欧州戦全般3


第二次大戦中にドイツ軍によって、200人からの住民を虐殺されたと言う事で大戦後もあえて復興せず、保存してあるフランスの村って何という名前ですか?

オラドゥール・シュール・グランヌ
この辺のサイトなんか参考に。
http://www.keelhaul.me.uk/travel/oradour.htm
(57:567)

ナチスの作った収容所が連合国に占領され、そこにドイツ軍の捕虜を入れて虐待したってマジ?

米軍は終戦後拘束したドイツ兵を捕虜ではなく「武装解除敵軍」であるとして、
ジュネーブ条約で定められた捕虜として取り扱いませんでした。その結果彼らは、
テントもない鉄条網に囲われた屋外で、水も食糧もないと言う劣悪な環境下に放置され、
多くのドイツ兵が死亡しました。
詳しいことを知りたければ、パウル・カレル著 学習研究社
「捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路」を読んでおくれ。
(58:811)

降伏寸前のフランス軍に負けたイタリア軍ってどんな戦いだったのですか?

普通にニース辺りに侵攻して、普通に撃退されました。
後、空襲を行っていますが、被害甚大で撃退されています。
(59:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

ノルマンディー上陸作戦で何人の連合軍兵が死んだのですか?

詳細な資料がないので大づかみですが、連合軍はほぼ10,000人の死傷者を出してます。
うち、死者は4,000人以上ということです。
(59:645)

普段は雨のはずなのにその日に限って晴れてしまいヤーボが飛んできて戦車隊が壊滅したドイツの第二次世界大戦末期の作戦を教えてください。

バルジの戦いといわれる戦いデスね。
ドイツ側の作戦呼称は「ラインの護り」だったはずデス。

アルデンヌ高原を抜けてアントウェルペン(連合国の後方兵站基地)を打撃すると
いう作戦だったと記憶しているデス。
これにより、ドイツ軍は手持ちの機甲戦力をほとんどすり潰してしまったデス。冬
の天候悪化を狙って航空優勢が敵にあったのをなんとか相殺しようとしたわけデスね。

付記するならば、アルデンヌ高原に突進したドイツ軍がバルジ(突出部)を形勢し、
これが連合国に翼を突破されて包囲され失敗したデス。
(61:81式●VNMI ◆TYPE81/oDg)

ドイツ軍の4号戦車と連合軍の駆逐艦が戦って、駆逐艦が大破して負けた事実はあるのでしょうか?

1940年の対フランス戦で起きた実話です。正確な記録調べは勘弁。
シチリアでもヘルマン・ゲーリング師団(空軍の戦車師団)のタイガーが
同じことやっとります。こちらは1943年だったかな・・・
前者は撃破しとります。
(61:一等自営業 ◆JYO8gZHKO.)
グランドパワー誌95年5月号に同様の記述があります。

フランス侵攻の最中の1940年5月25日に、ブーローニュを攻略した
第2戦車師団第3戦車連隊の第4中隊のⅣ号戦車二両が、
同港に停泊していた英駆逐艦を奇襲、攻撃の末大破着底、国防軍公報にも報道されました。

しかし、一方では同港を最後に出港した英艦は駆逐艦ヴィミエラですが、
無事出港し、1942年1月まで健在であり、撃沈・撃破されたという記述はないようで、
本当に「駆逐艦」を撃沈したのかはどうもアヤフヤです。
(61:811)

戦後ギリシャが共産化しなかった理由は?

第二次世界大戦中、欧州戦線では、しばしば戦死者の埋葬、負傷者の
交換などで連合国とドイツ軍が前線で停戦協定を結んでいた。
これ自体、ヒトラーの耳にはいるとタダでは済まなかったのだが、一件
だけ例外があった。

ギリシャのイオニア海に浮かぶクレタ島などの島嶼に駐留していたドイ
ツ軍は、連合国軍の黙認の下、全員無事にヨーロッパ本土にたどり着いた。
但し、英国との協定で、その部隊はバルカン半島を侵攻するソ連軍から
ギリシャのテッサロニキなどを防衛するために使用されることになっていた
のである。
このため、ソ連軍の侵攻を免れたギリシャは戦後の共産党軍との戦いに
勝利することが出来た。

欧州情勢は正に複雑怪奇なり。
スターリンとチャーチルとの話し合いで、ギリシャはソビエト勢力の影響はそれほどなかったんじゃないの?
相手はスターリンですよん。

あわよくばバルカン半島全てをソ連の勢力範囲に入れようと画策し、
ユーゴを通じて(ユーゴもギリシャのマケドニアの領有を主張してた。
ついでにブルガリアもね)、共産党パルチザンに軍事援助を与えてた
訳で。

それに不信感を抱いていたのがチャーチル。
これは、1944年後期にドイツ軍が英国軍に交代するや否や、ギリシャ
共産党のパルチザンが蜂起したことで決定的となります。

その後、英国の支援で1946年までに共産党の蜂起は鎮圧されましたが、
王制に関する国民投票(ギリシャの国王はドイツのザクセン王の系統だった
ので、ドイツから解放された国の元首としてはふさわしくないと言う国民世論
(と言うか共産党のアジテーションによるもの)に押されて国民投票を行うこと
となった)を実施し、王制が支持されると、再度内戦に突入。
1949年までこれが続いた。

これが、ソ連軍支配下だったらどうなってたかね。
(続★信じられないが、本当だ。:眠い人 ◆ikaJHtf2)

ポーランド、ベルギー、オランダはなんであっさり負けたの?

え~っと、巷間言われるようにポーランドってそんなに弱小国じゃないですよ。
戦車とかの数が少し足りなかっただけで、ソ連が背後を突かない限り、相当
互角な戦いを繰り広げていたです。

ベルギーとオランダ、こっちは両方とも中立国だったので、準備が出来ていな
かった。
ただ、ベルギーの方は第一次大戦で煮え湯を飲まされたため、英国と協調
するなどの準備が出来ていたです。
第二戦線的発想でそんなに押し寄せる兵力がないと思ったのが誤算だった
かもしれません。

フランスとて、戦略さえあれば、ドイツはあっという間に負けていたでしょうね。
ポーランド相手にちょっかい出しているうちに、背後から攻め込めば、少なくとも
塹壕戦状況には持ち込めたんじゃないですかね。
(WWⅡのフランス陸軍:眠い人 ◆ikaJHtf2)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯