米軍機全般



アメリカには、退役した作戦予備機(何千機?)が砂漠に保管されてますが、古い飛行機を飛ばすパイロットはいるのですか?

デビスモンサン空軍基地ですね。
軍民合わせて、砂漠に保管しています。
本来の用途は現役機の予備部品取りと、発展途上国に売り払う前の保管所です。
(14:眠い人 ◆ikaJHtf2)

航空機の用途なんですがF-15とB-52の違い位はわかるんですがそれにF-14.F-18.A-10.ステルスがでてくるとよくわかりません

F-14 空母に搭載され、空母の艦隊を上空で護衛、攻撃隊の護衛が主任務。
   爆弾を搭載できるタイプもある。

F-18 空母に搭載され、対艦、対地、対空攻撃など何でもこなせる。
   空母を持たない国にも輸出されており、それらは陸上型となっている。

A-10 対地攻撃専用、強力な固定砲が特徴。

ステルス レーダーに「映りにくい」航空機の総称。もしくは技術の総称。
(9:バーナー保守員)

C-130輸送機は戦車を搭載することできないですよね。先の湾岸戦争では大量の戦車を輸送艦で送り込んだのでしょうか。すごい時間かかりそうだな。

湾岸戦争では、戦車を含む重器材は ほとんど事前集積船、高速輸送船などRoRoタイプの大型船で運ばれました。
逆に人員は、ほとんど航空機によって運ばれました。
(9:G_Tomo)
軍事海上輸送コマンドMSC隷下の事前集積船MPSは13隻で
湾岸戦争直前には以下の通り展開されており、総動員で初期展開に貢献。
 第1MPS船隊:大西洋カナリヤ諸島(4隻)
 第2MPS船隊:インド洋ディエゴ・ガルシア(5隻)
 第3MPS船隊:グァム・サイパン島(4隻)
(9:602)

CNN(?)ニュースでアメリカのマンハッタン上空を防衛している部隊のニュースをやっていたのだが、F16が飛行場で待機している映像で翼下と胴体の下にモザイクがかかっていました。

疑問に思ったんですが今時F16の装備でモザイクをかける必要のある装備品なんかあるとは思えないのですが。
のっとられた民間機をミサイルで撃墜しちゃったことを
悟られたくないのでしょう。
(10:211)
おっしゃるとおり、いまどきF-16の装備でモザイクが必要な物があるとは
思えません。

211のとおり・・・でもないですが、ミサイルなどを映して余計な論議を
呼びたくなかったのでしょう。

落ちた旅客機がミサイルで落とされたとは思いませんが、次にハイジャックが
あった場合、映されたミサイルがその旅客機に向かって飛んでいくかも知れないわけですから。
(10:system)

輸送機に機関銃どころか大砲までつけちゃった”スペクター”なる飛行機は実践投入された事あるんですか?

ガンシップと呼ばれれいて実在します。ベトナム戦争当時にはもう使っていました。
「スペクター」はC130輸送機を改造したものにつけられている愛称です。
口径が100mmクラス、40mmクラス、20mmクラスの砲を本来荷物室だった場所に搭載してあります。

用途としては地上制圧に使います。砲の向きが進行方向から90度ずらしてあるので
通常航空機が狙えない目標に大量の砲弾を叩きこめます。山岳、ジャングルなど
戦車が入りこめない場所では非常に有効です。
プロペラ機なので制空権の無い場所では使えないと思いますが、大型機なので携帯ミサイルで落すのは難しそうです。
(10:バーナー保守員)

米軍の爆撃機のナンバーってB-70くらいまでいってたハズなのにどうしてまた再びB-1から始まってるんですか?

初心に返るってことで。
余り大きな数字もややこしいし。
日本海軍でも潜水艦なんかは、新「イ-1」が終戦時に完成直前だった。
(10:ss)
名称統一化なんかの動きでナンバーがリセットされたと思います。戦闘機も
F-100台に達していたのが出直しになりました。
(10:425)

AC-130がタリバァンを攻撃してるってテレビでいてました。それってそんなにすごいの?

まあ誘導爆弾より安価に精密攻撃が可能と言う事だろうが
秘匿されたミサイルや対空火器で撃墜されるリスクが有ると言う事だろうか
(12:某研究者)
AC-130Hで20mmバルカン3000発、40mm砲弾256発(ニゴロかよ(^^;)、105mm砲弾
100発を、昼夜を問わず撃ち込んでくれます。しかも40mmと105mmについては
弾着をレーダーで追跡して修正を加え、抜群の命中精度だそうな。

低速なのでいい的にはなるわけで、これまでに8機(ベトナムで6機)落とされてますが、
アフガンの対空攻撃強度はちゃちそうですから、かなり無敵な感じだと思います。
(12:system)

米空軍のRF-4Cってまだ現役ですか?

残念ながら退役したようです。
(16:眠い人 ◆ikaJHtf2)

ガンシップっていうやつはガン(弾)ばら撒くだけなの?

ガンシップはレーダーや赤外線暗視装置など、対人、対物監視装置が多数積んでおります
目視も重要な観察手段ですが、それだけに頼っているわけではありません
また、105mm砲なども搭載しておりますが、基本的には掃射攻撃です
(16:937)

米軍の飛行機に付いてる≡☆≡これって何のマークですか?

国籍マークです。
元々は、赤青白の同心円マークだったのですが、ロシアと似た形だったので、
青○に★、そして★の中心に赤い○に変わりました。

ところが、太平洋戦争が勃発して赤い○の部分が日本機のmeatballと間違われて
誤射されるケースが多かったので、赤い○を取り除き、青○に★になりました。
その後、太平洋戦域での敵味方識別マークとして袖が加えられ、戦後、赤い線が袖の部分に加わりました。
(21:眠い人 ◆ikaJHtf2)

なんでアメリカのヘリや飛行機は頻繁に墜落するの?

運用している機数が多いからです。
事故を起こす確率が同じなら母数が大きい方が絶対的な事故の数は多くなります。
(22:21)

F-117 Nighthawkって基本的に塗装は黒一色ですよね?

試験飛行の段階では、その特殊な機体形状を隠すために
迷彩塗装を施されていたそうです。
(26:107)

A‐7の開発目的って何ですか?A‐4を使いつづけるという方法はなかったのでせうか?

A-4は本来は核攻撃機として造られたから、
通常攻撃能力はあんがい弱い。まあ機体相応か。
それに対してA-7は通常戦を念頭に開発された。
(33:153)

アメリカ軍の航空機は、空軍機と海軍機それぞれ空中給油の方式が違っていますが、何か理由があるのでしょうか?

双方の得失を列挙してみると、
 *フライング・ブーム方式(空軍機)
○給油機側が操作するので被給油機の負担が少ない。
 硬性の給油管を使うので高圧で給油ができる(大型機の給油時間の短縮)
×給油ブームが大きく張り出す
 *プロープ・アンド・ドローグ方式(海軍機)
○軟性のホースを使うのでポッド式にできる。(給油機の改造度が低い・小型化可)
×被給油機にプローブを合わせる技量が要求される。

スペース重視の海軍機と効率重視の空軍機という要求の結果だと思います。
(38:名無し軍曹)

オスプレイって敵前強襲やCSARに使われる予定あったんだっけ?

敵前強襲、CSAR、特殊戦機、AEW、電子戦機、ガンシップ、およそ
なんでもありの宣伝がオスプレイであります。とりあえず敵前強襲
はデフォルトで仕様に入ってます。
(40:721)

B-36ってレシプロですか?それともターボプロップでしたっけ?

レシプロ6発+ターボジェット4発が正解
(42:230)

冷戦時に、F-117のヤバ気な秘匿名称を発表したのはなぜですか?

F-117の名称の公表はソ連崩壊の直前、つまり冷戦の行方がダレの目にも
明らかになった1986年ごろだ
それまではみんな「F-19」だと信じていたのだよ

秘密計画といえども、書類は作成し、予算も申請しなければなりません。
目撃者が増え、敵に存在そのものが知られてしまえば、ないフリをしても
意味はなく、逆に欺瞞的名称で混乱させる方がマシと言うことにもなります。
(44:750-751)

B-52に次ぐ、米軍の大型戦略爆撃機ってありますか?

次ぐというのが後継機という意味ならB-1Bランサーや
あなたのあげているB-2スピリットが後継機となります。

しかしこれらの機体は高価で運用にも金がかかるため、
実質的に現在も数の上ではB-52が米戦略爆撃機の主力となっています。
(48:465)
B-52が無くなったとして、その役割を受け継ぐ飛行機があるかというと、
「まだ存在しない」という見方もできます。B-52そのものは2040年まで現役の予定であり、
B-1やB-2とはお互いに「できないことを補い合う」関係だからです。
(48:ふみ)

米海軍機のモデックスのあたりに、EとかSとかのマークが描いてあるのは何でしょうか?

米軍には一定期間大きな事故を起こさなかった航空部隊に対して飛行安全褒章
(フライト・セーフティー・アワード)が与えられます。海軍ではセーフティー"S"と呼ばれており、
海軍作戦部長からこれを授与された飛行隊が機体に「S」の文字を記入することが出来ます。
またこれとは別に、部隊運営が優れていると認定された部隊にはバトル"E"が授与され、
機体に「E」の文字が記入できます。
海軍艦艇でも、運営が優れていると認定された艦は錨を金色に塗ることができるそうですよ。
(51:名無し軍曹)

エアフォース・ワンは「MOTZ」と同型のものが装備されているのでしょうか?

また日本の政府専用機にも装備されているのでしょうか?
どちらの機体にも防御装置が搭載されているのは間違いないでしょうが、
機密事項として内容は全く公開されていません。
ただ、先々代の「エアフォースワン」VC-137C 62-6000 には排気口上部に
円錐形のフェアリングカバーが付いており、おそらくそれが対赤外線ミサイルジャマー
ではないかと思われます。
(52:515)

B-2爆撃機はなぜあんなに高いのですか。

製造機数が極端に少ないんで、機体価格に開発費÷機体数が含まれてるのでは。
2機だけ製造のXB-70なんて1機5、000億近かったそうだし。
(54:84)

ギャラクシーとジャンボのコンペでもしジャンボが勝っていたらギャラクシーが旅客機になっていたのでしょうか?

LockheedはL-1011で営業的に失敗していますので、例え生産されていても、
少数生産か、貨物専用機で終わっていたでしょう。
Boeingはその点、固定顧客を持っていましたので(United、PANAMとか)、
ローンチしやすかったからと思われます。
(56:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

アメリカ軍の航空機のFはファイター、Bはボンバー、AはアタッカーみたいですけどPは何を意味しているのですか?

陸軍航空隊 Pursuit(追撃)「戦闘機」の事。空軍独立後は
Fになった。

 海軍航空隊 Patrol(哨戒)
(56:12)

戦闘機のF-4の名前ってファントムⅡ ワイルドキャット コルセアどれが正解ですか?

全部正解。
もうすこし具体的に書かないと答えでないよ。
ちなみファントムⅡがF4H(ハイフンつかないならこれでいいはず)
ワイルドキャットがF4F、コルセアがF4U
(56:バッチ3)
ついでに言うとF4Bもあるよ。
(56:353)

MC-130って、アメリカ本土から沖縄基地に飛んでくるんですか?

直接来る場合は太平洋上で数回の燃料補給を行います。
航空基地を経由する場合は本土>ハワイ>日本。あと
グアムを経由すると思います。
(57:一等自営業 ◆JYO8gZHKO.)

輸送機(爆撃機?名称失念)に大口径の砲を搭載して地上を攻撃する意味がいまいち分かりません。

攻撃力のわりに経費が安い。
もとはベトナム戦争でベトコンに銃弾のシャワーを浴びせる目的で開発された。
(58:292)
絶大な火力を、限定された地域に継続的に指向することが出来ます。
砲兵が射撃出来ない遠距離でも問題なく火力を投入出来
なおかつ、戦闘爆撃機の近接航空支援よりも、継続的かつ執拗に攻撃出来ます。
(58:294)
機銃掃射よりは破壊力があり、
爆弾よりは命中率が良く、
ASMよりも経済的。
(58:296)
ガンシップと称されるものです
低速でグルグル旋回しながら機関砲や速射砲を目標に撃ち続けます。
そのため弾薬を撃ったらあっというまに飛び去る攻撃機より大量の弾丸を叩き込めるわけです。
もともとはペイロードの大きい輸送機を改造したものですから撃墜される可能性の低い戦場で使われます。
例えばベトナムとかといったゲリラ相手ですと安全に大火力を発揮出来るわけです。
ただし、ロクな対空兵器を持ってないような敵にしか有効ではありません。
(58:297-298)

その気になればF-117を空母から発鑑することってできますか?

F-117は構造上カタパルトが使えず、また離陸滑走に2000m近く必要だそうなので
軽荷状態でも空母から飛び立つのは無理と思われます
(63:483)
F-117Xと言う機体が海軍に提案されたらしい。
と言うことは発艦するだけなら、F-117も空母運用できるんじゃないかと思ったが。
(63:眠い人 ◆gQikaJHtf2)
F-117Xは主翼後退角を大きく減らして、やっと離艦性能を
確保しております
70°近い後退角を持った現用F-117が自力で離陸するのは不可能です
Xに先行して提案されたF-117Nなどは可変後退翼を採用しておりました

また調べたところハブ・ブルーが陸上で空母着艦に見立てた模擬試験を
行ったことはありますが、離陸試験はやってないようです(ソースは
ワールドエアクラフト。信憑性は微妙…)
(63:665)

AC-130に搭載してる105㍉砲は専用に設計されたものですか?それとも他からの流用?

陸軍の105mmりゅう弾砲を流用しています。
(66:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

B-2爆撃機って幾らしますか?

1000億円から2500億円まで検索サイトによってマチマチなんすけど
兵器というのは希望小売価格や定価がある訳ではありません。
B-2は国内用ですが、国内用でも発注量や企業との政治的関係によって納入価格はいくらでも変化します。
(68:107)
現在、飛んでいるB-2Aの価格は$22億ドル(約2500億円)です。
メーカのノースロップ・グラマンは追加で40機の発注を受けた場合、1機$7億ドル(約1000億円)で
製造可能との報告を、2001年に空軍にあげていますので、1000億円という数字は新しく生産した
場合の数字でしょう。
(68:108)

米海軍機のコックピット横あたりに描いてある“E”とか“S”のマークは何ですか?

“E”→年間を通して優秀な成績を収めた部隊に授与される褒章"バトル・エフィシェンシー"
(通称バトルE)を授与された事を表すマークです。

“S”→年間を通して最も重大事故が少なかった部隊に授与される飛行安全褒章
セーフティー"S"を授与された事を表すマークです。
(70:名無し軍曹)
米海軍の駆逐艦や空母の艦橋に「EEEEEE」とか書かれてるのも同じ意味でしょうか?
そうです。
(70:名無し軍曹)

大型機のB-29より軽自動車並のスカイレーダーの方が荷物を沢山積めるのはおかしいと思うんですが、スカイレーダーは化けもんですか?

大型爆撃機は、航続距離とか乗員の数とか別のところに
性能を振り分けるのでかならずしも搭載量が多くないこともある。
また、プロペラ機はジェットに比べ多発の効率が悪いことも影響する。

スカイレーダーは超優秀な搭載量とは言えるが、理解不能というほどでもない。
(70:253)
あ、艦上爆撃機のスカイレイダーと長距離爆撃機のB-29では、航続距離や
速度性能が別次元。
だから、単純に比較してもあんまり意味はないぞ。
(70:258)
スカイレーダーが軽自動車並み?
スカイレーダーの全長全幅重量出力を他の単発攻撃機と比べてみたことがありますか?
あるいは同一縮尺の図面を比較したことがありますか?ありゃ間違いなく化け物ですよ。
(70:259)

B-52で、対処できない例ってどんなのかなぁ?

老朽化による飛行途中の故障
以前行っていた超低空侵攻は機体強度に問題があるため禁止されています
(71:766)
B-52の利点
  • 爆弾倉がデカイのでたいていの空中投下型兵器は積める
  • 搭載余力も大きいので沢山爆弾が積める/長距離爆撃が可能
  • 長年使われ実績が有るので使いやすい
  • 減価償却が終わってるので万一落とされても(w

B-52の欠点
  • レーダー反射しまくり!(B-1と比べても100倍見つけやすい)
  • 低高度侵入が出来ないので防空網を掻い潜るような任務は出来ない
  • ええかげん引退させたれよ、と言うぐらい使い続けているので、あれやこれや
と改修しなきゃいけない点が出てきて今後はコストメリットは薄れる予感

要するに「沢山積んでデッかく落とす」型の爆撃機としてこれを超える機が無い。
B-1はそもそも低空侵入>高速離脱の為の可変翼爆撃機で、B-2はご存知の
通り相手に気付かれないうちに爆弾落とす隠密爆撃機で、ミサイル巡洋艦並み
の金食い虫なのでそうそう気軽に扱えない。

露払い役の対地攻撃機が敵の防空網をズタズタにした後にとにかく沢山爆弾
落としたい、てなシュチエーションではまだまだ老兵は使い勝手が良いのです。
(71:769)

B-52の機体尾部にM61がついているようには見えず、少し延長しているように見えました。改良機かなにかですか?

B-52Hですバルカンは廃止されています。
(73:90)

B-52にステルス性ってあるのですか?

B-52にはステルス性はありません。
(73:113)

F-117って空爆しにいくのに爆弾積んでるの見たことないんですがなんでですか?

F-117はステルス性を保つ為全兵装を爆弾倉に搭載します。(といっても2000lb誘導爆弾X2くらいですが)
過去最も多くの爆弾を積んだのは、ベトナム戦争時のB-52Dビッグベリー改修型の500lbX108です。
(73:148)
F-117が胴体の中に爆弾を積むのは、外側に剥き出しで積むと
それがレーダーの電波を反射してステルス性能が台無しになるため。

F-117の他にも胴体の中に爆弾やミサイルを積む軍用機は結構ある。
レーダー電波の反射を防いでステルス性能を高めるためと、空気抵抗を
下げて速度を出すため、というのが主な理由。
(73:151)

F-117で持ってけるのが「2000lb誘導爆弾X2」って少なくってビックリです

 2000ポンド、ということは約900Kg。
それを2個なら1.8トン。
航続距離(つまり、積む燃料の量)のことを考えると、そんなに少ない
領ではない。
 F-117は、一般の戦闘機/攻撃機とは違い、重要な拠点を正確に爆撃する
(ピンポイント爆撃というやつね)用途に使うものなので、搭載量はそんなに
必要ではない。

 弾をバラ蒔いて兵士の集団を蹴散らす機関銃と、一撃必殺で重要人物を仕留める
狙撃銃の違い、といえばわかりやすいだろうか?

 作戦にもよって違うが一回の出撃で4~6時間といった長時間長距離の飛行で、
パイロットは暇を潰すのが大変だったとか>湾岸戦争時のF-117
(73:165)

B-52はどのくらいの爆弾を積めますか。

B-52は22680Kg

F-15Eは12000Kg

F-16Cは5500Kg

です。
(73:大艦巨砲主義 ◆YSWpxW/KVk)
B-52はMk82を最大108発、計27216kgを搭載できる。
(73:468)

米軍の空中給油方式が空軍と海軍で違っていたと思うけど理由があるの?

米空軍の方式はB-47、B-52に短時間に大量の燃料を給油するために考案開発された方法
歴史的世界的には米海軍の使っているプローブ&ドローグの方がポピュラーだ
(73:598)
米空軍→フライング・ブーム方式
      *硬質のブームを使うため、高圧力で高速給油が可能。
      *給油ブームの操作を給油機側が行うため、受給機側の負担が少ない。
      *給油装置自体がプローブ&ドローグ方式に比べて大きい。
       (このため、1機に1台しか装備できず複数機に対する同時給油は不可能)
米海軍→プローブ&ドローグ方式
      *軟式のホースを使うため装置自体がコンパクトで、ポッド式にして   
       固定装備を持たない同系機での給油が可能。
      *受給機側がプローブを受け取るための機体の操作が必要。
(73:612)

F-117は戦闘機ですか攻撃機ですか。

実質上は攻撃機です。
(73:622)
※区分上は戦闘機になりますが、を削除

B-52がイギリスの空軍基地から発進していると言うニュースをやっていますが、何でそんな遠くから発進させるのでしょうか?

B-52のような大型爆撃機の支援設備が整ってる空港ってのはそんなに無いよ
(73:841)

S-3って、現在も対潜任務についているんですか?

以前、質問スレで、「すでに対潜任務を解かれて、現在は空中給油や輸送などの雑役任務に就いている」というレスがあったんですが。
そのとおりです。対潜関係の機材は降ろしています。
(74:FFH331 ◆3.CSSBl9VA)

B-2は戦術爆撃機なの?

B-1,B-2もカテゴリーとしては「戦略爆撃機」

ただ「戦術兵器と戦略兵器」などの区分が最近では説明しにくいように、運用だけ
見てると厳密な区分が難しくはなってきてる。それでもB-2が前線空域を飛んで
戦車を爆撃したりはまずしないから、やはり明確にこれは戦略爆撃機と言えるのでは?
(74:429)
最近はそんな役割もB-2に振るという動きが出てますから(高価値資産の有効利用)、
戦略爆撃機、戦闘爆撃機、戦闘攻撃機、多目的戦闘機といったものの境界ははなはだあいまいです。
まあ、現在地上の友軍が直接対している敵を攻撃するのが近接航空支援、
というのはある程度明確に定義できます。
攻撃阻止爆撃と戦略爆撃の区別が問題で、バクダッドみたいに中枢がはっきり存在すれば
戦略爆撃だと定義できますが、アフガンのようにばらばらになってしまった場合、
発見した敵集団が、こちらを攻撃しようと後方で待機している部隊(=攻撃阻止爆撃)なのか、
それなりの中枢なのか(=戦略爆撃)なのかを明確に分ける事は不可能になってきます。
この辺で、戦略爆撃するから、阻止攻撃をするから、といった機種区分もつらくなります。
(74:system)

プラウラーってのはイントルーダーに似てるけど、親戚なんですか?

イントルーダーのエアフレーム利用して開発されました。
(74:537)

KC-10で人員輸送は出来るだろうが、荷物はどうするんだ?

床下の荷室スペースはないし・・・
KC-10はカーゴスペースもあるよ。
燃料補給だけでなく人員・物資の輸送も出来るというのがウリじゃなかった?
(74:883)

E-2の輸送機版みたいな飛行機はなんていう名前なんですか?

おっしゃる通り、E-2の輸送機版で胴体を再設計したC-2Aグレイハウンドです。
(75:211)

B-1という超音速爆撃機がありますが、音速を超えて飛行中に爆撃なんて出来るのでしょうか?

出来ません。
(75:眠い人 ◆gQikaJHtf2)
超音速で駆けつけることが出来る、というのと、超音速で爆弾を
落とせる(そして当てられる)とは別、ということです。

とはいえ、超音速飛行中に爆弾を落とす事自体は可能です。例:MiG25RB

西側ではF-111のみが可能だったはずです。F-22、F-35も可能かと
いう話のようです。
(75:system)

F-117って爆撃機ですか?

まぁ「攻撃機」でしょう。米空軍の分類では「戦闘攻撃機」かな
攻撃機と爆撃機がどう違うかと追及されると、とても困るのですが
(75:770)
結果論で言えば爆撃機です。
(75:771)

AC-130_GunshipMed これはなんですか?

C-130輸送機にこれでもかと武装を施した攻撃機です。

Gunship=ガンシップってのは輸送ヘリや輸送機を武装した攻撃ヘリor攻撃機の事。
基本的に輸送ヘリor機ですので、信じられないような大火力を積めますが、
輸送ヘリor機なので相手が空対空戦闘や対空能力を持ってたら脆いです。
対地上攻撃力=大、防御力=小、と考えて貰ってまず間違いないかと。

因みに流石に105mm榴弾砲なぞで武装している航空機はAC-130くらいです。
(76:279)

フェアチャイルド サンダーボルトⅡの対弾性ってどのくらいですか?

14.5mm徹甲弾の直撃から23mm弾の弾片まで耐えるように設計されています。
ただし、全体ではありませんから、当たり所によっては穴が開きます。
一応、操縦系はかなり保護してありますが、上手な角度から破片などが入れば落ちることもあるでしょう。
それでも簡単には制御、動力を失わないに設計されてはいますが。
(77:system)

B-52って今でも買えますか? 買えるとしたら一機いくらくらいですか?

誰も売ってくれません。以上。
(79:674)

戦闘機とか爆撃機の数字(F-『14』とかB-『1』とか)って出来た順?

一回リセットされていますが、概ね、発注された順番です。
(83:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

映画「トータルフィア」で映っていたE-4のリアローディングランプってなんですか?

C-130やC-17の機体後部にある、大型貨物積載用扉(と引き込み式斜板)のこと
あの映画では最後の方で空中でランプ開いて突き落としごっこする場面に出てきた
(85:621)

E-4ってどの基地に配備されてるんですか?

一応配備基地は Offutt AFB,(NE) だが、他に展開基地がたくさん用意されており、

通例そうした基地からミッションを行う、とのことです。
(85:814)

大統領がエアフォースワンで移動の際は、予備機も同行するんでしょうか?

エアフォースワンが飛行するさいには予備のVC-25が必ず同行します
(85:782)

有事の際、アメリカ大統領がVC-25からE-4に乗りかえることもありえる?

E-4は基本的には米本土防空用早期警戒機です
「エアフォース1に同行する」という記述は私もみたことはありますが
あまりにオーバースペックであり経費のムダ使いだと思います
宣伝用に何度か編隊飛行したのを通常のことと誤解しただけではないかと
推測しております

またE-4内部には電子機器がぎっしり詰まっており、米大統領一人を乗り
込ませるぐらいの余裕はあってもスタッフ全員を乗せるスペースなどありません

うう、怒りに任せてヘンなこと書いてしまった
E-4は米本土防空用「早期警戒機」ではなく、核戦争の際に核ミサイルを発射する「空飛ぶ(予備)司令部」です
「核戦争の際に米大統領がE-4に搭乗する」説は786のように機内スペースから誤り
大統領はスタッフとともに安全な地下にもぐり、
基本的に脆弱なE-4は連絡が途絶えた際の予備司令部や中継機として使用されます
(85:786-787)

なぜB-1やB-2よりB-52の方が長く現役に留まることになったのでしょうか

B-52は2035年までは使用するとされています。
理由はいくつかあります。
  • ステルス性と速度を除く性能がB-1/B-2より優れているから。
 (航続力・爆弾搭載量など)
  • 機外搭載も可能なため汎用性が高い。(爆弾倉も広い)
  • 故障率の高いB-1・秘匿性の高いB-2より使いやすい。
  • B-2の追加購入に議会が難色を示している。

要するに、通常爆弾ばらまくにはB-52がもっとも適しているということ。
(32:226)
高脅威下の運用(旧ソ連の対空網突破)を前提にB-1、B-2が開発されたが、
実際にはそのような環境で爆撃機を使用することにはならず、であれば
超高価な新型爆撃機の増産よりも、数がたくさんあって運用寿命が十分残っている
B-52を活用すればいいということになった。
想定した使用環境より実戦の方がずっとぬるかった、という比較的まれな例。
まあ、冷戦明けはそんなのばっかりという話もあるが。

ところで、B-1やB-2もまだ現役なわけで、B-52を超える可能性も残ってるわけだから、
お忘れなく。まあ無理だろうけど。

ちなみに、B-1Bはコソボ紛争で投下された爆弾のうち20%を担当。
アフガニスタンのEnduring Freedomでは、投下されたJDAMの70%はB-1Bによるもの。
Iraqi Freedomでは精密誘導爆弾の22%を担当。
(初心者スレ479:490-494)

UCAVの性能って米軍では現在どの程度に目標を置いているのですか?

F-16位?

X-45C、X-47Bの初期の目標がひとまず第1段階の実用UCAVの要求仕様と言われています。

即ち2トンの兵装を搭載して作戦半径2300km程度、あるいは1800kmの作戦地まで往復して、
現地で2時間の滞空可能。ペイロードが控え目ですが、機体内搭載で考えればF-35相当とも言えます。
(378:438)

現在は対地攻撃ができるものを目指しているようだね
F-16が空対空ミッションを行う場合の置き換えなどはまだ狙ってない模様
というかすぐには難しいぼ
(378:438)

米軍が無人機を遠隔操作するパイロットを募集しているという話を聞いたんですが、どのような方法で遠隔操作するんでしょうか?

上等なフライトシミュレーター+カーナビに近い。
ただ、勝手に離着陸したり、勝手に経由点を回ったりしてくれるので、一人で4機ぐらい動かせるらしい。
イラクのUAVをアメリカから動かしたりしてる。
写真見ると、ふつーにスティック&スロットルで動かしてるね。

ちなみに、通信は衛星経由。

着陸とか戦闘とかレスポンスが要求されるところでは衛星を経由しないラスィ
(360:293-295)

頭文字が『E』の軍用機は、E-3のようなAWACSとEP-3のような電子偵察機以外に何かあるんですか?

機種や機名は異なってもEは電子戦関連の機体につけられてますね。
電子偵察機に限ったことではないですが。
たとえば
EA-6(攻撃的電子戦機)、EF-111(侵攻電子戦機)、ES-3(電波情報収集機)、EB-66(電波偵察機/爆撃機部隊随伴電子戦機)
とかありましたし。
(2:136 加筆訂正)

C-5輸送機は73年以降製作されていないようですが、機種の交換や消耗などは発生していないのでしょうか?


つ C-17
ペイロードが30%も違うので用途がすこしことなると思ったんですが。
「C-5で運べる物は何でも運べて、C-130が降りられる飛行場ならどこでも降りられる」
というのがC-17のコンセプトなので
C-5は大きすぎて、前線の急造飛行場のたぐいだと、持て余してしまうのですよ

C-5Bってのもあるな

ん? 80年代にC-5Bが追加生産されてるっしょ?
C-5の損失はコンバットロス3機を含む7機。初期型は2003年から退役が始まっているもよう。
パーツ不足から2001年前半の時点で任務達成率が58パーセントにまで落ち込んでいたそうな…。
(358:864-869)

ロシア機のエンジン寿命は短いと聞きましたが、逆に米軍機のエンジン寿命は機体寿命に等しいのでしょうか?

逆に機体寿命よりも長いといわれてる。

機体寿命、と言っても何を持ってそう呼ぶかにもよる(B-52とかね)が、とりあえずエンジンの中で
「消耗品」と意識されてる部分さえ適切に取り替えれば機体と同じくらいはあったりする。
(507:54,55)

冷戦時代の米軍は何故汎用性の乏しい核攻撃専用機を大量に作ったのですか?

通常兵器をもっと扱える機体を作った方が良いと思ったので疑問でした。
米軍のみならず両陣営とも現代よりずっと核戦争の勃発を憂慮していたから。
また、ICBMと違ってほぼ100%目標に落とせるわけじゃないから、核攻撃に特化した専用機と迎撃機の開発にしのぎを削る事になった。
(359:873)
「核バンザイ」な時代だったから。
冷戦期には核迫撃砲から戦艦向けの核砲弾までありましたから。
(359:874)
核攻撃ですべてを片付けるつもりだったから。
空対空核ロケットジーニーから、歩兵用核迫撃砲までそろってたぞ。
(359:876)
まーそういう時代にも波はあって、ドクトリンが全面核報復戦略から柔軟反応戦略に移行すると
そういった単能核攻撃機は高速偵察機に商売換え(A-5→RA-5)せざるを得なくなったり、低空での泥被り任務でひーこら言うことになったり(F-105)してる。
で、そういう状況になるとあなたの言う通りになって、より汎用性が高くて使い勝手がいいF-4が主力化したりしてる。
(359:900)

V-22って、ヘリに比べて幅がありますよね?スティンガーなんかの携帯対空誘導弾に、ヘリよりも当たりやすいのではと思うのですが、どうなのでしょうか?

当たるタイミングが違うだけで命中率には関係無いぞ!
(俺初質スレ430:109)

アメリカでのエンジンの命名規則はどうなってるの?

ttp://www.designation-systems.net/usmilav/engines.html
それとJ1~J4は存在するみたいなんだよなあ。
J1:(推力3t)計画中止
J2:(推力0.75t)計画中止
J3:ご存じの通り
J4:TJM2を指してJ4-1と呼んでる資料がある。
ttp://www.sjac.or.jp/common/pdf/toukei/50nennoayumi/4_4_nihonnokoukuki5-6.pdf
ただそれでも現在は奇数番だけになるようになってる(あるいはIHIのが奇数になるように調整されてる)かもしれん。

モデルナンバーの桁数はF3をみるにまず試作で1桁、有人機搭載向けに実用化(を前提)でもう1桁追加、
それをベースに試作でもう一桁追加ってとこなんじゃないかなとみてる。
んで、その1桁目が防衛省のプロジェクトとして開発あるいは装備化された順番で連番。
(空自次期主力戦闘機スレ492:21)

E以外のF-15が爆撃任務を行った事はあるのでしょうか?

IDF(イスラエル国防軍)のF-15A/B/C/Dは改修を受け、強力な対地攻撃能力を付与されています。
チェニスのPLO本部爆撃が有名。
ちなみにF-15IはEの派生型。

バズ(イスラエルのF-15A/B)は、Popeye対地ミサイルの運用能力を持ってるよ。
(549:587,593)

アメリカ軍の戦闘機は見にくいラウンデル(ロービジ)を採用していますが国際法に抵触しないのでしょうか?

F-15Jは実に見やすくデカデカと日の丸が描かれていますが…
実はラウンデルを規定する空戦法規って慣習法なんだわ・・・
ラウンデルの視認性について細かい規定がないし・・・
(ちなみに原文は読めない)

これが陸軍だったらら兵員はハーグ陸戦条約による
「遠方から識別可能な固有の徽章」を着用しないといけないし
(現実には小さめに書いたりしたけど)
海軍だったら所属を明らかにする旗を指定の場所に立てないとだめ
(549:モッティ@いもば ◆uSDglizB3o)

AC-130って優れものですか?

長年使われている装備はたいていなにかしらの長所があります。
AC-130の場合だとC-130というベストセラーの輸送機を母体にしている点もあるし、
対地掃射機(大石英司の小説にて拾った言葉)というものを運用できる米空軍の
強さもあります。たとえばB-17は乗ってるクルーにとっちゃ死への片道切符
みたいなものでしたが、今でも米国人の中には好きな人が居ます。で、傑作機
という評価を得られている面はあります。機体単体の性能ばっかりでなく、登場した
時期と戦線と使い方で機体の評価は本来変わるものなんですが。

ベトナム戦争以来の固定翼ガンシップとして今でも活躍しています。
優れものという評価はあいまいではありますが、注目していろいろみていくと
面白い機体です。
(549:739)

B-52は戦闘機に撃墜されたことはあるんですか?

B-52はヴェトナム戦においては被撃墜が18機(その他事故損失が13機)でしたが、
米空軍はいずれもSAMによるものとしています。
ただし北ヴェトナム空軍(NVAF)は、1972年12月26日にファム・トアン中佐が
MiG-21でB-52を1機撃墜したと主張していました。
(348:名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)

B-50、B-48には偵察型というのがあるらしいですが、これはどの様な偵察任務についていたのでしょうか?


RB-50は写真撮影とELINT任務についていました。同じB-29の派生型であるRB-29は
「アメリカ製をコピーした初期の早期警戒網」を調査、レーダーの穴を見つけてはソビエ
ト領内まででかけていたようです。この当時はソビエトのレシプロ戦闘機では旧日本軍
同様にRB-29の飛行高度3万5000フィートまで上がって来れなかったようです。これが
1948年ごろの話です。

RB-50のころはジェット戦闘機も実用化されたのでELINTが主任務のようです。横田か
ら出撃してウラジオストックを偵察したりカムチャッカで電子情報を収集していたようで
すが、1952年からはソビエト戦闘機の攻撃を受けたり撃墜されることもあったようです。
主任務も領空に突入するのではなく沿岸からのELINTになっていますが、基地から100
海里離れた地点でも迎撃されるようになっており、安全とは程遠い任務でした。

RB-47は1953年以降に配備されていますが、写真偵察任務で撃墜されかかってイギリ
スにたどり着いた事件が1件、1960年にバレンツ海でELINT任務中に撃墜されたのが1件
あるようですが、冷戦中のことなので他にもあるのかもしれません。
(561:ふみ)

B-1の機首やF-22の背面に白くペイントされてるインベーダーの敵の形した模様は何か意味があるんですか?

それは空中給油時に空中給油装置の受け口があることを示す米軍式の標識。
(346:656)

アメ軍の試作機につくと思われるXとYの違いがわかりません。例えば戦闘機ならXF-とYF-があるんですが

例えばXF-104とYF-104の違い、とかいうことを質問しているのなら、
種別記号(この場合はF)の前につく接頭記号のXは原型機、Yは増加試作機を表す
空力理論、設計技術、そしてシミュレーションの発達て、70年代からはこの意味でのXは使われなくなり
いきなりYから始まるのが当たり前になった
その代わり、従来Yがはたしていた各種の実用化試験は先行量産機、低率量産機などと
呼ばれる初期生産型が果たしている
(345:98)

F-14Aに搭載されていたTF-30エンジンはパワー不足だったため換装されたそうですが、同じエンジンを搭載しながら、爆撃任務でペイロードもF-14Aより大きかったF-111にはパワー不足って事はなかったのでしょうか?

F-111は基本的に攻撃機だかんね
攻撃機は、F-111が開発された60年代基準だと推力重量比が0.25以上であれば
問題ないとされていたんだよ(ex:A-7)
で、F-111の作戦上でも特に問題は指摘されていない。もっともカタログのペイ
ロードなんて絵空事に等しくて、実際にはせいぜい2tとか3tしか積まないから
問題なくて当たり前っちゃぁ当たり前

まぁ時代が下るにつれ、攻撃機ももっと大きな推力重量比であるべきだと認識され
始めたんで、その意味ではパワー不足かも知んない
(343:571)

米軍機で胴体下部に30ミリのガンポッド載せる奴があったなような?

アメリカ空軍の航空搭載装備に30mmガンポッドはあるよ。
地上攻撃用で、A-16(F-16の攻撃機専業型、結局この名称は使われず通称としてF/A-16と呼ばれた)
の主兵装として湾岸戦争で試験的に使われた。
GPU-5/A、通称”ペイヴクロウ”、元々はA-10のGAU-8をガンポッドに仕立てたもの。
ただF-16は被弾に弱く、「専門に開発された攻撃機以外にガンポッドを積んで対地攻撃に使うのは実用に難あり」
とされている。
(342:395)

A-6、A-10、F-117などの純粋な後継機が作られないのは何故ですか?

A-6後継機は予算不足。米ソ冷戦が終結して、単能機の新規開発は予算が通りにくくなった。
海軍はA-12の開発に失敗したから、F-18艦上戦闘機を改良したA-18攻撃機でお茶を濁した。

A-10は、ソ連やドイツ帝国などの強力な機甲師団を保有する反米国家が無くなったのと、
冷戦終結に伴う予算縮小。

F-117の後継機は、それを開発するための予算が無いから。
当初はA-12で補う予定だったが、開発が中止されて、F-22とF-35でカバーすることになった。
(328:347)

B-52、B-1、B-2の退役時期は、ほぼ同じようですが、なぜでしょうか?

普通に考えたら、製造時期と同じ間隔で順々に退役すると思うのですが。
本来B-52は(X)B-70 ヴァルキリーに早々にとって換わられる予定だった。
基本的には第2次大戦時の戦術思想で開発されたB-52は、超音速も出せず
低空高速飛行もできないので、来たるべき核戦争時には生存性がとても
低くて役に立たないと思われていたので。

実際には大陸間弾道弾の発達が「戦略核攻撃爆撃機」というジャンル
そのものをXB-70ごと葬り去ってしまい、逆に「超音速も出せないし低空
高速飛行もできないが爆弾を山ほど抱えて広い範囲を大量の通常爆弾で
焼き払える」というB-52の方がヴェトナムで活躍し、延命した。

とはいえ大陸間弾道弾のバックアップ戦力としての戦略爆撃機は必要で、
B-52後継計画が立てられてB-1が、継いでB-2が開発、配備されたが今度は
冷戦の終結で戦略攻撃戦力そのものが削減され、ふたたび戦略爆撃機は
用無しになった。
その為調達数の減らされたB-2の価格は天文学的数字に。

それを横目に「戦略爆撃機としては時代遅れだが爆弾を山ほど抱えて
広い範囲を大量の通常爆弾で焼き払える」B-52は湾岸戦争とイラク・アフガン
戦争で活躍する。戦略核爆撃機としてではなく、戦術支援機として・・・。

将来的には米空軍は長距離爆撃機は無人化する予定で、今使われているB-52、
B-1、B-2は機体寿命が尽き次第順次お払い箱に。

結局、冷戦下で「核戦争」というものが起きなかった以上、戦略爆撃機である
B-1とB-2には使われようがなかった。
B-52だけが重用されたのは、本来の任務から引退させても転用先があった、という
だけの話。

B-52は何度も近代化改装とフルオーバーホールされて、今使われているものは
事実上1980年代に新造したのと同じ。
「リベット一本に至るまで新造時の部品は残ってない」
なんて言われるほど。

逆にB-1BとB-2は基本的に新造時のままで、今後もフルオーバーホールや近代化改装の
計画がなく機体寿命が来たら引退させられる。

なので50年前に作られた機体と20/10年前に作られた機体の引退時期がほぼ同じ、と
いう事態に。
(317:227,228)

B-52やB-1は回転式ランチャーに核をいっぱい積めるとあったんですが なーんで回転式ランチャーなんです?

普通に入れればいいのでは?
ロータリーランチャーを使う事で、複数の種類の兵器を混載し、
その中から必要な兵器を選択・安全に投下する事が出来る。
500lb通常爆弾をワラワラ落とすような任務には使われない。
(624:902)

B-1やB-2はB-52の後継機ではないの?

  • 新規に作ったものは高価(B-1,B-2)
  • ただ爆弾落とすだけならB-52で十分、高価な新型機を新たに多数購入する必要なし
  • B-52に巡航ミサイル等の運用能力を付加することで、新型機を購入するよりはるかに
 やすい金額で、現在あるいは今後の戦争でも十分に通用する能力を得ることができた。
(79:669)
B-52は絨毯爆撃機。
B-1Bは低高度侵入用爆撃機で、
B-2Aは金食いステルス爆撃機。
どれも、B-52の完全な上位互換機ではない。
(312:466)

AC-130は空飛ぶ死と恐れられていますが、鈍重だし携帯対空火器で楽勝で撃墜できるんじゃないですか?

その為の105mm砲ですよ。
チャフ/フレアディスペンサーも大量に積んでるし。

まぁ現実問題としてあまり激しい対空砲火が予想されるところには出撃しないが、
105mm砲の射程は大概の携行対空火器の射程を越えているので、これで狙われたら
地上からでは歯が立たない。

対空陣地や対空砲があるような目標を攻撃するときは、まず遠距離から105mm砲で
それらを潰す。
(311:316)

ロックウェルA-5ヴィジランティは独特の核爆弾搭載法で知られていますが、通常爆弾を搭載することはできたのでしょうか?

A-5は主翼下面の両翼4箇所のパイロンは強度2000ポンド。
通常兵器としてはMk80系列の低抵抗爆弾、2.75インチならびに5インチFFRAポッド、
ブルパップ空対地ミサイル、シェライク対レーダーミサイルなどが運用可能とされ
ていた。Mk82爆弾であればトリプルイジェクターラックを介して最大24発を搭載。

ただし、それをやった場合はなんのために胴体内に投棄式タンクや核爆弾を仕込ん
だのかが判らなくなるため、生産全機が実戦での攻撃兵装の投下を行っていない。
(309:ふみ)

F/A-18で国籍マークや尾翼の部隊マークその他が多色カラーのマーキングになっている機体があったのですが、

アメリカ海軍の戦闘機って、マーキングは随分前に単色のロービジ塗装に切り替えたのでは?
それは、CAG機とよばれる、飛行隊の指揮官専用機です。
普通、規則ではロービジなのですが、CAG機のみ、原色塗装が許可されています。
CAG機はなんで許可されるの?
艦載機は、戦闘機が100、200番台、軽攻撃機が300、400番台といった具合に
機種によって機番の付け方が決められており、同時に使われる色も
100番台は赤、200番台は黄、のように決まっている。

CAGはこれらすべて(対潜機やヘリも含めて)を統率する立場なので
そのすべての色を使用することになる。ただ、ロービジ塗装が
一般的になった80~90年代にはCAGもまったく着色しなかった。
冷戦が終わってから、また着色が始まり、CAGは尾翼を黒く塗ったりしている。
(676:169-231)

爆撃機のB-1は何してるのでしょう?

アフガニスタン及びイラクでも活躍してます。
音速で援護にきて、大量の爆弾を投下してくれるので、前線の評価は高いです。
最近はJDAMを24発を胴体内に装備する事もできるようになり、精密爆撃もするようになりました。
(289:202保守中隊 ◆tsQRBnY96M)

統合呼称制度以前の米海軍機の型番中で、製造メーカーを区別するアルファベットは、どのような規則に基づいて付けられたんでしょうか?

グラマン:F、ヴォート:U、マクダネル:H等
適当…としか答えが出ないっす。
最初は、CurtissのCとかDouglasのD、GreatLakesのGと言う感じで頭文字を割り当てていたのですが、
Grummanの様に、後から、頭文字が割り当てられない会社が出てきた為、今度は空きアルファベット
(但し、IとXは除く)を割り当てたら、今度はそれに収まらなくなったので、倒産や消滅した会社のアル
ファベットを再割当したけど、これもまた足りなくなったので二重発番しておいて、空いたら再々割当
を行う、と言う感じでどんどん収拾がつかなくなっています。
(259:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

アメリカの爆撃機にB29、B36、B52などがありますが、欠番の爆撃機はどうなってるのですか?

例えば、B-29の採用の影には、保険として、ConsolidatedがB-32を製作しています。
この間のB-30はLockheedの、B-31はDouglasからの提案でしたが、モックアップ段階や基本設計で終わっています。
B-36についても、NorthropのB-35が競争試作として製作されていました。
B-47の競争相手は、ConvairのB-46、MartinのB-48、NorthropのB-49。
B-52の競争相手は、ConvairのB-60です。
なお、B-66、B-69、B-70以外のB-61~87はミサイルに付けられており、これらは1962年にミサイル呼称に変更され
ました。

ちなみに、B-65はAtlas ICBM、B-68はTitan ICBM、B-78はJupiter IRBM、B-80はMinuteman ICBM、B-83はBullpup
AGMです。
(193:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

現在だと空母艦載機の離着艦失敗による事故ってどのくらいの頻度で起きてるんでしょうか?

米の着艦失敗事故の場合、手持ちでわかるのはここまで

1954年 35/10,000 着艦
1957年 7/10,000 着艦

1964年 離着艦事故で毎年一個飛行隊(one squadron)相当の損失

2005-2006年のデータで、通常のジェット機事故の53%は着陸時に発生し、離陸時18%、
アプローチ時10%がこれに次ぐが、米艦載機の着艦時事故は全事故の45%に留まっている。
離着艦時以外にもリスクの多い仕事だから、という解釈がされる。
(736:665)



試作・実験機


X-43は軍用機? 旅客機?

極超音速飛行のデータ取りのためだけに開発された飛行機ですから、軍用機とも旅客機とも言えません。
データは軍用民間どちらにも使用されるはずです。それにこいつは全長4mもない小さなやつですよ。
(4:174)

X-35のキャノピーの上にあるギザギザの模様は何ですか?

射出時にキャノピー割るための火薬と思われ。
(23:227)

X-29のコックピット回り、1号機と2号機の違い

こっちが1号機(NASA003)
こっちが尻にスピンシュートを付けた2号機(NASA049)
2号機にはパネルの上段中央にAOAとヨー・レートを示す計器や
シュート展開用のスイッチが付いてたりする模様。
(43:69)

V-22以前のアメリカの垂直離着陸機はAV-8やFV-12以外も存在したのですか?

STOL機としてなら、OV-1モホーク、OV-10ブロンコ、V-18ツインオター
が採用されています。

V-1はMcDonnellが作ったコンヴァーチプレーンで、後部エンジンでプロペラ
を駆動し、その動力でコンプレッサーを回して、ジェットバーナーに点火、
それで得た高温ガスをローター先端から噴出してローターを回したもの。
V-3はBellのティルトローター実験機。
V-4はLockheedの推力変向式の実験機。
V-5はLyanのジェットエンジンが、リフトファンを駆動する方式の実験機。
V-8もLyanで、ハンググライダーの母体となった実験機。
V-9はHughesのホットサイクル方式の研究機。

後、VZ-1が垂直浮上機。
VZ-2は、ティルトウィング実験機。
VZ-3は、胴体内のターボシャフトで、翼下の大直径プロペラを駆動し、短い主翼に
気流を当てて垂直に飛ぼうとした実験機。
VZ-4はダクテッド・ファン方式の実験機。
VZ-5が後流変向方式の実験機。
VZ-6がChryslerの作った、空飛ぶジープ。
VZ-7もCurtiss-Wrightの作った空飛ぶジープ。
VZ-8はPiasekkiの作った空飛ぶジープ。
VZ-9はAvro-Canadaの作った空飛ぶ円盤。
(82:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

X-20ダイナソアが今一理解できません。

どういう原理で地球の反対側まで周回させるんですか?
高速で飛ぶ物体にとって大気は厚い壁のようなもの。
宇宙空間から浅い角度で大気圏に突入した場合、この壁に跳ね返されて再び宇宙空間に飛び上がる。
これを繰り返すことによって航続距離を伸ばす。
水面に浅い角度で石を投げた場合を想像してもらえれば理解できると思う。
宇宙天体条約によって核等の大量破壊兵器を宇宙に置くことは禁止されているので、これの抜け道として考えたものだろう。
なおダイナソアは衛星軌道を周回する有人有翼の人工衛星として計画されたもので、爆撃任務はそのひとつにすぎない。
この他にも偵察任務などが構想されていた。

さらに付け加えると、大気圏上層をスキップする爆撃機のアイディアを最初に提唱したのは、ドイツのロケット工学者オイゲン・ゼンガー。
ジルバー・フォーゲルという機体でドイツから離陸、アメリカを爆撃した後に日本、もしくは日本領南洋諸島に着陸。
補給の後再び離陸してドイツに帰還するという構想だった。
(102:468)

XB-70とかYF-23のXYはそれぞれどういう意味があるんですか?

X、Yは類別記号と言われるものの一つです。

Xは1924年5月14日から使用された記号で、Experimental(試作)の状態にあることを示しています。
通常は原型機に与えられますが、生産機でも実験のため特に改造されたものには、X記号が割り当てられる場合が
あります。
なお、単独で使用する場合は、特殊研究機の接頭文字となります。

Yは1928年より使用されているもので、Xで示される基本的な試験を終わって、実用段階の試験に移った機体に
与えられ、Xの記号は恒久的なものであったのに対し、Yの記号は、機体が実用試験が終わると除かれることが
多かった様です。
第二次大戦の機体の場合、通常、X記号の機体は1機、Y記号の機体は13機発注されることになっていました。

なお、蛇足ですが、Y1B-17の様に、Yと機種記号の間に、「1」が入ることがありますが、これは、通常の陸軍航空隊
(当時)の資金からではなく、"F-1"財源という資金で購入したことを表します。
(214:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

X-32はX-35と比べて、なにが劣っていた(要求を満たせなかった)のでしょうか?

カッコ悪かったというのはナシでw
とりあえずステルス性がはっきり劣っていたらしい。
特にインテーク部分が改良の余地なく剥き出し、といって目隠し付けるとエンジン性能が落ちる。
最初から落ちる気だったんじゃないかと思われるぐらい投げやりなデザインだと思うわけだが。

TFR師匠の受け売りだが……。
垂直着陸時に高温の排気ガスがインテイクに入ってエンジン出力が落ちる
下向きジェットが1箇所に集中していると地面効果がリフト量を減らす
無尾翼デルタ翼機ということでピッチ制御能力が非常に寂しく
空母へのアプローチ時に降下率を制御することが困難
(351:935,938)

YF-23の機体はどうなってしまったんでしょうか

試作機は二機とも博物館の展示品。
ロスアンゼルス郊外のWestern Museum of Flight ってとこに屋外展示機が、
デイトン郊外のパターソン空軍博物館の倉庫にもう1機が転がってる。

屋外展示されてるやつはエンジンその他を全部外したドンガラだが。
パターソンの方はエンジンも隣に転がしてある。
(348:257)

F-22にコンペで負けたYF-23の設計一式をノースロップ社から提供して貰って、日本でF-3として生産、ということは出来ないのでしょうか?

マジレスをするとYF-23は本気で飛ぶだけの代物なので
開発が全然進んでない 特にステルス性とアビオ系はなーんも出来てない

理由は試験は段階に別けてやると聞いてたから
なのでノースロップは第一段階分しか作ってないと 
ロッキードは一発目から完成品を持ち込んだ

なのでとりあえず開発をしないといけないので
お金と時間がかかると YF-22ですらYとるのに2兆かかってるので
未完成なYF-23のYを取ろうと思ったらさらにってか

あと搭載しているF120エンジンは先進的しすぎて
これも実用レベルに持っていくのに開発をしないといけない

実験機からかかなり複雑な構造でもあるので(コンペのテストがトラブルであんまり出来てない)
この辺も含めて実用レベルにするのは相当大変だと思うよ
(288:406)

RF-4Xとは?

外形はこんな感じ
ttp://www3.ocn.ne.jp/~tac1991/rf4x.htm

CIAの資金援助でGDが制作したHIAC-1高高度/高解像度カメラを搭載して
高高度・高速偵察を行うために計画された。
高高度でマッハ2.4の超音速巡航を行うためインテークは変更・拡大され、ダクト上の胴体に
水噴射用のタンクが増設されている。
(348:476)


偵察・哨戒機


「13DAYS」でキューバのミサイル基地に低空飛行で偵察飛行をする二機の機体の名前を教えて下さいm(__)m

RF8AとU2Aだと思う
13DAYSを見てないからわからんけど、史実はそう
ちなみにRF8Aはネービーでグレー/白塗装の後退翼機
U2はCIA所属で黒塗装、グライダー並みの長大な直線翼が特徴
(8:155)

U-2ってまだ飛んでるんですか?飛んでるとすれば今時なんでああいう古い機種を使ってるのですか?SR-71にはない特性とかあるんでしょうか?

U-2偵察機はエンジンや電子偵察装備が改装されたU2Sが現在も空軍で運用されています(35機)。
SR-71のような敵国奥深くの偵察任務が人口衛星により取って代わられたのに対して、U-2は
戦略偵察機として非常に完成されている(運用しやすく航続距離も長い)ので長く使いつづけられている
のだと思います。建造費も安いですしね(3300万ドルほどだったはず)

高高度を長時間飛べるU-2は偵察機以外の目的でも重宝されてます。
大気中の成分を調べたり、さまざまな観測にも未だに使われる事もあるそうです。
(10:268-269)

P-3Cから投下するソノブイは使い捨てなんでしょうか?

使い捨てです。

時々湘南の海水浴場に打ち上がって大騒ぎになります:-p
(29:605-606)

アメリカの偵察機U-2は離陸の時に翼に付いている補助輪?(支えみたいなの)を捨ててしまうようですが、どうやって着陸してるのですか?


に詳しい描写がありますが、要するにパイロットは「上手に着陸して」
片翼をそっと地面に付け(そのためのチタンのハードポイントが翼端にあります)
そこで地上スタッフが両翼に車輪を付けなおしてタキシング可能な状態にします。
(50:888)

U-2Rはその後改良されたのでしょうか?

U-2Rはすべて1999年までにU-2Sに改修済み(のはず)です。
(62:128)

イラク問題で、アメリカがU-2偵察機による監視を求めていたと思うんですが、なぜ優秀な偵察衛星があるのに、わざわざ旧時代の偵察機を持ち出すんでしょうか?

偵察衛星は一日数回しか撮影できないのに対し、
U-2なら柔軟に運用できるからです。

旧世代といっても、SR-71はもう使われてないのでかわりの機が
ありませんし、能力的にも問題ありませんので。
(64:社聖 ◆DASH/8Egy6)
まず偵察機は現在でも重要な情報収集手段です。偵察衛星で代替えする事はできません。
衛星写真は解像度の点で限界があり、対空兵器にさらされるリスクはあっても特定地域に対する偵察情報量は偵察機にかないません。
(64:510)

U-2はTR-1と言う名前に変わったと思ってたんですが、これは誤情報ですか?

TR-1A/BはU-2のエアフレームを利用した戦場監視機でしたが
機器の共通化、運用上の問題でU-2R/RTに改称
その後U-2ファミリーはU-2Sに改修されました
(64:533)

コブラボールのすごさを教えて下さい。

すごい、つ~か、特殊なんですよ。 弾道弾の発射なんかをモニター
して性能を探るための情報収集するのに特化してるのです。
もちろんそうしたことができる、つ~のはすごいことなんですが、
それ以上に、こいつが「動く(動かされる」とうことがすごいんですね。

つまり、アメリカがこいつを派遣するということは、どこかの国が
弾道弾のテスト発射等をするであろうとアメリカが本気で予測、
あるいは憂慮していることを示してるわけです。 それで騒がれるんですね。
(68:708)

JP-7ってSR-71用燃料?

JP-7はSR-71の燃料です。B-1は、普通の燃料(JP-8)を使用してます。
基本的にガスタービンエンジンは色々な燃料が使用できるので、
高度さえ問題なければSR-71もJP-8で問題ないと思います。
(68:947)

RFやRA、SRってなんです?

RFやRAは元が戦闘機や攻撃機だったものから作られた偵察機
Rはreconnaissance(偵察)

SRは戦略偵察 (Strategic Reconnaissance)の略らしい。
(79:492)

U-2偵察機のUはなんの意味ですか?

Utility
汎用機です

他は「軍用機 接頭記号」で検索すれば見つかると思いますよ・・・
(79:494)

SR-71のインテークで発生する推力は「インテーク推力」と通称されてる、って本当でつか?

世傑SR-71は2003年5月30日に店頭に並びました
SR-71がM3で巡航中、エンジン本体が発生する推力は推進系全体の生む推力の
ほんの一部で大半は「インテーク推力」です
倉庫にもSR-71があったはずで、あれにも結構詳しく載ってた記憶が
(87:918)
※店頭に並んだ日を修正
それは、インテイクが作る圧力で、作動する、ラムジェットエンジンの推力が、90%という意味では?
たしかに、ターボファンは10%の推力しか出していないが。
SR-71エンジンは「ターボファン」ではないし、「インテイクが作る圧力で、作動する、
ラムジェットエンジン」は限りなく間違いに近い表現です
とりあえず偵察機スレのマニュアルリンクを確認してください
(87:920)

アメリカ軍の「コブラボール」って訳するとどう読むの?

ミサイル発射実験監視観察用航空機 または 光学情報収集機
(88:system)

後継機のSR-71は退役したのに、なぜ前任のU-2はまだ使われているのでしょうか?

1回のフライトで何千万ドルも掛かる金食い虫をそうそう飛ばせるかっての。
偵察衛星と仕事が被るので、衛星の技術が発達するとお役御免って事に。

U-2は戦術偵察や鮮度や確度の高い情報収集に用途があったから生き残れた。
もっとも、こっちも無人偵察機の発達で退役の時期だが。
(初心者スレ476:900)
SR-71は特殊な燃料(JP-7)を使うので、普通の戦闘機とかとは別に
燃料のロジスティックを別に作らなければいけないからカネが掛かる。
専用のタンクローリーから専用の空中給油機まで全部別。

まあコスト的にみたら小型のロケットをとばすようなものだよ。
カネ掛かりまくり。
(初心者スレ476:909)

S-3の後継機なんて必要なの?空母からの対潜哨戒なんて、対潜ヘリで十分だろ。

高価な上に搭載スペースの限られた空母でわざわざ固定翼対潜哨戒機を配備する理由が分からない。
米海軍もそう思ったからなくした訳だけどね。
長時間広域の対潜哨戒は陸上からP-3C(もしくはXP-7)にやって貰えばいいってことで。

ヘリコプターは航続距離の問題から長時間の対潜警戒はできないし、ペイロードが小さいから
アメリカの空母機動部隊のような大規模な艦隊の対潜哨戒をさせるには能力が不足してる。
でも、「そもそもソビエトがなくなった今じゃヘリではおっつかないほどの数で襲ってくる
敵もいねーだろ」ということで艦載対潜機はやめた。

あと、艦上対潜哨戒機の重要な任務に外付けの装備を追加して電子戦機/空中給油機/艦上輸送機
といった汎用中型艦上雑用機として使う、というのがあったけど(S-3の晩年はほとんどそう言う
任務に就いている)、これも「そのためだけに乗せとくのは予算とスペースの無駄」ということで
やめた。
今後は電子戦機と空中給油機はF/A-18のバリエーションが、艦上輸送機はC-2の発展型が担う。
(556:546)
ではなんでわざわざS-3なんか開発して空母に乗っけてたかって事でね。
かつては米空母にとってソ連の原潜及びそれから発射されるSSMが大きな脅威であって、
ポイント警戒のヘリよりも遠距離でバリアーCAPの出来る固定翼対潜機が必要とされたのよ。(特に大洋での作戦においては)
冷戦が終わり原潜の脅威が低下し、また米海軍もブルーウォーターからブラウンウォータでの戦力投射に重点を置くようになって、
その必要性の低下から、S-3は退役、後継機は中止、米空母上から固定翼対潜機は消えてしまったの。
(556:556)

プレデターに搭載されているTE-SARで地図を作成できるようなのですが、それはどの程度の精度なのでしょうか?

プレデター搭載の最新型のSARは最大解像度が30cm程度だったはず。
TE-SARがそれに相当するのかどうかは調べるの面倒。

といいつつ、TE-SAR resolutin feet と試しにぐぐってみたら
一発で 1-foot (0.3m)と出た罠。
(297:109)

アメリカのP-3C一個飛行隊の定数とその内訳を教えてください

(679:ゆうか ◆u8WC078ef5ch)

SR-71(というかA-12)はどういう設計思想で三胴機(?)になったんでしょう?

SR-71/A-12にとって、インテーク・J58エンジンからなる推進システムが非常に重要なのは判ると思う。
インテークが高い効率で総圧回復を行えなければ、正味推力を得る事さえかなわない。
それでインテークは出来る限り胴体や主翼の影響の及ばない位置におき、衝撃波で減速されない気流中に置きたい。
(また巨大な熱を発生するあのエンジンを胴体内に収めるのは、熱的にも問題有ったろう。)
水素燃料を使ったCL-400の検討の際は翼端部に、Aシリーズの検討の中では翼下等も検討されたが、結局あの位置に収まった。
デルタ翼、翼なかばの巨大なエンジン・システム、それとあのチャインで基本形態が固まった。
(625:488)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯