部品構造


  • 大部品: 商人 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 商人の基本行動 RD:8 評価値:5
      • 部品: 商人の概要
      • 部品: 商人の人脈
      • 部品: 商人の目利き
      • 部品: 商品の仕入れ
      • 部品: 商人の交渉術
      • 部品: 商品の輸送
      • 部品: 商人の店舗形態
      • 部品: 商品の販売
    • 大部品: 商売の極意 RD:4 評価値:3
      • 部品: 下げる頭はタダである
      • 部品: 信用は値千金
      • 部品: 損して得取れ
      • 部品: ランチェスター戦略(商人版)



部品定義


部品: 商人の概要

商人とは供給者から商品を仕入れ、需要者に物品やサービスを売ることで利潤を得ることを目的とする事業者で、取引の専門家である。

部品: 商人の人脈

情報を何より欲し、商売ルートを組み上げる商人は、人脈の維持にコストをかける。
だれがなにを欲しがっているのか。なにか新しいものを生み出した人はいないか。
そういう情報を集めるために広い人脈を維持しているのだ。

部品: 商人の目利き

現在はまったくの無価値であっても、将来性のあるものに投資することは多い。
先行者利益を確保できれば儲けることが出来るし、新ジャンルの商品を開発したものにも利益が分配できるのだ。
幅広く俯瞰的な視点で物を見て、その価値を推し量る必要がある。

部品: 商品の仕入れ

商品は主に生産者から買い付ける。安く仕入れる方法は考えなければならないが、一方で生産者の生活が破綻し再生産ができなくなるような強引な仕入れは商道に反するとして忌み嫌われう。

部品: 商人の交渉術

商人は取引の専門家であり、その話術は必須のスキルである。常に双方の利益を計算しお互いに納得のいく売買契約を成立させることを考えなければならない。これは長期的継続的に商売をするためにも重要である。

部品: 商品の輸送

仕入れた商品は生産者の近くでは基本的に売ることは出来ない。近くであれば需要者は自らの足で買いにいけるからである。高く買ってくれる場所まで安全に商品を運ぶ手段を構築するのも商人の仕事である。

部品: 商人の店舗形態

商人は商品を保管、陳列、販売するための店舗を持つ。小規模であれば自転車の後ろに乗せたり屋台を引いたりすることもある。大規模になると倉庫と店舗を分けておいたりもする。

部品: 商品の販売

商品の販売は特に工夫を凝らす点である。並べて座っているだけで飛ぶように売れるものは稀であり、陳列の見せ方、告知の仕方、値段の設定など少しでも顧客に役に立ち喜ばれる価値のあるモノを提供し、その対価で収支が成り立つ工夫を常に怠らない。

部品: 下げる頭はタダである

頭を下げることで買ってもらえたり値段が上がるのであればいくらでも下げるべきである。元手はタダなのだから。ただし侮られて足元を見られることのないようにすること。

部品: 信用は値千金

誠実にかつ目の届く商売をすることで、取引相手に喜んでもらわなければならない。信用を積み重ねることによりより大きな商いにつながるからである。

部品: 損して得取れ

時に損な取り引きになる可能性もあったり、大きなリスクがあることもあるがこれを恐れてはならない。長期的継続的に取り引きを続けるのならばそれは重要な意味を持つことになるからである。ただし従業員や家族の生活が不安定になるほどであれば手を引くのも一つの勇気である。

部品: ランチェスター戦略(商人版)

一般にビジネスにおいてランチェスターの弱者戦略と強者戦略といえば、
ニッチなジャンルで手堅い勝利を重ねることと、スケールメリットを活かしたリソースの大量投入のことを指す。
自身がどちらの戦略に沿うべきかを判断するためにはクープマンの目標値が使われることがある。



提出書式


 大部品: 商人 RD:12 評価値:6
 -大部品: 商人の基本行動 RD:8 評価値:5
 --部品: 商人の概要
 --部品: 商人の人脈
 --部品: 商人の目利き
 --部品: 商品の仕入れ
 --部品: 商人の交渉術
 --部品: 商品の輸送
 --部品: 商人の店舗形態
 --部品: 商品の販売
 -大部品: 商売の極意 RD:4 評価値:3
 --部品: 下げる頭はタダである
 --部品: 信用は値千金
 --部品: 損して得取れ
 --部品: ランチェスター戦略(商人版)
 
 
 部品: 商人の概要
 商人とは供給者から商品を仕入れ、需要者に物品やサービスを売ることで利潤を得ることを目的とする事業者で、取引の専門家である。
 
 部品: 商人の人脈
 情報を何より欲し、商売ルートを組み上げる商人は、人脈の維持にコストをかける。
 だれがなにを欲しがっているのか。なにか新しいものを生み出した人はいないか。
 そういう情報を集めるために広い人脈を維持しているのだ。
 
 部品: 商人の目利き
 現在はまったくの無価値であっても、将来性のあるものに投資することは多い。
 先行者利益を確保できれば儲けることが出来るし、新ジャンルの商品を開発したものにも利益が分配できるのだ。
 幅広く俯瞰的な視点で物を見て、その価値を推し量る必要がある。
 
 部品: 商品の仕入れ
 商品は主に生産者から買い付ける。安く仕入れる方法は考えなければならないが、一方で生産者の生活が破綻し再生産ができなくなるような強引な仕入れは商道に反するとして忌み嫌われう。
 
 部品: 商人の交渉術
 商人は取引の専門家であり、その話術は必須のスキルである。常に双方の利益を計算しお互いに納得のいく売買契約を成立させることを考えなければならない。これは長期的継続的に商売をするためにも重要である。
 
 部品: 商品の輸送
 仕入れた商品は生産者の近くでは基本的に売ることは出来ない。近くであれば需要者は自らの足で買いにいけるからである。高く買ってくれる場所まで安全に商品を運ぶ手段を構築するのも商人の仕事である。
 
 部品: 商人の店舗形態
 商人は商品を保管、陳列、販売するための店舗を持つ。小規模であれば自転車の後ろに乗せたり屋台を引いたりすることもある。大規模になると倉庫と店舗を分けておいたりもする。
 
 部品: 商品の販売
 商品の販売は特に工夫を凝らす点である。並べて座っているだけで飛ぶように売れるものは稀であり、陳列の見せ方、告知の仕方、値段の設定など少しでも顧客に役に立ち喜ばれる価値のあるモノを提供し、その対価で収支が成り立つ工夫を常に怠らない。
 
 部品: 下げる頭はタダである
 頭を下げることで買ってもらえたり値段が上がるのであればいくらでも下げるべきである。元手はタダなのだから。ただし侮られて足元を見られることのないようにすること。
 
 部品: 信用は値千金
 誠実にかつ目の届く商売をすることで、取引相手に喜んでもらわなければならない。信用を積み重ねることによりより大きな商いにつながるからである。
 
 部品: 損して得取れ
 時に損な取り引きになる可能性もあったり、大きなリスクがあることもあるがこれを恐れてはならない。長期的継続的に取り引きを続けるのならばそれは重要な意味を持つことになるからである。ただし従業員や家族の生活が不安定になるほどであれば手を引くのも一つの勇気である。
 
 部品: ランチェスター戦略(商人版)
 一般にビジネスにおいてランチェスターの弱者戦略と強者戦略といえば、
 ニッチなジャンルで手堅い勝利を重ねることと、スケールメリットを活かしたリソースの大量投入のことを指す。
 自身がどちらの戦略に沿うべきかを判断するためにはクープマンの目標値が使われることがある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "商人",
     "children": [
       {
         "title": "商人の基本行動",
         "children": [
           {
             "title": "商人の概要",
             "description": "商人とは供給者から商品を仕入れ、需要者に物品やサービスを売ることで利潤を得ることを目的とする事業者で、取引の専門家である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商人の人脈",
             "description": "情報を何より欲し、商売ルートを組み上げる商人は、人脈の維持にコストをかける。\nだれがなにを欲しがっているのか。なにか新しいものを生み出した人はいないか。\nそういう情報を集めるために広い人脈を維持しているのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商人の目利き",
             "description": "現在はまったくの無価値であっても、将来性のあるものに投資することは多い。\n先行者利益を確保できれば儲けることが出来るし、新ジャンルの商品を開発したものにも利益が分配できるのだ。\n幅広く俯瞰的な視点で物を見て、その価値を推し量る必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商品の仕入れ",
             "description": "商品は主に生産者から買い付ける。安く仕入れる方法は考えなければならないが、一方で生産者の生活が破綻し再生産ができなくなるような強引な仕入れは商道に反するとして忌み嫌われう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商人の交渉術",
             "description": "商人は取引の専門家であり、その話術は必須のスキルである。常に双方の利益を計算しお互いに納得のいく売買契約を成立させることを考えなければならない。これは長期的継続的に商売をするためにも重要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商品の輸送",
             "description": "仕入れた商品は生産者の近くでは基本的に売ることは出来ない。近くであれば需要者は自らの足で買いにいけるからである。高く買ってくれる場所まで安全に商品を運ぶ手段を構築するのも商人の仕事である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商人の店舗形態",
             "description": "商人は商品を保管、陳列、販売するための店舗を持つ。小規模であれば自転車の後ろに乗せたり屋台を引いたりすることもある。大規模になると倉庫と店舗を分けておいたりもする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "商品の販売",
             "description": "商品の販売は特に工夫を凝らす点である。並べて座っているだけで飛ぶように売れるものは稀であり、陳列の見せ方、告知の仕方、値段の設定など少しでも顧客に役に立ち喜ばれる価値のあるモノを提供し、その対価で収支が成り立つ工夫を常に怠らない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "商売の極意",
         "children": [
           {
             "title": "下げる頭はタダである",
             "description": "頭を下げることで買ってもらえたり値段が上がるのであればいくらでも下げるべきである。元手はタダなのだから。ただし侮られて足元を見られることのないようにすること。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "信用は値千金",
             "description": "誠実にかつ目の届く商売をすることで、取引相手に喜んでもらわなければならない。信用を積み重ねることによりより大きな商いにつながるからである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "損して得取れ",
             "description": "時に損な取り引きになる可能性もあったり、大きなリスクがあることもあるがこれを恐れてはならない。長期的継続的に取り引きを続けるのならばそれは重要な意味を持つことになるからである。ただし従業員や家族の生活が不安定になるほどであれば手を引くのも一つの勇気である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ランチェスター戦略(商人版)",
             "description": "一般にビジネスにおいてランチェスターの弱者戦略と強者戦略といえば、\nニッチなジャンルで手堅い勝利を重ねることと、スケールメリットを活かしたリソースの大量投入のことを指す。\n自身がどちらの戦略に沿うべきかを判断するためにはクープマンの目標値が使われることがある。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]