装置及びシステムは大幅に改修・近代化が施されており
CITV(Commander's Independent Thermal Viewer)車長用独立熱線映像装置の車長用独立熱線映像装置や
M1A2から搭載され、同車が約60両がリアルタイムで情報を共有出来る
IVIS(Intervehicular Information System)車両間情報システムのMMU(Mass Memory Unit)大容量記憶処理装置
あと、POS/NAV(Position/Navigation)自己位置測定/航法装置
M1A2SEP及びM1A1Dに搭載されている最新型のデジタル情報通信データーリンクシステムである
FBCB2こと「フォース21旅団・部隊用戦闘指揮システム」
同じく、M1A1D型とM1A2SEP型で最初に採用されたアイセーフレーザー測距装置などなど
(332:名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM)

アメリカの戦車は「M○A○」って名前がついてますが、このMやAってのは何かの頭文字なんですか?

Mが「モデル」。
Aが「アドヴァンス」何回改修されたかの意。
(312:561)

M1エイブラムズが市街戦に投入される場合、HEAT対策としてどのような装備をするのでしょうか?

一応HEAT弾というかRPG-7に対応する手として以下のような改修キットの
話がある。
出典は http://www.fprado.com/armorsite/abrams.htm

戦車市街戦生残性向上改修キット(The Tank Urban Survival Kit, TUSK)
M1A2に装着する。目的は市街環境における戦闘力の向上。
全周の防御向上に留意し、また敵が近距離、上面から戦車の装甲の弱点を撃つ
可能性を考慮。

具体的には 車体側面にリアクティブアーマー 車体後部に鳥篭装甲。
操縦手用7.62mm機銃に防盾と熱線視界装置。車長用12.7mm重機関銃を車内から
ハッチ閉鎖したままで操作可能に改善。歩兵との通話とのため外部に電話を搭載。

このキットは整備廠でなく野外で取り付け可能。

ただしこれがどの程度使われているかは不明なり。
(286:30)

米軍は60年代にガンランチャーに執心していますが、将来戦車の武装をミサイル主体で統一するつもりだったのですか?

主目的は旧式の装甲戦闘車両の簡易即席な火力増大を目指したものでした
結局普通に最強の戦車を作れば良いって事に気付いて止めたのが真相らしいです。
(279:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

アメリカの結局配備されなかった対空戦車、サージャント・ヨークは何故M48がベースだったのでしょうか?

傍系の存在である対空戦車に、当時の主力戦車であるM60の車体を使うよりは、
旧式化したM48戦車の再利用の方が良いと考えられたから

(我が国の87式自走高射機関砲も、当初は61式戦車の車体を再利用する予定だった
結局、砲塔に対して車体が小さすぎるのが明らかになり、74式戦車ベースになったけど)
(俺初質スレ436:107)


ロシア・旧ソ連戦車


ロシアのT-72系の戦車の一部はミサイルが撃てますが、これは何のためなんでしょうか?

対戦車ミサイルも対空ミサイルも撃てます。

最大のメリットは攻撃可能距離の底上げで、
これによって「計算上は」T-72系列の最新型ならM1を撃破できる、と
販売側は言っているようですが……

同口径の砲では西側に勝てないロシア戦車の苦肉の策とも言えましょう。
(27:746)

T-72とかT-80ってなんであんなに軽いの?

足周りが複雑になって整備が……信頼性が……
数をそろえないといけないのに値段が……
値段が上がったから数が出なくて更に値段が……
重量が上がると燃料も喰うようになるから更にお金が……

こんな風に。
(36:大渦よりの来訪者 ◆Bzr3neko)

T-80が装備しているATMにはトップアタック機能はついているのでしょうか?

ついていない。砲内発射で半自動式(操縦するのではなく指定した目標に向かう)誘導し、
西側第2世代戦車なら正面装甲を撃ち抜けるとされる。
(37:72)

T-80UM VS T-90どちらが強いのでしょうか。

装備は殆ど同じだから車体性能以外に違いはないと思われる 強いて言えば専用に
開発された車体に乗ったT-80の方が車体の装甲性能や機動性は上回るかもしれない
(45:281)

旧ソ連のT-64戦車はなぜ輸出されなかったの

当時の最新鋭技術を詰めこんだ虎の子だったからです。T-64が輸出しても大丈夫な頃には
T-72があったのでそちらを輸出しました
(46:626)

T-54/55またはT-62はキングタイガーの正面装甲を撃ち抜けますか?

キングタイガーは逆に正面からT-62と打ち合ったらどうでしょうか?
装甲厚および傾斜角と徹甲弾の貫徹力で単純比較してみました。

T-62>キングタイガー
ほぼ貫徹可能
キングタイガー>T-62
距離および命中箇所により貫通可能性あり

T-54/55>キングタイガー
距離により貫徹可能性あり
キングタイガー>T-54/55
距離および命中箇所により貫通可能性あり

砲弾の進歩や機動力を考えると、T-62>T-54/55>キングタイガーでしょうか。
(67:926)

T-55戦車がチェコ、ポーランドでライセンス生産された時期を教えて下さい。

チェコ・スロヴァキアの場合、1950年代後期から1973年までと思われます。
ポーランドは、1950年代後期からいつまで生産されたかは不明です。
(68:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

T-55の第一転輪は他の転輪と離れてますが何の意味があるんですか?

重量配分の問題と違うのかな。M1戦車も、離れてたように思いますが。
転輪サスペンションアームの向きが、反対取り付けになってる箇所でも、
離れる傾向になる場合は、多いようですが。
(78:≡ 6等兵 ≡)

スターリン戦車はいつ頃まで使われていたのでしょうか?

T34より早く全面的に引退したとすればそれはなぜでしょうか。
T-10(IS-10)系は八〇年代までソ連で使われてましたなあ。
(78:745)
JS-2は戦後中国に供給されており、朝鮮戦争でも使用されたようです。
その他インドシナ戦争でもヴェトナム軍が使用したり、キューバや北朝鮮でも使用されました。
(キューバでは海岸線のトーチカとして使用されているとか)
ソ連で最後に使用が確認されたのは1982年のオデッサ軍管区の演習での事だったそうです。
JS-3がソ連の制式装備から外されたのは1963年で、一部は東欧諸国や中東に
供給されており、1967年の中東戦争でも使用されたとのことです。
(78:名無し軍曹)

T-64A以降、T-72と同じ分離装填式装填装置?

T-64の115mm砲の弾薬は分離装薬。
ソースはグランドパワー2003/6号。
(80:323)

北朝鮮がしばしばロシアから戦車を買ってるそうですがT-80UやT-90のような比較的新しいものなんでしょうか?

少なくともT-90は売ってもらえなかった。
つーか最近は買って無いみたいだな
最後に買ったのはミグ29かな?
(82:901)

オブイェークトとはどういった意味なのでしょうか?検索してもいまいち要領を得ません

ソ連の戦車開発計画につけられたコードネーム。“Объект”と表記し、本来はロシア語で「製品」。
たとえばT-72は「オブイェークト172」として開発されていた。
(461:139)

戦後第三世代のT-72は弾道計算機を備えているにも拘らず、戦後第二世代のレオパルト1に命中率で劣っているのは何故ですか?


T-72は近距離で高速徹甲弾で戦闘することを考えてるので精密射撃をあんまり重視してない。

西側の戦車は遠距離でHEAT弾で戦闘することを前提にしていたため、精密な弾道計算と
射撃管制が重視された。

近距離で高速徹甲弾で撃ち合うなら、大概はまず「狙ったところに飛んでく」ので複雑な
射撃管制は要らない。
遠距離目標にはちっとも当たらなくなるけど、「確実に当たる距離」まで突撃すればOK,
という考え方。
数で圧すのが前提だから、距離を詰める間に何両かやられても構わない、と。

HEAT弾は弾速がトロいので遠距離射撃がしたかったら精密な射撃管制装置が必要になる。
特に冷戦時代の西側戦車は数で勝る相手に防御戦を強いられるのが前提だったので、
「初弾必中」を求めたから、命中精度に拘った。
(489:768)

ロシア戦車は、なぜ今でも狭いお椀型砲塔に拘ってるんでしょうか

砲塔デザインを再検討するプランは無かったのですか?

  • 敵に晒す面積を減らせる
  • 軽い
  • APFSDS以外の砲弾なら弾けるかもしれない

そして広大な国境線を抱えているから数が必要
今でも高級なT-80Uの代わりにT-90を生産している訳で

ソ連構成国として戦車開発のインフラを持つウクライナではT-84というT-80の発展型を生産しているが
その中に西側仕様の120mm砲塔を備えたものがある
(365:356)

90年代のユーゴ内戦でT-34戦車が現役だったと聞いたんですが今でも使われているT-34ってあります?

お隣の北朝鮮では今でもT-34が主力戦車の一つで現役です。
(496:525)

ソ連のMBTはパラシュートで空挺降下はできるのでしょうか?

無理。普通の車両は着地の大衝撃に耐えられずぶっ壊れる。
少なくともすぐに戦闘に参加できないぐらいの機械的故障が発生する。
投下できるのはBMDシリーズのような空挺戦闘車や空挺戦車と言った特殊な車両のみ。
それすらも着地に失敗することがあるので空中投下せず飛行場で着地して降ろされることが多い
(495:モッティ ◆uSDglizB3o)

もしイラク軍のT-72がダウングレードの輸出型でなくロシア本国型ならM1戦車相手にどうなっていましたか?

本国軍仕様のT-72だと、時期にもよるけど複合装甲やレーザーレンジ
ファインダーなんかも装備してるみたい。
APFSDSも輸出用の鋼鉄弾芯のモンキーモデルは本国軍仕様のタングステンAPFSDSの半分の貫徹力
しかないとかいう話もあるので、T-72でも本国軍仕様ならもうちょっとM1の損害も増えたかも。

戦車本体の性能差も絶望的だが、何より弾薬の差で止めを刺された。
イラク側のT-72はM1戦車の装甲に全く歯が立たなかった。
そりゃ鉄で作った徹甲弾じゃ複合装甲は貫けないし、口径の差もあった。
対するM1の劣化ウランAPFSDSはT-72の装甲を紙みたいに貫いた。
(345:634,625)

イラク仕様のT-72ってホントにモンキーモデルだったのかね?

イラク軍のT-72については軍事研究の2008年4月号で詳細について触れられている。

イラク軍が海外から調達したT-72は、輸出向けのT-72M、T-72M1。T-72M
はTPDK-1レーザー測遠器を搭載したタイプで、T-72M1は砲塔の装甲厚を
増加したタイプ。ただし、本国版とは異なり複合装甲は搭載されていない。
また、前述の通りFCSの自動化も本国版より一歩劣っており、諸元を手動入
力する必要がある。

そしてイラク国内で製造したT-72「アサド・バビロ」は、T-72M1をベースに改
良を加えた車両で、チェコの支援により建設された戦車組立工場で生産され
たタイプ。イラン・イラク戦争の戦訓を加味して、280mmの正面装甲の上に
30mmの追加装甲を中空式に装着。性能の良いフランス製自動消火装置、
アクティブ防禦システムのはしりともいえる「ダズラー」赤外線パルス発信装
置、ベルギー製暗視装置(一部の車両のみ)を搭載するなど独自の改良が
加えられている。

ダズラーは、イラン・イラク戦争でイラン軍が使用するTOW対戦車ミサイルに
よって大損害を喫した事により、ソ連技術者の助言を受けて開発された装置。
前方左右30度の角度に赤外線パルスを発射し、ミサイルの照準を狂わせる
機能があり、TOWによる被害を大きく減少させる事に繋がったとされる。

アサド・バビロの最大装甲厚は軍事研究を見ると鋳造装甲280mm+中空
+30mm装甲で、傾斜しているので実質的な防御力は運動エネルギー弾
に対してRHA410mm、HEAT弾に対してRHA450mm。

使用する砲弾は、旧式の3BM9 APFSDS-T(鋼製弾芯)が射程1000mでRHA
300mmの貫通力、より新しい3BM22 APFSDS-T(鋼鉄+タングステン弾芯)が
射程2000mでRHA380mmの貫通力、3BK14M HEAT-FSは、距離に関係なく
RHA450mmの貫通力。ただし、実際の有効射程はFCSの能力の問題から砲
弾自体の射程よりもやや短い1800m程度。

なお、M1A1HAの防御力は運動エネルギー弾に対してRHA600mm。

装甲換装前のM1A1は、RHA350mmであったため、M1A1HAへの改造
が急がれる事となった。
湾岸戦争では、本国仕様のT-72でも土台相手にならないM1A1に、マイナー改良モデルとモンキーモデルでぶつかってコテンパンって感じかね
ソ連本国でも西側第三世代戦車に対抗するにはT-72の能力を向上させ
る必要があることは認識されており、1980年代中盤にはT-72Bが登場し
ている。

西側戦車に対して射程で劣るのを解消するため、砲発射式ミサイルの運
用能力が付与され、9M120ATM(最大射程4000m、貫通力RHA700mm)に
よるアウトレンジが可能となる。

これにあわせて射撃統制装置の能力向上が図られ、毎分8発の発射速度
をフルに生かす事が可能となり、時速30km程度での精度の高い行進間射
撃が可能となった。(しかし、相変わらず輸出型のT-72Sでは一段低いレベ
ルのFCSが搭載されていた。)

従来RHA500mm(運動エネルギー弾)程度だった防御力についても、、複合
装甲をさらに増厚すると共にコンタクトEDZを装着することで改善が図られた。
ただし、第一世代のEDZはHEAT弾への対応が中心で運動エネルギー弾へ
の対処も可能となるのはコンタクト5の登場を待つ必要がある。

ソ連/ロシアの125mmAPFSDS弾の種類とスペック。
http://www.russianarmor.info/Tanks/ARM/apfsds/ammo.html
砲弾についても改良が進むが、これらが他国にも提供されるようになるのは
ソ連の崩壊後の話。
(今こそ湾岸戦争を検証する:255-259)

T-64とT-72とT-80ってどうやって見分ければいいんですか?

一番明確な違いは
T-64は赤外線投光器(砲塔主砲の横についてる丸いやつ)が
正面から見てT-64は右についてる。
T-72は同じく赤外線投光器が正面から見てT-64の逆の左についてる。
T-80はT-64、72に比べて砲塔上面のハッチ周辺(特に正面右上)に
レーザ測距離儀(だったか?)などの細々した装置が搭載されている。
あと点輪がゴム付きになったのはT-80だけだったような気がした。
(343:119)

T72等ソ連系戦車の砲弾庫が砲塔基部にあり、被弾・誘爆した場合には車内で爆発する事になり極めて危険というのは、いつ頃知られるようになった事でしょうか?

T-72の誘爆のしやすさの原因である自動装填装置はT-64以降から搭載されるようになった。
ソ連戦車としてはグレードが高い部類なので紛争にはあまり出てこなかった
T-72の初陣は確かレバノン内戦だったと思うがイスラエル軍にボコボコにされて評判を落としてる
知ってる人は知っていたと思われるが、人口に膾炙したのはやはり湾岸戦争時。オブイエクト
(569:モッティ ◆uSDglizB3o)

民間レベルにはなかなか実状は判らなかった。
80年代後半になっても、まだT-74と表記したプラモが発売されるくらいで。

東西冷戦期、ソ連が公開した内部図解などでは、今思えば絶対にありえないくらい装甲
が厚く描かれてたり、時速100km出るだの吹きまくっていた。
かと思ったらレバノン紛争などは、当初、あたかもメルカバが一方的にT-72を撃破した
と伝わったくらいで。
はっきり言って、T-72に関しては、アメリカのM60A3なんぞより相当に強そうだと言う
認識で、砲弾が貫通したらどうなるか?なんてとこまで考えてる人はそんないなかった
でしょう。

と言うかね。中東戦争の戦訓で、砲塔に即用弾積んでると危険とか、砲塔旋回に高圧の
オイルモーター使うと(高圧のオイルは高温化して、如何に作動油とは言え発火しやすい
ので、)危険なんて話は伝わってて。 要は西側の戦車も砲塔リング周辺まで貫通弾が
到達すればアウトでした。 はい。 (M60とかドライバーの周辺に弾庫あるし。)
(570:222)

湾岸のT-72は簡単に砲弾が誘爆して砲塔が派手に吹き飛んでましたが

T-72が被弾すると砲塔が派手に飛んでしまうのは、弾薬庫が砲塔の真下にある
構造だから(自動装填装置をコンパクトにまとめるためなのでしょうがない)。

日本の90式や自動装填式ではないがアメリカのM1エイブラムスなんかは、
砲塔の後部に弾薬庫を置き、弾薬庫の真上の天井をわざとボルトで弱く
止めただけにして、弾薬が誘爆すると天井の方が先に吹き飛んで爆発の
エネルギーが外に逃げるような構造になってる。 
(342:637)

旧ソ連の戦車でキャタピラが四本あるものがあったと思いますが

オブイェクト279試作重戦車だね。
これだ。
http://www3.kcn.ne.jp/~a400lbs/sfs/page009.html
(342:726)

ソ連・ロシア製戦車ですが、砲塔基部に砲弾を並べる方式は被弾誘爆した場合、危険と分かっていながら、いまだにその方式が採用されている理由は何でしょうか?

なぜ、西側第3世代戦車の様に、砲塔後部に弾薬庫を設け、弾薬庫と乗員室の間は装甲板で仕切る方式にしないのでしょうか?
危険きわまりなくもないからです。

簡単に言っちゃうと、第3世代の開発当時、中東戦争などの戦訓で、戦車が直撃弾くらって戦闘不能になる可能性としては、
やはり車体より砲塔の方が危険性が高いと言うことが言われました。

乗員の死傷確率や砲塔旋回装置の作動油の火災など、砲弾の誘爆以外のファクターもあるのですが、やはり砲塔後部の弾庫
への直撃弾はまずいと言う話になりました。
とは言え、砲塔後部の弾庫は砲弾の搭載数を確保する上でも、長砲身砲や砲塔前面装甲とのカウンターバランスとしても
有効(砲弾の重さより、弾庫の張り出しと後面装甲の重さ)です。

で、西側は弾庫を隔壁で多い、天井板から爆風を逃がす方式を採用しました。
ソ連/ロシアは始めから砲塔後部には砲弾を搭載していません。
そう言うことです。

また、車体に被弾して砲弾が誘爆してしまう危険性ですが、地形を生かしてなるべく車体は晒さないように
戦うものですし、装填手を省き、車体を小型化することで被弾率そのものを下げると言う意図もあった訳です。
ソ連/ロシアの場合、自国の厳冬期や泥濘期の路外走行や道路事情が悪い地域・支援装備が貧弱な友好国への
配備など考えるとおいそれと戦車を大型化できない背景もあります。

また、砲身から発射するミサイルの開発により、西側の戦車をアウトレンジで撃破出来ると彼らは主張しています
から、現用の方式が西側の戦車と比較して劣っていると言う意識も無いのかも知れません。

海外への売り込みは苦闘してますけどね。
(575:627)

ソビエト戦車は遠距離射撃が苦手の為中東戦争で活躍できなかったそうですが、

T-90やT-80など現在配備されている戦車においても苦手には変わらないのでしょうか?
中東戦争やレバノン紛争に投入されたT62・T72などはソ連本国に配備された形式より性能が劣る。

射撃統制装置・・・ソ連国内版のT72はレーザーで測定した距離が弾道コンピューターにそのまま入力
         される方式。同時期の74式戦車より進んでいる。
エンジン・・・・・T62では過給器の性能など、ソ連国内版より輸出版の機動性は落ちたようだ。
装甲・・・・・・・ソ連国内版のT72はハト胸と言うかドリーバートン胸の中にいろいろ内緒が詰まって
         いる。

で、レバノン紛争については日本国内の民間レベルにはメルカバやM60が圧勝したかのような情報が
入っていたのだが、(イスラエルの戦車を過大評価する余り、メルカバのホルストマン式サスペンション
まで誉めだす始末)軍事情報筋や当のソ連は「ソ連に配備された戦車なら」と言うことはちゃんと判って
いたはず。
(577:500)

T-72やT-80のような戦車はFCS?の交換で西側の戦車と互角に撃ちあえるレベルにすることは可能なのでしょうか

その「西側の戦車」ってのが、どの程度のレベルかによるが
第3世代を想定してるんなら無理・・ちゅうか無意味
元々、旧ソ連の全縦深同時打撃ドクトリンに特化した設計であり、圧倒的な砲兵火力の支援下、数と速度で敵陣を押し流す鉄津波が売りなんだから
敵戦車と互角に撃ち合うことなんか考えてない

一方、西側第三世代戦車は、ベラボーな戦力比で押し寄せるワルシャワパクトの鉄津波を少数のNATO軍で押しとどめるために、これまた互角に撃ち合っちゃならねぇレベルのキルレシオを要求されて作ってる

で、前者に後者の能力を付与するってことは、前者がせっかくもってる安価・軽量・高速って有利な点をスポイルして、それでも後者に迫るだけで優越はできない中途半端なシロモノができあがる
しかも改造費だけで後者が買えちゃうし
んなもったいないマネするよりは、自分でも書いてるように、あくまで「自軍機甲戦力の足し」=速度や軽さを活かした補完的運用に限定するほうが合理的

ただ、戦車の製造ラインってのは限られていて、特に車体が簡単に増産できない
バスタブ状になったハルを持ち上げたりひっくり返して加工する機械が、日本には一台しかないし、米ソだって各工場に一台しかないから
だから、どうしても戦車が急遽大量に要る!って事態に備えて、車体の新造なしに旧世代戦車を新型と互角とまではいかないまでも、とりあえず一線での使用に耐えうるレベルに機能向上させる研究は各国行っている
74改とかね
(創作質問55:400)
輸出用ならともかく、本国仕様のT-72はあなどれんぞ。
T-80は…あえて改修する?韓国はそのまま使ってるぜ?
(創作質問55:399)
ウクライナはT-84に西側仕様の砲塔に120mm砲載っけたタイプを輸出用に作ったりしてますね。
(創作質問55:丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM)

イラクで、T-72M1じゃなくT-72B戦車だったらM1エイブラムズ戦車の劣化ウラン砲弾をなんとか防げたんじゃない?

イラク軍の戦車兵は何とか助かったのではなかろうか?
T-72Bの砲塔装甲(複合装甲装備型)のRHA値は対APFSDS弾で
530mm、対HEAT弾換算で520mmとされている。

輸出向けのT-72M1「アサド・バビロ」の場合は複合装甲をオミットし
た鋳造装甲でありRHA値は410mm(対APFSDS弾)。輸出向けのT-
72M1の一部は複合装甲を使用したバージョンもあったが、これは
イラクには提供されていないと見られている。

湾岸戦争時のエイブラムズが使用したM829A1の貫通力が540mm
だったので、T-72Bであれば遠距離から射撃された場合の生存性は
T-72M1よりはましだったかもしれない。

さらに、T-72BはT-72M1の弱点であったFCSの能力が大幅に向上し
ており、射程5000mの砲発射ATMの運用能力も確保しているので本
国版のAPFSDS弾とあわせて使用できれば一矢報いることができた
局面もあったかもしれない。

しかし、現実にはT-72Bの輸出型であるT-72Sにしても、複合装甲
とERAはそのまま装備されたが、射撃統制装置のレベルがかなり
ダウンされ、本国版APFSDSや砲発射ATMは提供されないなどの措
置が採られていることから、モンキーモデルである限りエイブ
ラムズに先手を打たれることは変わらなかったであろう。

なお、T-72Bの砲塔装甲(複合装甲装備型)のRHA値、対APFSDS弾で
530mm、対HEAT弾換算で520mmというのはERA未装着時の状態。ソ連
第一世代のERA「コンタクト」が装着された場合、HEAT弾に対する
防御力は向上するがAPFSDS弾に対する効果はあまり無いとされる。
(今こそ湾岸戦争を検証する:296,297)

T72Bがチェチェンゲリラ相手に損害を出しているのは運用のまずさか?

市街地での対戦車伏撃戦術(チェチェン軍対戦車歩兵戦闘群)
http://web.archive.org/web/20051230070048/http://angrif.hp.infoseek.co.jp/atc.htm

第一次チェチェン戦争での大きな被害の原因としては

  • 市街地へ、ろくな準備無く戦車単独で市街地に投入した上層部の戦術ミス
  • 初期に投入された戦車はEAR未搭載の物が多かった事。
  • チェチェン側がロシアの戦車について精通しており、何処を攻撃すれば
撃破できるかを熟知していた。またRPGの一斉発射、エンジングリルなど
の弱点攻撃などに徹したなど戦術面での優位。
ロシア軍はT72とT80を投入しており、最初の一ヶ月で62両が破壊された。
そのうちの61両(98%)は反応装甲で覆われていない場所を破壊されてい
た。また、紛争初期の頃ロシア戦車は反応装甲なしで戦闘に投入された。こ
れらはとくに正面からの攻撃にも脆弱であった。(6)
その後、ロシア側は以下の様な対策を講じる事で被害を減らす事に成功
している。
①行列にZSU23-4と2S6という装軌対空車両を配備した。(9)
②歩兵を下車随行させ、装甲車両の前方に展開させ、装甲車両を歩兵の
 戦闘予備・戦闘援護にあてた。
③その上で、一軒一軒、一ブロック一ブロック調整された前進を都市で行った。
④ロシアの車両のいくつかには、成形炸薬弾の防御・モロトフカクテル・爆発
 物を収束したものに対抗すべく、車体から25-30cm離れたところにワイ
 ヤーメッシュ上の固まりを装着した。
(今こそ湾岸戦争を検証する:299)

チェチェンでの戦訓を盛り込んだT-72Bのアップグレード型は?

T-72BM
http://www.otvaga2004.narod.ru/xlopotov_8/tank_t72ba_01.htm
1980年代から90年代初めにかけてに生産されたT-72Bを暗視装置以外をT-
90並に能力向上を測った戦車。車体のオーバーホールに合わせて、FCS、エ
ンジン、砲安定装置を換装、「コンタクト5」ERAを装着、9M119/9M119M砲発射
ATMの運用能力付与など。ただし、改修の規模が大きいた予算もその分掛か
り、これまでに改修を受けた車輌はそれほど多くない。

T-72B「Rogatka」
http://btvt.narod.ru/5/rogatka/rogatka.htm
2006年に初公開されたT-72Bのアップグレード型。火力、防御力、機動力、指
揮管制のあらゆる分野での能力向上が図られている。新型のERA「レリークト」
の装着により、800mm/1200mm(対APFSDS/HEAT)、車体で750mm/1100mmとなっ
ている。チェチェンでの戦訓から車体後部にはスラットアーマーが装着され
ており、地雷対策に電磁防護システムも採用されている。

T-72B「Rogatka」はこれまでに最大155両が改修を受けているとされる。
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%A2-72
(今こそ湾岸戦争を検証する:300)

湾岸でガタ落ちしたT-72の名誉を挽回できる機会はあるのだろうか

湾岸戦争でT-72の評価ががた落ちした事は確かであるが、皮肉な事
に、それによって(冷戦終結後のT-72の大量退役もあって)T-72の
輸出価格が下がり、それなりの性能の戦車を格安な価格で購入でき
ることになり、1990年代において最も国際的な取引が行われた戦車
となった。

ロシアでの生産が終了した後もT-72の売買は続いており、最近では
ベネズエラが100両のT-72を購入する事を決定している。

しかし、メーカーのウラルヴァゴンザヴォードにとっては中古車の
近代化は新車の輸出に比べてうまみが少ないため、複雑な気持ちの
ようだ。
(今こそ湾岸戦争を検証する:304)

T-72Bの砲塔正面の装甲は、M1A1やM1A2戦車の劣化ウラン弾だと、どれくらいの近距離まで耐えられるか?

http://bbs.tiexue.net/post2_1290555_1.html
T-72Bに近い防御能力を有するT-90の場合、3VBM-17 125mmAPFSDS
を正面装甲に打ち込む対弾試験を行ったところ、ERA未装着のT-90は複
合装甲の外側は貫通されたが、内側の装甲は貫通を免れ、車内装備に
は破損は見られなかった。

3VBM-17の性能は以下の通り
L/D値16。2A46M2 125mm滑腔砲から1500m
の距離で発射。貫通力は1500mで580~600mm、2000mで520mm。

その性能はアメリカの120mm砲用のAPFSDS弾M829A1/A2に近い性能
であり、T-90の正面装甲はM829A1/A2の射撃に耐えられると見られる。

1996年にアメリカでコンタクト5を装備したT-72(型番は不明)に対して行
われた射撃試験では、1500mの距離で発射されたM829A1(1500mで
RHA600mm貫通可能)は、複合装甲に達したものの内側の装甲を貫通
するには至らないという、今回と同様の試験結果が得られているとされる。
(今こそ湾岸戦争を検証する:306)

T-90戦車はT-72B戦車をT-80UD戦車の性能にまで引き上げた(近づけた)と見て良いでしょうか?

ソ連では1980年代末にT-72Bの改良型であるT-72BMを開発していた。

T-72BMは、運用コストが安く部隊での評判の高いT-72シリーズの戦闘
力をT-80シリーズと同等にアップグレードして大量配備する事を目指し
て開発された戦車であり、砲発射ATMや新型FCSの搭載、「コンタクト5」
ERAの装着などが行われた。

そのT-72BMをベースにしてさらなる改良型である「オブィェクト188」が開
発され、これが1992年にT-90として正式採用された。T-90では、T-72BM
よりも能力の高い射撃統制装置+赤外線暗視装置の採用、貫通力の高い
APFSDS弾の運用能力の付与、「シトーラ」アクティブ防御システムの搭載
などの改良が行われている。

T-90シリーズはその後も砲塔の換装などの能力向上が続けられた結果、現
在ではT-80UDよりも能力の高い戦車になっていると見られる。
(今こそ湾岸戦争を検証する:307)

ロシア製戦車ってなんでいつも弾薬庫配置が危険なものになっているのでしょうか?

砲塔容積が小さく出来るから。
その分手間やコストを掛けず装甲を厚くしたり、重量出力比を上げる事が出来る。
長大な国境線を抱える国なので、出来るだけ安く、大量に、しかし高性能な兵器を求める傾向がある。
また、簡単にカタログスペックを良くする事が出来る。
軍の要求を満たせなきゃ失脚したりシベリア送りなので、
そう言う旧日本軍戦車開発陣のような反則的設計に走る傾向にある。
(305:223)

T-80の自動装填装置ってどんな仕組みで自動装填するんでしたっけ?

砲弾がリボルバーのように並んでるんでしたっけ?
T-80のALSはT-64で使われている「コルジナ」の改良型です。
砲塔底部の回転式トレイに弾頭・薬莢が搭載されており、砲尾下に運ばれた弾頭をラマーで薬莢と共に装填し、
それと同時に空薬莢は元の収納位置に再収納される仕組みになっています。
http://armor.kiev.ua/fofanov/Tanks/EQP/al-80.html
(296:丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM)

T72が神戦車と呼ばれるのは何故ですか?

あまり強いとは言えないですよね…?
T-72が初めて登場したときは今までにない未来的な外見だったので
この戦車はきっととんでもなく強いに違いないと西側諸国を震え上がらせたので
ちょっとした伝説になった

湾岸戦争でモンキーモデルだった事、第2世代なので既に若干時代遅れだった事
しかも砲弾を収納する場所が悪かった事が相まって
西側の戦車にボッコボコにされて逆にちょっとした伝説になった

という来歴なのでネタにされて一部から神と崇められるようになった
まぁ、第2世代としては性能は良い方なんだけどね
(682:568)

オブィェークト279とは?

ソ連(当時)が1957年に試作開発した戦車です。
「核爆発後の強烈な爆風に耐え、戦闘継続が可能であること」と「西側が装備する
高速徹甲弾や成型炸薬弾に抗し得る防御力を持つこと」を目的として開発された
そうです。(沼地克服のための車体形状という話もあるようです)

足回りは油気圧式で、爆発時には車高を下げて地面にへばりつくようにして爆風を
避けることも出来るように考慮されていました。また、車体重量は60tでしたが、接地
圧はT-62(重量35.6t)より低いものでした。
#ま、接地圧を下げるために4本履帯なんて足回りになったんでしょうけど。

結局のところ、不具合を克服できずに試作のままで終わってしまったとのことです。
(112:ちゃぎ ◆fSfdiYoeFc)

今だ世界の紛争地でみかけるT34ですが、50年以上前の戦車のパーツや砲弾の調達はどうやっているのでしょうか?

まず、50年前のものをそのまま使っていることは滅多にありません。

戦後、それなりに改良が加えられ、既存のものもアップデートされています。
また、ポーランドとかチェコスロヴァキアでライセンス生産されたものは、1959年まで作られています。

戦車のパーツに関しては、例えばエンジンは、オリジナルのV-2-34からV-34-M11に換装され、冷却機構、
オイル潤滑機構が改良されています。
このほか、発電機、無線など内部の部品が近代化されています。
これが1960年に行われた改修で、それから、1969年にはT-55/62の部品との互換性を高める改修が行われ
ています。

従って、部品に関しては、オリジナルの部品が底を付いても、T-55/62系列の戦車が有る限り、それなりに
整備は出来ます。
最悪は共食いで食いつなぐことも可能です。

砲弾に関しては、85mm砲はつい最近(今もかな)まで中国などでも製造されていましたから、弾薬についても
十分余裕があると思いますよ。
(160:眠い人 ◆gQikaJHtf2)


自衛隊戦車


陸自の戦車や自走榴弾砲は何発くらい携行してるんですか

多少の増減はありますが、目安として、
74式:50発
90式:45発
M1A1:40発
ルクレール:40発
レオパルト2:41発

自走砲で
75式:28発
M109:28~39発
だったはずです。
英国のチャレンジャー2は典型的な装備では携行弾数50発(資料によってはもっと)と、群を抜いてます。
(8:system)

90式戦車が角張った外観をしているのは、複合装甲を採用しているためと聞きました。

複合装甲の付いている車体や砲塔の前面が角張っているのはわかるのですが、それ以外の部分まで角張っているのはなぜですか?
戦車が角張っている理由の一つは、その方が簡単に、つまり安く作れるからです。
(9:system)

陸自の新型MBTは三菱自動車の直噴ディーゼルエンジン採用しないのかな。

(どうせ車体もエンジンも生産はグループの三菱重工なんだし)
性能上がるし環境対策にもなると思うのだが
それとも転用無理なのかね・・・?
せっかく下がった単価がコスト増でまた上がってしまうだけだと思われ。
三菱が直墳ディーゼルしか持ってないなら話は別だけど。
違うでしょ。
(9:19)

複合装甲は重いとよくいわれますが、複合装甲を持たないはずの90式戦車回収車の全備重量は90式戦車と変わりません。90式戦車回収車はなぜこんなに重いのですか?

これは、90式戦車の複合装甲はひどく軽いということですか?
牽引には重量が必要です。にしても、砲塔も無い割に重いわな。
バラストウェイトでも積んでるのかな?

複合装甲は(従来の装甲に比べれば)重くはありません。
複合装甲は嵩張るのです。もっとも回収車にそんなものは使ってないでしょうけど。
(9:576-577)
角張ったデザインは、被弾経始(字合ってる?)の良い丸みを帯びたデザインより
車内スペースに余裕ができるからです
(9:648)

90式の砲塔全面にある「へんなハコ」中身はナンでしょか?

前面複合装甲ではないでしょうか
(10:645)

自衛隊が使ってる戦車の燃費ってどのくらいですか?あと燃料は?

90式でリッター200~250m、燃料は軽油
(5:787)
74式で約200m~250m 90式で300mの説有り。
(5:788)
ディーゼルなので燃費は割といいんです
二次大戦中の重戦車とかは平気でリッター100Mを切ったりします
(5:790)
ちなみに、戦車の燃費に回答してくださった方は、わかりやすくリッターあたりの燃費を書いて下さっていますが、
装甲車両の燃費は1キロいくらで表記するのが普通です。4リッター/kmとか、6ガロン/マイルとか。
(5:system)

90式って、道路走ると自重でアスファルトがめくれるんで普通は公道走行禁止じゃなかったでしょうか?

法律違反じゃないと思ったが、道路周辺の住民への配慮から自粛してるんではないかな?
騒音や振動は洒落にならんから
でも、確かにアスファルトへの損傷はあるだろうと思う
千歳じゃ走ってるみたいだけど、いつも決まった道路を走るし
確かアスファルトじゃなくてRC舗装だったんでないかな
(15:270)

90式戦車が舗装された道路を進むと、アスファルトが耕された畑のようになるという話を聞きましたが、事実ですか?

いったい何処で、そんな話を聞かれたのでしょうか?90式の接地圧は74式より低いくらいです。
90式より接地圧が高いM1エイブラムスが、先のイラク戦争にて何の問題も無くイラクのハイウエイ
を走行しているニュース映像を、貴方も見ていると思うのですが。
(106:62)

90式戦車は自動装填装置内に入っている十数発の砲弾を撃ち尽くした場合は外部から補給するしかないのでしょうか?

照準手の足元に6~8発の予備弾があります。
手動でも装填は可能です。エイブラムが自動にしなかったのは
手動装填の方が早いからだ、聞きました。あと故障しない。
自動装填システムはフランスの方式で、これについては
ライセンス使用は無断でやってるので、こっちの方が機密だっていう話です。
(19:一等自営業 ◆kawD31MU)

我が国には高性能で高価な戦車というのは本当に必要なんでしょうか。

そりゃ、こちらに重装備があれば相手もソレ相応の重装備を揚陸しなければならず、
漁船で上陸する訳にも行かないから揚陸艦が必要になり、そんなモノを数十隻も港に集めれば奇襲という訳にもいかず、
かならず航空優勢と制海権が必要になり・・・

という感じで相手のコストが跳ね上がるからです。極端な話、重装備無しの歩兵連隊だけなら空輸で十分でしょう。

次に「高価な戦車」ですが、小銃手1人の年間経費が500万円としましょう。
戦車の耐用年数と同じ25年間、500万円を払い続けた場合、1億2500万円になります。
小銃分隊は10名程度の編制ですから12億5000万円という計算になります。

戦車並みの値段なんですよ小銃分隊って。
(24:738)

90式戦車は荒地を走行しただけで弾がつまる、と書いてあったのですが、そんなにヘタレなんですか?

4月号の「軍事研究」に乗っていたヤキマでの90式を報じた記事を受けてのことではないでしょうか?
たしかに件の記事では「(不発が)なんとなく回数が多いような気がした」とありますが、
全く射撃不能になる、というわけではなさそうです。
(25:ちゃぎ)

90式戦車の最高速度は何キロくらいなのですか?

70キロ程度らしいです。
(25:925)

90式が140㍉滑腔砲を装備できない理由

単純により大口径な砲を積めばよいというものではない。
想定される運用状況に置いて想定される敵を撃破できるのであればそれが最良となる。

砲というのは口径が大きくなれば大きくなるほど反動が大きくなり、それに耐えるためには
より重量が必要となる。90式が140ミリ積んだら撃った反動でひっくり返るかも。
また重量は十分でも、反動を吸収するためには慎重な設計が必要となる。
韓国が105ミリ搭載の88式に無理矢理120ミリを積み発射試験をしたところ、
反動であちこちがブチ壊れたことがあったのだ。

戦車に限らず現代の兵器というのは、まさに精密機械といった感じで、昔のように
気軽に砲の交換やらなんやらができるものではない。
(26:247)

74式戦車とかに搭載してる12.7粍重機って何に使うのですか?

一応は対空機銃という事に成ってますが、対人用です。
現代の戦車は遅延信管付きの榴弾などは積んでませんから、
コンクリート壁の向こうの軟目標なんかを撃つ為に使います。
(26:790)

陸自の戦車運用法に「ダックインして砲塔だけ出して撃ち、5-6発撃ったら後方に作っておいた予備陣地に移動」がありますが、

コレ、第三世代戦車相手に効くのでしょうか。
湾岸戦争では確かにダックイン戦法を取ったイラク戦車が多数
撃破されましたが、防衛側の戦術としては当然の戦術でしょう。
こと日本では戦車戦に向いた開けた地形が少ないので待ち伏せは依然有効だと思います。
(29:名無し軍曹)

退役していった61式戦車ですが、そのほとんどが溶鉱炉行きになるのでしょうか?

退役した61式戦車ですが、砲身を切断されて、スクラップ業者に売却します。
以前は、たの車両も車体を半分に切断して卸していたようですが、最近では
小型車両(ジープ等)はそれ程厳密ではないみたいです。
マニアの中には、解体屋から部品を買って、市販のジープを軍用車風に仕立てている人もいます。
(31:27)

自衛隊の戦車はなんで左ハンドルなんだ?

右側に車長と砲手と操縦手が固まっちゃうと
一弾でまとめて殺られちゃうから
(31:132)

74式戦車にラインメタルの120mmを載せたら、反動を抑えきれますか?

無理でしょう。
ウリナラのK1も120mmを載せるのはかなり苦労してましたから。
もし無理して載せるとしたら、トルコに提案されているM60の車体にM1の
砲塔を乗っけるような、かなり強引な改造になると思います。
(33:社 聖)

日本がT-34戦車に使われていたエンジンより優れたディーゼルエンジンを作れるようになったのは、1970年代になってからという話を聞いたことがありますが、これって本当ですか?

Diesel Engineに関しては、エンジンの電子制御が出来る様になり、
燃焼制御が細かくなった時点で戦前型のエンジンを脱して、
真に戦後型のエンジンに変わったと言えるのではないでしょうか。
何しろ、それまでのDiesel Engineは戦前から開発されていた技術をそのまま引きずって来たのですから。
(33:眠い人 ◆ikaJHtf2)

74式戦車は近代化の改修等は行われないのでしょうか。

試作はされたらしいが、それなら新規に開発する方が安いってことで無くなった。
(33:910)
74式には、大改造が出来る余地がありません。
(サスペンション、全体のスペース等)
小改造は計画、試作されました。が、実行されませんでした。
老朽化した部品の交換を利用し、ごく小規模の改良はされているという話はあります。

現行の我が国では、まず、後の改造に備えた余裕のある武器を開発することが
困難です。大蔵省->財務省から、税金の無駄と判断されます。
(海・空の場合は、米国の圧力等のため、若干まし、とか)

改造の余裕が、たまたまある場合も、
「その分、新式装備を減らす」と大蔵省->財務省からいわれてしまいます。
(34:207)

74式戦車の12.7mm機銃は何のためにあるのですか?

一応対空用らしいですね。
(38:239)
「最新のジェット機が戦車の機銃でそうそう落ちる訳はない」ということで、
ソ連では、T-62を開発した際に、当初対空機銃は廃止されていました。
しかし、乗員の「強い要望」により復活したというエピソードがあります。
やはり、「何も無いよりは、有った方がイイ」という人間心理から来ている様です。
(38:263)

90式はレーダーなんぞ装備してたか?

現用戦車はレーザーで距離を測ります。
それに最新の戦車は命中率いいですよ。
2km離れた相手に時速30kmで走りながら当てられるぐらいには。
(40:491)

90式戦車ってクーラー付いていてその分装甲が薄くなって底が石で簡単に割れるのは本当ですか?

作家が勝手に作ったその140mm砲戦車だけの
問題であり日本の90式とはまったく関係なし。
(43:853)

なんで日本の戦車に冷房が付いてないの?

FCS用に冷やしてます。
人間用じゃないです。
(46:一等自営業 ◆JYO8gZHKO.)
戦車の内部は狭い為冷房を付ける余裕は無いです。
(46:700)
必要ないから。電子機器の冷却用に装備している以外は、戦闘力にあまり関与しない
と思われているので、装備されていない。これはM1もレオパルトⅡも同様。
61式にはヒーターすら無かったとの事。最低限の居住性が有れば良し、とされている
AFVとしては、余計な装備を積む事は容積や重量を食い、故障率も上がるので歓迎されない。
もっとも、メルカバにはクーラーが着いているとの話も有るが、あれは中東限定AFVだし。
(46:いやなヴァンツァー)
もっと切実な問題として、高湿度の地域で密閉された車内にエアコンなんかかけた
日にはハッチ開けるたびに車内の冷えた機器が結露してトラブルの元になるわなぁ。
実際、軍艦の場合、外部からの空気取り入れ時の脱湿にエライ気を使ってるし。
(46:海の人●海の砒素)

74式戦車で90式を撃破可能でしょうか

74式の105mmライフル砲でも、側面や後方なら十分撃破可能です
正面からでも、何度も同一箇所に着弾させればいつかは抜けます
(52:123)

九十式の装甲は貧弱とかいう噂を聞いたもんで不安になりまして

一応、砲塔前面装甲の同一パートに3発、車体前面に2発、射撃距離は100~200mくらいで、全弾抗堪。
側面が35mmの掃射に抗堪、キャタピラは対戦車地雷に抗堪、上面装甲は155mm榴弾の上空20mくらいでの爆発
に抗堪。
ちゅうか、ちゃんと対弾試験の後、自力で機動してカメラの前まで来たよ。

まあ,この証言通りなら十分以上の耐弾性と言えるかと
(52:795)

九十式戦車の自動装填装置は故障が多いの?

ええ、昔のことです。
新技術につきものの初期トラブルで、今は克服されているそうですよ。
(55:ゆうか ◆9a1boPv5wk)

74式戦車にリアクティブアーマや中空装甲をつける予定は無いのでしょうか

新MBTの開発&調達予算が削られるので、有りません。
(改良型の試作品は作られましたが)
(56:659)

民間のフェリーに、自衛隊の戦車・戦闘機は搭載可能ですか?(寸法的に)

まぁ、戦車とかだと50tくらいあったりするので、へなちょこな船にはきつい
と思いますが..

軍が民間の船や飛行機を利用して、資材を運ぶことはよくありますよ。
平時でも米軍はチャーター機なんかよく使うし、戦時には徴発して
利用することもありえます。
(60:149)

90式戦車は4秒以内に次弾発射ができるのでしょうか?

90式MBTの次弾発射までの間隔は、約4秒と言われています。
(60:264)

61式の前面装甲が外れる理由

トランスミッション整備のために、前面装甲がネジ止めになってるから。
{(60:882)

現用の日本の戦車の底面装甲は脆いのでしょうか?

基本的にほとんどの戦車の装甲防御は
前面>側面・背面>上面・底面
の順で強くなります。底面に前面並みの強力な装甲を施している戦車はどこの国にも無いです。
(イスラエルのメルカバは頑丈な底面装甲が特徴と言われていましたが、ゲリラの仕掛けた
プラスチック爆弾で底面を割られたりしてます)
なんでそんな設計をしているかというと正面以外の防御を削ることで、強力な防御と
車体重量のバランスを取るためです。
車体重量がむやみに重くなると鈍重になったり、より強力なエンジンが必要になったり、
サスペンションに無理がかかったりとろくな事がありませんから。

あー、付け加えると川底の岩で底面装甲が割れるなんてことはまず無いと思われ。
(64:777)
まあどこの国の戦車でも、底面の装甲が一番薄いとは思いますが。。。
でも、本当にそう言うことが有るとすれば、
自国内で運用することを想定しているので、
(対戦車地雷は存在しない)と言う前提での設計を、
しているのかもしれませんよね。

どのような兵器でも、全体のバランスが大切だと言うことでしょう。
(64:一年二組凸凹三等兵)

90式戦車は富士山頂まで登って行けますか?

最近の戦車の登坂力は、「タンジェント60%% = 約30度」程度です。
富士山頂の(最大傾斜度)は、何パーセントぐらいなのでしょうかね?

でも、例え富士山の傾斜度がゆるくても、岩が砕けたような地盤なので、
舗装をしない限り、結局キャタピラが空回りして、登れないと思います。
(67:≡ 6等兵 ≡)

自衛隊で「61式戦車改」というのが計画されていたらしいのですがどのような改装内容だったのでしょうか?

105㍉砲装備
(78:402)

90式戦車、日本海側には配備されてないって本当ですか?

90式に耐えれる道路がなかなか無いんだよ。そのせいでほとんど北海道に回っちゃったわけ
(79:662)
まずもともと日本海側には戦車のある駐屯地が少なかったりします。
で、90式戦車は脅威度が高いと判断されていた北部方面隊から優先的に配備されました。
だから日本海側には90式戦車がない、ということになります。

90式に耐えれる道路がなかなか無い
とも言いますが。全く不可能、ということではなく、好ましくない、という感じです。
(79:670)

自衛隊の戦車に関わって死んだ人っているのでしょうか?

61式か74式か忘れたけど、死亡事故は有りました。
(霧の中で・・・)
90式も隊員ではないですが、死亡事故が有りますね。
(なぜか・・・)
106SPも有るし、FH70でも。
(ひっくり返ったり、誘導で)
(81:夢見る名無しさん)
元自衛官の某役者が、装填手は主砲の後座との衝突で何人も死んでると言ってましたね。
ただし、自分は61式の操縦手だったと言っていましたが、死人が出た車両の種類までの言及はありませんでした。
(81:63)

自衛隊の戦車は道路交通法でいうところの車両に該当するのでしょうか?

戦車を操縦できる資格は、免許証には「大型特殊(キャタピラ付)」となります。
(82:640)

74式戦車の前進ギア段数は資料によって4段のと6段のがあるのですがどちらが正しいのでしょうか?

制式要綱には6段で書いてありますので、6段です。
(83:562)

90式戦車は初号車から最終調達の物まで全て同性能なのですか?

90式戦車の制式要綱は2種類公開されている。
しかし、実のところ違いは地雷原処理ローラを装着することができるくらい。
だから事実上同性能と言っていいと思う。
だけど実際は例えば自動装填装置に改修が加えられていたりするので、細かい部分が
他にも違うかもしれない。
(83:668)

外国の90式に対する評価ってどんな感じなんですか?

実戦に出てないし、非公開データおおすぎなので、そもそもあまり話題にのぼりません。
とはいえ、某紙上コンテストではM1A2に続いて2位になった事があったと思いますし、
基本的には現代戦車の第一線級、という評価でしょう。
でも、とにかく世界的にはあまり相手にされてないんです。輸出もされないわけですし。
(84:system)

74式や90式の車載機銃(砲塔上部の)は車内からリモコン操作出きると言うのは本当でしょうか?

できません。できるのはルクレールです。
(85:浪人厨尉 ◆mwDtDWEsbw)
出来ないのか(´・ω・`)ショボーン
そうするとあの位置では使いにくすぎるね。
そうでもありませんよ!
対空砲使ったりいろいろ使い道はあると思います
それに僕はリモコン(ルクレールのような)には懐疑的です。
(85:浪人厨尉 ◆mwDtDWEsbw)

「90式戦車エアコン付きで岩に当たると穴が開く」ってネタですよね?

田中芳樹氏の著書、創竜伝で出たネタです。
(86:東日本国民)
タイトルの誤字を修正
普通の車だって岩に当たったって穴なんか開きません。まして装甲のある車。

90式戦車の実物は埼玉県朝霞の陸自広報センターに無料展示されています。
気になるのであれば実際に自分で触ってみるのが一番ではないでしょうか。
金属なのに叩いても音がほとんどしないくらい、分厚い装甲で覆われています。

エアコン云々ですが、仮に付いていたとしても問題なんてありません。
核兵器・化学兵器・生物兵器への対処として車内の気密性を高めた場合、
むしろ欠かすことの出来ない装備にすらなるかもしれませんので。
(86:588)

自衛隊61式戦車の砲塔後部の出っ張りには何が入っているんですか?

61式戦車の砲塔後部の張出し(専門用語で”バスル”といいます)は
弾薬庫になっています。
(88:675)

ドイツのレオパルド2をみて、「こんなのがほしい!」といって90式を作らせたという、お偉いさんっていったいだれですか?

そう言った人がいるのではなく、レオパルド2とあまり代わり映えのしないオリジナリティのない
コンセプトで作られたのを揶揄してそう皮肉を言われているだけです。
(88:637)
そんな人物は、防衛省にも陸上自衛隊にも居ません。
90式MBTは、ソ連のT-72と正面から打ち合って撃破出来る能力を求めて開発
した結果、あの形になったのであって、別に意識して似せて造った訳では無いです。
主砲の120mm砲は、当時西側で威力が高く最も信頼のおける戦車砲であった訳で
すし、垂直に立った装甲の砲塔は、高速化した最近の対戦車砲弾では、避弾経始はあまり
意味が無いとの考えが有り、あの形になったものです。
90式の開発のスタートが1970年代半ばで、レオパルド2の登場は1977年です
から、全く参考にしなかった訳では無いとは思いますけど。
(88:638)
防衛庁→防衛省に修正
結果的に形が似ちゃったっていう面もあるんで、そういう話が
出てくるのもある程度しゃぁないところはあるんだけどね…。
(88:647)

ワールドタンクミュージアム第四弾で、61式の説明で「下り坂を猛スピードで走ってくる61式には気をつけろ」と言われたという逸話が載っていましたが、ブレーキがしょぼかったのでしょうか?

単純にクラッチが難しいから坂道では気をつけろと言う事じゃないの?
クラッチの事も書いてあったと思いますけど。
(90:220)
61式戦車の初期不良として、操向装置にあるコンペンセーティング・ギヤにクラックが発生して
一気にギヤが丸坊主になってしまうという欠陥がありました。
この結果登坂中に全く制動が聞かなくなりずるずると滑り出してしまう事故が発生しました。
メーカー側では急遽対策を講じてギヤの設計をやり直し、対策品を装備することができました。
当時のメーカーの基礎技術にまだまだ遅れた部分があったことを示すエピソードです。

おそらくこんな事故があったために「下り坂を猛スピードで走ってくる61式には気をつけろ」
といわれたというエピソードが残ったのではないでしょうか。
(90:名無し軍曹)


10式戦車は軽いのに90式より防護力高いってホンマ?

  • 新戦車は装甲表面積が小さいので割り当てる重量は少なくて済む
 そのため従来の装甲素材でも防護力を維持しつつ軽量化は可能

  • 軽量な新複合装甲&新防弾鋼の採用

P213より抜粋

ウ 結果
これらの一連の研究の結果、以下のような成果を得た。

防弾鋼については90式戦車用の新防弾鋼よりも耐弾性が優れ、
溶接性良好な結晶粒微細化防弾鋼と3重硬度防弾鋼、(中略)
特殊装甲については、大幅な性能向上が可能な構造形式について把握した。
上面用軽量耐弾構造については、自己鍛造破片弾に有効に対処できる
構造様式についての見通しを得ることができた。

I 特記事項

本研究試作で得られた特殊装甲の成果は、
新戦車のモジュール装甲の設計に反映されている。

(上記は中共人民解放軍軍事科学院の研究員ですら指摘してます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3350906
(陸自新戦車考察スレ49)

軽い10式戦車はRPGで簡単にやられるんじゃねーの?


  • 新戦車は装甲表面積が小さいので割り当てる重量は少なくて済む
 そのため従来の装甲素材でも防護力を維持しつつ軽量化は可能

  • 軽量な新複合装甲&新防弾鋼の採用

上記の既出すぐる理由に加えて

  • G3から正面及び側面など増加装甲装着により
 G3.5では防護力向上を図ってると上の連中はいうが
 側面装甲まで重視した戦車はメルカバ4&レオパルド2A5など少数

  • レオパルド2A4:55.2t→A5:59.7t(上面装甲無し)
  • メルカバ3:61~63t→メルカバ4:65t

このように側面装甲が世界最強と言われているメルカバ4ですら
正面装甲の増加分も含み4t程度の重量増加で済んでいる

新戦車は「側面だけ」で既に4tもの増加装甲が使用されている事実
(基本40トン、公開試作車44トン、重装甲版48トン)

その上さらに48tバージョンまで存在するということは
すなわち8トンもの増加装甲が装着されるということになる
(無論48t版では上面分の装甲なども含まれている可能性がある)

むしろ10式戦車は側面防御に関して厨重装甲という可能性が高い
(陸自新戦車考察スレ49)

10式戦車はハード・キル(迎撃式)アクティブ防御システム(APS)を搭載しないのは何故?

研究は必要だが現時点のAPS技術ではデメリットの方が多過ぎる
アメリカが開発研究中のFCS: Quick Kill APS

以下の問題点がクリアされれば日本も採用するだろうと思われる

  • センシング方式が自己位置を敵に暴露しないこと
  • 方位の違う複数目標に対して同時迎撃が可能なこと
  • 数十m以内の近距離の敵に対して迎撃が可能なこと
  • 迎撃までのリアクションタイムが速いこと
  • 地形や天候におけるセンシングの死角が少ないこと
  • 迎撃時に爆風や破片を周囲や自車に撒き散らさない
  • AFVに実装可能なほど安価であること
(陸自新戦車考察スレ64:6)

10式戦車など日本の戦車がERA(爆発反応装甲)を搭載しないのは何故?

研究自体は数十年前から行われておりATM-5の耐弾試験等でも
敵AFVのERAを模した試作ERAが製作されていることが確認できる
ただAPSの問題と重なる問題(周囲や自車に被害を与える可能性がある)
が強いためとあまり陸自側は戦車などAFVの採用には積極的でないと言われる

あとERAは一回のみ有効であることや調達予算の問題も一因であるだろう
(陸自新戦車考察スレ64:7)

90式の射撃管制装置の性能はファミコン並みって本当なのでしょうか?

だとしたらその程度で、あの性能を出せる理由は?
コンピューターって単能で割り切ればロースペックでもそれなりの性能が出せる。
家庭用のPCみたいに汎用でまともに使えるようにするには、機械の計算能力に余裕がないと厳しい。
単能でそのハード専用に組んだプログラムに比べて言語が複雑になるから。
だから、数字の上ではベラボーに高性能になってる。
家庭用ゲーム機のPCエミュを動かすのに必要なスペックを見りゃ、どれだけ非効率なことしてるか分かるはずだ。
悪い言い方をすれば汎用機は膨大な計算能力で種々の機能を無理矢理動かしてるようなもの。
(503:444)

90式やM1の砲塔側面 サイドスカートに入ってる記号って小隊の車両番号なんかですか?

Vを横にしたのとかローマ数字にしては少し変わったのがあるようですが

中隊の識別記号である場合が多い
一例として、陸自第71戦車連隊(90戦車)の場合
I  1中隊
I I 2中隊
III 3中隊
< 4中隊
V 5中隊

かつては指揮を容易にするため車両番号を砲塔などに書いていた時代もあったが
これは敵にも勢力や戦果を把握させやすくしてしまうため、最近は書かないか小さく書く
(360:25)

自衛隊で採用していた61式戦車はライバルとして考えていたのはT-34、T-54、T-55というのは本当でしょうか?

T-54/55は100mm砲を搭載していますが、それらへの防御力不足は自衛隊側も認識していたのですか?
(前に61式の前面装甲は100mm徹甲弾の直撃に耐えられない、と読んだ記憶があるので)
61式戦車の装甲、エンジン、照準装置、搭載砲などのアップデート計画は存在しましたか?
61式は日本人の体格に合わないM4やT-34/85にフルボッコにされたM24の更新用に開発されたので、
開発当初の仮想敵はT-34/85ではないかと
当初の開発目標案が重量25tだったことを見ても、T-54が仮想的だったというのはどうだろうか
防御力については、硫黄島で戦車第26連隊がやったような壕にダグインしての待ち伏せ戦法を想定したようだ
赤外線暗視装置をつけるアップデート計画があったようだが試作で終わっている模様

61式の開発時想定敵はT-34。
開発計画が制式にスタート(1955年)した後にソビエトの新型戦車の情報は入ったが
「1960年代初頭ならまだ主力にはならないはず」と流した。
主砲に90mm以上のものを積むのはキャパシティ的に無理。

90mmを積んでいるのだって、実はそれなりに無理してる(砲塔にそこそこ装甲厚があることを考えると、
あと一回り大きくないと余裕を持って積めない)。
開発当初は「T-34相手ならこれで充分なはずだ」と76.2mmを積むことを結構真面目に考えていたというのは内緒だ。

エンジンは後任の74式になっても技術的に殆ど進歩してないし、機動性に不満はそうなかったので換装する必要性もないだろう。

照準装置は改良する話もあったが予算がつかないので没った。
一応80年代になってからはアクティブ式赤外線投光器の追加装備がされている(全車にはついてないけど)

装甲的には85mm砲の有効射程内ならどこに当たっても穴開くけど、こっちは90mm砲だし
射撃統制装置の性能で勝ってるので先制射撃できる、という想定。

よく知られてるように制式装備した頃にはソビエトの主力戦車はT-54/55になっていたので
徹甲弾に加えて対戦車榴弾(HEAT)が追加で開発、装備された(ただし弾が部隊配備されたのは1970年から)。
(505:806-808)

74式の想定敵はT-62じゃなくてT-54/55なの?

開発中にT-62という新型が登場し、APFSDS(翼安定式分離装薬筒型徹甲弾)を追加開発装備して対抗した。
更にT-72、T-64、T-80という次世代が登場したのに合わせて新APFSDS(93式装弾筒付翼安定徹甲弾)
を開発、装備して対応。
この新型が全ての戦車隊に配備し終わったのは2001年以降だ、というのは秘密。

74式戦車(開発してた頃の名はSTB、新型特車Bだけど)の開発は61式の制式装備前に始まっている。
一方T-62が西側に正式に確認されたのは1965年の赤の広場でのパレードの時。
なのでそれで普通。

そんな事言ったら90式の想定敵はT-72だぞ。
まぁT-64からT-80まで攻撃力始めとした基本的スペックはみんな似たようなモンなので、問題ないけどね
(505:808-810)

何で自衛隊等の戦車は同軸機関銃を12.7ミリにしないのですか?

必要ないから。
装甲車なら同程度の軽易な装甲目標への対抗手段として意味を成すが
遠距離射撃や装甲目標に対しては、戦車砲がある
大口径機関銃は弾薬もデカくなるので、そんなのを何千発も積んでおくスペースもない
連装銃は敵散兵をなぎ払ったり、対戦車火器を牽制するための装備だから、一発の威力よりも弾幕を被せる発射速度が要求される
例えば74車載機銃は、62軽機を単にマウントしただけでなく、発射速度の向上やそれにともなう構造強化が図られてる
(360:697)
確かにエイブラムズもレオパルトも同軸は7.62mmですが、ルクレルクは12.7mmです。
陸自の運用方法としては必要ないと考えたから、という方が妥当かもしれません。
M1もイラクではビル内の敵相手に同軸の7.62mmでは不足、12.7mmが欲しいという注文が
出たりしているようです。今のところは砲塔上部の12.7mmを使用しているようですし、
その方が市街では取り回しやすい(同軸機銃は仰角にも、狭い場所での旋回にも限界が多い)
という意見もあり、同軸の12.7mm化という話はないようですが。
(360:707:system ◆systemVXQ2)

90式ってだいぶ軽いみたいですが、西側の第三世代と比べて何を犠牲にしているんですか?

時間を犠牲にしています。
各国の戦車の登場時期を比べれば一目瞭然。

自動装填機採用により乗員一名。戦車では内容積が増えると囲む装甲面積が増加し、
どんどん重量が増えます。あとヒミツの装甲採用により装甲の比重も減っているらしいぞッ!!

国内での運用を考慮して本当はもっと軽くする予定だったが、砲の駐退機の関係で重くしたそうだ。
その分が装甲やエンジンに回されてる。
何かを犠牲にしてるとしたら、運用のしやすさだな。
(351:48-51)

61式戦車の7.62ミリ同軸機銃の種類(名称)は何でしょうか?

61式に搭載されたM1919は30-06用のオリジナルだよ。
後からNATO規格対応のに改修したかどうかは知らないが、とりあえず
試作、生産開始した時のは30-06オリジナル。

60式装甲車は同じくオリジナルのM1919積んでるが、1980年代過ぎても
使われてる車両は順次74式車載機関銃対応にマウントを改修して換装した。
(564:117)

61式戦車は現在モスボール保存されているのでしょうか?

61式戦車のモスボールはさすがに無い。全て不稼働の展示品としての存在。
普通、装備品というのは使えなくなった(直すより新しいのを買った方が早い)ので
新装備(戦車なら74式あるいは90式)に更新していることになっているから。
だから、何年か前に第7師団で創立記念行事のため展示品の61式を
(その時だけ)走れるように修復しちゃった時、内局や陸幕で大変な問題になった。

問題になったというより、誰かが騒いで問題にしたという方が正解

極論を言えば、中身を取っ払って弾が撃てないようにした小銃でも、
敵の脳天に振り下ろせば立派な武器になるからね。

不要決定だの更新だのといった、旧大蔵省が決めた概念で武器を取り扱う方が問題だということ。
(自衛隊板初質スレ103:273-274)

自衛隊の90式が、殺人ブレーキとか言われてますが、戦車のブレーキってそんなに効くものなんですか?

90式はそれまでの74式よりも10t以上も重くなったくせに最高速度も17km/hもアップしました
とくに加速性能は格段に上がっておりそれをとめるためのブレーキもそれ以上にアップする必要がありました
そうして出来た車両に74式から乗り換えてきた戦車兵がおなじのりで車外に乗り出したらどうなるか・・・
そうして、馬鹿だったorzという自虐的な意味合いもこめて殺人ブレーキと言われました。
(ちなみに今ではどっかを強打するなんていう話はありません、慣れたんですね)
大型免許をもっているのなら一度大型トラックを運転してみるといい、普通の車と比べて殺人的にブレーキがよく効く。
ただそれだけの話
(341:829)

10式戦車の砲は瘤のような構造が上記の砲にくらべて長いのですがこの構造の目的は?

同様に戦車砲の砲口近くが一段細くなっていることもありますが、砲口部分の肉厚が薄くて問題がないのか。
 現代の戦車は大概が砲身に「サーマルジャケット」というカバーをかけているので
 本来の砲身を一回り大きいカバーが覆っている。先端部分だけ細いのではなく、あの
 部分だけが本来の砲身が露出している。
  なので砲身の外見と「中身」は一致していない。
  10式戦車の場合もカバーが他と比べて大きいだけだと思われるが、もしかしたら内部の
 構造も違っている、のかもしれない。今の段階だと外部の人間にはわからないが。

  サーマルジャケットは太陽光線が当たることによって砲身が不均一に暖められること、
 また発砲後の過熱した砲身に左右どちらかから風が偏って当たることによって砲身が
 偏って冷えて歪むことを防ぎ、砲身全体を密封して「保温」することによって砲身が
 歪んで反る事を防ぐもの。
  砲身がちょっとでも反ると弾着がずれるので、極力そうはならないようにしている。
(584:944)
同様に戦車砲の砲口近くが一段細くなっていることもありますが、砲口部分の肉厚が薄くて問題がないのか。
まあ、この場合すでに書かれているとおり、サーマルジャケットのせいでそう見えるということだが。
砲腔内圧力は、弾が砲口に近づくにつれ低下するので、砲身は根元が厚く、砲口付近は薄くてよい。
(584:945)

90式が「試作車が自車砲のゼロ距離射撃に耐えた」とかあるんですが

90式戦車の最終試作車両が、1000m程度の距離(実質ゼロ距離射撃)から9発の120mm砲射撃を受けて貫通弾無しという試験を行っている
(334:670)

90式に国産戦車砲が採用されなかった理由とは?米軍との弾薬の共通化のため?

90式の砲は国産も開発されているが、これを開発していたことで(高くしたら国産にするぞ、と言えるので)
ラインメタル製120mm砲のライセンス料を低く抑えられた。
(587:78)

戦車って何に使うの?

戦闘機や空母やイージス艦は明らかに外国からの防衛に必要不可欠だけど。
戦車って役に立つ?空爆されたら終わりなんですけど。
戦争とは領土の取り合いだから要地の占領をします。
占領は敵防御部隊の一人も戦闘不能にさせないと占領できないので
普通科(歩兵)が建物や壕にいる敵兵を神の元へ送ります。
しかし、敵兵も命がけですから狂ったように小銃や機関銃で突撃破砕射撃を打ちまくります。

ここで戦車の出番が来るのです。
小火器弾なら弾き返して進みますから、敵歩兵も歯が立たなくて降伏するしかなくなります。

確かに航空攻撃に弱いですが、AHのパイロットに聞いた話では、
偽装やバラキューダをしっかりやって林内に逃げれば、まず見つけられないと言ってました。
(自衛隊板初質スレ2:947)

10式戦車は、主砲は90式と同じだそうですが、レオパルト2A6のように長砲身化しなかったのは何故ですか?

同じではない、新開発の軽量砲。ただ、ラインメタルの技術を使い、90式の弾薬を使用できるように作成されてるし、
必要があれば、55口径砲に換装可能とされてる。
弾薬が使用できるように考慮されてるソース
http://www.mof.go.jp/seifuan22/hanei/tyousa/52.pdf

日本製鋼所製の新型44口径120㎜砲については>>569のとおり
何故44口径砲を採用したかということについては
10式はそもそもの開発コンセプトとして「市街地での戦闘」を想定
しており「北海道の原野で機甲戦」の90式とは異なることに注意。
市街地での砲の取り回しの利便性を考慮して44口径になったと考えられる。

ちなみにレオパルト2A6の55口径砲は森林地帯や市街地での取り回しに
不便で、以外に乗員の受けがよくないとか。
市街地を想定して44口径砲に再換装したレオパルド2PSOというタイプも登場している。
(641:569-573)

61式戦車はMBTにしては防御力が貧弱そうですが、正面装甲は自身の砲の直撃に耐えるほどの性能は持っていますか?

またMBTの正面装甲でも、反応装甲なしでRPGなどのモンロー効果的な弾を防ぐことは無理ですか?
車体正面は自身の主砲に余裕で貫徹される
砲塔正面の装甲は円筒面状の形状をしており、角度による(垂直に当たったらやっぱり余裕で抜かれる)
61式は当時貧弱だったインフラの制約から諸外国のMBTより軽量だし、日本の戦車技術もまだ
未熟だったので攻防力は諸外国のMBTに見劣りする
しかし仮想敵国の新鋭戦車であるT-54/55はヨーロッパ方面での配備が優先されており、
61式が相手をするのはPT-76やT-34/85がメインだと考えられていたのであれで十分ではあった

複合装甲が無かった時代なので数値上はRPG等のHEATに正面を抜かれてしまうと思われるが、
口径と板厚からして一撃で撃破されるほどの被害は出ないかも
(649:783)

自衛隊の言い換え用語の中で特車が戦車に正された経緯を教えて下さい

「特車」という名前だと、「特科車両」つまり砲兵科の所属みたいで紛らわしいから。

あと、警察も装甲車を持つようになり、警察の装甲車も「特型警備車」略して「特車」
というようになったので、「警察用語のようで紛らわしい(=警察と同じ用語は嫌だ)」
ということで改名された。

一応「戦」はまずいだろ」ってんで「甲型重装甲車」とか「対戦車装甲車」とかいった
訳の解らない名称も候補には上がった。

ついでに言うと60式戦車は開発時は「新型特車」と呼ばれており、開発コードの
「STA」も「Shingata Tokusha」と「Shingata Tank」をかけた頭文字になっている。
(297:435)

現代戦車は通信兼車長、装填手、砲手、操縦手の4人だそうですが、90式はどうなってるんでしょうか?

通信手兼車長という概念が適切ではありません
現在の機甲科通信においては、通信は乗員全てが行うものとされています。
90Tkにあっては、無線(車外)通信自体は主に車長が行いますが、通信機の整備は砲手の任務です。
(295:743)

90式は自動装填装置が故障しても手で装填できるの?

機械が故障した場合でも、人力で機械を駆動する。あるいは、直接手で込める事も可能です。
砲に弾を込める機械(自動装填装置)に弾を格納する作業は人力で行います。
15秒に一発発射できるそうですが、人力でやっても、自動とそれほど変わらないと思うんですが
120mm砲弾ってのは20kgくらいあるらしい。
自分がそれを15秒に一度装填することを想像してほしい。
何発目からか、だんだんペース落ちてこない?

自動装填装置の肝は「走りながら装填できる」って事だよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%A3%85%E5%A1%AB%E8%A3%85%E7%BD%AE
によると
「1989年に正式採用となった日本の90式戦車では自動装填装置が採用されている。
 砲塔後部にはベルト式マガジンがあり弾数は16発(17発の説もあり)、連射速度は毎分15発。」
となってますね。

「4秒に1発」だな。ヤキマの演習を見てもそれくらいだし。
(295:743-760)

61式戦車がRRにしなかったのには何か理由でもあったんでしょうか

当時、M36など参考に戦車を開発した結果。
それ以前に日本には後方駆動の経験が無い。
後方駆動はキャタピラが外れやすくなる難点があり、キャタピラ混みで研究期間を要する。

なお、後方駆動を採用したからと言って変速機構が複雑になりはしない。
強いて言うなら操縦伝達の機構が複雑になるか操作が重くなるか。
(291:652)

74式の装填手は、90式になったら何やってるの?

陸自の戦車隊員は新隊員後期課程で「基本機甲」特技を取得する。
これが機甲科隊員として最低限必要な特技で装填手になれる。大型特殊免許も同時に取得する。
部隊配置後、おおむね一年以内に「初級機甲」特技を取得する。
これは戦車の操縦手になる資格であると同時に、陸曹候補生課程、初級陸曹特技課程に進むための条件となる。
偵察隊員のばあいは「初級偵察」特技を取得する。

その後、陸曹候補生選抜試験に合格すると第一機甲教育隊に入校し、陸曹候補生課程を履修すれば3等陸曹昇任の資格を得る。
そのまま初級陸曹特技課程を履修し、砲手予備試験に合格して「中級機甲」特技を取得すれば、戦車の砲手になることができる。

その後は2等陸曹昇任後に「上級機甲」特技を取得すれば車長になることができる。

よって、「基本機甲」もしくは「初級機甲」しか保有しない陸士隊員が90の砲手に補職されることは考えがたい。
組織改編などで陸曹の定数割れをおこしてるならあり得るが、戦車部隊は少子高齢社会で、74部隊でもむしろ陸曹が余って
砲手になれない3曹がゴロゴロいる状態。
90部隊に改変されれば、ますます陸士の定数が減り陸曹余り減少に拍車がかかる。
(201:711)

5式中戦車と大して重量が違わないのに、どうして74式戦車はサイズが大きくて装甲も厚く105ミリ砲を搭載できたりするのでしょうか?

技術の進歩とエンジン馬力の向上でしょうか。
特にエンジン馬力は五式の試作車は550馬力、対する74式は720馬力です。
当然、1t当たりの出力重量比は違いますので、余裕を持たせることが出来ます。
(207:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

10式戦車は砲塔側面のエッジに沿って小さいコの字型の突起が並んでますが、これは何の為?

あと砲塔側面の上部が斜めに切れ込んで、センサーがニョッキッと顔を出してますけど何か意味があるんでしょうか?
前者は外装式の装甲モジュールを止めるためのもの

装甲モジュールを脱着する際に吊り上げるためのベルトを通したりフックをかける為の物にも思える。
偽装には当然のように利用されるでしょうね。

後半については、前面投影面積の縮小とセンサー視界確保を両立させる為の形状で、
あの切れ込みが無い場合にセンサー部を取り付けるとセンサー部が大きく張り出してしまうのであの形状になった。
(724:275-279)

10式戦車の主砲と同軸の機関銃より屋根に付いてる機関銃の方が火力が高い物が装備されている理由は何故ですか

戦車の同軸機銃は非装甲目標を相手にする通常に機関銃に近いもので
砲塔上に付けられた機銃は対空機銃で航空機を相手にする射程も威力も大きい重機関銃
まあ現在の戦場で対空機銃としての価値は低下してるが
主砲仰角で相手できない高所への攻撃とかに利用法とかがある
(俺初質スレ2049:565)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯