参謀



米軍の参謀をS2とかJ2とか呼んでいる小説があるんですが、S1から3,J1から3はそれぞれ何担当の参謀なんでしょうか?SとJの違いはなんでしょうか?

Sはスタッフ(STAFF)の略
 S1=人事
 S2=情報
 S3=作戦
 S4=兵站
で、師団や軍団レベルだと「S」が「G(General)」
2軍以上(陸海統合軍等)で「J(Joint)」になります。
(19:ulysses)

参謀は軍階級とは別物であり、立場として軍の階級とは独立していると考えて良いのでしょうか?

指揮官を補佐する役目を指し、階級とは関係ありません
(47:871)

参謀が直接戦地に赴いて指揮を取る事があるのでしょうか?

司令部についてまわりますから、場合により戦地にも行きます
指揮を取ることは有りません
(47:871)

参謀と呼ばれる立場の人間はどのような経緯を経て参謀職に就けるのでしょうか?

軍の最高教育機関で教育を受け、そこを良い成績で終了した後、経験を積みながら
(47:871)

現代における「参謀」の役割とは何なのでしょう?

現代の様に司令官も士官学校を卒業し、参謀の経験を得て昇進し昇級した
司令官の場合、あえて作戦立案用の士官を用意する必要性がいまいち掴めません。
司令官=何でもできる は正解ですが、何人分も仕事ができるわけじゃありません
どんどん部下に作業を移管していかないと、仕事が遅くて必要な時に間に合わない
司令官ができてしまいます
司令官は参謀へ抽象的な指示を出し、具体的な結果を得ることで作業量を減らしているのです
(53:84)
ある種の基地外じゃないかぎり、一人で軍隊の作戦なんざ立てられないから。
「思いつき」と「具体的な計画」の間には無限の開きがある。
部隊の移動の為の軍用列車の運行スケジュールと、
補給物資の輸送の為の運行スケジュールの調整まで一人でやれる訳ないだろ。

指揮官が方針を決めたら、その方針を実行する為の計画を立てるのが参謀の仕事。
(53:85)
より多角的な作戦立案を助ける事にあり、精神的補助の役割もあるかと思うが。
(53:最高戦争指導会議 ◆kaigi9N7vY)
つまり昔の参謀が、自分で作戦立案を行い司令官の裁定を受け、司令官の
名で実行していたに対し、現代の参謀は司令官が立てた作戦方針に従って
詳細な作戦立案や兵站などを行う職務に変わったと云う事でよろしいでしょうか?
昔から本当は後者です。日本軍の場合、方針決定ってのが「進む」
「引く」程度まで極端に単純化されてしまっただけです。
(53:91)

「参謀」って結局何をするのですか?「参謀課」のような兵科は存在するのですか?

参謀の概念はドイツで生まれました。近代戦法を編み出したナポレオンを打ち破るためにクラウゼビッツが考案したのです。
今回は簡単に言います。要は作戦立案屋さんです。現在自衛隊では、幕僚と呼ばれています。
(5:ジハード)
陸では大隊以上の規模の部隊で指揮官が作戦を立てる手助けをする為に各分野の情報を処理、発案する人のことでは?
軍のトップに近づくにつれて規模や取り扱う情報の量も増えて、情報・作戦・補給とか色々あるみたいだけど。
海では個々の艦ではなく、戦隊規模で幕僚がいるはず。
(5:370)

高級参謀って何?

高級参謀ちうのは、沖縄戦で言うところの長参謀長みたいな人のことであって、決して中央の少佐程度ごときのことでは
ないんだよねえ。

自衛隊では、通常陸幕と師団や方面なんかを往復しながらその間に大隊長とか連隊長とか指揮官やって、師団の幕僚長
とかやる。
高級幕僚ちうたら、そういう人たちのこと言うわなあ。
(324:緑装薬4 ◆8R14yKD1/k)

少佐以上の人?で参謀と呼ばれる人とそうでない人はどういう過程で決まるのでしょうか

人事異動でたまたま「参謀」というポストについてる人が参謀です。

日本陸軍では参謀になるには特別の教育課程「陸軍大学校」がありましたが、
日本海軍ではこれに相当する特別な課程は無く、
「海軍大学校」は将来的に将官に進むための高級士官一般の養成機関でした。
だから、理屈の上では、階級さえ相当ならば定期異動で参謀になることがあります。

もちろん、実務上はある程度人事パターンがあって、
兵学校の成績優秀者はさっさと海大に行って、基本的に中央のポストを回り、
軍令部や聯合艦隊司令部の参謀についたりします。
同じ参謀でも根拠地隊など前線部隊の参謀は、
ずっと現場で軍艦の士官をやってた人が、ひょっこりやることもあり。

でも、とにかく海軍では参謀というのをそんなに特別に考えてないので、
参謀やって、副長やって、今度は艦長をやって、また参謀やってみたいなのも普通。
(588:24)

参謀本部の制度ってよく分からないんですが…。

ようするに、軍事に関してど素人の文民政府に対して、軍事のプロが戦術を助言するための機関ですか?
でも、戦場で指揮をとっている師団長は参謀とはいいませんよね?では、誰が師団長等の人事を握っているんでしょうか?
参謀とは簡単にいって組織の指揮管理と作戦立案を分業する制度で、
近代ではドイツのプロイセンではじまった。
部隊の参謀は指揮官に対して作戦面で助言するが決定権は持たず、
一方で指揮官は部隊機能の維持をマネージメントする業務を中心にすることができる。
また、参謀本部とは簡単にいえば中央に人材を集めて一括して作戦立案するもので、
出来上がった作戦案は統幕や安全保障会議、国王や大統領などその国で最終的な権限を
握る所に助言として上げられる場合が基本。
つまり参謀とはアドバイス専門の作戦の専門家集団だと思ってもらえれば大丈夫かと。
……例外あるけど。

参謀は人事に関して一般に権限をもたず、参謀本部も参謀に対してのみこれをもつので、
例えば参謀の命令で下級部隊の指揮官更迭という事になった場合、たとえ形式上でも
参謀の助言→指揮官が承認という経路を辿ったことにされ、
省の人事局など本来その権限を持っている部署に由来する
人事として書類上処理されねばならない。
(583:642)

参謀長と指揮官の役割はどう違うの?

まず指揮官が作戦に関する基本的な方針を示す。
それに基づいて参謀長が各参謀に具体的な作戦実行に必要な補給や兵力の算出、配置などの計画や調整を行わせる。
参謀長が作戦計画としてまとめ指揮官に提案する。
指揮官はそれを検討してゴーサインを出す、もしくは修正点を指示する。
指揮官が参謀長の仕事までやったら膨大な調整作業に時間を奪われて決断の障害となる。

参謀というのは特別の教育を受けた専門家集団の一種だと思った方がいい。
軍医や法務官、設計技師などのように特別な技術を行使して軍で働いている。
ただ作戦運用という軍の根本的な所に深く関わるので、軍中枢にも関わるだけ。
指揮官が医療チームを直々に率いて治療の細かい所まで指示しないように、
参謀の仕事も具体的な細かい所まで指示しない。
小説やアニメで、たとえば銀河英雄伝説で指揮官が直々にすごい作戦をたてて
どうのこうのってシーンが多すぎてあれだけど、
近代現代では指揮官はあくまでマネージャーだから。
ちなみにこのような指揮と作戦立案の分業制のおこりはプロイセンの参謀本部。
これが大当たりして各国が真似し、日本も近代軍隊創設の際にとりいいれた。
部隊の規模が小さければ指揮官が参謀を兼ねる場合があるの?100人ぐらいなら?
そのくらいの単位でも副中隊長とか中隊本部付の将校や下士官がいて中隊長を補佐する。

そういう場合は参謀団の規模が違う
場合によっちゃ主席参謀、あるいはたった一人の参謀がそのまま参謀長の役目を果たす

下は連隊から、上は統合参謀本部まである

小隊でも指揮官の少尉に参謀役として先任下士官がついてる
(687:210-222)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯