※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 藩国間廃棄物処理機構 RD:18 評価値:7
    • 大部品: 組織の概要 RD:6 評価値:4
      • 部品: 設立の沿革
      • 部品: 騎士:拝藤照市
      • 部品: 受け入れの基準
      • 部品: 組織の運営費
      • 部品: 受け入れのシステム
      • 部品: 協定国の協力内容
    • 大部品: 協定国 RD:1 評価値:0
      • 部品: akiharu国
    • 大部品: 廃棄物運搬回収車 RD:8 評価値:5
      • 大部品: 概要事項 RD:4 評価値:3
        • 部品: 回収車の基本情報
        • 部品: 廃棄物処理に特化された車体
        • 部品: 法規制対応
        • 部品: 特別管理産業廃棄物対応
      • 大部品: 中型民間用トラック RD:4 評価値:3
        • 部品: 基本情報
        • 部品: 積載能力
        • 部品: 運転のしやすさ
        • 部品: エンジン機構
    • 大部品: 廃棄物保管集積所 RD:3 評価値:2
      • 部品: 集積所の基本情報
      • 部品: 保管所の安全性
      • 部品: 環境対応措置



部品定義


部品: 設立の沿革

共和国内での資源の安定供給を目指し、複数国で協定を結び
再生可能な廃棄物資源をakiharu国の機械の墓場で受け入れる業務を取り仕切る目的で設立された。

部品: 騎士:拝藤照市

akiharu国出身の藩国間廃棄物処理機構の代表。人知類。
国際的な対応力があり、円滑な組織運営が出来る人材として、
藩国外交部からヘッドハンティングされた。

部品: 受け入れの基準

受け入れる廃棄物の基準は以下のものとする。
1.機械の墓場で処理可能な形での廃棄物であること。
2.廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律に基づき、安全基準をクリアしたもの。
3.兵器軍事関連の廃棄物は、各藩国で重要技術部品を取り外し、安全化が図られたもの。
4.機械の墓場の処理能力内で算出された割り当て分までとする。

部品: 組織の運営費

組織の運営にかかる経費は、akiharu国の資源販売益と一部税金と、各藩国からの廃棄処理費をもって賄うこととする。

部品: 受け入れのシステム

各藩国の廃棄物の受け入れは、一部の安全化処理は各藩国で行った後、
共同で作成された商業港を用いた海運を利用して持ち込むこととする。
検疫や密輸に関する検査なども商業港に付随する機能を利用している。

部品: 協定国の協力内容

協定の内容は以下のとおりである。
1.共同港を利用した海運での廃棄物輸送許可。
2.廃棄物保管集積所の設置、廃棄物運搬収集車の運用許可。
3.兵器や危険部品の除去作業協力。
4.機構に発生する問題に対する協力。

部品: akiharu国

機械の墓場を作成し、国内だけでなく協力各国からも廃棄物資源を取り込むことで再生産資源の安定供給を目指す。
羅玄国の提案により協定を結び、管理機構を設置した。


部品: 回収車の基本情報

廃棄物運搬回収車は、産業廃棄物を運搬する目的で
中型民間トラックをベースに小型コンテナや積み込み機構を増設する形で製造された。

部品: 廃棄物処理に特化された車体

小型コンテナを改装して取り付けられた荷台は、ボタン操作により稼働することが出来、
積み込んだ廃棄物をそのまま集積所に移したり、処理場に置くことが出来る。
また、簡易的なクレーンも装備しており、重量のある廃棄物を釣り上げることもできた。
都市部を走ることも鑑みて音声による警告を発する機能もある。

部品: 法規制対応

基本的な道路交通法に従った装備は行われており、さらに車体の見える位置に
業者としての登録許可番号と産業廃棄物運搬の旨を記載したシールなどを表示しなければならない。
また、登録書書類を携行して、即座に提示できるようにしておく必要がある。

部品: 特別管理産業廃棄物対応

専用のケースを用意することで、廃油や薬品などの危険な産業廃棄物にも対応している。
運搬時には細心の注意を払い、安全走行を心がけること。また、危険物を運ぶ時に貼るステッカーも用意されている。

部品: 基本情報

民間で使用される、中型規模の業務用トラックである。
荷台装備を交換することで都市内での小回りの効いた様々な運用に耐えるように設計されている。
4輪式の自動車であり、装甲なども基本的には装備されていない。

部品: 積載能力

最大積載量は11t。基本的には8tクラスでの運用を想定されている。
頑丈な足回りで設計されているが、荷台装備を充実させることで生産コストを削減している。

部品: 運転のしやすさ

都市部を走ることを想定されているので、扱いやすいAT車になっており、
デザインもフェンダーミラーにサイドアンダーミラーをつけたり
扉の開閉が実用的な機構にまとめられている。
また、高性能なエアサスペンションを装備しており、荷崩れや振動を可能な限り抑えている。

部品: エンジン機構

メンテナンス性と燃費効率、トルクやブレーキ効率など、都市型使用を鑑みてディーゼルエンジンが採用されいる。

部品: 集積所の基本情報

廃棄物保管集積所は、協賛国に許可を得て共同港にスペースを確保された施設であり、
海運輸送を行うまでに廃棄物を保管しておくために設置された。

部品: 保管所の安全性

周辺への環境に配慮され、高いコンクリート製の壁で囲まれており、さらに壁から安全規定に従った距離まで保管場所は離されている。
危険性のある廃棄物は内部専用施設に保管されている。
視認が容易な位置に廃棄物処理のための施設であることを明示した看板が設置され、部外者の立ち入りを禁止している。

部品: 環境対応措置

廃棄物による汚染に対応するため、施設内は不浸透性の素材で覆われており、
専用の排水口と処理施設が設置されている。
また、害獣などが発生しないように定期的なチェックと対策がなされている。



提出書式


 大部品: 藩国間廃棄物処理機構 RD:18 評価値:7
 -大部品: 組織の概要 RD:6 評価値:4
 --部品: 設立の沿革
 --部品: 騎士:拝藤照市
 --部品: 受け入れの基準
 --部品: 組織の運営費
 --部品: 受け入れのシステム
 --部品: 協定国の協力内容
 -大部品: 協定国 RD:1 評価値:0
 --部品: akiharu国
 -大部品: 廃棄物運搬回収車 RD:8 評価値:5
 --大部品: 概要事項 RD:4 評価値:3
 ---部品: 回収車の基本情報
 ---部品: 廃棄物処理に特化された車体
 ---部品: 法規制対応
 ---部品: 特別管理産業廃棄物対応
 --大部品: 中型民間用トラック RD:4 評価値:3
 ---部品: 基本情報
 ---部品: 積載能力
 ---部品: 運転のしやすさ
 ---部品: エンジン機構
 -大部品: 廃棄物保管集積所 RD:3 評価値:2
 --部品: 集積所の基本情報
 --部品: 保管所の安全性
 --部品: 環境対応措置
 
 
 部品: 設立の沿革
 共和国内での資源の安定供給を目指し、複数国で協定を結び
 再生可能な廃棄物資源をakiharu国の機械の墓場で受け入れる業務を取り仕切る目的で設立された。
 
 部品: 騎士:拝藤照市
 akiharu国出身の藩国間廃棄物処理機構の代表。人知類。
 国際的な対応力があり、円滑な組織運営が出来る人材として、
 藩国外交部からヘッドハンティングされた。
 
 部品: 受け入れの基準
 受け入れる廃棄物の基準は以下のものとする。
 1.機械の墓場で処理可能な形での廃棄物であること。
 2.廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律に基づき、安全基準をクリアしたもの。
 3.兵器軍事関連の廃棄物は、各藩国で重要技術部品を取り外し、安全化が図られたもの。
 4.機械の墓場の処理能力内で算出された割り当て分までとする。
 
 部品: 組織の運営費
 組織の運営にかかる経費は、akiharu国の資源販売益と一部税金と、各藩国からの廃棄処理費をもって賄うこととする。
 
 部品: 受け入れのシステム
 各藩国の廃棄物の受け入れは、一部の安全化処理は各藩国で行った後、
 共同で作成された商業港を用いた海運を利用して持ち込むこととする。
 検疫や密輸に関する検査なども商業港に付随する機能を利用している。
 
 部品: 協定国の協力内容
 協定の内容は以下のとおりである。
 1.共同港を利用した海運での廃棄物輸送許可。
 2.廃棄物保管集積所の設置、廃棄物運搬収集車の運用許可。
 3.兵器や危険部品の除去作業協力。
 4.機構に発生する問題に対する協力。
 
 部品: akiharu国
 機械の墓場を作成し、国内だけでなく協力各国からも廃棄物資源を取り込むことで再生産資源の安定供給を目指す。
 羅玄国の提案により協定を結び、管理機構を設置した。
 
 
 部品: 回収車の基本情報
 廃棄物運搬回収車は、産業廃棄物を運搬する目的で
 中型民間トラックをベースに小型コンテナや積み込み機構を増設する形で製造された。
 
 部品: 廃棄物処理に特化された車体
 小型コンテナを改装して取り付けられた荷台は、ボタン操作により稼働することが出来、
 積み込んだ廃棄物をそのまま集積所に移したり、処理場に置くことが出来る。
 また、簡易的なクレーンも装備しており、重量のある廃棄物を釣り上げることもできた。
 都市部を走ることも鑑みて音声による警告を発する機能もある。
 
 部品: 法規制対応
 基本的な道路交通法に従った装備は行われており、さらに車体の見える位置に
 業者としての登録許可番号と産業廃棄物運搬の旨を記載したシールなどを表示しなければならない。
 また、登録書書類を携行して、即座に提示できるようにしておく必要がある。
 
 部品: 特別管理産業廃棄物対応
 専用のケースを用意することで、廃油や薬品などの危険な産業廃棄物にも対応している。
 運搬時には細心の注意を払い、安全走行を心がけること。また、危険物を運ぶ時に貼るステッカーも用意されている。
 
 部品: 基本情報
 民間で使用される、中型規模の業務用トラックである。
 荷台装備を交換することで都市内での小回りの効いた様々な運用に耐えるように設計されている。
 4輪式の自動車であり、装甲なども基本的には装備されていない。
 
 部品: 積載能力
 最大積載量は11t。基本的には8tクラスでの運用を想定されている。
 頑丈な足回りで設計されているが、荷台装備を充実させることで生産コストを削減している。
 
 部品: 運転のしやすさ
 都市部を走ることを想定されているので、扱いやすいAT車になっており、
 デザインもフェンダーミラーにサイドアンダーミラーをつけたり
 扉の開閉が実用的な機構にまとめられている。
 また、高性能なエアサスペンションを装備しており、荷崩れや振動を可能な限り抑えている。
 
 部品: エンジン機構
 メンテナンス性と燃費効率、トルクやブレーキ効率など、都市型使用を鑑みてディーゼルエンジンが採用されいる。
 
 部品: 集積所の基本情報
 廃棄物保管集積所は、協賛国に許可を得て共同港にスペースを確保された施設であり、
 海運輸送を行うまでに廃棄物を保管しておくために設置された。
 
 部品: 保管所の安全性
 周辺への環境に配慮され、高いコンクリート製の壁で囲まれており、さらに壁から安全規定に従った距離まで保管場所は離されている。
 危険性のある廃棄物は内部専用施設に保管されている。
 視認が容易な位置に廃棄物処理のための施設であることを明示した看板が設置され、部外者の立ち入りを禁止している。
 
 部品: 環境対応措置
 廃棄物による汚染に対応するため、施設内は不浸透性の素材で覆われており、
 専用の排水口と処理施設が設置されている。
 また、害獣などが発生しないように定期的なチェックと対策がなされている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "藩国間廃棄物処理機構",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "組織の概要",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "設立の沿革",
             "description": "共和国内での資源の安定供給を目指し、複数国で協定を結び\n再生可能な廃棄物資源をakiharu国の機械の墓場で受け入れる業務を取り仕切る目的で設立された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "騎士:拝藤照市",
             "description": "akiharu国出身の藩国間廃棄物処理機構の代表。人知類。\n国際的な対応力があり、円滑な組織運営が出来る人材として、\n藩国外交部からヘッドハンティングされた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "受け入れの基準",
             "description": "受け入れる廃棄物の基準は以下のものとする。\n1.機械の墓場で処理可能な形での廃棄物であること。\n2.廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律に基づき、安全基準をクリアしたもの。\n3.兵器軍事関連の廃棄物は、各藩国で重要技術部品を取り外し、安全化が図られたもの。\n4.機械の墓場の処理能力内で算出された割り当て分までとする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "組織の運営費",
             "description": "組織の運営にかかる経費は、akiharu国の資源販売益と一部税金と、各藩国からの廃棄処理費をもって賄うこととする。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "受け入れのシステム",
             "description": "各藩国の廃棄物の受け入れは、一部の安全化処理は各藩国で行った後、\n共同で作成された商業港を用いた海運を利用して持ち込むこととする。\n検疫や密輸に関する検査なども商業港に付随する機能を利用している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "協定国の協力内容",
             "description": "協定の内容は以下のとおりである。\n1.共同港を利用した海運での廃棄物輸送許可。\n2.廃棄物保管集積所の設置、廃棄物運搬収集車の運用許可。\n3.兵器や危険部品の除去作業協力。\n4.機構に発生する問題に対する協力。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "協定国",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "akiharu国",
             "description": "機械の墓場を作成し、国内だけでなく協力各国からも廃棄物資源を取り込むことで再生産資源の安定供給を目指す。\n羅玄国の提案により協定を結び、管理機構を設置した。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "廃棄物運搬回収車",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "概要事項",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "回収車の基本情報",
                 "description": "廃棄物運搬回収車は、産業廃棄物を運搬する目的で\n中型民間トラックをベースに小型コンテナや積み込み機構を増設する形で製造された。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "廃棄物処理に特化された車体",
                 "description": "小型コンテナを改装して取り付けられた荷台は、ボタン操作により稼働することが出来、\n積み込んだ廃棄物をそのまま集積所に移したり、処理場に置くことが出来る。\nまた、簡易的なクレーンも装備しており、重量のある廃棄物を釣り上げることもできた。\n都市部を走ることも鑑みて音声による警告を発する機能もある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "法規制対応",
                 "description": "基本的な道路交通法に従った装備は行われており、さらに車体の見える位置に\n業者としての登録許可番号と産業廃棄物運搬の旨を記載したシールなどを表示しなければならない。\nまた、登録書書類を携行して、即座に提示できるようにしておく必要がある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "特別管理産業廃棄物対応",
                 "description": "専用のケースを用意することで、廃油や薬品などの危険な産業廃棄物にも対応している。\n運搬時には細心の注意を払い、安全走行を心がけること。また、危険物を運ぶ時に貼るステッカーも用意されている。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "中型民間用トラック",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "基本情報",
                 "description": "民間で使用される、中型規模の業務用トラックである。\n荷台装備を交換することで都市内での小回りの効いた様々な運用に耐えるように設計されている。\n4輪式の自動車であり、装甲なども基本的には装備されていない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "積載能力",
                 "description": "最大積載量は11t。基本的には8tクラスでの運用を想定されている。\n頑丈な足回りで設計されているが、荷台装備を充実させることで生産コストを削減している。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "運転のしやすさ",
                 "description": "都市部を走ることを想定されているので、扱いやすいAT車になっており、\nデザインもフェンダーミラーにサイドアンダーミラーをつけたり\n扉の開閉が実用的な機構にまとめられている。\nまた、高性能なエアサスペンションを装備しており、荷崩れや振動を可能な限り抑えている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "エンジン機構",
                 "description": "メンテナンス性と燃費効率、トルクやブレーキ効率など、都市型使用を鑑みてディーゼルエンジンが採用されいる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "廃棄物保管集積所",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "集積所の基本情報",
             "description": "廃棄物保管集積所は、協賛国に許可を得て共同港にスペースを確保された施設であり、\n海運輸送を行うまでに廃棄物を保管しておくために設置された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "保管所の安全性",
             "description": "周辺への環境に配慮され、高いコンクリート製の壁で囲まれており、さらに壁から安全規定に従った距離まで保管場所は離されている。\n危険性のある廃棄物は内部専用施設に保管されている。\n視認が容易な位置に廃棄物処理のための施設であることを明示した看板が設置され、部外者の立ち入りを禁止している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "環境対応措置",
             "description": "廃棄物による汚染に対応するため、施設内は不浸透性の素材で覆われており、\n専用の排水口と処理施設が設置されている。\nまた、害獣などが発生しないように定期的なチェックと対策がなされている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]