部品構造


  • 大部品: ファイティングナイフ RD:8 評価値:5
    • 大部品: ナイフ RD:4 評価値:3
      • 部品: ナイフの概要
      • 部品: ナイフの形状
      • 部品: ナイフの取り扱い
      • 部品: ナイフの規制制限
    • 部品: ファイティングナイフの概要
    • 部品: ファイティングナイフの構造
    • 部品: 投げナイフとしての用途
    • 部品: ファイティングナイフの取り扱い



部品定義


部品: ナイフの概要

ナイフは、対象を切断することを目的とした、片手で扱えるサイズの刃物である。材質は様々であるが使用目的に合わせた硬度が必要であり、使用目的も戦闘用以外にも、加工や食事と多用途に使われる。

部品: ナイフの形状

その使用目的によってナイフの形状は千差万別であるが、おおよそ刃物の部分と握りの部分にわけられる。刃を折りたたんで携帯しやすくなるものもあれば、鞘に納める必要があるサイズのものもある。

部品: ナイフの取り扱い

ナイフは刃物部分により対象を切断する道具であるので、刃物部分に自身が触ると怪我をするので注意すること。また形状により刺突用、切断用に別れるのである程度の習熟が必要とされる。

部品: ナイフの規制制限

十分な殺傷能力を持つ大きさのナイフは各国の法令により所持が規制されることがある。また抜き身で持っていると周囲に脅威として見なされることがある。

部品: ファイティングナイフの概要

ファイティングナイフは軍隊などで使用される目的で作成された戦闘用のナイフである。主に奇襲用や武器のないときのサブウェポンとして装備される。

部品: ファイティングナイフの構造

刺突にも切断にも使用できるように諸刃の刃になっている。またグリップ力を高めるために握り部分が特別な形状をしていたり革などを巻いていることがある。

部品: 投げナイフとしての用途

十分な訓練を積んだものであればファイティングナイフを投擲武器として使用できる。急所に当たらない限り殺傷力はないが相手をひるませることは出来るだろう。

部品: ファイティングナイフの取り扱い

軍用に作成された戦闘用のナイフであるので、その取り扱いには十分な訓練が必要とされる。各国の軍隊でも緊急時のためにナイフ格闘術が教えられている。



提出書式


 大部品: ファイティングナイフ RD:8 評価値:5
 -大部品: ナイフ RD:4 評価値:3
 --部品: ナイフの概要
 --部品: ナイフの形状
 --部品: ナイフの取り扱い
 --部品: ナイフの規制制限
 -部品: ファイティングナイフの概要
 -部品: ファイティングナイフの構造
 -部品: 投げナイフとしての用途
 -部品: ファイティングナイフの取り扱い
 
 
 部品: ナイフの概要
 ナイフは、対象を切断することを目的とした、片手で扱えるサイズの刃物である。材質は様々であるが使用目的に合わせた硬度が必要であり、使用目的も戦闘用以外にも、加工や食事と多用途に使われる。
 
 部品: ナイフの形状
 その使用目的によってナイフの形状は千差万別であるが、おおよそ刃物の部分と握りの部分にわけられる。刃を折りたたんで携帯しやすくなるものもあれば、鞘に納める必要があるサイズのものもある。
 
 部品: ナイフの取り扱い
 ナイフは刃物部分により対象を切断する道具であるので、刃物部分に自身が触ると怪我をするので注意すること。また形状により刺突用、切断用に別れるのである程度の習熟が必要とされる。
 
 部品: ナイフの規制制限
 十分な殺傷能力を持つ大きさのナイフは各国の法令により所持が規制されることがある。また抜き身で持っていると周囲に脅威として見なされることがある。
 
 部品: ファイティングナイフの概要
 ファイティングナイフは軍隊などで使用される目的で作成された戦闘用のナイフである。主に奇襲用や武器のないときのサブウェポンとして装備される。
 
 部品: ファイティングナイフの構造
 刺突にも切断にも使用できるように諸刃の刃になっている。またグリップ力を高めるために握り部分が特別な形状をしていたり革などを巻いていることがある。
 
 部品: 投げナイフとしての用途
 十分な訓練を積んだものであればファイティングナイフを投擲武器として使用できる。急所に当たらない限り殺傷力はないが相手をひるませることは出来るだろう。
 
 部品: ファイティングナイフの取り扱い
 軍用に作成された戦闘用のナイフであるので、その取り扱いには十分な訓練が必要とされる。各国の軍隊でも緊急時のためにナイフ格闘術が教えられている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ファイティングナイフ",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "ナイフ",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ナイフの概要",
             "description": "ナイフは、対象を切断することを目的とした、片手で扱えるサイズの刃物である。材質は様々であるが使用目的に合わせた硬度が必要であり、使用目的も戦闘用以外にも、加工や食事と多用途に使われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ナイフの形状",
             "description": "その使用目的によってナイフの形状は千差万別であるが、おおよそ刃物の部分と握りの部分にわけられる。刃を折りたたんで携帯しやすくなるものもあれば、鞘に納める必要があるサイズのものもある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ナイフの取り扱い",
             "description": "ナイフは刃物部分により対象を切断する道具であるので、刃物部分に自身が触ると怪我をするので注意すること。また形状により刺突用、切断用に別れるのである程度の習熟が必要とされる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ナイフの規制制限",
             "description": "十分な殺傷能力を持つ大きさのナイフは各国の法令により所持が規制されることがある。また抜き身で持っていると周囲に脅威として見なされることがある。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ファイティングナイフの概要",
         "description": "ファイティングナイフは軍隊などで使用される目的で作成された戦闘用のナイフである。主に奇襲用や武器のないときのサブウェポンとして装備される。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "ファイティングナイフの構造",
         "description": "刺突にも切断にも使用できるように諸刃の刃になっている。またグリップ力を高めるために握り部分が特別な形状をしていたり革などを巻いていることがある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "投げナイフとしての用途",
         "description": "十分な訓練を積んだものであればファイティングナイフを投擲武器として使用できる。急所に当たらない限り殺傷力はないが相手をひるませることは出来るだろう。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ファイティングナイフの取り扱い",
         "description": "軍用に作成された戦闘用のナイフであるので、その取り扱いには十分な訓練が必要とされる。各国の軍隊でも緊急時のためにナイフ格闘術が教えられている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]