各種拳銃2


チェコスロバキアのCz75はかなり好評ですが、Cz52に関してはどのように評価されているのでしょうか?

CZ52はチェコ軍に正式採用されて、後継のCZ82が出るまで長く使われてるしな。
命中精度が良くて、トカレフ弾を使うけどチェコは独自の強装弾らしいから、パワーもあっていいらしい。
軍正式を外れた後、90年代からアメリカにも流れて9パラバージョンも開発されたと。

Cz82はCz52の後継ではありません。Cz82はマカロフ(PM)のチェコ版と
言えるもので、実際に9×18mmマカロフ弾、.380ACPなどを使用し、
7.62×25mm(トカレフ/マウザー)を使っていません。中威力の弾薬の
ため、シンプルブローバック機構を備えています。ただ、H&Kと同様に
ポリゴナル銃身を備えるなどの先進性もありました。

コンパクトで使いやすいため、アメリカの麻薬アルコール銃器取締局
でも採用された実績があります。
(俺初質スレ710:118-119)

ドイツのP08、ルガーの名前の由来は何でしょうか

設計者のゲオルグ・ルガーから、というのが正解です。

会社名だ、というのはアメリカのスターム・ルガーと混同しているだけ。
(綴りからして違うのによく間違える人が日本人にはいる)
弾の名(9mmルガー)はこの銃から付いたもので本末転倒です。
モーゼル・パラベラムとは、モーゼル社で作られたルガー・ピストルの事です。
詳細な経緯は下記URLを。
http://www.lugerforum.com/history.html
(56:273)
ちなみに混同されやすいアメリカのルガーはRUGER。
(56:276)

44マグナムは45口径のことなんでしょうか?それと38口径や45口径は互換性があるんでしょうか?

基本的に違う口径の弾丸は発射できません。
とりあえず、「銃 口径 弾丸」でググってみてください。
(56:940)
44Magは44S&Wや44Splのマグナムタイプで、45Coltとは互換性がありません。
弾丸直径で言うと.429と.454ですね。

 357Magは38口径ってのは本当ですが薬莢長が違うので、
38口径(38Spl)のリボルバー拳銃からは357Magは撃てません。逆は可能ですが。
この場合の弾丸径は両方とも.357になります。
(56:954)

ハンドガン FN Five-seveNにセイフティが存在しないのはなぜなのでしょうか?

セイフティがない拳銃はトカレフからグロック、SIG P220系まで
多数存在します。

FN Five-Sevenはオートマチック・ファイアリングピンセイフティもあるので、
落下の衝撃などでストライカーが作動するのをブロックしているので十分と判断され、
即応性のためにセイフティは省かれました。
(60:117)
セフティが無いというのはマニュアルセイフティ(人が自分で操作するモノ)が無いという事です。
インターナルセイフティは当然付いてますよ。
世に出てるマトモな銃器で、セイフティの無い銃なんてありません。
(60:119)
FN Five-Sevenを使うのはどうせ特殊部隊の隊員など、
高度な訓練を受けた人間だけなので余計な機能は省いた、という話です。
一般向けには販売すらされていませんし。
(60:120)
ほとんどの銃には過早解放防止機能とか不完全閉鎖時の撃発防止機能はついて
いるんじゃないデスかねー

なんだかんだ言って、火薬を使って危険な道具デスので、様々な安全装置が組み
こまれているデスね。
(60:81式●VNMI ◆TYPE81/oDg)

ナンブとは人の名前だったんですか?

そうニューナンブの愛称は開発したミネベア工業の前身である中央工業の創設者
でもある南部麒次郎氏から取られている
(61:機甲自転車 ◆Pasc.VafDc)

拳銃の弾で、マグナムの威力が強いのは火薬の種類が違うのでしょうか?

火薬量が多いのです
(62:787)

何で、自衛隊はP220を採用したの?

過去の資料がどっかいってしまってあやふやだが、
45オートに替わる9ミリ拳銃は、自衛隊としてはわりと珍しく、競争が行われた。
国産の(豊和工業だったかなあ・・)拳銃も試作されたよ。
GUN誌に掲載され、結構格好は良かった。
ベレッタM93やS&Wも競争に加わったと思ったが、未確認。

P220が採用された理由だが、一言でいって頑丈で小型だからと思われ。
現代の9ミリ拳銃で、P220は1,2を争う優秀な拳銃。
その点、自衛隊は見る目があった。

旧型のP220はマガジンキャッチがグリップ底部に付いていて、
素早いマガジンチェンジが困難という欠点があったけど、
改良されて親指で押すタイプのマガジンキャッチになった。
その後、SEALSをはじめとする世界の特殊部隊や、警察などで
採用されてる。
記憶に頼ってるんで、間違いあったらフォローよろすこ。
(62:963)
ぢつは、世界的に有名なのは改良型のP226だったりする。
(62:965)
国産の(豊和工業だったかなあ・・)拳銃も試作されたよ。
新中央工業(現ミネベア)のニューナンブM57A1

旧型のP220はマガジンキャッチがグリップ底部に付いていて
旧型っちゅうかヨーロピアン。
(こっちはこっちで人為的ミスでマガジンが落ちることがないとメリットもある。)

SEALSをはじめとする世界の特殊部隊や、警察などで採用されてる。
これは、P226(米海軍ではMK-24)やP228(米陸軍ではM11)が大半。
(63:51)
自衛隊拳銃トライアル参加銃
SIG/SAUER-P220
ニューナンブM57A1
ブローニング・ハイパワー
FN-DA140(なぜか380口径)

自衛隊のP220は今もマガジンキャッチは底部にある。
P226とP228は警察SATが使用中。
(63:61)

Cz75ってかなり好評なようですが、何がそこまで凄いのでしょうか?

当時の原産国であるチェコスロバキアは、東側陣営でしたが、戦前から高性能な小火器を開発、生産していました
この事から、亜米利加へのCz75の輸入が始まった当時、銃器雑誌等でジェフ・クーパー等の著名なシューターによって
「ハイパワーピストルをダブルアクションに改良し、SIG P210の高精度を兼ね備えた最高のコンバット・オートピストル」と言う
お墨付きを貰った事から、輸入9mm自動拳銃としては最高の知名度を得る事に成功しました。

この成功のお蔭で、最新のポリマーオートと共にCz75を小改良したCz75Bが、ほぼ当時のまま製造、販売されています
また、タンフォリオやスフィンクス等の他国の銃器メーカーによる廉価なコピーの普及も続いており
今となっては「コンベンショナルコンバットオート」としての地位を獲得しているようです。
(709:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)
厳密に言えば、評価が高いのはコスト度外視の品質で生産されたCz75(初期型)であったりするのです。
(共産主義から資本主義に鞍替えした頃のCz75は低品質であった為、期待はずれな物が多かったそうな)
そして、一部のシューターからは「グリップがタイトすぐる」などの意見もあり
一概にCz75=最高とは呼べないのですが、基本設計の出来が良いので
まともな品質で生産された物でなら、なかなか良い拳銃ではあります
(709:36)

グロックは当初暴発事故続出でしたが、これはマニュアルセフティ付いてないDAオートならどれでも起こりうるんじゃない?

SIGとかのDAオートだとやっぱりその手の暴発は起きないもの?
グロックの暴発事故は、引き鉄の部分に最終安全装置があった
引き鉄を引く事で解除するという、それまでに余り見られ無かった装備で
ダブルアクションと比較して、軽く引くだけで解除され撃発状態になるものだった
つまり、即時発砲が可能な状態でドロウする時に、引き鉄に指が掛かっていると
銃を持ち上げた弾みで引き鉄を絞る事になり、足を撃ち抜いたりする事故が多発した。

グロックのトリガーは、ダブルアクションとも違い、半分コッキングされたストライカーを
僅かにコッキングしてから落とすという方式で動作するため、ダブルアクションと比較して
非常に短いストロークと軽いテンションで発砲する事になる
つまりは、引き鉄に指を掛けて銃をドロウする時点で安全ではない操作をしている訳で
SIGでも同様な事故は、可能性は低いが起こり得ると思う。
オーストリアは軍用に使っても問題ないのにアメリカが使うと不具合って
安全装置を解除する動作と、引き鉄を引き発砲する動作が限りなく一つの動作で可能だから
解除動作は簡単な程良いとされるのでグロックのそれは有る意味理想的ではある
アメリカの警官が銃を抜く時は、たいてい発砲を前提に抜く
軍隊では拳銃は抜いてから発砲準備の為にコッキングし、撃ったら薬室は空にしてから戻す
この違いがある事を踏まえて、警察活動では暴発の危険性が高くなっている
その対策として、テンションの高い引き鉄バネがオプションで用意されておりまたグロック自体の普及によって、
その安全な操作法が徹底しているので、最近では殆ど事故の心配は無い。
(202:454-461)

グロックにはバリエーションが多いですが、マニュアルセイフティのものはないのですか?

一部の警察では暴発事故のせいでS&WのM39系やM59系に変えたそうですけど。
ないとしたら何でトリガーセーフティに拘ってるのでしょう?
マニュアルセイフティにして、かつ所謂「グロック撃ち」というのは理論的に出来ないのですか?
私の知る限りありません。後付け用マニュアルセフティを売っている業者はあるようですが。

グロックの暴発は、ホルスターにしまう時にトリガーに指をかけたままの場合や
ポケットやバッグに裸で突っ込んで、向きが変わってしまった銃を
手探りで出そうとして用心鉄に指を突っ込んでしまう場合など「間違った扱い」をした場合に起きます。

銃は安全に作ったから、安全に使いなさい。それができなければ買わないでください。
というのがグロックのポリシーのように見えます。他の銃との差別性を保つためでもあるでしょう。
マニュアルセフティでも、かけたまま引き金を引き、あわてて引き金に指をかけたまま
セフティを外して途端に暴発、といった事故が少なくありませんから、人にセフティがかけられない以上、
どうやっても限界があるとも言えます。

「グロック撃ち」が、引き金を完全に戻さずに次弾を撃つ事を指すなら、それは
トリガーメカニズムの問題で、セフティ機構と切り離すことが可能です。もちろんそうなると
マニュアルセフティが必要でしょうから、それだけのためにグロックがそんな製品を作るとは
思えませんが。
(708:system ◆systemVXQ2)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯