夏目漱石


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


登録人物名


夏目漱石(金之助)



wikipedia等




編集者の「要するに...。」


とある豊かな家に五男として夏目漱石は生まれる。豊かな家で勝組かと思いきや、望まぬ子として生まれたのですぐに里子に出され店の品物の隣に置かれる生活に。優しい姉により家に戻るも数年後養子に出される。
ごたごたした家庭環境の中、転校を繰り返す漱石。高校に入ると自分の学びたいものが学べないことを知り、二年で中退。中退後、家族にバレないよう弁当を持って学校に通うふりをする生活に。
その後大学に入学するも数か月で中退するなど、波乱万丈な人生を送っている漱石さんであった。

関連人物


  • 正岡子規


関連作品


  • 吾輩は猫である(小説)
  • 坊ちゃん(小説)
  • 草枕(小説)
  • それから(小説)
など

名言・名台詞


「人間の目的は生まれた本人が、本人自身のためにつくったものでなければならない。」

紹介動画


現在探し中です。

追加情報


「漱石」は正岡子規から譲り受けたもので、有名な故事「漱石枕流」(石で口をすすぎ川の流れに枕する、と言い間違えたが…というもの)から来ている。


関連商品


お待ち下さい。