F-15


ストリークイーグルとストライクイーグルは別物なんですか?

ストリークは記録樹立の為の特別な機体。塗装をはがし要らない物を降ろした。
ストライクは戦闘爆撃タイプ。
(28:バーナー保守員)

F-15の上昇力記録機「ストリークイーグル」が金色なのは何故ですか?

塗料というのも結構重量を食います。
そこで、塗装を剥がして少しでも軽量化を図ろうとしたため、
金属の地肌が露出されたものです。
(36:眠い人 ◆ikaJHtf2)

F-15イーグルとF-15Eストライクイーグルの見分け方を教えてください。

爆弾を搭載するハードポイントで判断してください。
あとは単座か複座か、です。
戦時には、(主に訓練用の)複座型のF-15Dが出張ることは有りません故。

F-15E Strike Eagle の単座型はありません。
対地攻撃用に改修した結果が E の複座型で、後席は爆撃等の操作を行います。
D 型は訓練用で E 型のような爆弾運用能力はありません。
(12:844)

F-15が湾岸戦争でイラクのミサイルに撃墜されたという話を聞いたのですが本当でしょうか?

本当です。ちなみに撃墜・戦死されたパイロットは、普段は医師を
やってる予備役だったとのことです。合掌。
(14:661)

あまりイーグルプラスという呼び方が定着していないのは何故ですか?

イーグルプラス、Eagle Plus、は1996年に空軍のカレッジに提出された論文でタイトルに(そしてタイトルにだけ)使用されています。
その意味で、単なるライターの造語ではありません。

要するに、21世紀に入ってもF-15Cを制空戦闘機として有効に保つことが
できるか、そのためにはどのような改修が必要か、を調査した論文です。
(15:system)

なぜF-15Eなどは複座が多いんですか?

爆弾、ミサイルをコントロールする人が必要だからです。
幾ら自動化されているとは言え、爆弾、ミサイルを照準しつつ、発射タイミングを計り、
上空を警戒し、空戦も行うのでは、パイロット一人だけではとうてい出来るものではありません。
精度を向上させるためにも、専門の人間が操作する方が効率的なわけです。

F-15JもFCSに対地攻撃用のプログラムを載せれば、戦闘爆撃機に改造することは可能でしょう。
しかし、F-4EJ改やF-2が実戦配備されている状況では、今は必要無いと思いますよ。
(17:眠い人 ◆ikaJHtf2)

F-15Eはどうして2人乗りなんでしょうか。

置き換える対象だったF-111が二人乗りだったから、一人乗りにすると搭乗員が
あまってしまいます。

それとF-15Eに要求されてる戦闘力は、F-16やF/A-18よりはるかに高い
ってのが理由でしょう。
(62:532)
周囲を警戒しながらピンポイントのレーザー照準だとか一人でできないからです
(62:533)
地形に沿って長距離を夜間低空進入飛行して、
その合間に兵装関係のコントロールをするには手が2本では足らないから。
逆にF-16やF/A-18は一人乗りでも対地攻撃任務は大丈夫なんでしょうか。
近接支援や戦場航空阻止程度なら問題ない。
航空優勢が確保されて高度を上げて飛べる領域が増えれば、後方も叩けるようになる。
しかし、脅威が残ってる段階で敵後方に侵攻爆撃をかけるとなれば、専用機が必要になる。
(62:539)

アメリカのF-15Cなら爆撃できるんですか?

アメリカ空軍のF-15Cには火器管制に自由落下爆弾の照準機能があるよ。
(62:199)

F-15はペイロードを落せば1200mで離陸可能なんですか

フル装備のF-15Eですら、離陸に必要な滑走路長さは800mに過ぎない
Cなら500m未満
(62:933)

イギリス・ドイツってF-15を持っていないですよね。なぜでしょう?

自国に有力な航空機産業があるなら、国産を選ぶよ
ドイツの場合、政治的な兼ね合いでしょ。

日本や韓国(韓国はF-16)、サウジは国産出来ないのと
防衛政策の問題。アメリカと同盟結んでいるので
同じ機体の方が便利。
(62:891)

F-15は設計が戦闘爆撃機向きじゃなくってE型に改造するのには苦労したって話を聞いたんですけど、F-15のどの辺が戦爆として不適なんでしょうか?

爆弾を大量に積むことを考えてなかったので、ハードポイント(兵装搭載箇所)が少なかった。
エンジンパワーがいくら大きくてもそれでは攻撃機としては使えない。

また、F-15のエンジンは低空高速飛行に向いてなかったし、機体構造も低空を這うように
飛ぶには不足していた。

何より、F-15は二人乗りの訓練型はあったが基本設計は一人乗りで、パイロットと兵装士官の
二人が必ず乗って元のF-15と同じ性能が出せる機体にするには根本的な設計変更が必要だった。

あとそれは根本的設計とまでは言えないが、とか夜間飛行用の対地照準装置とか夜間低空飛行用の航法システムとか、
戦闘爆撃機として誘導兵器を運用するのに必要な電子機も搭載してなかった。
(初心者質問スレ473:725)

F-15が敵機に撃墜された公式記録は無いと聞きましたが?

イスラエルが02年に同空軍のF-15が最低2機、撃墜された可能性があること公式に認めているよ。
もちろん空戦で撃墜されたって意味ね。
(初心者スレ496:148,149)

F-15って背中にロケット背負ったままマッハ1.5なんて出せるもんなんですか?

日本でロケットを空中発射する計画があるそうです。この母機の候補のひとつにF-15が挙げられてるそうですが、
なんでも背負い式にするんだそうです。
F-15は センターラインに600Galの超音速増槽を付けた時の速度制限がM1.5になってますね。
USEFによる空中発射打上げ検討でのF-15利用については、下記PDFの58Pあたりに載ってます。
http://www.usef.or.jp/gijyustu/pdf/18-R-3.pdf
600Galよりはかなり大きく、空力・切り離し挙動からすればセンターライン搭載が望ましいけど、クリアランスからあきらめ背中に搭載ってところ。

ちなみに有名なASATは、センターライン搭載で1回り小さくてこんなかんじ。
(38100ft、65度ズームアップ、M1.22だそうな)
(537:798)

F-15の水平尾翼にはどうして返しが付いてるんですか?

水平尾翼の前縁の”段々”の事ね?
あれは「返し」ではなくドッグトゥース。犬歯翼、鋸歯翼とも。
F-15の尾翼だけでなくF-4、クフィルなどの主翼にも付いてる。

主翼の場合段付き部分から発生する乱流で翼根からの気流を遮断して翼端失速の防止
また段付きから外側では翼の翼弦長が増すので、衝撃波失速の予防にも。

尾翼の場合は主翼と類似の理由のほか、乱流の制御によって尾翼の利きを確保する目的もある。

欠点としては翼の強度が不連続になりがちなのと、通常の翼型と比較して空気抵抗が増加すること。
F-18の試作型は主翼、尾翼ともにドッグトゥースを持っていたが、速度不足と航続力不足が指摘された際に両方とも廃止している。
(351:910,913)

F-15SEとはどんな戦闘機か?

アヴィエーションウィーク記事の翻訳文等をざっと要約してみた。

 ・F-15Eが原型。今回改造された機体はボ社保有のF-15E生産初号機(86-0183)。
 ・設計開始は2008年の9月。フライトテストは2010年第1四半期までに実施予定。

 ・各々2箇所のウェポンベイを内蔵したCFTを装備。
   タンクにはAIM-9、AIM-120、JDAM(500lb,1000lb)、SDB(250lb)を搭載可能。
 ・尾翼を15度外側に傾斜。空力効率改善や揚力付加、重量低減の他、RCSを低減。
 ・ステルス塗料も使用し、正面からのRCSはF-35と同程度に(アンテナ等からの反射を含む)。

 ・F-15Eと比較して、最高速度(M2.5)は維持。
   航続距離はCFT容積の減少で180~200マイル減少と予測。
 ・BAEシステムズ製のデジタル電子式戦闘システム、レイセオン社製のAESAを搭載。

 ・レーダーブロッカーは政府が許可すれば搭載も可能。
 ・V字尾翼、レーダーブロッカー、ステルス塗料等はオプション装備。CFTは従来型も用意。
   既存のF-15Eに新型CFTを搭載する改造も可能。

 ・コストは新造、部品込みで1機1億ドル程度に。
 ・顧客は日本を含めたF-15を運用中の諸外国を想定。F-22やF-35との競合はしない。
   内部機器は顧客の要求に合わせることも可能。
(F-15スレ21:41)

F-15が艦載機として使われた事ってありますか?

艦載型F-15あったよ。提案のみで駄目だったけど。機体名はF-15Nだったはず。
海軍がF-14を導入して、空軍にもF-14を採用させて単価を下げようとしたんだよね。
でも空軍はあくまで空軍専用の機体を必要としていた訳で。
海軍と同様の機体を使用することに劣等感を感じていた。まさに「F-4と同じ状況になってしまうから」と。

そこでF-15が開発されてその艦載型を作って海軍に対抗しようとしたんだよね。

結局、海軍はF-14を採用していたから当然採用されることもなく、海軍と空軍の意地の張り合いとなった訳だが。

F-15Nはマクダネルのプライベートスタディで空軍は関知してない
提案後に空軍でもフェニックス搭載のF-15を採用しろっていう動きが議会で
出始めたので、火消しにやっきになってる
(325:786,796)

F15EはFCSはともかく、エアフレームはC型と同じようなもの?

構造的にはかなりの差異が有る、空力形態は基本的に差が無い。(E系統はCFT常用してるが)
FCSはAPG-63>APG-70>APG-63(V)1と順次改善されており、後のタイプは以前の改善を取り込んでおり、
EだからCだからと単純に言えない。
(304:627)

F-15の要求仕様に主エンジンは機内設備のみで起動できることってあったんですが、副エンジンなんてあったの?

この機能がないと空中でエンジン止まったとき始動出来ない気がするんだけど、エンジン止まったら真っ逆さまだったの?
2基のエンジンの他にAPUと呼ばれる、一種のセルモータを積んでるから、2基のエンジンは主エンジンと表記される。
それまでは、外部から、コンプレッサーを接続して、起動してた。
ジェットの場合はフレームアウトと呼ばれるが、一応、再起動の手順はある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88
(645:724)

F-15は企画・開発の構想段階からF-16とのハイ=ロー・ミックスを意識していたんでしょうか

当初はF-15だけで運用するつもりだったけど、開発してたら意外に高価になたんで、
後からF-16(とF-17)の開発を決めた。
(284:40)

F-15がフランカーに負けたというのは本当ですか?

こないだのAW&ST誌に、今年初めアラスカの米基地で行われたインド空軍Su-30MK対米軍F-15Cの
模擬空戦が紹介されていましたが、F-15Cには最新鋭の長距離高精度レーダーが搭載されていたにも
関わらず、Su-30MKに搭載されたAA-10ミサイルは先手を取ってロックオン、模擬発射され、長距離
交戦でしばしば米が負かされたと言うことです。この結果には、F-15のレーダー反射面積が大きいために
長距離から容易に発見、ロックオンされ、しかもAA-10ミサイルがその距離で有効である、というポイントが
大きく関わっている、とされています。まあ、F/A-22獲得のためのやらせというウワサもありますが・・・
(130:system ◆systemVXQ2)

F-15は、AIM-120四発とAIM-9x四発のフル装備でまともな空戦機動はできますか?

F-15Cは湾岸戦争時は610ガロンタンク×2、AIM-9×4、AIM-7×4で運用していた。
撃墜記録は簡単に調べられる。このCAP体型は普通。AIM×8で充分な機動が取れないなら
制空戦闘機として失格だろ。
AIM-120はAIM-7よりも軽量なのでまったく問題ない。
JASDFではアラート時にはIR×2の軽装備で、実弾フル搭載なんっていうのは
まず見ないが、出来ないのではない。通常はしないだけで問題がない。
(702:184)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯