※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中物理域以上に対応。高物理ならたぶん大丈夫。個別に抜き出してもよい。

部品構造


  • 大部品: 設定国民避難用各種セット RD:39 評価値:9
    • 大部品: 非常時対応パンフレット RD:5 評価値:3
      • 部品: パンフレットの概要
      • 部品: ハザードマップ
      • 部品: 医療マニュアル
      • 部品: その他簡易的な知識情報
      • 部品: 個人情報ページ
    • 大部品: 非常用持ち出しセット RD:6 評価値:4
      • 部品: セットの概要
      • 部品: 設置のメリット
      • 部品: 防災ヘルメット
      • 部品: 安全靴
      • 部品: 持ち出し袋の内容説明
      • 部品: セットの使用についての注意点
    • 大部品: 避難訓練 RD:13 評価値:6
      • 大部品: 避難訓練の基本情報 RD:6 評価値:4
        • 部品: 避難訓練の概要
        • 部品: 実施内容の策定
        • 部品: 避難場所の条件
        • 部品: 避難標識等の設備の配置
        • 部品: 避難訓練のメリット
        • 部品: 避難訓練の注意点
      • 大部品: 避難訓練の具体的内容 RD:7 評価値:4
        • 部品: 自身の周辺の避難所の確認
        • 部品: 避難訓練実施日の通知
        • 部品: 災害発生時のアラートの確認
        • 部品: 持っていくものの確認
        • 部品: 実際の訓練内容
        • 部品: 外出時の訓練内容
        • 部品: 反省内容の確認
    • 大部品: 火の見櫓(施設) RD:4 評価値:3
      • 部品: 火の見櫓の基本情報
      • 部品: 設置される場所
      • 部品: 火の見櫓のメリット
      • 部品: 火の見櫓の注意点
    • 大部品: 避難用シェルター(施設) RD:11 評価値:5
      • 大部品: シェルターの概要 RD:5 評価値:3
        • 部品: シェルターの分類
        • 部品: シェルターの全体構造
        • 部品: シェルターの気密性
        • 部品: シェルターの浄水装置
        • 部品: シェルターの許容人数
      • 大部品: シェルター内設備 RD:6 評価値:4
        • 部品: 食糧保存庫
        • 部品: 緊急医療用セット
        • 部品: 外部通信装置
        • 部品: 自己循環処理型トイレ
        • 部品: 電源ユニット
        • 部品: シェルター内の照明装置



部品定義


部品: パンフレットの概要

公的機関が発行する非常時の行動や困った時の対応などをまとめたパンフレットである。
役所などで配布しているので貰っておいて非常用持ち出し袋などに入れておこう。

部品: ハザードマップ

近隣の地図と、避難場所、避難経路などが記載された地図である。
また、緊急時に使用できる公衆電話や貯水タンク設置施設などのインフラ情報も記されている。

部品: 医療マニュアル

怪我や病気などの緊急時に出来る応急処置の方法がまとめられている。
また、緊急時避難場所に指定されている病院やその連絡先なども記載されいてる。

部品: その他簡易的な知識情報

避難訓練で習う程度の、簡易的にまとめられた知識情報が記されている。
安全な避難の方法、消火器の使用方法などである。
チェックリストも備わっており、避難を開始する前に素早くチェックすることで忘れ物を防止できる。

部品: 個人情報ページ

怪我などで意識不明になった場合にレスキューなどが参照するためのページ。
住所氏名生年月日などの基本情報の他、自身の病歴や服用している薬、主治医などや、
家族構成とその緊急連絡先などを記入しておく。

部品: セットの概要

非常用持ち出しセットは非常用持ち出し袋と防災ヘルメット、安全靴のセットである。
通常、住宅の玄関などに非常時の備えとして設置されている。

部品: 設置のメリット

非常用持ち出しセットを配置しておくことで、災害時などに安全に避難できる道具が揃っており、
時間がない緊急時でも落ち着いて行動でき生存可能性が高まる。

部品: 防災ヘルメット

工場などで使用される安全ヘルメットと同様のものである。ホームセンターなどで購入できる。
追加オプションとしてヘッドライトが取り付けてあるものもある。

部品: 安全靴

つま先に鉄板が入っていて、瓦礫や釘などを踏み抜かないように底が厚くなっている靴である。
工場などで使用されるものと同じもので、ホームセンターなどで購入できる。

部品: 持ち出し袋の内容説明

内容物はいくつか種類があるが、ホイッスル、携帯ラジオ、懐中電灯、交換用の電池、携帯トイレ、
保存期間が長くそのまま食べれる缶詰やレトルト食品、携帯用簡易浄水器、簡易的な食器、アルミ蒸着フィルムの防寒シート、
軍手、防塵マスク、周辺の地図、歯ブラシ、女性であれば生理用品、眼鏡着用者には予備の眼鏡などである。

部品: セットの使用についての注意点

1年に一度ほど、内容のチェックをすること。避難訓練などに合わせて行うと良い。
ハザードマップの更新がないか、電池は古くなっていないか、食料の賞味期限は切れていないか。などである。
また、通常3日ほど耐えることができれば救援が来るので、避難の障害になるほどの物量は持ち運ばないようにしよう。

部品: 避難訓練の概要

避難訓練とは、戦時や災害などの緊急時を想定し、民間人の避難を効率良く行うために実施する訓練のことである。


部品: 実施内容の策定

避難訓練は小規模な住宅区画単位で行い、定期的に実施される。
住宅区画ごとに避難場所や避難ルートが設定され、それを元に訓練の内容が決定される。
例外として通勤通学途中など自身の住む区画とは別のところにいる場合の対応も教えられる。

部品: 避難場所の条件

避難場所は、各住宅区画ごとに決定され、その基準となるのは一定の広さがあること、周囲に爆発や延焼などの危険のない場所である。
一般には近隣の公園や学校の体育館、運動場などの広い場所が定められ、設置されているところでは避難シェルターや一部解放された軍施設などもある。
一時避難所と呼ばれる、災害時一時的に対比する場所。広域避難所と呼ばれる、さらに大規模な災害などのときに移動する大人数を収容できる避難所に分類される。

部品: 避難標識等の設備の配置

建物内からの避難を円滑にするための誘導灯や非常灯、建物内の避難経路を示す経路図の設置などを行う必要がある。
また、屋外でも周辺地図を含めた案内図の設置、避難場所を示す標識の配置などを行う。

部品: 避難訓練のメリット

日頃から避難訓練を行うことで、民衆がパニックを起こさないようにしつつ、災害や戦闘による被害を最小限に抑えることが出来る。
また、機会を設けることにより対策意識を持たせ、災害や戦時について考えるきっかけとなる。

部品: 避難訓練の注意点

あくまで訓練であるので、実際の状況下においては同じように行動した場合危険になることもある。
避難所までの経路が使えない場合や、避難所自体が危険である場合などである。
その場合は、避難所を統括するものの指示に従い、落ち着いて柔軟に対応する必要がある。

部品: 自身の周辺の避難所の確認

普段から自身の住む区画で指定されている避難場所の確認を行う必要がある。
これは各自治体により定められており、必要であれば役所などで知ることが出来る。
また、そこに自宅や勤め先から向かう場合の避難ルートなどの情報も同様に手に入れることが出来る。

部品: 避難訓練実施日の通知

訓練の予定日は事前に通知される。これは日常生活や経済活動を阻害しないためであり、主に休日や祝日などが指定される。

部品: 災害発生時のアラートの確認

各自治体ごとに異なるが、災害発生時には何らかのアラートが報じられる。
自身の住む自治体のアラートの内容を事前に知っておくことで、災害の脅威度を確認することが出来、
迅速で冷静な判断が可能になる。

部品: 持っていくものの確認

避難訓練前日までに避難用持ち出し袋や貴重品をまとめたものなどを
とっさの時にすぐに手に取れる場所に保管してあるかを確認しておくこと。

部品: 実際の訓練内容

訓練用のアラートを受けた時点から避難訓練は開始される。落ちついて予めまとめておいた貴重品や非常用持ち出し袋などを手に取り、
遅くても5分以内には行動を開始しなければならない。
事前に確認した避難ルートを通り、一時避難所へと移動し、住宅区画ごとの統括者の指示に従い集号の点呼を受ける。
また、必要であれば広域避難所へと移動することもある。
その後、実施責任者の災害への備えなどの訓示、災害の恐怖を確認するための映像資料などの閲覧などを経て解散となる。
この時、配給の手順を確認するために簡易的な食事が振る舞われることもある。

部品: 外出時の訓練内容

通勤通学途中や、運転中、勤務中など自身の住む区画での訓練ではない場合、
所属する団体の指示に従い避難訓練を行うこと。
運転中などは混雑が予想されるので、避難訓練は行わないが、
車を路肩に寄せて停止させて速やかに最寄りの避難所に合流するなどの手順を周知する必要がある。

部品: 反省内容の確認

避難訓練が終了した後、各自治体はアンケートを行い、訓練内容に不備がなかったかを調査し、次回に反映する必要がある。
また、個人でも迅速に移動できなかった点などの反省を行うこと。

部品: 火の見櫓の基本情報

火の見櫓は近隣住民に災害時などの警報を知らせるために設置された櫓のことである。
物理域ごとに内容は異なるが、低物理であれば半鐘と呼ばれる小型の鐘、中物理以上であれば放送用スピーカーが設置されている。
使用する場合以外は危険なので、立ち入りは禁止されている。
避難訓練時などに定期的に作動するかのチェックとメンテナンスが行われる。

部品: 設置される場所

主に住宅区画の公園近くなど避難所のそばに設置される。大きな音が鳴るので一定の範囲を保ちつつ、複数設置してある。

部品: 火の見櫓のメリット

見晴らしのいい櫓に登ることで危険な地域を特定し、その付近からの避難を迅速に知らせることができる。
また、大きな音で警告することで、個人の情報入手方法に寄らず多くの住民に災害を通知できる。

部品: 火の見櫓の注意点

普段から火の見櫓を使用する場合の使用者を決めておく必要がある。町内会の運営部であったり、自警団、消防署などである。
高所であるのでそれ以外のものの立ち入りは禁止すること。
また、誤報を避けるために指示された時以外は使用しないこと。

部品: シェルターの分類

避難用シェルターは各種災害や戦争状況下において、民間人の避難と生命の維持を目的として作られた施設である。主に地下に設置される。面積は100m2を基準とする。

部品: シェルターの全体構造

避難用シェルターは通常の建造物と違い柱や梁を強化し、壁を分厚いコンクリートと鉄板で覆うことで災害や外部からの攻撃に耐えられるように頑丈に設計されている。

部品: シェルターの気密性

ガスや放射性物質、水害などから内部を守るためにシェルターは完全な気密性を持ち、通常は高性能フィルターを備えた通気ダクトから換気を行っている。また、緊急時には宇宙ステーションなどで使われる専用のエアコンにより空気を清浄化し内部循環させ、大気濃度と同様に設定された酸素などをボンベから供給することで数日の間であれば完全に密閉状態を保てるようになっている。

部品: シェルターの浄水装置

内部で使用した水分を浄水装置で濾過することで生命維持に必要な清潔な水を確保するための設備。活性炭と逆浸透膜フィルターを利用したろ過システムによって、汚物だけでなく細菌や放射性物質まで除去しほぼ純水の状態にまで浄化できる。

部品: シェルターの許容人数

シェルター内に収容できる人数は一般的な成人の人類種族で10人まで。この人数で2週間ほど生存できるように設計されている。

部品: 食糧保存庫

最大10人が一週間生存できる食料と水が用意されている。高カロリーなショートブレッドタイプのブロック食品。栄養補助のためのマルチビタミン・ミネラルサプリメント。長期保存用に密閉処理されたミネラルウォーターボトルなどである。

部品: 緊急医療用セット

怪我人や病人に対処するためのセット。包帯や消毒液、抗生物質、縫合キットなど基本的な医療器具や薬品に加え、簡易にまとめられた処置マニュアルが同梱されいる。

部品: 外部通信装置

外壁に設置されたアンテナを利用した通信設備。簡易的なもので子供でも扱えるようになっている。ラジオを聞いたり、SOS発信のためのボタンがついている。

部品: 自己循環処理型トイレ

水洗式のトイレ。シェルター下部の排水再利用のための処理槽と繋がっていて、浄水装置を通して生活用水として浄化されるシステムである。処理槽内容物を破棄せずに連続使用に耐えるのは数週間である。

部品: 電源ユニット

シェルター内部の各種設備を動かすための電源装置。空気の清浄化と静音のため大容量の充電池式を採用している。これの補助としてポンプ式の手動発電装置も設置されている。

部品: シェルター内の照明装置

省電力のために高輝度LEDが採用されており、必要に応じてコントローラで明るさを調節し電力消費を抑えることができる。



提出書式


 大部品: 設定国民避難用各種セット RD:39 評価値:9
 -大部品: 非常時対応パンフレット RD:5 評価値:3
 --部品: パンフレットの概要
 --部品: ハザードマップ
 --部品: 医療マニュアル
 --部品: その他簡易的な知識情報
 --部品: 個人情報ページ
 -大部品: 非常用持ち出しセット RD:6 評価値:4
 --部品: セットの概要
 --部品: 設置のメリット
 --部品: 防災ヘルメット
 --部品: 安全靴
 --部品: 持ち出し袋の内容説明
 --部品: セットの使用についての注意点
 -大部品: 避難訓練 RD:13 評価値:6
 --大部品: 避難訓練の基本情報 RD:6 評価値:4
 ---部品: 避難訓練の概要
 ---部品: 実施内容の策定
 ---部品: 避難場所の条件
 ---部品: 避難標識等の設備の配置
 ---部品: 避難訓練のメリット
 ---部品: 避難訓練の注意点
 --大部品: 避難訓練の具体的内容 RD:7 評価値:4
 ---部品: 自身の周辺の避難所の確認
 ---部品: 避難訓練実施日の通知
 ---部品: 災害発生時のアラートの確認
 ---部品: 持っていくものの確認
 ---部品: 実際の訓練内容
 ---部品: 外出時の訓練内容
 ---部品: 反省内容の確認
 -大部品: 火の見櫓(施設) RD:4 評価値:3
 --部品: 火の見櫓の基本情報
 --部品: 設置される場所
 --部品: 火の見櫓のメリット
 --部品: 火の見櫓の注意点
 -大部品: 避難用シェルター(施設) RD:11 評価値:5
 --大部品: シェルターの概要 RD:5 評価値:3
 ---部品: シェルターの分類
 ---部品: シェルターの全体構造
 ---部品: シェルターの気密性
 ---部品: シェルターの浄水装置
 ---部品: シェルターの許容人数
 --大部品: シェルター内設備 RD:6 評価値:4
 ---部品: 食糧保存庫
 ---部品: 緊急医療用セット
 ---部品: 外部通信装置
 ---部品: 自己循環処理型トイレ
 ---部品: 電源ユニット
 ---部品: シェルター内の照明装置
 
 
 部品: パンフレットの概要
 公的機関が発行する非常時の行動や困った時の対応などをまとめたパンフレットである。
 役所などで配布しているので貰っておいて非常用持ち出し袋などに入れておこう。
 
 部品: ハザードマップ
 近隣の地図と、避難場所、避難経路などが記載された地図である。
 また、緊急時に使用できる公衆電話や貯水タンク設置施設などのインフラ情報も記されている。
 
 部品: 医療マニュアル
 怪我や病気などの緊急時に出来る応急処置の方法がまとめられている。
 また、緊急時避難場所に指定されている病院やその連絡先なども記載されいてる。
 
 部品: その他簡易的な知識情報
 避難訓練で習う程度の、簡易的にまとめられた知識情報が記されている。
 安全な避難の方法、消火器の使用方法などである。
 チェックリストも備わっており、避難を開始する前に素早くチェックすることで忘れ物を防止できる。
 
 部品: 個人情報ページ
 怪我などで意識不明になった場合にレスキューなどが参照するためのページ。
 住所氏名生年月日などの基本情報の他、自身の病歴や服用している薬、主治医などや、
 家族構成とその緊急連絡先などを記入しておく。
 
 部品: セットの概要
 非常用持ち出しセットは非常用持ち出し袋と防災ヘルメット、安全靴のセットである。
 通常、住宅の玄関などに非常時の備えとして設置されている。
 
 部品: 設置のメリット
 非常用持ち出しセットを配置しておくことで、災害時などに安全に避難できる道具が揃っており、
 時間がない緊急時でも落ち着いて行動でき生存可能性が高まる。
 
 部品: 防災ヘルメット
 工場などで使用される安全ヘルメットと同様のものである。ホームセンターなどで購入できる。
 追加オプションとしてヘッドライトが取り付けてあるものもある。
 
 部品: 安全靴
 つま先に鉄板が入っていて、瓦礫や釘などを踏み抜かないように底が厚くなっている靴である。
 工場などで使用されるものと同じもので、ホームセンターなどで購入できる。
 
 部品: 持ち出し袋の内容説明
 内容物はいくつか種類があるが、ホイッスル、携帯ラジオ、懐中電灯、交換用の電池、携帯トイレ、
 保存期間が長くそのまま食べれる缶詰やレトルト食品、携帯用簡易浄水器、簡易的な食器、アルミ蒸着フィルムの防寒シート、
 軍手、防塵マスク、周辺の地図、歯ブラシ、女性であれば生理用品、眼鏡着用者には予備の眼鏡などである。
 
 部品: セットの使用についての注意点
 1年に一度ほど、内容のチェックをすること。避難訓練などに合わせて行うと良い。
 ハザードマップの更新がないか、電池は古くなっていないか、食料の賞味期限は切れていないか。などである。
 また、通常3日ほど耐えることができれば救援が来るので、避難の障害になるほどの物量は持ち運ばないようにしよう。
 
 部品: 避難訓練の概要
 避難訓練とは、戦時や災害などの緊急時を想定し、民間人の避難を効率良く行うために実施する訓練のことである。
 
 
 部品: 実施内容の策定
 避難訓練は小規模な住宅区画単位で行い、定期的に実施される。
 住宅区画ごとに避難場所や避難ルートが設定され、それを元に訓練の内容が決定される。
 例外として通勤通学途中など自身の住む区画とは別のところにいる場合の対応も教えられる。
 
 部品: 避難場所の条件
 避難場所は、各住宅区画ごとに決定され、その基準となるのは一定の広さがあること、周囲に爆発や延焼などの危険のない場所である。
 一般には近隣の公園や学校の体育館、運動場などの広い場所が定められ、設置されているところでは避難シェルターや一部解放された軍施設などもある。
 一時避難所と呼ばれる、災害時一時的に対比する場所。広域避難所と呼ばれる、さらに大規模な災害などのときに移動する大人数を収容できる避難所に分類される。
 
 部品: 避難標識等の設備の配置
 建物内からの避難を円滑にするための誘導灯や非常灯、建物内の避難経路を示す経路図の設置などを行う必要がある。
 また、屋外でも周辺地図を含めた案内図の設置、避難場所を示す標識の配置などを行う。
 
 部品: 避難訓練のメリット
 日頃から避難訓練を行うことで、民衆がパニックを起こさないようにしつつ、災害や戦闘による被害を最小限に抑えることが出来る。
 また、機会を設けることにより対策意識を持たせ、災害や戦時について考えるきっかけとなる。
 
 部品: 避難訓練の注意点
 あくまで訓練であるので、実際の状況下においては同じように行動した場合危険になることもある。
 避難所までの経路が使えない場合や、避難所自体が危険である場合などである。
 その場合は、避難所を統括するものの指示に従い、落ち着いて柔軟に対応する必要がある。
 
 部品: 自身の周辺の避難所の確認
 普段から自身の住む区画で指定されている避難場所の確認を行う必要がある。
 これは各自治体により定められており、必要であれば役所などで知ることが出来る。
 また、そこに自宅や勤め先から向かう場合の避難ルートなどの情報も同様に手に入れることが出来る。
 
 部品: 避難訓練実施日の通知
 訓練の予定日は事前に通知される。これは日常生活や経済活動を阻害しないためであり、主に休日や祝日などが指定される。
 
 部品: 災害発生時のアラートの確認
 各自治体ごとに異なるが、災害発生時には何らかのアラートが報じられる。
 自身の住む自治体のアラートの内容を事前に知っておくことで、災害の脅威度を確認することが出来、
 迅速で冷静な判断が可能になる。
 
 部品: 持っていくものの確認
 避難訓練前日までに避難用持ち出し袋や貴重品をまとめたものなどを
 とっさの時にすぐに手に取れる場所に保管してあるかを確認しておくこと。
 
 部品: 実際の訓練内容
 訓練用のアラートを受けた時点から避難訓練は開始される。落ちついて予めまとめておいた貴重品や非常用持ち出し袋などを手に取り、
 遅くても5分以内には行動を開始しなければならない。
 事前に確認した避難ルートを通り、一時避難所へと移動し、住宅区画ごとの統括者の指示に従い集号の点呼を受ける。
 また、必要であれば広域避難所へと移動することもある。
 その後、実施責任者の災害への備えなどの訓示、災害の恐怖を確認するための映像資料などの閲覧などを経て解散となる。
 この時、配給の手順を確認するために簡易的な食事が振る舞われることもある。
 
 部品: 外出時の訓練内容
 通勤通学途中や、運転中、勤務中など自身の住む区画での訓練ではない場合、
 所属する団体の指示に従い避難訓練を行うこと。
 運転中などは混雑が予想されるので、避難訓練は行わないが、
 車を路肩に寄せて停止させて速やかに最寄りの避難所に合流するなどの手順を周知する必要がある。
 
 部品: 反省内容の確認
 避難訓練が終了した後、各自治体はアンケートを行い、訓練内容に不備がなかったかを調査し、次回に反映する必要がある。
 また、個人でも迅速に移動できなかった点などの反省を行うこと。
 
 部品: 火の見櫓の基本情報
 火の見櫓は近隣住民に災害時などの警報を知らせるために設置された櫓のことである。
 物理域ごとに内容は異なるが、低物理であれば半鐘と呼ばれる小型の鐘、中物理以上であれば放送用スピーカーが設置されている。
 使用する場合以外は危険なので、立ち入りは禁止されている。
 避難訓練時などに定期的に作動するかのチェックとメンテナンスが行われる。
 
 部品: 設置される場所
 主に住宅区画の公園近くなど避難所のそばに設置される。大きな音が鳴るので一定の範囲を保ちつつ、複数設置してある。
 
 部品: 火の見櫓のメリット
 見晴らしのいい櫓に登ることで危険な地域を特定し、その付近からの避難を迅速に知らせることができる。
 また、大きな音で警告することで、個人の情報入手方法に寄らず多くの住民に災害を通知できる。
 
 部品: 火の見櫓の注意点
 普段から火の見櫓を使用する場合の使用者を決めておく必要がある。町内会の運営部であったり、自警団、消防署などである。
 高所であるのでそれ以外のものの立ち入りは禁止すること。
 また、誤報を避けるために指示された時以外は使用しないこと。
 
 部品: シェルターの分類
 避難用シェルターは各種災害や戦争状況下において、民間人の避難と生命の維持を目的として作られた施設である。主に地下に設置される。面積は100m2を基準とする。
 
 部品: シェルターの全体構造
 避難用シェルターは通常の建造物と違い柱や梁を強化し、壁を分厚いコンクリートと鉄板で覆うことで災害や外部からの攻撃に耐えられるように頑丈に設計されている。
 
 部品: シェルターの気密性
 ガスや放射性物質、水害などから内部を守るためにシェルターは完全な気密性を持ち、通常は高性能フィルターを備えた通気ダクトから換気を行っている。また、緊急時には宇宙ステーションなどで使われる専用のエアコンにより空気を清浄化し内部循環させ、大気濃度と同様に設定された酸素などをボンベから供給することで数日の間であれば完全に密閉状態を保てるようになっている。
 
 部品: シェルターの浄水装置
 内部で使用した水分を浄水装置で濾過することで生命維持に必要な清潔な水を確保するための設備。活性炭と逆浸透膜フィルターを利用したろ過システムによって、汚物だけでなく細菌や放射性物質まで除去しほぼ純水の状態にまで浄化できる。
 
 部品: シェルターの許容人数
 シェルター内に収容できる人数は一般的な成人の人類種族で10人まで。この人数で2週間ほど生存できるように設計されている。
 
 部品: 食糧保存庫
 最大10人が一週間生存できる食料と水が用意されている。高カロリーなショートブレッドタイプのブロック食品。栄養補助のためのマルチビタミン・ミネラルサプリメント。長期保存用に密閉処理されたミネラルウォーターボトルなどである。
 
 部品: 緊急医療用セット
 怪我人や病人に対処するためのセット。包帯や消毒液、抗生物質、縫合キットなど基本的な医療器具や薬品に加え、簡易にまとめられた処置マニュアルが同梱されいる。
 
 部品: 外部通信装置
 外壁に設置されたアンテナを利用した通信設備。簡易的なもので子供でも扱えるようになっている。ラジオを聞いたり、SOS発信のためのボタンがついている。
 
 部品: 自己循環処理型トイレ
 水洗式のトイレ。シェルター下部の排水再利用のための処理槽と繋がっていて、浄水装置を通して生活用水として浄化されるシステムである。処理槽内容物を破棄せずに連続使用に耐えるのは数週間である。
 
 部品: 電源ユニット
 シェルター内部の各種設備を動かすための電源装置。空気の清浄化と静音のため大容量の充電池式を採用している。これの補助としてポンプ式の手動発電装置も設置されている。
 
 部品: シェルター内の照明装置
 省電力のために高輝度LEDが採用されており、必要に応じてコントローラで明るさを調節し電力消費を抑えることができる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "設定国民避難用各種セット",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "非常時対応パンフレット",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "パンフレットの概要",
             "description": "公的機関が発行する非常時の行動や困った時の対応などをまとめたパンフレットである。\n役所などで配布しているので貰っておいて非常用持ち出し袋などに入れておこう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ハザードマップ",
             "description": "近隣の地図と、避難場所、避難経路などが記載された地図である。\nまた、緊急時に使用できる公衆電話や貯水タンク設置施設などのインフラ情報も記されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "医療マニュアル",
             "description": "怪我や病気などの緊急時に出来る応急処置の方法がまとめられている。\nまた、緊急時避難場所に指定されている病院やその連絡先なども記載されいてる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "その他簡易的な知識情報",
             "description": "避難訓練で習う程度の、簡易的にまとめられた知識情報が記されている。\n安全な避難の方法、消火器の使用方法などである。\nチェックリストも備わっており、避難を開始する前に素早くチェックすることで忘れ物を防止できる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "個人情報ページ",
             "description": "怪我などで意識不明になった場合にレスキューなどが参照するためのページ。\n住所氏名生年月日などの基本情報の他、自身の病歴や服用している薬、主治医などや、\n家族構成とその緊急連絡先などを記入しておく。",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "title": "非常用持ち出しセット",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "セットの概要",
             "description": "非常用持ち出しセットは非常用持ち出し袋と防災ヘルメット、安全靴のセットである。\n通常、住宅の玄関などに非常時の備えとして設置されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "設置のメリット",
             "description": "非常用持ち出しセットを配置しておくことで、災害時などに安全に避難できる道具が揃っており、\n時間がない緊急時でも落ち着いて行動でき生存可能性が高まる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "防災ヘルメット",
             "description": "工場などで使用される安全ヘルメットと同様のものである。ホームセンターなどで購入できる。\n追加オプションとしてヘッドライトが取り付けてあるものもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "安全靴",
             "description": "つま先に鉄板が入っていて、瓦礫や釘などを踏み抜かないように底が厚くなっている靴である。\n工場などで使用されるものと同じもので、ホームセンターなどで購入できる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "持ち出し袋の内容説明",
             "description": "内容物はいくつか種類があるが、ホイッスル、携帯ラジオ、懐中電灯、交換用の電池、携帯トイレ、\n保存期間が長くそのまま食べれる缶詰やレトルト食品、携帯用簡易浄水器、簡易的な食器、アルミ蒸着フィルムの防寒シート、\n軍手、防塵マスク、周辺の地図、歯ブラシ、女性であれば生理用品、眼鏡着用者には予備の眼鏡などである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "セットの使用についての注意点",
             "description": "1年に一度ほど、内容のチェックをすること。避難訓練などに合わせて行うと良い。\nハザードマップの更新がないか、電池は古くなっていないか、食料の賞味期限は切れていないか。などである。\nまた、通常3日ほど耐えることができれば救援が来るので、避難の障害になるほどの物量は持ち運ばないようにしよう。",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "title": "避難訓練",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "避難訓練の基本情報",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "避難訓練の概要",
                 "description": "避難訓練とは、戦時や災害などの緊急時を想定し、民間人の避難を効率良く行うために実施する訓練のことである。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "実施内容の策定",
                 "description": "避難訓練は小規模な住宅区画単位で行い、定期的に実施される。\n住宅区画ごとに避難場所や避難ルートが設定され、それを元に訓練の内容が決定される。\n例外として通勤通学途中など自身の住む区画とは別のところにいる場合の対応も教えられる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "避難場所の条件",
                 "description": "避難場所は、各住宅区画ごとに決定され、その基準となるのは一定の広さがあること、周囲に爆発や延焼などの危険のない場所である。\n一般には近隣の公園や学校の体育館、運動場などの広い場所が定められ、設置されているところでは避難シェルターや一部解放された軍施設などもある。\n一時避難所と呼ばれる、災害時一時的に対比する場所。広域避難所と呼ばれる、さらに大規模な災害などのときに移動する大人数を収容できる避難所に分類される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "避難標識等の設備の配置",
                 "description": "建物内からの避難を円滑にするための誘導灯や非常灯、建物内の避難経路を示す経路図の設置などを行う必要がある。\nまた、屋外でも周辺地図を含めた案内図の設置、避難場所を示す標識の配置などを行う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "避難訓練のメリット",
                 "description": "日頃から避難訓練を行うことで、民衆がパニックを起こさないようにしつつ、災害や戦闘による被害を最小限に抑えることが出来る。\nまた、機会を設けることにより対策意識を持たせ、災害や戦時について考えるきっかけとなる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "避難訓練の注意点",
                 "description": "あくまで訓練であるので、実際の状況下においては同じように行動した場合危険になることもある。\n避難所までの経路が使えない場合や、避難所自体が危険である場合などである。\nその場合は、避難所を統括するものの指示に従い、落ち着いて柔軟に対応する必要がある。",
                 "part_type": "part"
               }
             ]
           },
           {
             "title": "避難訓練の具体的内容",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "自身の周辺の避難所の確認",
                 "description": "普段から自身の住む区画で指定されている避難場所の確認を行う必要がある。\nこれは各自治体により定められており、必要であれば役所などで知ることが出来る。\nまた、そこに自宅や勤め先から向かう場合の避難ルートなどの情報も同様に手に入れることが出来る。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "避難訓練実施日の通知",
                 "description": "訓練の予定日は事前に通知される。これは日常生活や経済活動を阻害しないためであり、主に休日や祝日などが指定される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "災害発生時のアラートの確認",
                 "description": "各自治体ごとに異なるが、災害発生時には何らかのアラートが報じられる。\n自身の住む自治体のアラートの内容を事前に知っておくことで、災害の脅威度を確認することが出来、\n迅速で冷静な判断が可能になる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "持っていくものの確認",
                 "description": "避難訓練前日までに避難用持ち出し袋や貴重品をまとめたものなどを\nとっさの時にすぐに手に取れる場所に保管してあるかを確認しておくこと。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "実際の訓練内容",
                 "description": "訓練用のアラートを受けた時点から避難訓練は開始される。落ちついて予めまとめておいた貴重品や非常用持ち出し袋などを手に取り、\n遅くても5分以内には行動を開始しなければならない。\n事前に確認した避難ルートを通り、一時避難所へと移動し、住宅区画ごとの統括者の指示に従い集号の点呼を受ける。\nまた、必要であれば広域避難所へと移動することもある。\nその後、実施責任者の災害への備えなどの訓示、災害の恐怖を確認するための映像資料などの閲覧などを経て解散となる。\nこの時、配給の手順を確認するために簡易的な食事が振る舞われることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "外出時の訓練内容",
                 "description": "通勤通学途中や、運転中、勤務中など自身の住む区画での訓練ではない場合、\n所属する団体の指示に従い避難訓練を行うこと。\n運転中などは混雑が予想されるので、避難訓練は行わないが、\n車を路肩に寄せて停止させて速やかに最寄りの避難所に合流するなどの手順を周知する必要がある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "反省内容の確認",
                 "description": "避難訓練が終了した後、各自治体はアンケートを行い、訓練内容に不備がなかったかを調査し、次回に反映する必要がある。\nまた、個人でも迅速に移動できなかった点などの反省を行うこと。",
                 "part_type": "part"
               }
             ]
           }
         ]
       },
       {
         "title": "火の見櫓(施設)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "火の見櫓の基本情報",
             "description": "火の見櫓は近隣住民に災害時などの警報を知らせるために設置された櫓のことである。\n物理域ごとに内容は異なるが、低物理であれば半鐘と呼ばれる小型の鐘、中物理以上であれば放送用スピーカーが設置されている。\n使用する場合以外は危険なので、立ち入りは禁止されている。\n避難訓練時などに定期的に作動するかのチェックとメンテナンスが行われる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "設置される場所",
             "description": "主に住宅区画の公園近くなど避難所のそばに設置される。大きな音が鳴るので一定の範囲を保ちつつ、複数設置してある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "火の見櫓のメリット",
             "description": "見晴らしのいい櫓に登ることで危険な地域を特定し、その付近からの避難を迅速に知らせることができる。\nまた、大きな音で警告することで、個人の情報入手方法に寄らず多くの住民に災害を通知できる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "火の見櫓の注意点",
             "description": "普段から火の見櫓を使用する場合の使用者を決めておく必要がある。町内会の運営部であったり、自警団、消防署などである。\n高所であるのでそれ以外のものの立ち入りは禁止すること。\nまた、誤報を避けるために指示された時以外は使用しないこと。",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "id": 2496,
         "title": "避難用シェルター(施設)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "id": 2497,
             "title": "シェルターの概要",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 2498,
                 "title": "シェルターの分類",
                 "description": "避難用シェルターは各種災害や戦争状況下において、民間人の避難と生命の維持を目的として作られた施設である。主に地下に設置される。面積は100m2を基準とする。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2499,
                 "title": "シェルターの全体構造",
                 "description": "避難用シェルターは通常の建造物と違い柱や梁を強化し、壁を分厚いコンクリートと鉄板で覆うことで災害や外部からの攻撃に耐えられるように頑丈に設計されている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2500,
                 "title": "シェルターの気密性",
                 "description": "ガスや放射性物質、水害などから内部を守るためにシェルターは完全な気密性を持ち、通常は高性能フィルターを備えた通気ダクトから換気を行っている。また、緊急時には宇宙ステーションなどで使われる専用のエアコンにより空気を清浄化し内部循環させ、大気濃度と同様に設定された酸素などをボンベから供給することで数日の間であれば完全に密閉状態を保てるようになっている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2501,
                 "title": "シェルターの浄水装置",
                 "description": "内部で使用した水分を浄水装置で濾過することで生命維持に必要な清潔な水を確保するための設備。活性炭と逆浸透膜フィルターを利用したろ過システムによって、汚物だけでなく細菌や放射性物質まで除去しほぼ純水の状態にまで浄化できる。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2502,
                 "title": "シェルターの許容人数",
                 "description": "シェルター内に収容できる人数は一般的な成人の人類種族で10人まで。この人数で2週間ほど生存できるように設計されている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 266,
               "name": "忌闇装介"
             }
           },
           {
             "id": 2503,
             "title": "シェルター内設備",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 2504,
                 "title": "食糧保存庫",
                 "description": "最大10人が一週間生存できる食料と水が用意されている。高カロリーなショートブレッドタイプのブロック食品。栄養補助のためのマルチビタミン・ミネラルサプリメント。長期保存用に密閉処理されたミネラルウォーターボトルなどである。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2505,
                 "title": "緊急医療用セット",
                 "description": "怪我人や病人に対処するためのセット。包帯や消毒液、抗生物質、縫合キットなど基本的な医療器具や薬品に加え、簡易にまとめられた処置マニュアルが同梱されいる。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2506,
                 "title": "外部通信装置",
                 "description": "外壁に設置されたアンテナを利用した通信設備。簡易的なもので子供でも扱えるようになっている。ラジオを聞いたり、SOS発信のためのボタンがついている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2507,
                 "title": "自己循環処理型トイレ",
                 "description": "水洗式のトイレ。シェルター下部の排水再利用のための処理槽と繋がっていて、浄水装置を通して生活用水として浄化されるシステムである。処理槽内容物を破棄せずに連続使用に耐えるのは数週間である。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2508,
                 "title": "電源ユニット",
                 "description": "シェルター内部の各種設備を動かすための電源装置。空気の清浄化と静音のため大容量の充電池式を採用している。これの補助としてポンプ式の手動発電装置も設置されている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               },
               {
                 "id": 2509,
                 "title": "シェルター内の照明装置",
                 "description": "省電力のために高輝度LEDが採用されており、必要に応じてコントローラで明るさを調節し電力消費を抑えることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 266,
                   "name": "忌闇装介"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 266,
               "name": "忌闇装介"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 266,
           "name": "忌闇装介"
         }
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]