部品構造


  • 大部品: 清掃業者 RD:8 評価値:5
    • 部品: 仕事の内容
    • 部品: 清掃業者に対する誤解
    • 大部品: 清掃業者が使用する道具  RD:3 評価値:2
      • 部品: モップ
      • 部品: バケツ
      • 部品: 洗剤
    • 大部品: 清掃業者に向いている人 RD:2 評価値:1
      • 部品: 汚物への耐性
      • 部品: 注意深さ
    • 部品: 清掃業者の信念



部品定義


部品: 仕事の内容

依頼のあった個人、もしくは事業主が指定する範囲の汚れやゴミを取り除くことを主な仕事とする。主に手作業ではあるが、専用の機械で行うことも有る。

部品: 清掃業者に対する誤解

フィクションその他の理由により、何故か清掃業者という名前には殺し屋等のイメージが付いて回る。が、それは単に殺し屋達の暗喩であり、清掃業者の大部分は人殺しをしない

部品: モップ

長い柄に雑巾やブラシを装着することで床や壁の掃除を簡単にするもの。基本掃除にしか使われないが、長い棒なので柄の悪い清掃業者が喧嘩のとき良く武器にされたりする。

部品: バケツ

清掃用の水を入れるバケツ。水漏れなど無いように丈夫な金属で造られている。普通武器には使われないが、柄の悪い清掃業者はやっぱり武器にしたりする。

部品: 洗剤

汚れを取り除くための薬品。当然だが飲んだりしない限りは毒性はない。が、これもやはり柄の悪い清掃業者がブチ切れて飲ませたりした事があるので、実質武器になる

部品: 汚物への耐性

当然ながら掃除に汚物はつきものである。なので、汚物に対して耐性のある人物が望ましい。尚、死体や血も汚物ではあるので、誤解されるイメージの一つはこの用件だと思われる。

部品: 注意深さ

プライベートな清掃ならともかく、プロとしての清掃ではゴミひとつ埃一つ残すことは許されない。その為、汚れを落とすだけではなく、汚れを発見する注意深さも必要である。

部品: 清掃業者の信念

清掃業とは一見地味な仕事ではあるが、どんなに美しい建造物や景色も、空き缶一つで台無しになる物である。更に言えば病院など一つの汚れが人の命を奪う現場もある。清掃とは、それ自体が一つの防衛戦であり、名誉をかけた戦いである。



提出書式


 大部品: 清掃業者 RD:8 評価値:5
 -部品: 仕事の内容
 -部品: 清掃業者に対する誤解
 -大部品: 清掃業者が使用する道具  RD:3 評価値:2
 --部品: モップ
 --部品: バケツ
 --部品: 洗剤
 -大部品: 清掃業者に向いている人 RD:2 評価値:1
 --部品: 汚物への耐性
 --部品: 注意深さ
 -部品: 清掃業者の信念
 
 
 部品: 仕事の内容
 依頼のあった個人、もしくは事業主が指定する範囲の汚れやゴミを取り除くことを主な仕事とする。主に手作業ではあるが、専用の機械で行うことも有る。
 
 部品: 清掃業者に対する誤解
 フィクションその他の理由により、何故か清掃業者という名前には殺し屋等のイメージが付いて回る。が、それは単に殺し屋達の暗喩であり、清掃業者の大部分は人殺しをしない
 
 部品: モップ
 長い柄に雑巾やブラシを装着することで床や壁の掃除を簡単にするもの。基本掃除にしか使われないが、長い棒なので柄の悪い清掃業者が喧嘩のとき良く武器にされたりする。
 
 部品: バケツ
 清掃用の水を入れるバケツ。水漏れなど無いように丈夫な金属で造られている。普通武器には使われないが、柄の悪い清掃業者はやっぱり武器にしたりする。
 
 部品: 洗剤
 汚れを取り除くための薬品。当然だが飲んだりしない限りは毒性はない。が、これもやはり柄の悪い清掃業者がブチ切れて飲ませたりした事があるので、実質武器になる
 
 部品: 汚物への耐性
 当然ながら掃除に汚物はつきものである。なので、汚物に対して耐性のある人物が望ましい。尚、死体や血も汚物ではあるので、誤解されるイメージの一つはこの用件だと思われる。
 
 部品: 注意深さ
 プライベートな清掃ならともかく、プロとしての清掃ではゴミひとつ埃一つ残すことは許されない。その為、汚れを落とすだけではなく、汚れを発見する注意深さも必要である。
 
 部品: 清掃業者の信念
 清掃業とは一見地味な仕事ではあるが、どんなに美しい建造物や景色も、空き缶一つで台無しになる物である。更に言えば病院など一つの汚れが人の命を奪う現場もある。清掃とは、それ自体が一つの防衛戦であり、名誉をかけた戦いである。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "清掃業者",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "仕事の内容",
         "description": "依頼のあった個人、もしくは事業主が指定する範囲の汚れやゴミを取り除くことを主な仕事とする。主に手作業ではあるが、専用の機械で行うことも有る。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "清掃業者に対する誤解",
         "description": "フィクションその他の理由により、何故か清掃業者という名前には殺し屋等のイメージが付いて回る。が、それは単に殺し屋達の暗喩であり、清掃業者の大部分は人殺しをしない",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "清掃業者が使用する道具 ",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "モップ",
             "description": "長い柄に雑巾やブラシを装着することで床や壁の掃除を簡単にするもの。基本掃除にしか使われないが、長い棒なので柄の悪い清掃業者が喧嘩のとき良く武器にされたりする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "バケツ",
             "description": "清掃用の水を入れるバケツ。水漏れなど無いように丈夫な金属で造られている。普通武器には使われないが、柄の悪い清掃業者はやっぱり武器にしたりする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "洗剤",
             "description": "汚れを取り除くための薬品。当然だが飲んだりしない限りは毒性はない。が、これもやはり柄の悪い清掃業者がブチ切れて飲ませたりした事があるので、実質武器になる",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "清掃業者に向いている人",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "汚物への耐性",
             "description": "当然ながら掃除に汚物はつきものである。なので、汚物に対して耐性のある人物が望ましい。尚、死体や血も汚物ではあるので、誤解されるイメージの一つはこの用件だと思われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "注意深さ",
             "description": "プライベートな清掃ならともかく、プロとしての清掃ではゴミひとつ埃一つ残すことは許されない。その為、汚れを落とすだけではなく、汚れを発見する注意深さも必要である。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "清掃業者の信念",
         "description": "清掃業とは一見地味な仕事ではあるが、どんなに美しい建造物や景色も、空き缶一つで台無しになる物である。更に言えば病院など一つの汚れが人の命を奪う現場もある。清掃とは、それ自体が一つの防衛戦であり、名誉をかけた戦いである。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]