薬剤



戦闘における麻薬の有用性はあるのですか?

麻薬は恐怖感を麻痺させる効果がありますから、単純な自殺的戦闘には有用です。
つまりテロリズムには良いかも知れません。

同時に、周囲への警戒や洞察も麻痺しますから、複雑な軍事行動には邪魔です。
複雑なテロにも不向きですから、市場で自爆するならともかく、協同してビルに
旅客機で突っ込むような戦闘にも邪魔でしょう。

現代の武器は、ほとんどがそれなりの知識がないと使えず、訓練に基づいた正しい
扱いをしないと当たりません。現代の戦闘で麻薬が有用なシーンはないと言っていいでしょう。

もちろん、負傷者の鎮痛には大変有用です。
(10:601-602)

ぶすっと刺すタイプのモルヒネは今でも使われているのですか?

自衛隊では医務官しか使えません
有事に使える様にしようという動きがあった気がしますが
(33:919)

出血する銃痕に白い粉末をかけていますが、あの粉末は何ですか?

サルファ剤、いわゆる抗菌剤です。
(47:344)

放射能汚染されたときに薬みたいの飲めば被害が押さえられるって聞いたけどほんとですか

抑えられるだけですが、本当です。
これは、『放射性物質を体内に取り込んでしまうことの防止』のために有効。
体内被曝といいまして、十年二十年かけてじわじわと体内を破壊して行く為、
直接放射線を浴びるより被害が大きくなることが結構あります。
(51:大渦よりの何某か。)
体内被爆するのを抑えるための薬。
沃素を過剰にして、余分の放射性沃素を排出させてしまうためのものなので、
放射能汚染されてからでは遅い。ぜったいに放射性沃素を摂取するまえに飲まねばならない。
(51:12)
放射性物質汚染とヨード

国内で買えます。甲状腺障害の治療用などに販売されていますから。まあ
ヨードの多い食品などをばかすか食ってもいいわけですが。ただし、なにも
ないのに摂取しすぎると、これも病気の原因になりますからご注意。さらに
放射性ヨードは確かに蓄積しやすいですが、核汚染があった場合、他にも
さまざまな核種がばらまかれているし、放射線も増えているはずなので、
ヨード剤飲んで無敵、にはなりません。
(51:16)

「バンド・オブ・ブラザース」戦闘中のシーンで、負傷した兵士の傷口になにか粉のような物をかけていたんですが、何なのでしょう?

酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合粉末じゃないかな?火傷用の
(51:81)
ヨードホルムでしょう。薄い黄色っぽい粉末で、おっしゃるとおり消毒剤です。
(51:82)
当時化膿防止に一般的に用いられてたサルファ剤だと思う。
(51:86)

米がパイロットに興奮剤(所謂スピードか)を使用してるの?

こんな報道もあるけどね。
http://www.greenpeace.or.jp/info/activity/20020924us_html

あと湾岸戦争後に報道されたいわゆる「湾岸戦争症候群」に関して
化学兵器に対抗するための臭化ピリドスチグミン(PB)という薬物とディート
(ジエチルトルアミド)と呼ばれる虫除け剤の複合反応が原因だという話や、
アフガニスタンの軍事作戦に参加した兵士が攻撃性昂進という副作用がある
抗マラリア剤を投与されていたとか言う話もある。(いまのところ根拠は薄いけど)

薬物は判断力の低下をもたらす危険があるのでパイロットへの投与はありえないでしょう。
(56:295)
アメリカには自軍兵士を無断で実験動物代わりにしちゃった前科がずいぶんあるので
グリーンピースに何を言われても反論は難しい…

薬物は判断力の低下をもたらすとは限らず、例えば鬱病治療薬である塩酸チオリダジンには
冷静さを増強する効果がある
これなら、プレッシャーでありとあらゆるミスをしちゃう可能性が高いパイロットに投与する
意味はあるのではないか?
(56:296)

ドイツ軍は昼夜問わず強行軍で歩兵を歩かせるために覚せい剤を配ったっていうけど、

第二次世界大戦において覚せい剤って幅広く使われてたもんなんですか?
パイロットから夜間警備兵から軍需工場に至るまでそりゃあ幅広く使われていましたとも。

日本も使ってますた
ヒロポンでぐぐってみよう

当時、アンフェタミンの副作用は重大なものとして認識されていなかったので、
特別な薬品でなく、薬局でも買えるような薬だったのですよ。
なので、世界的に使われています。

ドイツ、英国、日本、米でも少し。
米は今ではとっても気に入ってて、絶対禁止するなと論陣張ってます。
http://www.airpower.maxwell.af.mil/airchronicles/apj/apj97/spr97/cornum.html

ただし、いまはアンフェタミンよりも中毒性や依存性の少ないリタリン
とかの新薬があるからね。昔ながらの覚醒剤の使用量はかなり減ってる。
(356:670-680)

戦地の野戦病院には抗生剤はなかったの?

戦闘による外傷は汚染創であることがほとんどであり、創部の洗浄や郭清では不十分です。
ぜひ抗生剤で感染予防や感染した場合の制御を行いたいところですが、その手の医学書は全然なかったのです。
もしかして感染症になったら体力のない人はすぐあぼーんだったのかなあ?

抗生物質の一番手であるペニシリンが実用化されたのは戦時中。
米国と英国が合同で行った巨大プロジェクトによって大量生産ができるようになった。
抗菌剤はサルファ剤などが戦前(1930年代)にあったが、ペニシリンに比べ様々な欠点があったようで
抗生物質の実用化後はあまり使われなくなった。
日本軍にサルファ剤があったかどうかは不明だが、あったとしても常に医薬品不足に悩むような状況なので
前線ではあまり使われなかったと思われる。

細かい話だが、ペニシリンの発見は1928年。1929年は発表の年。
またサルファ剤は抗菌物質ではあるが抗生物質ではない。
(493:129)

旧日本軍や米軍で違法薬物の人気はどんなもんだったのでしょうか

日本は阿片。あと、圧倒的に人気だったのはヒロポン(覚醒剤)。

米軍で人気のある違法薬物は圧倒的に覚醒剤。
ただ、これは「覚醒剤」と兵士本人に知らせず軍が使いまくるもので、自覚的に覚醒剤に手を出す兵士は少ない。
第2次大戦に関して言えば、米軍で深刻だったのは何よりもアルコール中毒(依存症)で、次がモルヒネ中毒。
あとは性病。
アルコール中毒ってビール?
いやそんなもんじゃなく、アルコール度数の強い酒をがぶ飲みするものが続出していた。
更に、後方の兵舎から前線の塹壕まで、密造酒作るのが大流行してた。
前線では、糧食にある桃の缶詰(と本に書いてあったけど米軍のレーションにそんなものが
あったという資料知らない・・・)を発酵させて手製の蒸留装置(墜落した飛行機の部品
パクって来て作るのがセオリーだったとか)でブランデー造るのが流行った。
この密造ブランデー、酒に弱い人だと「水筒のキャップ一杯飲んだだけ」で倒れるような
シロモノで、愛称も「ガツンと一発」(英語で何というのか忘れた)という名前がついてたほど。
これを水筒に常に入れて常に飲んでるような兵士が普通にいたそうである。 
(523:195-197)

作戦行動中、死ぬほど眠くなったらどうすんの?なんかいいクスリとか飲めるんですか?

先の大戦において、旧陸軍に限らず、旧海軍の軍人、軍需工場に勤務の作業員、あるいは対空監視員などなどが
「特殊製剤」と称する各種ビタミン剤、覚せい剤(麻薬と区別)を投与されていました。
たとえば、「疲労回復」「集中力」のためには覚醒剤が投与されましたが、これは既回答にあるように有名な物に
「ヒロポン」(主剤は塩酸フェニルメチルアミノプロパン)がありました。名前の由来は飲むと疲労がポンと消えるというもの。
勤務前1時間に服用することなど、使用回数や限度が定められていましたが、頻度が重なるにつれその副作用に苦しむ
ようになったのでした。

「夜目が効く」効果を狙ったものでは「み号剤」があります。これは魚から抽出したビタミンB2を主剤としており、使用前24
時間に服用とされていました。
(575:848)

テロリストとかスパイの口を割らせるのに、麻薬使って廃人にしちゃうってのは駄目ですかね?

それやってもあまり効果が出なかったと、CIAの報告書に記されてる。

それはむしろ口割らないために自分でモルヒネ注射を打つというような応用がされてるよ。
3日もヘロヘロなら後はまあしゃべっても良いかって判断なのか、チューブ定量打つと死んじゃうのかは知りませんけど。

逆に、麻薬でヘロヘロだと言ってる事がホントかウソか分からん。

LSDとか使ったらしいよ。
LSDは「ラリって真実を言っちゃった」と「スーパーパワーを持ったと思いこんで何があっても口を割らなかった」といったふうに、
全く予測できな過ぎる効果のために結局使い物にならなかったらしい。
(582:172-176)

ナチスドイツは、抗菌薬としてサルファ剤を開発していますよね?

しかし、天然ペニシリンのほうが殺菌力、抗菌スペクトルともに、効き目が強いはずです。
どうしてペニシリンを開発しようとしなかったんですか?
ここにペニシリンの発見と実用化に関する簡単な紹介がある。
http://www.k2.dion.ne.jp/~drkimura/ko.htm
どうやら、最初の発見者であるフレミングの業績は、ほとんど学会の注目を浴びていなかったようだ。
1929年に発見しているのに、ほとんど忘れられてしまい、
1940年にようやくフロリーとチェインが精製し、動物実験。
41年に、アメリカの製薬会社と契約して治験ができ、実用化に至った。
大量生産に至ったのも43年だと言うんじゃね。
発見したのも、精製から実用化のキーマンになったのもイギリス人だ。
イギリス、アメリカでもこんな具合じゃあ、当時の敵国であるドイツでは、
全くと言っていいほど注目されなかったんじゃないかね。
(593:284)

戦争映画とかでモルヒネを注射している場面がありますが、叫んでいたのが注射一本でヘヴン状態になるように本当に痛くなくなるのですか?

モルヒネおよび麻薬類似薬は、投与法によって薬理効果が微妙に違って来る場合がある。
bolus投与(静脈注射や筋肉注射)の場合は、急速に血中濃度が上昇するため、脳内の受容体が一気に飽和状態となり、この時に多幸感(一種のヘヴン状態)を感じる事ができる。
一方末期がんの場合にはよく持続投与と言う方法がとられ、これだと脳内の受容体がゆっくり飽和され、多幸感は殆ど感じる事が無いようだ。
質問に戻るが、痛みと言うヤツは結構複雑で、その時の心理状態で疼痛閾値が変化するため、多幸感があると痛みを感じ難くなる事もあるだろう。
モルヒネの注射では多幸感と同時に鎮痛効果も得られる為、緊急時の鎮痛薬としては(依存症の問題はあるが)優れものと言える。
それやこれやで、モルヒネの注射は総合的に痛みを感じ難くする効果があり、かつ比較的手軽に扱える上コストも安いので、戦場の様な場面で頻用されるのだと思う。
蛇足だが、この多幸感と言うヤツがくせ者で、薬剤依存の入り口になる訳よ。
俺はそんな使い方した事無いので知らないが、他の先生の話だと、患者さんはえも言われぬ心地よさを感じ、その心地よさを引き続き体感したいが為に依存症へまっしぐら、となるらしい。
(626:315)

自白を促すために映画とかで変な薬?みたいなの注射してますがあれって何ですか

いろいろあるわけですが、バルビタールとその誘導体がモデルです。
要するに睡眠剤ですが、アルコール同様、自制心を失わせるので
上手な量を上手に使用し、上手に誘導すれば抑制していた真実をしゃべることがあります。

しかし、そのような場合にしゃべるように訓練された虚偽をしゃべることもあれば
まったくのでたらめを適当にわめくこともあります。要するに酔っぱらいの戯言なので。

そこまで承知で、内容や反応から真実を読み取っていくわけです。完全黙秘よりはマシということで。
不思議な薬を注射するといきなり本当のことをぺらぺらしゃべるわけではありません。
(297:58)

観閲式で防医大生がベルトに救急箱を下げていますが、その中には何が入っているのですか?

以下コピペ

マジレスすると
  • ブラシ
制服のブラッシング用
  • 予備の白手
  • 輪ゴム
白手を縛る
  • KIWI
  • デジカメ
記念撮影用
  • おやつに飲み物
行進前後に一息
などなど。
箱が膨らまなかったり行進時にカタカタ言わなければおk
(自衛隊板初質スレ110:予備海士長A ◆0J1td6g0Ec)

ベトナム戦争時、米軍やベトコンは、ジャングルに潜む毒蛇等の対策として、血清の接種等を兵士達に義務付けたんでしょうか?

蛇毒に対して血清を事前に投与しても効果はありません。
最悪の場合アナフィラキシーショックが起きます。
解放戦線や北ベトナム軍の側は全く何もやってません。
せいぜい民間療法のレベルです。

風土病ならともかく、毒蛇、毒蟲にかんして種類ごとに毒の種類が違う上、予防的な血清は
存在しませんので、そんなもの義務付けれません。

タバコの煙でいぶしたり、浸した水につけたりしてタバコの匂いをジャケットにつけます。
蛇はタバコの匂いを嫌うので蛇避けに効果的です。
(292:935-940)

特攻隊員で、ヒロポンを打ってから出撃したという例はありますか?

あってもおかしくないと、想像します。
ヒロポンは当時は合法でした。
出撃に疲れた搭乗員に医師が処方していました。
軍需工場で、生産力向上のため、工員に支給していました。

「黒鳥少尉の場合、投与は軍医によってされていた。
薬投与は部隊員全員にはなされず、試験的に一部搭乗員にされていた。
(横空は新兵器等の試験の役目も負っていた)
薬について軍医からの具体的な説明はなかった。
暗視力向上ができる、魚に含まれる成分とだけ伝えられた。
戦後、元軍医がヒロポンであったことを打ち明け、黒鳥氏に謝罪した。」

下記、特攻隊に投与されたヒロポンについてを参照ください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6091591.html
(683:霞ヶ浦住人 ◆1qAMMeUK0I)
黒島少尉というのは特攻隊員だったのですか?
黒鳥氏は横須賀空で月光の搭乗員としてB-29多数を撃墜したナイトエース。
ペアの倉本氏とともに「暗視ホルモン」を打たれた。
その詳細は渡辺洋二氏の「重い飛行機雲」の中で明らかにされているが、
同氏の聞き取り取材によれば横空で他に打たれた人は判明せず、この二人だけ
が特に選ばれた可能性が高いとしてる。
横空は実戦機のテストをしてるので、薬剤も「兵器」の一つとしての実戦テスト
で有った事は間違いないとしてる。
(683:536)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯