東日本大震災


東日本大震災による福島原発の事故だけど、津波の被害は想定しなかったの?

非常時向けシステムが津波で壊滅したと言われてるけど。
予想されてました。

日本共産党福島県委員会による東京電力への申し入れ - にゃんこ先生の学習帳
http://d.hatena.ne.jp/nyankosensee/20110313/1300017849

女川原発は、主要建屋を津波対策として海抜約15mの場所
(過去に経験した最大級の津波のおおよそ倍の高さ)に設置
するとともに、地震対策として建築基準法の3倍の地震力に
耐えるように設計して、今回の震災を乗り切りつつある。

いくら古いとは言え、福島原発の地震・津波対策は甘かった。

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html
これまでの対応についての、技術的なまとめになっている
素人目に新鮮だったのは、炉心溶融によって圧力容器が破損したケースでも
格納容器内に放射性物質を閉じ込める機構が存在するという点
(巨大地震スレ5:193-369)
想定以上の津波だったからでは?
東電は過去の記録などから、福島第1、第2原発に来る津波の高さを最大6メートル弱と想定。
敷地の高さを海水面から10メートルに設定した。
しかし想定を超える津波は第1原発の敷地にある電源の重要機器を押し流した。
一方、震源に近い女川原発も想定の9メートルを超える津波に襲われた。
ただ原子炉建屋など設備は15メートルの高さに建設していたため、致命的な打撃を避けられた。
想定以上の津波というのは嘘。
1896年の明治三陸地震津波で、岩手県沿岸の綾里では38.2m、吉浜24.4m、田老14.6mの津波高さが記録されている。
たった100年前だよ。
原発を50年以上運用するつもりなら高い確率で大津波の被害を受けることが想定される。
(巨大地震スレ32:997)
津波を想定しない米国の設計図だったからかも。

【原発】 東芝技術者「アメリカ製ではなくフランス製にしておけとあれほど訴えてたのに・・・」
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1300964772/
 「フランスは、内圧が上がりにくく、放射能物質が漏れにくい巨大なフィルター付き格納容器を造った。
われわれも必要、と議論したが、会社は不採用。コストだなと思った」と後藤さんは言う。

 「高台に建てたり、防水構造にしたりしていれば。想像力が足りなかった」。
60年代、国内に技術がなく、津波を想定しない米国の設計図をコピーして
第1原発を設計した元東芝社員小倉志郎さん(69)は悔やむ。
(巨大地震スレ32:638*一部加筆)

福島第1原発から放射能が漏れてるそうだけど、各地の放射線量見れるサイトありますか?

都道府県別環境放射能水準調査結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm

横浜市内における放射線量と、放射線が人体に与える影響
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/saigai/


(放射線測定スレ:17)

もし放射能漏れ事故が起こったらどうすればいいの?


以下は日経より

放射線医療に詳しい北海道がんセンターの西尾正道院長は「詳細なデータがなく断定できないが、
首都圏など離れた場所なら心配する必要はない」と話す。
もし、避難を指示されるなどした際には、警察や自衛隊、自治体などの誘導に従うことが肝要だ。
放射性物質の放出量や気象条件をみて、放射性物質を含んだ気流が通らないルートが選択される。

●ぬれタオルでマスク
避難する時は放射線物質を吸い込まないように、ぬれタオルで口と鼻をふさぎ、長袖の服や帽子で体全体を守る。
雨などが降った場合は、放射性物質が含まれている可能性があるため、屋内に入るなどして、これに当たらないようにする。

屋内では、放射性物質が入りこまないように、窓・ドアを閉めて換気扇とエアコンも切る。
放射線を通しにくいコンクリートの建物に入れば、より確実だ。

放射性物質が付着した場合でも、着衣を脱げは約9割の放射性物質は除去できるとされ、
特に15分以内に除染作業をすれば被曝(ひばく)のリスクを抑えることは可能だ。
「衣服を脱ぎ、水にぬらした布で肌を拭けば大丈夫」と西尾院長は説明する。ぬれガーゼを使い中性洗剤や消毒剤、
オレンジオイルなどで拭きとりたい。軟らかいブラシを使ったブラッシングも効果的。髪の毛に付着したものはシャンプーなどで洗い流す。

●薬剤は専門家指示で
原子力事故の現場から放出される放射性ヨウ素による体内被曝を防ぐ薬剤「安定ヨウ素剤」についても注意が必要だ。
避難所などで医師や自治体側から指示を受けた際にだけ服用する。

「うがい薬を飲むとよい」などの俗説があるが、いずれも間違いだ。むしろ、これらを飲むことで体に害を及ぼす可能性が高く、
専門家は「絶対にしてはいけない」と警告している。

落ちついた避難には政府や東電からの、より正確な情報開示も必須。米スリーマイル島事故ではうわさが原因で、
対象地域外の住民まで避難する騒ぎも起きたという。西尾院長は「避難所周辺に観測点を設置し、常に放射線量を測るべきだ。
そうすれば住民の安全と適切な退避につながる」と話している。
(地震板メルトダウンスレ80)

米軍からグローバルホークかプレデーターを緊急供与して、被災地の空撮に使えば?

既に域内全域の空撮に配備済み。
戦略級の偵察機だから原子炉だけに貼付けたって無駄が多すぎる。
優先観測対象にはなってるだろうが。


グロホ投入済みソース。CTBTチームか何かの核爆発監視チームが経空遠隔監視としては
破格の地震観測能力を持っているという話で、東北沖に展開して監視している
(恐らくロナルド・レーガン投入前の事前調査だと思われる)という話もあった。
(巨大地震スレ10:135-136)

水没した松島基地のF-2やT-4はどうなるの?

松島のF-2Bは全バラして、ドンガラ部品の供給元になるしかないかも。。
修理限度額である取得価格の65%は確実に超えてるだろうし、
例え限度額関係なく直すとしてもF-2の構成品は既にEOLの部品が多いだろうから、
代替品を探すにしても多くの時間と労力が要る。

再起不能という報道が
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000079-san-soci
津波被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)のF2戦闘機18機が水没し、
再起不能の見通しであることが12日、分かった。塩水や泥水が機体に入り込み、
修理をしても飛行するのは困難とみられる。松島基地所属の空自隊員約200人の
連絡もとれなくなっており、人員・装備面で自衛隊史上最悪の事態となる可能性も出てきた。
水没したのはF2の全18機のほか、T4練習機4機、UH60ヘリ4機など。
津波が押し寄せるのが早く、F2などを避難させる余裕はなかったという。
(巨大地震スレ3)
津波被害の戦闘機12機処分 残り6機は修理800億円
http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY201109150252.html

今回の災害にF15が出動した様ですが、ヘリコプターの方が偵察しやすいでのはないんですか?

スクランブル待機してる戦闘機は5分以内に発進できる
大規模災害の際にはまずスクランブル機が緊急発進
真っ先に現地へ急行して被害状況を確認する
(693:953)

今回の震災で、自衛隊を大規模投入する訳ですが、彼らの衣食住や、ヘリ、車の燃料なんかは大丈夫なのでしょうか。

10万人投入できますが、作戦可能期間は数日ですとか、ないですよね。
だからこそ「自衛隊(=軍隊)は自己完結した組織」なのだよ
自前でそれらを搬送・補給する能力がある(少なくとも当面は)
彼らが組織外からの補給を(通常の調達を超えた範囲で)必要とするようになったら
それは国家の存亡にかかわるほどの非常事態が起きていることを意味する
今回がそんな事態にならないことを祈ろう

流石に永遠に自衛隊が物資を投入なんて、魔法使いじゃないからできない
  • 民間が動けない状況では当面、自衛隊がフル活動 (自衛隊+米軍の能力をフル活用) ←いまここ
  • 同時にインフラの復旧 (電気・道路を元通りにして、鉄道・トラックを通行できるようにするナドナド)
  • 徐々に民間にシフトし、最終的には民間でリカバリーできる状態になったら撤収

これが超大雑把すぎる災害復興のパターン。
つまり現段階が一番の修羅場
(694:221-222)

被災地の壁とかにあるマークはなんですか?

赤い○印に被せて大きく×印のスプレー描き
それは家屋内に人が居るかどうかを確認する為のサインです
×印は、その部屋を最初に検索する者が入れますが、
入る時に\印を入れて置き、出る時に×にします。
こうすれば\印がある部屋または建造物は中に人が居る事がわかります。

〇印は、その部屋が検索済みである事を確認した、と言うマーキングですね。
(694:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

NBC装甲車に中性子を反射する中性子ミラーを装着して、福島原発で使えばどうだろう?

中性子ミラーで反射できるのは、運動エネルギーが小さな、冷えた中性子もさ。
核燃料棒が発するアルファ線が重金属にぶつかって発する中性子は熱いもさ、ミラーでは反射されないもさ。
科学防護車の中性子防護板もダメなんですか?

        /^l'"'"~/^i'ツ'ッ.,  化学防護車の中性子防護板とは、
      ヾ         ヾ. ミラーではなく中性子減速材の板もさ。
___  ミ´ A `       彡 同じ重さの水槽の方が減速能は高いもさが、
\   \ ッ       _     ミ  扱いの容易さを重視していると思うもさね。
  \   \_.,,._,,.,.(,,_,ノ,._,,.__,,~)
    ̄ ̄ ̄  ̄
これによって、中性子は常温近くまで温度が下がるもさ。しかし、それでもミラーで
反射するには熱すぎるもさね。
(巨大地震スレ22:TFR ◆IBMOSAtBIg)

戦車砲で福島原発に冷却水用の穴あけるという案は非現実的ですか?

精度威力共に問題ないそうですが
掘削場所が高所なのと、被曝覚悟の超接近作業である事から鑑みて
どの程度可能かに疑問が持たれています。

上手い具合に「手早く」掘削できれば良いですが、手間取るようであれば…
という予備案にすぎません。

なお、東電の電源作業や消防の継続注水作業の準備だけでも
あれだけの時間、そして遅延が起きています。

原発内部の状況は放置すれば、それだけ悪化しますので
当然、なんらかのタイムリミットがあると思われますので、
そのタイムリミットを計りながら、最後の手段として…

と考えて頂ければ宜しいかと。
ヘリの上から、すでに空いてる開口部から機関砲で蜂の巣にするわけには、いかんの?
機関砲は精度が低い
流れ弾の発生も多くなるので、今回のような精密狙撃作業には圧倒的に不向き

なお対戦車ミサイルなどは、その弾頭自体が爆発するものなので、
今回の場合は、APFSDSにくらべ、周辺に被害をもたらす可能性が極大

よって、戦車側も、榴弾やHEAT弾を使わず、あえてAPSFDSという判断と思います。
(巨大地震スレ26:Lans ◆xHvvunznRc)

放射能漏れ事故があったらヨウ素飲んどけばいいの?

そう単純ではない。

政府 ヨウ素剤は服用しないで
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110322/t10014818181000.html
福島第一原子力発電所の事故で、周辺の一部の自治体は、放射性物質による甲状腺がんを予防する
「安定ヨウ素剤」を住民に配布しましたが、国の対策本部は21日、現時点で、副作用を上回る効果はない
として、個人の判断で服用しないよう指示しました。

安定ヨウ素剤は、放射性物質の1つ、放射性ヨウ素が甲状腺に蓄積してがんを引き起こすのを防ぐ薬剤で、
福島第一原発の事故のあと、いわき市など周辺の一部の自治体が住民に配布しました。これについて、
国の原子力災害対策現地本部は、すでに住民が避難した福島第一原発から半径20キロ圏以外の地域では、
現時点で副作用を上回る効果はないとして、個人の判断で服用しないよう指示しました。安定ヨウ素剤が
必要となるほどの放射線量が検出されていないうえ、服用によって頭痛や腹痛、下痢のほか、アレルギーなど
副作用が生じるおそれがあるということです。原子力安全・保安院では、原発周辺の自治体に対し、「国の指示
があるまでは、個人の判断で住民が服用することがないよう徹底してほしい」と話しています。

  • 副作用がある
  • 被曝前後に摂取しないと効果がない
  • 必要な服用量が人によって異なる
  • 備蓄量が一日分しかない(その間に退避が原則)

状況が悪化した段階で、医師の指導のもと、
退避計画と同時に服用するためのものなんだろうなあ
(巨大地震スレ27:33-37)

原発の瓦礫処理にドーザー付きの74式を使用するそうですが、施設作業車にはNBC防護がないのでしょうか?

あるけど、戦車のほうが、NBC防護が強力だから。

装甲ドーザーの装甲は銃弾や砲弾の破片くらいしか防御できないが、
戦車の分厚い装甲はガンマ線に対する絶好の防御。

74式の装甲は車体前面で80mmくらい。鋳造製の砲塔や防盾はずっと厚いが、
APFSDS弾を防げるレベルではない。しかしNBC防御には十分。
ちなみに災害派遣は初めてではなく、雲仙普賢岳の噴火の時にも出動している。
(694:886-907)

原発に投入される戦車はなぜ74式?90式じゃだめなんですか?

74はそのまま運べるが、90は砲塔と車体部分を分離しないと運べないから。
(自衛隊板初質スレ112:107)
重いことが理由で現地に運べないわけだ
74式戦車なら鉄道輸送できる
10式はどうなの?
まだ先行量産された数両しかないの
しかも74式のようなドーザーブレードもロクに揃ってないの
投入なんか不可能なの
(694:902-938)

福島原発でなぜ放射能漏れが起こったの?これからどうなるの?

簡単なまとめ
Alexandra Witze, Science News
http://wiredvision.jp/news/201103/2011032421.html
炉心で継続的に核分裂が起こっている場合、臨界に達していると呼ばれる。
運転員が温度や中性子密度などをコントロールしていれば、核分裂は一定のペースで継続する。
炉心には、核燃料を冷却し、核分裂するウランから放出される中性子束を減速させるために水が必要だ。
水がないと炉心の温度と核分裂速度の両方が急激に上昇する。

日本の原子力安全・保安院によると、地震で福島第一は緊急停止したという。
核分裂の速度を遅くする「制御棒」が、自動的に燃料棒の間に挿入されたのだ。

テキサス州カレッジステーションにあるテキサスA&M大学の核工学元教授、Ron Hart氏によると、
通常制御棒は磁石に吊られた状態で炉心の上にぶら下がっており、地震が発生すると自動的に落下し、
核反応を遮断する役割を担っているという。

制御棒が燃料棒の間に収まった状態であっても、原子炉はウランの核分裂の生成物によって、
最大出力からみればわずかな量ではあるが、依然として熱を発し続ける。

巨大地震発生後も、計画通りにバックアップ用のディーゼル発電機が起動し、
炉心を冷却するための水は汲み上げられていた。だがおよそ1時間後に津波が日本沿岸を襲ったとき、
この波によってバックアップ用発電機も機能しなくなった。
ここで次のバックアップシステムが作動した。電池式のポンプだ。
だが電池式ポンプは、福島第一原発の複数の原子炉から依然として放出されている崩壊熱に対応し切れなかった。
そのため蓄積された熱によって原子炉内に水蒸気が発生し、最終的に運転員がこれを自然環境へ放出したため、
セシウムやヨウ素などの低レベル放射性物質が外部環境に放出された。

また福島第一の1号機と3号機の爆発は、多分炉心で、過熱した燃料棒のジルコニウムと水の化学反応で発生したと
思われる水素への着火が原因である可能性が高い。

さらに深刻な状況にある可能性が高いのは2号機で、3月14日にかなりの時間ポンプが機能しない状態になり、
燃料棒がほぼ完全に露出するまで水位が下がった。燃料棒が完全に溶融すると、燃料ペレットが炉心の底に
落下する可能性がある。こうなるとペレットは、鋼鉄製の格納容器の底を溶かすだけの熱を発生させる可能性がある。

「この状況が発生したら、炉心が溶融して床中に広がるため、事故を封じ込める能力は大幅に低下する」と
ワシントンDCの『憂慮する科学者同盟』(Union of Concerned Scientists)の物理学者、Edwin Lyman氏は述べている。
同団体は以前から原子力の危険性に関して懸念を表明していた。
(巨大地震スレ38:471-481)

福島原発からプルトニウムが漏れて問題になってますが、日本終わる?

プルトニウムって角砂糖5個分で日本壊滅するんでしょ?
Wikipediaの議論を拾っておく。

もともと100万分の1gのプルトニウムで死ぬ・癌になる(≒100gで日本全滅)
という話の根拠はホットパーティクル説という理論によるもので、
これは被曝量をLNTモデルより最大で10万倍以上高く見積もるモデルを元にしています。

ホットパーティクル説自体は多くの統計と一致しなかったために否定されていますが、
現在でも数字だけが一人歩きしている状態です。
なお、前世紀中に核実験などで大気圏に放出されたプルトニウムは数千kgと見積もられていますが、
いまだ人類は絶滅していません。
(巨大地震スレ40:293)
自然界の空気中のプルトニウム濃度とあんまり変わってないとか言ってたんだけど、どういう事なの
核実験
いいのがあったので貼り
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ge/2007Artifi_Radio_report/Chapter5.htm
7) プルトニウム降下物について
 現在、地球環境中には、微量ではあるが至る所にプルトニウムは存在している。天然ではプルトニウムは
ウラン鉱石の中に微量に含まれているが、一般環境には存在しないとされている。プルトニウムの同位体内の
ひとつである、239Pu は中性子照射により核分裂を起こすため原子爆弾の材料となることが明らかにされた。
この発見を受けて1945年米国により原子爆弾が製造され、アラゴモードの核実験に引き続き、長崎で投下さ
れた。これらが世界規模のプルトニウム汚染の始まりとなった。長崎原爆に由来するプルトニウムはグリーン
ランドの氷柱でも発見されている。
 現在、地表に存在するプルトニウムの大部分は大気圏核実験に由来する。大気圏核実験により地球上に放出
されたプルトニウムの総量は11 PBqと推定されている。核実験に加えて、世界規模のプルトニウムの汚染は
1964年原子力電池を搭載した衛星が南半球の上層大気で燃え尽きたことから起った
(巨大地震スレ40:205-282)

各原子力発電所の状態のまとめサイトありますか?

  • まとめのまとめwiki
(巨大地震スレ59:103)

福島原発いつになったら冷えるの?

日経の記事まとめ。原子炉の冷却に数ヶ月、廃炉の作業開始まで5年以上だと。
http://hashigozakura.amplify.com/2011/04/01/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%BB%83%E7%82%89%E3%81%B8%E9%99%BA%E3%81%97%E3%81%84%E9%81%93%E3%80%80%E5%86%B7%E5%8D%B4%E6%95%B0%E3%82%AB%E6%9C%88%E3%80%81%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E7%9D%80%E6%89%8B%E3%81%AF%E6%95%B0/
出力46万キロワットと最も小さい1号機の冷却が一番早そうだが、東電は時期を明言してない。
「2~3週間ほど」で済むとの楽観的見通しもあるが月単位になるとの見方が大勢だ。
出力78.4万キロワットの2、3号機の冷却には「数カ月はかかるだろう」との意見が多い。

原子炉建屋に入る作業はさらに遅れる。燃料棒が溶ける事故を起こした米スリーマイル島原発2号機では、
建屋に入れたのは事故から1年半後。放射線量が毎時1ミリシーベルト以下になってから作業を始めた。
炉心内部をカメラでのぞけるようになるまでさらに2年を要した。

■ 「石棺化がベスト、廃炉に5~10年」
伊藤哲夫・近畿大原子力研究所所長の話 廃炉の作業を始めるには、まず原子炉内の燃料が冷え切る必要がある。
どのような冷却手段を使っても、核物質の(変化に伴う)崩壊熱のために数年単位の時間がかかる。
本来なら冷えた燃料を引き揚げて別の場所に移すべきだが、燃料棒が破損しているなら難しい。

■ 「循環系確立なら1週間で安定化」
井上晃・東京工業大学名誉教授の話 原子炉から出る熱は1年たっても、いまの3分の2にしか減らないので、
水で冷やし続ける必要がある。外部からの注水に頼る冷却は放射性廃棄物となる排水を増やすだけなので、
いつまでも続けることはできないだろう。
(巨大地震スレ62:107)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯