部品構造


  • 大部品: 編集者 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 編集者の基本概要 RD:7 評価値:4
      • 部品: 編集者の仕事
      • 部品: 編集者になるための条件
      • 部品: 編集者の企画技能
      • 部品: 編集者と原稿
      • 部品: 編集者の紙面作成
      • 部品: 編集者の情報収集
      • 部品: 編集者の調整能力
    • 大部品: 作家との戦い RD:5 評価値:3
      • 部品: 編集者の夜間活動時間
      • 部品: 編集者の追跡技能
      • 部品: 編集者のコミュニケーション能力
      • 部品: 編集者の論理的思考能力
      • 部品: 飲み会耐性



部品定義


部品: 編集者の仕事

編集者は出版物の企画を行い、原稿を集め、校正や編集を行い、紙面をデザインし出版物の完成させることを目的とした職業である。

部品: 編集者になるための条件

作品作りが好きで、作家の手助けになりたいと思うことは重要であるが、
それに加えて豊富な知識と強力な実務能力、社会経験が必要となる。
現場で叩き上げるか、専門の大学機関などで学ぶか、どちらにせよ十分な学習と実践が要求される。

部品: 編集者の企画技能

出版物の企画はコンセプトが目的とした顧客層に強く受け入れられるものである必要がある。時代を読み、需要を掘り起こし、先鋭化させ徹底的に追求することでよい企画が出来上がる。

部品: 編集者と原稿

企画を完成させるために質の高い原稿を手に入れることは至上命題である。作家が原稿を仕上げるための障害を排除し、時に一緒にアイデアを練り、喧嘩をしてでも原稿だけはよいものを作り上げる必要がある。それには作家との信頼関係が重要である。

部品: 編集者の紙面作成

編集者は手に入れた原稿を元に、出版物の作成を行う。表紙や内容のデザイン、文章の誤字脱字の発見や表現の訂正、ときに追加の原稿や写真やイラストなどの発注を出し地味であるがクリエイティブ性が試される業務に耐える我慢強さと才能が必要となる。

部品: 編集者の情報収集

編集者は常に新しい企画のために、多くの書籍を読み、ニュースに目を走らせ、様々な人と出会うことで自身の感性を磨く必要がある。

部品: 編集者の調整能力

企画は一人では完成しない。カメラマンや印刷会社などの交渉や作家とのスケジュール管理など幅広い業務を俯瞰的に同時進行でこなす必要がある。
日々パズルゲームのようなスケジュールを組み合わせ、突発的なトラブルにも対処し企画を完成させる調整能力は高いものである。

部品: 編集者の夜間活動時間

作家は基本的に個人事業者で自由業である。いつ完成するかわからない原稿を手に入れるためにはときに徹夜で張り付く必要もある。作家が逃げ出さないように意識を保ちつつ仮眠を取れるように鍛えられている。

部品: 編集者の追跡技能

すべての作家がそうではないが、原稿を放って遊びに出かけた作家を探し出す技能も必要とされる。普段からのコミュニケーションによりその作家の思考をトレースしてどこであろうが追いかける。

部品: 編集者のコミュニケーション能力

まともな人間は作家なんかやらない、とまでは言わないが一癖も二癖もある者が多い作家と社会とを繋ぐ架け橋となるために編集者には高度なコミュニケーション能力が要求される。

部品: 編集者の論理的思考能力

作家との対話によって作品の完成度を上げる編集者の能力は、作家のインスピレーションを維持しつつ、
購入層に受け入れられる現実的なプランに落とし込むことの出来る論理的で常識的な思考が必要になる。

部品: 飲み会耐性

作家は酒を飲むものである。いや一部の優れた作家は酒を飲む。
コミュニケーションとして嗜む程度だとしても、一人で作業を黙々とこなす作家は飲み会が好きである。
それに付き合いつつ、失態をしないためには酒に対する向き合い方を知ってないといけない。



提出書式


 大部品: 編集者 RD:12 評価値:6
 -大部品: 編集者の基本概要 RD:7 評価値:4
 --部品: 編集者の仕事
 --部品: 編集者になるための条件
 --部品: 編集者の企画技能
 --部品: 編集者と原稿
 --部品: 編集者の紙面作成
 --部品: 編集者の情報収集
 --部品: 編集者の調整能力
 -大部品: 作家との戦い RD:5 評価値:3
 --部品: 編集者の夜間活動時間
 --部品: 編集者の追跡技能
 --部品: 編集者のコミュニケーション能力
 --部品: 編集者の論理的思考能力
 --部品: 飲み会耐性
 
 
 部品: 編集者の仕事
 編集者は出版物の企画を行い、原稿を集め、校正や編集を行い、紙面をデザインし出版物の完成させることを目的とした職業である。
 
 部品: 編集者になるための条件
 作品作りが好きで、作家の手助けになりたいと思うことは重要であるが、
 それに加えて豊富な知識と強力な実務能力、社会経験が必要となる。
 現場で叩き上げるか、専門の大学機関などで学ぶか、どちらにせよ十分な学習と実践が要求される。
 
 部品: 編集者の企画技能
 出版物の企画はコンセプトが目的とした顧客層に強く受け入れられるものである必要がある。時代を読み、需要を掘り起こし、先鋭化させ徹底的に追求することでよい企画が出来上がる。
 
 部品: 編集者と原稿
 企画を完成させるために質の高い原稿を手に入れることは至上命題である。作家が原稿を仕上げるための障害を排除し、時に一緒にアイデアを練り、喧嘩をしてでも原稿だけはよいものを作り上げる必要がある。それには作家との信頼関係が重要である。
 
 部品: 編集者の紙面作成
 編集者は手に入れた原稿を元に、出版物の作成を行う。表紙や内容のデザイン、文章の誤字脱字の発見や表現の訂正、ときに追加の原稿や写真やイラストなどの発注を出し地味であるがクリエイティブ性が試される業務に耐える我慢強さと才能が必要となる。
 
 部品: 編集者の情報収集
 編集者は常に新しい企画のために、多くの書籍を読み、ニュースに目を走らせ、様々な人と出会うことで自身の感性を磨く必要がある。
 
 部品: 編集者の調整能力
 企画は一人では完成しない。カメラマンや印刷会社などの交渉や作家とのスケジュール管理など幅広い業務を俯瞰的に同時進行でこなす必要がある。
 日々パズルゲームのようなスケジュールを組み合わせ、突発的なトラブルにも対処し企画を完成させる調整能力は高いものである。
 
 部品: 編集者の夜間活動時間
 作家は基本的に個人事業者で自由業である。いつ完成するかわからない原稿を手に入れるためにはときに徹夜で張り付く必要もある。作家が逃げ出さないように意識を保ちつつ仮眠を取れるように鍛えられている。
 
 部品: 編集者の追跡技能
 すべての作家がそうではないが、原稿を放って遊びに出かけた作家を探し出す技能も必要とされる。普段からのコミュニケーションによりその作家の思考をトレースしてどこであろうが追いかける。
 
 部品: 編集者のコミュニケーション能力
 まともな人間は作家なんかやらない、とまでは言わないが一癖も二癖もある者が多い作家と社会とを繋ぐ架け橋となるために編集者には高度なコミュニケーション能力が要求される。
 
 部品: 編集者の論理的思考能力
 作家との対話によって作品の完成度を上げる編集者の能力は、作家のインスピレーションを維持しつつ、
 購入層に受け入れられる現実的なプランに落とし込むことの出来る論理的で常識的な思考が必要になる。
 
 部品: 飲み会耐性
 作家は酒を飲むものである。いや一部の優れた作家は酒を飲む。
 コミュニケーションとして嗜む程度だとしても、一人で作業を黙々とこなす作家は飲み会が好きである。
 それに付き合いつつ、失態をしないためには酒に対する向き合い方を知ってないといけない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "編集者",
     "children": [
       {
         "title": "編集者の基本概要",
         "children": [
           {
             "title": "編集者の仕事",
             "description": "編集者は出版物の企画を行い、原稿を集め、校正や編集を行い、紙面をデザインし出版物の完成させることを目的とした職業である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者になるための条件",
             "description": "作品作りが好きで、作家の手助けになりたいと思うことは重要であるが、\nそれに加えて豊富な知識と強力な実務能力、社会経験が必要となる。\n現場で叩き上げるか、専門の大学機関などで学ぶか、どちらにせよ十分な学習と実践が要求される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の企画技能",
             "description": "出版物の企画はコンセプトが目的とした顧客層に強く受け入れられるものである必要がある。時代を読み、需要を掘り起こし、先鋭化させ徹底的に追求することでよい企画が出来上がる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者と原稿",
             "description": "企画を完成させるために質の高い原稿を手に入れることは至上命題である。作家が原稿を仕上げるための障害を排除し、時に一緒にアイデアを練り、喧嘩をしてでも原稿だけはよいものを作り上げる必要がある。それには作家との信頼関係が重要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の紙面作成",
             "description": "編集者は手に入れた原稿を元に、出版物の作成を行う。表紙や内容のデザイン、文章の誤字脱字の発見や表現の訂正、ときに追加の原稿や写真やイラストなどの発注を出し地味であるがクリエイティブ性が試される業務に耐える我慢強さと才能が必要となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の情報収集",
             "description": "編集者は常に新しい企画のために、多くの書籍を読み、ニュースに目を走らせ、様々な人と出会うことで自身の感性を磨く必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の調整能力",
             "description": "企画は一人では完成しない。カメラマンや印刷会社などの交渉や作家とのスケジュール管理など幅広い業務を俯瞰的に同時進行でこなす必要がある。\n日々パズルゲームのようなスケジュールを組み合わせ、突発的なトラブルにも対処し企画を完成させる調整能力は高いものである。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "作家との戦い",
         "children": [
           {
             "title": "編集者の夜間活動時間",
             "description": "作家は基本的に個人事業者で自由業である。いつ完成するかわからない原稿を手に入れるためにはときに徹夜で張り付く必要もある。作家が逃げ出さないように意識を保ちつつ仮眠を取れるように鍛えられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の追跡技能",
             "description": "すべての作家がそうではないが、原稿を放って遊びに出かけた作家を探し出す技能も必要とされる。普段からのコミュニケーションによりその作家の思考をトレースしてどこであろうが追いかける。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者のコミュニケーション能力",
             "description": "まともな人間は作家なんかやらない、とまでは言わないが一癖も二癖もある者が多い作家と社会とを繋ぐ架け橋となるために編集者には高度なコミュニケーション能力が要求される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集者の論理的思考能力",
             "description": "作家との対話によって作品の完成度を上げる編集者の能力は、作家のインスピレーションを維持しつつ、\n購入層に受け入れられる現実的なプランに落とし込むことの出来る論理的で常識的な思考が必要になる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "飲み会耐性",
             "description": "作家は酒を飲むものである。いや一部の優れた作家は酒を飲む。\nコミュニケーションとして嗜む程度だとしても、一人で作業を黙々とこなす作家は飲み会が好きである。\nそれに付き合いつつ、失態をしないためには酒に対する向き合い方を知ってないといけない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]