夢幻台


1999年頃より活動している最古参の格ツクラーの一人。ゲームタイトルにやたら『●●パーティー』というタイトルが付く。

キウイフルーツのような真緑のHPが印象的。

活動暦が長いだけあって多数のゲームを制作しており、代表作の『カレンダーパーティー』は現在もシリーズが作られている。

対戦格闘というよりは対戦型アクションゲームのような作風が特徴である。(所謂スマブラ系)

また他の格ツクラーとの共同作品も数作品発表している。

最近は『コーラスパーティー』や『時代の宴』といったアクションゲームを制作しており、初のRPG作品となる『タイムパーティー』も制作している。

自身のHP上において彼自身がまとめた仕様の研究や解説を公開していて

格ツクでのゲーム制作指南やバグ対処法等が掲載されている。

色々と難のあるツールだけに参考にした格ツクラーも多く、大半の格ツクラーは最低一度は彼のHPを訪れているはず。

また他作品のレビューも掲載されている。

 

某掲示板では「∞」「ムゲ」「無限」「夢幻先生(単に先生とも)」等と呼ばれ、良くも悪くも慕われている。

ツールの研究やバグ対策等で悩める格ツクラーに胸を貸してくれる姿勢等や

『カラーズパーティー』でコンテストパークで銅賞を獲得する等確かな実績もあり、功績は大きい。

(格ツクにおいてコンパクのタイトルホルダーは彼の他に「烈斬」しかいない)

ゲームに凝ったシステムを入れる等の面から一流を評される事もあるが

そのシステムのせいで一部のツクラーから二流扱いされ、絵に関しては三流とまで言われてしまった。

絵がヘタすぎるというタブー触れられた際、「絵に関して努力するのは無駄」とはねつけた。

そもそも絵の事に関して批判されるべきものではないが、その反論はどうよ?という意見も・・・。

 

近年は格ツクから離れRPGツクールに移行しており、彼を慕う格ツクラーからは寂しがられ、そうでない者からは忘れられかけていた。

だが、かつて多くの格ツクラーを牽引した漢は水面下で復活の牙を研いでいたのである・・・

2014年11月に大幅に作風を変えてパワーアップした『カラーズパーティー ~LOST IN EATER~』をひっさげてまさかのカムバック!!

その変わりようは格ツクラー達のド肝を抜いた。

さらに最新作「カラーズパーティー~THE ROLL UP "END"」を発表!

夢幻台健在を大いにアピールしている。

 

DIV(夢幻台のサイト。色がVividなので注意)