部品構造


  • 大部品: 学芸員 RD:12 評価値:6
    • 部品: 学芸員の概要
    • 部品: 学芸員の信条
    • 部品: 学芸員の資格
    • 部品: 学芸員の審美眼
    • 部品: 学芸員の研究・調査
    • 部品: 美術品についての情報収集
    • 部品: 芸術品の収集
    • 部品: 芸術品の修復
    • 部品: 芸術品の展示普及
    • 部品: 芸術品の保管・管理
    • 部品: 芸術品の輸送
    • 部品: 後進の育成



部品定義


部品: 学芸員の概要

美術館や博物館などにおいて芸術品の取扱全般を職務とする専門家である。企画展などを統括する場合キュレーターとも呼ばれる。

部品: 学芸員の信条

学芸員は芸術の神に奉仕し仕える司祭ともいうべき芸術の守護者である。
芸術文化と作品の保護にあたって誇りと奉仕の精神でなによりも優先する。
人類の美の結晶をその目に出来るということはそのなによりの対価なのだから。

部品: 学芸員の資格

教育機関などで十分な教養を得て、各国の資格審査に通ることが必要であるが、なにより芸術にその身を捧げその価値の普及を目標とする精神こそが重要な資格である。

部品: 学芸員の審美眼

学芸員はその業務の長い経験により物品の価値を正しく判断することが出来る。予算内で多くの芸術品を手に入れるためには偽物を掴まされるわけにはいかないのだ。

部品: 学芸員の研究・調査

芸術品についての来歴や技法の変遷などを研究し資料としてまとめる業務。時代や国籍を問わず網羅的な知識が必要とされる。

部品: 美術品についての情報収集

人類の歩みとともに常に生み出される芸術品の情報をいち早く知り、その価値を見出し、確保しなければならない。
これは学芸員の使命の一つである。古いものも貴重であるが、新しい美も重要なのだ。

部品: 芸術品の収集

各地で活動する芸術家や古い芸術品などの入手を行う業務。どこにでも足を伸ばし忍耐強く交渉を続け、信頼を積み重ねて芸術品を持ち帰る。

部品: 芸術品の修復

入手した芸術品は古いものであれば経年劣化していることが多い。これを修復するのも学芸員の業務である。年代ごとに使われた素材や作家ごとの技法を使い分け元の形に修復するには膨大な知識と卓越した技能が必要とされる。

部品: 芸術品の展示普及

集めた芸術品を展示することで、広く一般に向けてその普及を行う業務。普段芸術に触れることの少ない層に向けてのアプローチを行いその価値を知らせることが目的である。

部品: 芸術品の保管・管理

劣化を防ぐために適切な湿度や温度に保ち、日光に当てないように倉庫にしまう。展示や研究のために分類しデータ化することで管理しやすくしている。

部品: 芸術品の輸送

貴重な芸術品を保護するために、展覧会で貸し出す作品などを梱包し、適切な輸送方法を指示する総合的な能力が重要となる。
倉庫にしまっておくだけでは芸術は普及しないので、多くの人に見てもらうためには様々な場所に安全に送り出すことが必要なのだ。

部品: 後進の育成

人の命よりも長く、芸術作品は残り続ける。その価値を守るためには、新しい世代の学芸員を育てる必要がある。




提出書式


 大部品: 学芸員 RD:12 評価値:6
 -部品: 学芸員の概要
 -部品: 学芸員の信条
 -部品: 学芸員の資格
 -部品: 学芸員の審美眼
 -部品: 学芸員の研究・調査
 -部品: 美術品についての情報収集
 -部品: 芸術品の収集
 -部品: 芸術品の修復
 -部品: 芸術品の展示普及
 -部品: 芸術品の保管・管理
 -部品: 芸術品の輸送
 -部品: 後進の育成
 
 
 部品: 学芸員の概要
 美術館や博物館などにおいて芸術品の取扱全般を職務とする専門家である。企画展などを統括する場合キュレーターとも呼ばれる。
 
 部品: 学芸員の信条
 学芸員は芸術の神に奉仕し仕える司祭ともいうべき芸術の守護者である。
 芸術文化と作品の保護にあたって誇りと奉仕の精神でなによりも優先する。
 人類の美の結晶をその目に出来るということはそのなによりの対価なのだから。
 
 部品: 学芸員の資格
 教育機関などで十分な教養を得て、各国の資格審査に通ることが必要であるが、なにより芸術にその身を捧げその価値の普及を目標とする精神こそが重要な資格である。
 
 部品: 学芸員の審美眼
 学芸員はその業務の長い経験により物品の価値を正しく判断することが出来る。予算内で多くの芸術品を手に入れるためには偽物を掴まされるわけにはいかないのだ。
 
 部品: 学芸員の研究・調査
 芸術品についての来歴や技法の変遷などを研究し資料としてまとめる業務。時代や国籍を問わず網羅的な知識が必要とされる。
 
 部品: 美術品についての情報収集
 人類の歩みとともに常に生み出される芸術品の情報をいち早く知り、その価値を見出し、確保しなければならない。
 これは学芸員の使命の一つである。古いものも貴重であるが、新しい美も重要なのだ。
 
 部品: 芸術品の収集
 各地で活動する芸術家や古い芸術品などの入手を行う業務。どこにでも足を伸ばし忍耐強く交渉を続け、信頼を積み重ねて芸術品を持ち帰る。
 
 部品: 芸術品の修復
 入手した芸術品は古いものであれば経年劣化していることが多い。これを修復するのも学芸員の業務である。年代ごとに使われた素材や作家ごとの技法を使い分け元の形に修復するには膨大な知識と卓越した技能が必要とされる。
 
 部品: 芸術品の展示普及
 集めた芸術品を展示することで、広く一般に向けてその普及を行う業務。普段芸術に触れることの少ない層に向けてのアプローチを行いその価値を知らせることが目的である。
 
 部品: 芸術品の保管・管理
 劣化を防ぐために適切な湿度や温度に保ち、日光に当てないように倉庫にしまう。展示や研究のために分類しデータ化することで管理しやすくしている。
 
 部品: 芸術品の輸送
 貴重な芸術品を保護するために、展覧会で貸し出す作品などを梱包し、適切な輸送方法を指示する総合的な能力が重要となる。
 倉庫にしまっておくだけでは芸術は普及しないので、多くの人に見てもらうためには様々な場所に安全に送り出すことが必要なのだ。
 
 部品: 後進の育成
 人の命よりも長く、芸術作品は残り続ける。その価値を守るためには、新しい世代の学芸員を育てる必要がある。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "学芸員",
     "children": [
       {
         "title": "学芸員の概要",
         "description": "美術館や博物館などにおいて芸術品の取扱全般を職務とする専門家である。企画展などを統括する場合キュレーターとも呼ばれる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "学芸員の信条",
         "description": "学芸員は芸術の神に奉仕し仕える司祭ともいうべき芸術の守護者である。\n芸術文化と作品の保護にあたって誇りと奉仕の精神でなによりも優先する。\n人類の美の結晶をその目に出来るということはそのなによりの対価なのだから。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "学芸員の資格",
         "description": "教育機関などで十分な教養を得て、各国の資格審査に通ることが必要であるが、なにより芸術にその身を捧げその価値の普及を目標とする精神こそが重要な資格である。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "学芸員の審美眼",
         "description": "学芸員はその業務の長い経験により物品の価値を正しく判断することが出来る。予算内で多くの芸術品を手に入れるためには偽物を掴まされるわけにはいかないのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "学芸員の研究・調査",
         "description": "芸術品についての来歴や技法の変遷などを研究し資料としてまとめる業務。時代や国籍を問わず網羅的な知識が必要とされる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "美術品についての情報収集",
         "description": "人類の歩みとともに常に生み出される芸術品の情報をいち早く知り、その価値を見出し、確保しなければならない。\nこれは学芸員の使命の一つである。古いものも貴重であるが、新しい美も重要なのだ。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "芸術品の収集",
         "description": "各地で活動する芸術家や古い芸術品などの入手を行う業務。どこにでも足を伸ばし忍耐強く交渉を続け、信頼を積み重ねて芸術品を持ち帰る。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "芸術品の修復",
         "description": "入手した芸術品は古いものであれば経年劣化していることが多い。これを修復するのも学芸員の業務である。年代ごとに使われた素材や作家ごとの技法を使い分け元の形に修復するには膨大な知識と卓越した技能が必要とされる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "芸術品の展示普及",
         "description": "集めた芸術品を展示することで、広く一般に向けてその普及を行う業務。普段芸術に触れることの少ない層に向けてのアプローチを行いその価値を知らせることが目的である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "芸術品の保管・管理",
         "description": "劣化を防ぐために適切な湿度や温度に保ち、日光に当てないように倉庫にしまう。展示や研究のために分類しデータ化することで管理しやすくしている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "芸術品の輸送",
         "description": "貴重な芸術品を保護するために、展覧会で貸し出す作品などを梱包し、適切な輸送方法を指示する総合的な能力が重要となる。\n倉庫にしまっておくだけでは芸術は普及しないので、多くの人に見てもらうためには様々な場所に安全に送り出すことが必要なのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "後進の育成",
         "description": "人の命よりも長く、芸術作品は残り続ける。その価値を守るためには、新しい世代の学芸員を育てる必要がある。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]