銃弾全般2


高速で打ち出される弾丸の速度はどのように測定するのでしょうか?

銃弾の初速の測定にはクロノグラフ(弾速器)を使用します。
銃口と標的の間に設置し、銃弾が通過した瞬間を計測します。
最初の実用的なクロノグラフは、銅線と電磁石とナイフ状の刃を組み合わせた
ブーランジェ弾速器(1870年代)です。距離を置いて設置した2つの刃&電磁石付き銅線を
銃弾で切断して落下させ、それぞれの落下跡の距離と落下時間から弾速を割り出すというものでした。
その後、電子技術の発達に伴い、真空管、トランジスタ、ICを利用した電子式となり、
測定方法も銅線や回路を銃弾で切断する方法から光センサーを通過させる方法へと変わっています。
モデルによっては発射弾数、平均、高低、標準偏差まで即時に表示されるようになっており、
高価だった値段もアマチュアに手の届きやすいレベルになっています。
最新の奴は超音波スクリーン式。
原理は超音波を仮想的に構築して、その的をとおった時の周波数変化、
的間の時間差から速度を計測する。
(52:557)
ドップラーレーダーを使ったりもする。
(52:558)

9mmパラベラム弾っていいますけど、「パラベラム」ってどういう意味ですか?

パラベラム(パラベルム)は商品名だけど、
原義は「戦争に備えよ」
(31:530)

日本軍は弾薬不足だったって話だけど、弾薬って作るのそんなに難しいんですか?

造るのが難しいんじゃない。
造るのが追い付かないくらいに弾薬を消費するんだよ、近代戦は。
日本軍に限らずどこでも、弾薬の消費量は開戦前の見積もりを遙かに上回った。
(41:265)

旧日本軍では通常のライフル弾より火薬を減らした弾をスナイパーが使っていたという話を聞きましたが本当なのでしょうか

発砲炎を減らす為だったと聞く。
(53:840)

拳銃弾をサブマシンガン・ライフル弾をスナイパーライフルなど通常より長い銃身で撃っても初速はアップせず落ちるのでしょうか

拳銃は極端に銃身が短いので上がる。ライフルとスナイパーライフル
は極端に銃身の長さに差は無い。理論値よりは短いので下がりはしない
が、薬室近くで半分以上の速度になってるから、多少伸ばしても上がりもしない。
(53:840)

小銃で超音速の弾丸を使用した場合、着弾地点で音の方が先に観測されるということはあるのでしょうか?

音速以下になって、1度音波に追い越されていれば。
(つまりある程度の時間音速以下で飛行すれば)
(57:114)

.40S&W弾の口径と薬莢長をNATO式の ○○×○○mm として表記するとどうなるのでしょうか?

10×21mm。そんな表記は普通使われないが、mm表示のときはこうする。
軍用で使ってるとこもないし(公用ならかなりあるが)、
わざわざこんな表記を使う場合は極端に少ない
(58:68)

現在、.30口径の小銃、機銃用の焼夷弾ってあるんでしょうか?

30口径用焼夷弾
7.62mm弾には曳光弾も多く存在しますが、それらの中にはincendeary-tracer、つまり
曳光焼夷弾と分類されているものも少なくありません。米軍のM62 Tracerも
観測、焼夷、信号、および訓練用、とされています。
また、ロシアの兵器カタログの一部をみると、7.62mmの徹甲焼夷弾というものもあります。
まあ、いずれも薬量を考えると、焼夷と言うより、火災誘発的なものでしょうが、
焼夷弾と称することにはまったく問題ありません。
(60:675)
ちょっと気になったので、Jane's の弾薬年鑑で確認しました。ロシアの
モシン-ナガン7.62×54の弾薬(ドラグノフなどに使用)には、Incendiary-Obs
(焼夷観測)という弾種があり、焼夷用粒剤を弾頭部に含み、衝突時の衝撃で
作動する雷管で着火するそうです。こうなると焼夷弾としか言えませんね。
型式名ZP。弾重10.36g。
(60:679)

なんで軍用弾は全てフルメタルジャケットなのですか?

FMJしか使わないのはジュネーブ条約で決まっているからです。
鉛が出ている弾は人体にとどまりやすく、しかも破片が体内に残りやすいから禁止。
(61:413)

前線へ武器弾薬が送られるとき、5.56mm弾は弾倉に詰めた状態で支給されるんですか?

弾薬箱に入っているのを詰めます。
(62:768)
普通は弾倉は持ち帰ります
(62:769)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯