WW2全般3


第2次世界大戦で倒した敵兵の装備を戦利品として持ち帰る兵隊がいたそうですが、銃や刀剣を持ち帰ったりする場合に問題は無かったのでしょうか

武器もそうですが、頭蓋骨を恋人に送りつけることもしています。
当然、国内で批判が高まり、幾度も禁止令が出ており、太平洋戦争では、本国に帰る
兵士達が必ず立ち寄るハワイなどで持ち物検査が行われていました。

ただ、米兵の場合は、記念品を集めるのが戦いの主目的になっていたりするので、
なかなか守られなかった様です。
(338:眠い人 ◆gQikaJHtf2)
ヨーロッパ戦線終結時にドイツ軍のモーゼルが人気となり、持ち帰ろうとする
イギリス兵が大問題となり、帰国時に所持してたら処罰と通達が出て、
みんな帰国する船から捨てたそうだ。

バグダッド陥落の直後、大統領宮殿を略奪して金ぴかの物を逆さにしたヘルメットに入れて持ち運ぶ米兵の映像が、
テレビで流れていた
その後どうなったかは知らないが、略奪が問題になっているというニュースがあったような
(338:545,556)

第2次世界大戦での主要国の軍用航空機生産数はそれぞれどれくらい?

1941~44年の統計だけんど。
日本:58,822機(1945.8までは69,888機)
米国:261,826機
英国:96,400機
ドイツ:92,656機
(334:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

ワシントン、ロンドン軍縮における代艦建造と廃艦の順番について教えてください。

代艦起工前か、完成までか、どの時期までに対象艦を廃艦にすれば良いのでしょうか。
(607:ゆうか ◆u8WC078ef5ch)

日本が南進せずにソ連に侵攻しても日本の機甲部隊の実力では、独ソ戦線にさほど影響は及ぼさなかったんでしょうか?

いわゆる「関東軍特別演習(関特演)」を実行していたら、ソビエトは
極東軍区から増援を欧州方面に回せないので、兵力の確保に苦労すること
になる。

また、仮にウラジオストクを脅かされるような事になれば、アメリカから
の援助物資が届かなくなる。
ウラジオが無事でも、シベリア鉄道を遮断されたら物資を西に輸送できないし、
日ソ開戦となったらアメリカの輸送船団は日本海やオホーツク海に入ることが
困難になるし。

なので、ドイツがモスクワを陥落させることくらいはできたかもしれない。
ただ、それでソビエトが敗北して崩壊したかといえば、そこまでの影響は
なかっただろう。
(608:320)

なんでドイツと日本の防空能力に無茶苦茶な差があるんでしょう?

以下のドイツと日本の戦果は本当でしょうか?

【連合軍の戦略爆撃の規模 】

       期間     投下爆弾量    死者        連合軍の爆撃機の損失
ドイツ    35ヶ月    170万トン   30万5千人       米1万機 英1万2千機
日本   約10ヶ月     16万トン   30万+原爆21万人     約450機

【日独高射砲の配備数】

ドイツ   '39年 2800門   '43年 1万5000門   '44年 2万6000門
日本    '41年 880門    '43年    850門
爆撃機の損失については、ドイツはB-17とか比較的撃墜し易いのが中心だったのに
対して日本はB-29というオーパーツが使われたから。もちろん防空態勢が根本的に
アレだったってのもあるけど。
高射砲については、日本が初めて爆撃食らったのが42年4月18日のドーリットル空襲、
本格的な大規模空襲は1944年6月からなんで、それ以前の配備が少ないのは勘弁して
くんろ。海軍にも防空を手伝ってもらえるということもあるし。
まあ、日本の高射砲生産数自体が、合計で4000門に届かないらしいけどね……。
日本は八八式高射砲だけでも2000門は作ってます
次期主力の九十九式で1000門
更に本土爆撃をしてきたB-29に対しては高度1万以上の射程が必要で既存の高射砲は役に立たなかったんです
量産型で対抗できたのは三式12cm高射砲でしたけど120門しか製造できなかったんです
B-29が高高度爆撃を行ったのはサイパンからの初期。しかも7000~8000m
 中期から後は中高度だから1万mの射程は必要な場面はほとんどない・
なんて言うのは言い尽されて今や常識。

日本側の撃墜数が少ない要因の一つは迎撃時間、回数が少なかったのも一因。
欧州戦はドーバー越えてから何度でも迎撃に遭う。
実際最も初期の中国重慶から場合は中国大陸を飛んでくるので情報も早く
対処もし易すかったので損害が大きかった。
(701:831-848)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯