大戦後の米空母



米軍の空母で働くスタッフの服の色が違っています。仕事別に色が決めてあるのでしょうか?

こんな感じです(甲板員の作業内容はジャージに加えてヘルメットのカラーでも区別される)。

(ジャージ・ヘルメット)
青・青…航空機牽引係、トラクター運転士
青・白…エレベーター操作員、伝令および電鈴員
青・黄…航空機誘導員
黄・黄…航空機誘導士官、航空機誘導員
黄・緑(白地に赤線3本)…射出・着艦装置士官
緑・緑…射出・着艦装置員、フック操作員、航空団整備員、写真員
緑・黄(白地に赤線3本)…射出・着艦装置士官
緑・白…貨物操作員、ヘリ着艦信号下士官
緑・茶…・地上支援機材修理係
白・無し…着艦信号士官
白・白…空輸士官、医療担当員、航空団品質管理員、安全監視員
白・緑…航空隊航空機検査官、液体酸素担当員
茶・茶…航空団機付長、航空団列線指導下士官
茶・赤…航空団ヘリコプター機付長
紫・赤…給油係
赤・赤…武器員、事故救難員、爆発物処理班

  • People on the Flight Deck

朝のワイドショーで今後の展開について、「まず空母エンタープライズからトマホークミサイルを発射して云々」てなこといってましたが、空母にトマホークって積んでるの?

航空機発射型の事を言ってんだろうが、配備されてないよ。
(9:G_Tomo)
シースパローのランチャーはあるけどトマホークは無いですね>エンタープライズ級
(9:260)

キティホークって何で動くの??原子力じゃないの?このまえエンジン?がかかる時に黒煙が出てたが、原子力じゃ出ないだろ。

キティーホークのデータ
http://www.asahi-net.or.jp/~zq9j-hys/Data4.htm

どうやら石油系燃料なのねん
(9:453)

ほとんどの国の空母は、スキージャンプ式甲板なのに、なぜアメリカ軍の空母は通常型甲板なのでしょう?

米国の空母は十分な甲板の長さを持っているからさ
だって大型正規空母だし
他国のはせいぜいヘリ空母だ
甲板長が足りないんだな
だからスキージャンプ勾配で揚力を稼ぐ
(11:977)
スキージャンプにカタパルトは無い? マジ?
無いよ。
だからCTOLはダメで、STOVLが配備されている訳だ。
(11:名無しさん@眠い人 ◆ikaJHtf2)
クズネはスキージャンプだけでフランカー発艦させるよ。
どっかにムービーが落ちてたはず。
(11:984)

アメリカ海軍の航空母艦には船体の軸線に対して斜めに張り出している部分があって、ここにカタパルトのようなものが見受けられるのですが、

1, なぜ斜めに張り出しているのか?
2, カタパルトは全部で何基あるのか?
3, 斜めに張り出している部分にあるのがカタパルトなら、艦首にある
  船体の軸線に対してまっすぐなカタパルトとの運用ルールはどうなっているのか?
4, 全ての艦載機を同時に甲板下に格納することは出来るのか?
1.ありゃアングルドデッキっていうんじゃ。あとはサーチエンジンで調べろ
2.3~4基だぞい
3.スペック上では艦首とアングルドデッキ側で同時に機体を打ち出せるって事になっている
  まあ、実際は艦首の2基を交互に使用するだけで十分だけどさ
4.通常編成の所属飛行隊は全機を格納可能
(15:315)
1. 着艦用の甲板です。着艦する際に八巻準備中の機体に突っ込むことを防ぐものです。
2. 大体艦首に2基、アングルド・デッキに1~2基かな。
3. 着艦する機体が無い場合、こちらも使えますよと言うことで、補助的な役割を果たしているものと…
4. 出来ません。
(15:眠い人 ◆ikaJHtf2)

最近の米空母から海兵隊の飛行隊がはずされた理由って何ですか?

もともと空母に海兵隊の飛行隊が載っている方が特例みたいなもんだったはずだが。
(15:214)

現在、アメリカ空母を撃沈することは可能でしょうか?

現在はイージスシステム搭載艦が2~3隻張り付いているので
難しいかもしれませんね。
静粛性にすぐれた通常動力型潜水艦の方が撃沈できる可能性は高いかもしれません。
もっとも生還できる可能性は低いでしょうが。
(18:ulysses)

アメリカの空母のアングルドデッキのメリットとデメリットを教えて下さい

デメリットはでかくなること。
メリットは着艦作業と発艦作業を行いやすい事。それと一番大きなメリットは着艦してきた
飛行機が着艦に失敗してもそのままフルで吹かせばそのまま発艦して、危険な状況を避ける事が出来る事です。
(22:186)

アメリカの横須賀海軍基地(の近くかもしれないけど)にいる日本人技術者なら、

原子炉を除く全ての部分(カタパルトもかな?)の米空母の整備・メンテナンスが可能だと聞きましたが、ホントですか?
もしホントなら、なんで戦後、空母生産の経験が無い日本にそれが可能なのですか?
そりゃ整備マニュアルがあるからでしょう。

勿論、設計図があってその通りに設計していても、
その部品が「ナゼ」その形をしているのか分からなければ設計出来ませんし、
整備マニュアルがあっても「ナゼ」その手順でやるかまではわかりません。
(39:43)

ニミッツ級航空母艦の格納庫は開放型ですか?密閉型ですか?

結論からいうと密閉型。
ものすごく大雑把に言って、船体上に箱上の格納庫が乗っていて搬入口の類を閉めれば
完全に外部と遮断できるのが密閉型。船体上に柱を立ててその上に飛行甲板をのせ、
その間を格納庫とし波よけのついたてやシャッターでとりあえず外部と遮断したのが開放型
(ホントはも少し細かい差異や儀装上の違いがそれぞれにあるが割愛)。
WWⅡまでは日英が密閉型、米が開放型を主用しており、戦訓的に開放型の有利が認められたが、
WWⅡ後の核戦略の中で密閉の必要が生じ(放射線を帯びた降下物からの保護の為。
あと飛行機自体が電子部品やジェットエンジン等とても甲板上にふきっさらしにするには
高価でデリケートな部品の塊になった面もある)寧ろ密閉型の有利が認められるようになる。
よって米軍の所謂スーパーキャリアーは全て密閉式となる。
(40:388)

米軍空母の現在の居場所を教えてくれるようなHPがあったと思うんですが、御教示願えないでしょうか。

昔は米海軍が自ら公開していたんだけど、テロ後公開されなくなったから、かわりに
世界で一番参照されていると思われるサイト。英語だけど作っているのは日本人


ここの情報も毎日更新されている訳ではないからね。
(42:215)

サイパン級の性能はそして何隻建造され各艦の名前は?

USS Saipan CVL48
USS Wright CVL49 の二隻。
全長:208.35m 最大幅:32.91m 排水量:14500t吃水:8.22m 最大速力:33.0kt
出力:120000hp 航続距離:15ktで13000浬乗員数:1821名 航空機:48機
武 装
40mm4連装機銃5基40mm連装機銃10基 20mm機銃16基
サイパンの竣工は46年7月14日となっています。(ライトは47年2月9日)
(47:機甲自転車)
補足です。
GE社製タービン4軸、B&W製ボイラー、装甲:4in

船体にBaltimoreClassの重巡洋艦のものを流用して製作された空母で、
SaipanとWrightの二隻が建造されています。
但し、竣工は1946年~47年なので、第二次大戦には参加していません。
そして、その後は1950年代半ばまで練習空母となり、1957年にいったん
予備役となりました。
1966年、現役に復帰し、AGMR-2 通信艦Arlingtonと改名し、ヴェト=ナム
海域で通信管制にあたりました。
Wrightは、そのキャパシティを利用して、1956年にCC-2となり、指揮艦として用いられました。
(47:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

分厚い特殊鋼の船体とケプラー等の複合材が使用されている米空母の防御力は実際、どれ程のものなのでしょうか?

ニミッツ級の新しい型は、飛行甲板に3インチ程度のHY100鋼を使用し、
さらに特殊繊維等で内張りがなされています。
格納庫内にハープーンクラスのミサイルでは突入は難しいと思われます。
もっとも、外部の電装がやられたり、甲板・カタパルトをやられれば戦闘力
は著しく落ちます。そして直接防御力において、戦艦には当然負けます。
(55:189)

ニミッツ級はパナマ運河を通れるのでしょうか?

最大幅108フィートを超える艦船はパナマを通過することはできません。
(55:ゆうか ◆9a1boPv5wk)

アメリカの原子力空母などには数千人の乗員が乗っていると聞きました。

汚い話しで申し訳無いんですが、トイレで出た物や食堂の残飯や洗い物の汚水、シャワーの後水などは、一体どうなっているのでしょう?
船の写真をご覧になれば、舷側のところどころ、縦に線が入っています。
ここから汚物を捨てるので、その汚れ&汚れが付着したために生じた錆が線になって見えるんですよ。
最近の環境ブームもありますから一部はリサイクルしているのかもしれませんが、
基本は海洋投棄です。
(55:ゆうか ◆9a1boPv5wk)
糞尿を海洋投棄で処理する場合、東京都の規則だと海岸線から50海里以遠と言うこ
とになっています。MARPOL条約というのもあって、これは海洋汚染を防ぐことを目
的に船をダブルハルにしろとか油棄てるなとかが決められているのですが、その中
には当然、糞尿の件もあります。「規則では」港で糞尿垂れ流しにはしません。

「汚水処理にはトラックが来たが、装備が悪かった。排出のためのホースを備えた
使い古しのはしけを要求することを勧める。ホースは本艦の排出口に合わせるべき
だ」救難艦ビューフォートによる長崎港の評価から。

昭58.6.4横須賀海軍施設内に艦船汚水の処理に係る関連施設(陸上汚水処理施設)
が完成
昭58.6.8付け「横須賀海軍施設にかかる汚水処理問題等について」(回答)
1.いわゆる横須賀を母港とする艦船の汚水貯留槽等の設置工事の実施状況
 貯留槽は、全ての艦船に設置されている。
2.岸壁部受入施設のバース及びドック別設置基数
 全ての埠頭及びドライドックには、1基以上の汚水ホース連結器が設置され、合
 計は81基になる。
横須賀市基地対策のあゆみ
(55:811)

アメリカの空母(ニミッツ級)の定員の仕事の内訳はどうなってるんでしょう?

ニミッツ級
艦船要員2500~、航空要員2800程度、司令部要員50~といわれています
(58:505)

米国の原子力空母には4枚舵があると聞いたのですが、本当でしょうか?

http://www.sizor.com/cvn65/
によると35トンの舵が4枚、ということです。

ちなみにニミッツ級の舵の重さは60だか65トンだかなので、
エンタープライズの舵は小さいのが4枚なのだろうと憶測
されるわけです。
(101:system)

米空母のブリッジ、どんな機能があるのでしょうか?

あの巨大な艦橋構造物にはさまざまな機能が集約されています。
艦橋にも戦闘艦橋と航海艦橋があり、ほかに航空管制所が設けられています。

戦闘艦橋は作戦全体の指揮を取る司令官が指揮所として使用する場所です。
空母に空母戦闘群の司令官(少将)が搭乗した際はその司令部がおかれます。

航海艦橋は艦長(大佐)が総指揮官として航海に関してのあらゆる指揮を取る場所です。
米空母では指揮所と操舵室は一体となっており、艦長席もここにあります。
設備として、航海用レーダースコープ・コンパス・その他多数の航海用計器のほか、
操舵コンソール・テレグラフといった艦を操作する装置が置かれています。
ここには艦長のほかに航海長・航海士・操舵士・その他当直士官が詰めています。

航空管制所(プリ・フライ)は空母から発着艦を行うすべての艦載機について
指揮管制を行う場所で、見晴らしの良い艦橋最上部に位置します。
ここで指揮を取るのはパイロット出身の飛行長(エア・ボス。中佐)で、作業中の航空機や
飛行甲板上の機体と通話を交わして指示を与えます。
(173:名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)

ニュースなどで「これを受け、アメリカ第○艦隊が急行」とか言いますが、空母の移動ってシークレットではないのですか?

  • CVBGは万単位で人が動くので、秘密にしたって意味無いです

  • アメリカのナンバーズ・フリートは、そのナンバーによって担当海域が決められているので、
「これを受け」の何かがあった海域が分かれば、どの艦隊のフネが動いたかなど見なくても分かります。
(初心者スレ367:453,457)

米軍の航空母艦「エンタープライズ」を検索中に出会ったサイトですが、甲板の数式は、何を表現しているのでしょうか。


英文を訳せばわかると思うが、これは空母エンタープライズ建造40周年記念の
時のもの。

E=mc2X40、つまり原子力で40年間動いてきました、ということを表してる。
(483:172)

米軍の航空母艦「エンタープライズ」の甲板の先っぽに付いている2本のツノのような物はなんですか?

甲板の先端にある角は「ホーン」または「ブライドルレトリーバー」と呼ぶ。
空母から艦載機をカタパルトで射ち出すときには、カタパルトの可動部分に飛行機をワイヤで結びつけて放り投げるんだけど、
このワイヤーは消耗品扱いながらこれがなくなると飛行機を射ち出せなくなっちゃうので、極力回収する。
そのための装置。

今は飛行機の前脚についてるバーを直接カタパルトに接続して放り出すようになったので、順次改修されて装備されなくなっていった。
(初心者スレ483:172)

ニミッツ級空母の消費電力ってわかりますか?

原子炉の電力換算じゃなくて艦そのものの発電能力は、ニミッツ級で6万4千キロワット程度だそうですよ。
(初心者スレ367:61,名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)

ニミッツ級空母の甲板に沢山艦載機が並べてある写真を見たのですが、ああやって野ざらしのまま、航海をするのですか?

なんか空母の内部からエレベーターで交番に上げて発信するイメージがあったのですが収納しようと思えば基本的には入りますよ。
ただ、写真を撮る時はアピールのために艦載機を甲板に並べたり、出入港の時は一気に物資を
とりあえず積んじゃうので格納庫のスペースを明けるために艦載機を甲板に出しておく場合が
多いので、そういう写真が多いだけです。
(60:712)
米軍空母は基本的に出しておきますよ
重大な整備があるときや故障、修理時だけ格納庫へ入れます
発着艦時にも用のない機体がそこらかしこにありますよ
パズルみたいに機体を移動させないと発着艦作業もままなりません
(60:715)
米海軍の空母の格納庫は、第2次大戦時以来、基本的にメンテナンス・スペースです。
ですから全機格納は出来ません。
(60:802)

余裕を持ってある程度の機数を発進順に並べておく。
緊急時にエレベーターで上げれる機数なんて高が知れてるからな。
それに格納庫も広い方が整備しやすいし。
(初心者スレ354:851)
邪魔な機体は格納して、滑走路を開けて発進という風に行うのですか?
ちょっと違う
邪魔な機体は移動させてスペースを確保する
まるでパズルみたいに動かす
格納庫、甲板共に余裕は少ない
(初心者スレ354:860)

ニミッツ級航空母艦一隻につき、何隻の水上戦闘艦がその直衛につくんですか?

また、どのような陣形でニミッツを護衛するんですか?

最近は直接的な脅威が減ったこともあって、イージス艦が3隻ないしそれ以下のことも多い
米海軍に固定的な編制というものはあんまり無い
敵の脅威度に合わせて、かなり柔軟に組み替えができる

陣形は・・・・ソース無しだが、最近だと、各艦は数十キロ単位で十分に距離をとった上で
脅威の方向を向いた傘型に近い陣形をとると聞いたことがある
(498:760)

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦×2
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦×4
オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート×1

陣形は横陣
(498:761)

第7艦隊であれば、空母一隻に対してイージス巡洋艦2隻、イージス駆逐艦6隻を配しています。
しかし、これはどこともしれぬ敵地に直接乗り込んで米の意志を軍事的に押し通すために必要な編制です。

ちなみに、第7艦隊は米空母艦隊の中でも最大規模であり、1991年の湾岸戦争時における空母戦闘群(レンジャー)は、
空母一隻に対し、イージス艦は巡洋艦2隻、駆逐艦2隻でしたし、2003年のイラク戦争時の空母打撃群では
空母一隻に対し、イージス巡洋艦2隻、イージス駆逐艦1隻でした。2015年以降の新型空母を囲む打撃群では、
イージス艦は巡洋艦1隻、駆逐艦2隻が想定されています。
(356:19)

アメリカ海軍の空母には専門のコックさんはもちろん、理髪店や郵便屋まであると聞きましたが、その人達は皆軍人さんなのでしょうか?

民間人も多少乗っているようです。
国際法上の取り扱いとしては、軍属になるんでしょう。

例えば、スポーツジムのインストラクターや、
補給部門のレクリエーション関係のアドバイザーは、民間人だそうです。

他方で、実際の業務、例えば遊具の貸し出しをしてる人は軍人主体みたいですね。
図書館も教会で管理してるというので、軍人さん(従軍牧師は軍人)でしょう。
http://nin-r.com/intr/ashikawa3/39.htm
(513:634:◆yoOjLET6cE)

現在の米空母は、大戦中の空母より装甲等における防御力は増しているのでしょうか?

またホーネットやレキシントンを撃沈したのと同量の爆雷撃を受けた場合、最新鋭の米空母はどうなりますか?
昔の軍艦の防御力の分析というのは、なかなか簡単にいかないもので、だから未だに最強戦艦を論じると答えが出ないし。
まぁ、空母同士で比較して、あくまで想定で話をするなら、直接防御力は、そう大きく飛躍してるわけではない。
ただ、ニミッツ級の方が船体が遥かに大きい上に、ダメコンも優れているから、総合的な防御力で言うなら
現用空母の方が優れていると断定して、まず間違いは無い。
同等の雷撃(当時の魚雷を2発程度)を受けたと仮定しても、耐えられる可能性は高い。

1960年代にベトナムに派遣されていた空母エンタープライズとフォレスタルが、艦載機が搭載していたロケット弾の爆発に起因する大火災をおこしている。
どちらも大量の死傷者を出し、フォレスタルは甲板に大穴が開いたが数ヶ月後には修理を完了している。
(ちなみにフォレスタルの事故では当時艦載機パイロットだったマケインが巻き込まれ、九死に一生を得ている。)
水線下に攻撃を受けたらどうかという例はないが、甲板上の爆発、火災ならこのように強靭であることは証明されている。

現在の艦船用重魚雷は、巡洋艦程度なら2~3発で沈めてしまう。
アメリカの多目的魚雷MK48 ADCP、ロシアが誇る重魚雷 65cm魚雷、
巨大空母の装甲板が発達していることを考慮しても、4~5発も食らえば完全に航行不能だろう。
散発的に右舷左舷に食らった程度なら長く耐えるかもしれないが艦船攻撃でそんなマネはやらん。
一極集中が基本だからだ。
(531:376-383)

CVN-65エンタープライズは8基もの原子炉を搭載している為にニミッツ級と比べ効率が悪いそうですが、何故長期改装の際に最新の原子炉と交換しなかったのでしょうか?

そもそもエンプラの原子炉室は原子炉一基ごとに独立した8個の遮蔽空間で出来てるんで、
それを原子炉二基用に作り直すなんて不可能ですよ。
(340:名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)

アメリカの空母は艦橋の窓ガラスが二階建てになっていますがアレは何故ですか?

現代のCVNなら上の艦橋が航海艦橋、航海に関する指揮を執る場所。
下の艦橋は「アドミラルズ・ブリッジ」戦闘艦橋、簡単に言えば司令部が乗ってる。
(その他にも「プライ・フライ」と呼ばれる飛行作業管制所が有る)
(334:958)

80年代までの米空母は着艦の際はミサイル爆弾は一切投棄する規定だったんだが…着艦に失敗してミサイル暴発、なんて事故は実在するの?

少し古いですが、
1967年7月にフォレスタルでミサイル暴発。
死者134名、負傷者161名、航空機21機破壊、43機破損、損害72000000ドル相当の事故が。

1969年1月にエンタープライズでロケットの暴発で、
死者28名、負傷者343名、56000000ドル相当の事故が発生しているようです。
(325:ヴァンツァー厨)

二ミッツ級空母の空中給油方式はプローブアンドドローグ方式しか選択できないのでしょうか?

フライングブーム方式の艦上空中給油機を開発して運用することは可能でしょうか?
今更海軍機&海兵隊機を全部フライングブーム式にするメリットは何もない。

フライングブーム式は着艦や発艦のときに”擦る”危険性があること、
ポッド式にして外部搭載できないこと、給油機の操作員に専門の訓練が必要な
こと、一度に複数の機に給油できないこと、といった欠点があるので、
海軍機、特に艦上機には向いてない。
215 名前:名無し三等兵 :2006/10/18(水) 02:46:01 ID:???
プローブアンドドローグはフライングブームに比べて同じ時間の送油量が少ないし、
給油が難しいから使いものにならない。
やっぱり、送油量が多く、給油が簡単なフライングブームが一番。
(316:211)

フォレスタル級やキティホーク級の中には艦橋下部を黒く塗装している艦がありますが、これにはどのような理由があるのでしょうか?

同型艦との識別用。
先代のレキシントンとサラトガが煙突に黒い帯描いて区別してたみたいなもの。
もっともそれとは違って帯のある無しで識別するのではなく、艦番号が見えない状態
でも遠めに見て艦橋の形が違ってるように見えるので、それで艦を識別する。
同級艦の中でも黒い艦とそうでない艦があるのはそのせい。

昔みたいに一任務群や任務部隊に複数の同型空母が所属することがなくなったので
あまり意味がないし個艦の活動状況を把握されるのですぐにやめた。
(298:679)

戦後、米空母は全長330m前後を維持してきましたが、この330mはなんですか?

通常空母からニミッツ級のCVNになったとき、330メートルにして、
F-14がギリギリ発艦できるようにした。それでも実際には足りないのだが、
これ以上大きくすると、動力とのバランスで、艦速が落ちてしまうから、
約330メートルを維持している。
(672:292)

戦後、米空母は任務が多様化することによって搭載機数が増加したのですか?

米空母のとった道は機数の増加ではなくマルチプル化です。

1970年代の米空母航空団の標準編成は
F-4ファントム×24、A-6イントルーダー×39、KA-3スカイウォーリア×5、E-2ホークアイ×4、UH-2シースプライト×3、C-1トレーダー×1の合計76機

1990年代は
F-14トムキャット×18、A-6イントルーダー×24、EA-6プラウラー×4、E-2ホークアイ×4、S-3バイキング×6、SH-3シーキング×6、C-2グレイハウンド×1の合計63機

現在は
F/A-18ホーネット×48、EA-6プラウラー×5、E-2ホークアイ×5、SH-60オーシャンホーク×4、C-2グレイハウンド×1の合計63機

以前よりかなり機種・機数共に減っています。
その分各機体が様々な任務をこなせるものに更新されています。
近い将来はF/A-18ホーネットの半数がF-35ライトニングと、X-47ペガサス無人攻撃機で更新される予定で、また電子戦機もF-18系列のグラウラーに更新されます。
(673:465)

戦後間もない頃、新型空母のユナイテッド・ステイツが建造中止になったのは何故なのでしょうか?

戦略空軍に予算を分捕られてしまったから。
要約すると「これからの戦争は核戦争。 海軍の蚊トンボ艦上機には核爆弾は載せれませんな(プ」な感じ。
当時はジェット化して重量が増して着艦速度が上昇した艦上機の着艦だけでも苦労していたから、
核爆弾を積んで核攻撃ってのはまだ難しいと思われていました。

後、日本が大戦に敗れて最早、機動艦隊同士の戦闘は当分起こらないだろうと思われ、
それなら大戦時に大量に作ったエセックスやミッドウェーを改修して使えばいいと思った為。
(291:ue ◆WomMV0C2P.)

当時アメリカは急速に全軍の核武装化を進めていたが、戦略爆撃機を持つ空軍、
ロケット爆弾(後の弾道ミサイル)を持つ陸軍に比べて、海軍は戦艦用の核砲弾
くらいしか核運用能力がなかった。

当時空母から飛び立てる艦載機では重くて核爆弾が積めなかったので、海軍は
核戦力の点で一歩遅れを取ってしまった。
そのために、核爆弾が積める大型の攻撃機が発艦できる超大型空母計画だったの
だが、
「空母は敵国の沖合いまで近づかなければ攻撃できない。アメリカ本国から直接
敵国を狙える爆撃機に比べると、空母は大掛かりで無駄の多いシステムである」
とされ、海軍の超大型空母計画は没になってしまった。
(291:885)
それならばほとんど間を置かずにフォレスタル級が建造された理由が分かりません。
主な原因として朝鮮戦争の勃発が挙げられます。
突発的に始まった戦争に航空母艦が即座に対応出来た為、国連軍が劣勢の最中、空母艦載機が有用な航空戦力として活躍しました。
この時の活躍が認められた為です。陸上機だと基地の確保や整備隊の移動とかで色々手間がかかるので。

また、A-3スカイウォーリアの様な核攻撃が可能な艦上機の開発や、大型艦載機の運用に対応する為の
カタパルトの出力強化、アングルドデッキ、着艦誘導灯の装備などの改修の目処が立った事も要因となっています。
(291:ue ◆WomMV0C2P.)

アメリカ海軍の現在試作段階の新型空母、ジェラルド・R・フォード級は何故ステルス機能が付いているのですか?

あんなでかい船にステルス機能つけたってすぐにバレると思うのですが。
一定距離に近づくまで艦種不明(空母とわからない)。
イージス艦にしてもステルス対策を順次施しており、
艦隊のレーダー像を見ても、空母攻撃群なのか
遠洋漁業船団なのか、空母艦載機の攻撃範囲にはいるまで
わからない。それは価値あることでしょう、普通。

ついでに言えば、原潜は「比較的」見つかりやすいですが、
高速移動可能で、1週間一定地点で待ち伏せすることもできます。
日本の要求には合わなくとも、それなりに能力はある艦ですね。
(690:system ◆systemVXQ2)

アメリカの空母がなぜ福島原発の放射能漏れで退避するのかわかりません。

G・ワシントンの理由は謎ですが、最初の爆発事故の直後R・レーガンも沖合に退避しましたよね。
アメリカ空母は核戦争下でも稼動できるようなっているのではないのですか?
もちろん核戦争時にも稼動できる。
今回の退避は自主判断ではなく本国からの命令かと推測できる。
ちなみに換気フィルターの汚染を避ける為。
換気フィルターの交換は本国でしか出来ないので汚染して作戦不能になるより一時避難を選択しただけのこと。
うがった見方でリビアに向かったなんてのもあったけど、一時退避の見方が有力。
(695:93)

F/A-18が空母に配備されるくらいまで米空母には多種類な攻撃機が配備されていましたが、なぜでしょう?

A-4やA-6、A-7といった攻撃機を混在させないでA-6の一機種にした方が整備だったりでメリットがあるような気がします 
まず前提として、現代の様に
「何でもF/A-18(空軍の場合F-16)で対応できる」
という常識自体が、当時から積み上げられてきた技術の成果であるという点を認識しておいて欲しい。

A-4やA-7とA-6とでは用途が異なる。まず前者2機種は主に軽防御目標に対する近接攻撃を行なう機体。
こういった任務には、A-6の様な重装備の機体よりは、比較的軽装で小回りの利く機種を当てる方が当時としては合理的だった。
特にA-4は電子装備その他でかなり思い切った簡略化がされている機材で、夜間攻撃などはある程度度外視している。
対してA-6は夜間の低高度侵入や長距離作戦が可能な言わば重攻撃機。

背景の状況としては、現代の様に全ての戦術機に電子的な防御手段が必要(かつそれが必要)な時代では無かったと言う事。
当時の地上部隊の対空火力は火砲を主体としたものが大半で、SAMの脅威が顕在化したのがベトナム前後だった事に留意されたい。
特に、現代では常識化しつつある携行SAMの類は影も形もないと言ってもいい位。

結果的に、あなたが考えた通り「予算と合理性」の問題。当時としては機種を統一して整備や運用の合理化を図るよりは、用途に合わせて
多数機を用意するほうが合理的かつ安上がりだったという事。それが限界に達したからこそのF/A-18への統一化がある。
(258:247)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯