部品構造


  • 大部品: 医者(akiharu国版) RD:39 評価値:9
    • 大部品: 医師(現代版)(職業) RD:16 評価値:6
      • 大部品: 現代医の能力と技能 RD:10 評価値:5
        • 部品: 人体への理解
        • 部品: 基礎医学の心得
        • 部品: 地域医療の実地実習経験
        • 部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
        • 部品: 一次救命処置能力
        • 部品: 患者とのコミュニケーション能力
        • 部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
        • 部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
        • 部品: 臨床研修で得た経験
        • 部品: 6年間の医学生生活
      • 大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
        • 部品: 医療関連ルールを遵守する
        • 部品: 生涯を人道に捧げる誓い
        • 部品: 患者へ尽力する誓い
        • 部品: 公平で公正な治療行う誓い
        • 部品: 人命尊重の誓い
        • 部品: 医師という職業への誓い
    • 大部品: 緊急医療用バッグ RD:9 評価値:5
      • 部品: 緊急医療用バッグの概要
      • 部品: 携帯型感染症検査キット
      • 部品: 抗生物質
      • 部品: 経口補水液
      • 部品: 栄養剤
      • 部品: 創傷包帯資材
      • 部品: 縫合キット
      • 部品: 携帯無線機
      • 部品: ガスマスク
    • 大部品: akiharu国版の医者の特徴 RD:6 評価値:4
      • 部品: 密林の豊富な生物資源を利用した新薬開発
      • 部品: 民間治療薬の蓄積
      • 部品: 学園要塞における研究機関
      • 部品: 医療の実践
      • 部品: 様々な種族の治療に対応した知識
      • 部品: 医師の制服
    • 大部品: 蟷螂医 RD:8 評価値:5
      • 部品: 概要
      • 部品: 蟷螂医学の概要
      • 部品: 蟷螂医達の信念
      • 部品: 人間と蟷螂のちょっと埋めようがない差異
      • 大部品: 蟷螂医師の実情 RD:4 評価値:3
        • 部品: 蟷螂達の受診率
        • 部品: 蟷螂医の報酬について
        • 部品: 蟷螂医の卵達
        • 部品: 蟷螂達の病気予防



部品定義


部品: 人体への理解

医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。

部品: 基礎医学の心得

人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。


部品: 地域医療の実地実習経験

医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。

部品: 清潔操作と基本的医療手技修得

医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。

部品: 一次救命処置能力

医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。

部品: 患者とのコミュニケーション能力

医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。

部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力

医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。

部品: 共通試験・国家試験を合格する能力

一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。

部品: 臨床研修で得た経験

一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。

部品: 6年間の医学生生活

医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。

部品: 医療関連ルールを遵守する

医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。

部品: 生涯を人道に捧げる誓い

医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。

部品: 患者へ尽力する誓い

医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。

部品: 公平で公正な治療行う誓い

医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。

部品: 人命尊重の誓い

医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。


部品: 医師という職業への誓い

医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。

部品: 緊急医療用バッグの概要

緊急医療用バッグは、戦場などにおいて緊急で治療行為を行う必要がある場合を鑑みて個人で持ち運べる必要最低限の治療アイテムを詰めたカバンである。

部品: 携帯型感染症検査キット

血液検査を行い、感染症かどうかをチェックする簡易的な検査キット。万能ではないので医師の経験則との照らし合わせが必要とされる。

部品: 抗生物質

体内に入り込んだ微生物や細菌の繁殖や機能を阻害する物質である。ウィルス感染が確認された患者に投与される。

部品: 経口補水液

適切な分量の塩と砂糖が添加された飲料水である。重い脱水症状に陥った患者に使用される。清潔な水が用意できない場合などにも使われる。

部品: 栄養剤

食事が十分に摂取できない患者の体力維持のために使用される経口経管栄養補助飲料である。食事が不可能な場合はカテーテルなどを使用して投与される。

部品: 創傷包帯資材

小さなハサミと自己粘着性包帯とガーゼ。緊急で一時的に傷を塞ぐために使用される。適切な場所を圧迫するように処置すれば止血にも使える。

部品: 縫合キット

メス、ピンセット、持針器、縫合針、縫合糸、除菌シートなど基本的な外科治療の器具がセットになったキットである。使用においては感染症に気をつけること。

部品: 携帯無線機

緊急時に連絡を受けるための小型の無線機。ソーラー発電充電器とセットでどこでも充電可能。出力は強くないので電波状況の良いところで使用すること。

部品: ガスマスク

周囲にガスやウィルス兵器が使用され、未だその影響が解消されていない状況下で、医師がその治療行為を行う場合に使用される防毒のためのマスク。一般に軍隊で使用されるものと同スペックである。

部品: 密林の豊富な生物資源を利用した新薬開発

akiharu国の密林に生息する動物や植物は精強で繁殖力の強さで知られている。その生物資源を活かし一般にも使用できる安全な新薬の開発に取り組んでいる。


部品: 民間治療薬の蓄積

新薬の開発だけでなく、医薬品が不足した場合のことを鑑みて民間で使用される薬草やきのこなどの治療薬の情報をまとめたり備蓄しておいたりしている。軽微な怪我や病気はだいたいこれで治す。

部品: 学園要塞における研究機関

学園要塞内の医療学部において様々な医療研究が行われている。クローンやサイボーグ手術など危険な研究については藩王の許可が必要となる。

部品: 医療の実践

強力な生物が跋扈する密林を擁するakiharu国においては、常に国民の生傷が絶えない。医師たちは医療バッグを持って走り回り、片っ端から治療を行っているのでその現場対応能力は高い。

部品: 様々な種族の治療に対応した知識

akiharu国には人間のみならず猫妖精やカマキリなどの種族が存在しており、この国の医師はそれぞれの種族の基本的な治療法を学園要塞で学び、実践によりその知識を深めていく。

部品: 医師の制服

南国に置ける湿度と温度は深刻なもので、akiharu国の医師の制服は通気性の良い素材を使用した涼しさ全開のものになっている。

部品: 概要

蟷螂を専門に見る医者である。akiharu国では、人間の医療技術を学ぶ際、希望者のみに医療技術が教えられる。

部品: 蟷螂医学の概要

蟷螂医学とは、文字通り蟷螂に適用する為に研究された医学である。人間や動物のそれと同じようなジャンル分けがされている。その為蟷螂医といっても、呼吸器系専門、神経策専門といった具合にできること、できないことがある。基本的に専門医はおらず、人間を治療する傍ら、蟷螂も治療する者が多い。

部品: 蟷螂医達の信念

『成程、確かに蟷螂は一年で死んでしまう。だがね、それを言ったら余命一年の患者も、治療するのは無駄という事になる。それはどうかと思うんだよ僕は』――とある蟷螂医の言葉

基本的には、上記の様な信念を持つ蟷螂医が多い。たった一年の命でも、決して見捨てない。それが蟷螂医達の行動原理なのだ。まあ、中には

『蟷螂だって自分の美しさに自身が持てないことだってあるわあ。え?蟷螂が美しいとかない?いやねこの男見る目無いわあ』――とあるオカマ蟷螂形成外科医の言葉

という変わり種も居るようだが。

部品: 人間と蟷螂のちょっと埋めようがない差異

当然だが、人間と蟷螂は身体の構造から全く違う。その為、治療の方法は勿論、治療すべきかどうかすら、慎重に判断せなばならない事がある。例えば、人間なら自然治癒する様な傷でも、血液に凝固作用のない蟷螂の場合、放っておくと感染症や、下手をすれば失血死の恐れすらある。逆に人間は腕や足が無くなると二度と再生しないが、若い蟷螂の場合脱皮の際についでに再生してしまう事がある。蟷螂医の卵達はまずこの差異を、これでもかというほど徹底的に叩き込まれる。

部品: 蟷螂達の受診率

蟷螂は基本的にせっかち且つ自分の身を顧みないので、少しの病気や怪我では病院に来ることはあまり無い。しかし、鎌が欠けたり羽根から出る音が気に入らない等の、形成外科的な悩みを打ち明けに来る蟷螂は多い。

部品: 蟷螂医の報酬について

蟷螂達は基本的に経済活動を行わないため、報酬は現物になる事が多い。この為akiharu国政府は、蟷螂達の"報酬"を安い手数料で鑑定し引き取っている。また、感染症などの一部の病気の治療には補助金が出る事もある。まあ、それでもあまり割に合うものではないのだが。

部品: 蟷螂医の卵達

基本的に蟷螂医を志すものは少ない。得られる収入が不安定である上に、人間の医学と大きく異る為習得も手間だからだ。しかし、それ故に向上心のある、ある意味では医療ガチ勢の様な者が多い。

部品: 蟷螂達の病気予防

基本的に生き急いでる蟷螂達は症状が重篤になるまで病院には来ないので、病気の予防は難しいというのが実情である。少しでも初期で病気を発見するために、予防によるメリットの周知徹底を主に大病院の蟷螂医達が行っている。主な方法はインターネットやテレビのコマーシャル。



提出書式


 大部品: 医者(akiharu国版) RD:39 評価値:9
 -大部品: 医師(現代版)(職業) RD:16 評価値:6
 --大部品: 現代医の能力と技能 RD:10 評価値:5
 ---部品: 人体への理解
 ---部品: 基礎医学の心得
 ---部品: 地域医療の実地実習経験
 ---部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
 ---部品: 一次救命処置能力
 ---部品: 患者とのコミュニケーション能力
 ---部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
 ---部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
 ---部品: 臨床研修で得た経験
 ---部品: 6年間の医学生生活
 --大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
 ---部品: 医療関連ルールを遵守する
 ---部品: 生涯を人道に捧げる誓い
 ---部品: 患者へ尽力する誓い
 ---部品: 公平で公正な治療行う誓い
 ---部品: 人命尊重の誓い
 ---部品: 医師という職業への誓い
 -大部品: 緊急医療用バッグ RD:9 評価値:5
 --部品: 緊急医療用バッグの概要
 --部品: 携帯型感染症検査キット
 --部品: 抗生物質
 --部品: 経口補水液
 --部品: 栄養剤
 --部品: 創傷包帯資材
 --部品: 縫合キット
 --部品: 携帯無線機
 --部品: ガスマスク
 -大部品: akiharu国版の医者の特徴 RD:6 評価値:4
 --部品: 密林の豊富な生物資源を利用した新薬開発
 --部品: 民間治療薬の蓄積
 --部品: 学園要塞における研究機関
 --部品: 医療の実践
 --部品: 様々な種族の治療に対応した知識
 --部品: 医師の制服
 -大部品: 蟷螂医 RD:8 評価値:5
 --部品: 概要
 --部品: 蟷螂医学の概要
 --部品: 蟷螂医達の信念
 --部品: 人間と蟷螂のちょっと埋めようがない差異
 --大部品: 蟷螂医師の実情 RD:4 評価値:3
 ---部品: 蟷螂達の受診率
 ---部品: 蟷螂医の報酬について
 ---部品: 蟷螂医の卵達
 ---部品: 蟷螂達の病気予防
 
 
 部品: 人体への理解
 医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。
 
 部品: 基礎医学の心得
 人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。
 
 
 部品: 地域医療の実地実習経験
 医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。
 
 部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
 医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
 清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。
 
 部品: 一次救命処置能力
 医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
 この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
 救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
 C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。
 
 部品: 患者とのコミュニケーション能力
 医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
 このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。
 
 部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
 医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
 患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
 いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。
 
 部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
 一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
 これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。
 
 部品: 臨床研修で得た経験
 一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
 臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。
 
 部品: 6年間の医学生生活
 医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
 これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
 同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
 なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。
 
 部品: 医療関連ルールを遵守する
 医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。
 
 部品: 生涯を人道に捧げる誓い
 医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。
 
 部品: 患者へ尽力する誓い
 医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。
 
 部品: 公平で公正な治療行う誓い
 医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。
 
 部品: 人命尊重の誓い
 医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。
 
 
 部品: 医師という職業への誓い
 医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。
 
 部品: 緊急医療用バッグの概要
 緊急医療用バッグは、戦場などにおいて緊急で治療行為を行う必要がある場合を鑑みて個人で持ち運べる必要最低限の治療アイテムを詰めたカバンである。
 
 部品: 携帯型感染症検査キット
 血液検査を行い、感染症かどうかをチェックする簡易的な検査キット。万能ではないので医師の経験則との照らし合わせが必要とされる。
 
 部品: 抗生物質
 体内に入り込んだ微生物や細菌の繁殖や機能を阻害する物質である。ウィルス感染が確認された患者に投与される。
 
 部品: 経口補水液
 適切な分量の塩と砂糖が添加された飲料水である。重い脱水症状に陥った患者に使用される。清潔な水が用意できない場合などにも使われる。
 
 部品: 栄養剤
 食事が十分に摂取できない患者の体力維持のために使用される経口経管栄養補助飲料である。食事が不可能な場合はカテーテルなどを使用して投与される。
 
 部品: 創傷包帯資材
 小さなハサミと自己粘着性包帯とガーゼ。緊急で一時的に傷を塞ぐために使用される。適切な場所を圧迫するように処置すれば止血にも使える。
 
 部品: 縫合キット
 メス、ピンセット、持針器、縫合針、縫合糸、除菌シートなど基本的な外科治療の器具がセットになったキットである。使用においては感染症に気をつけること。
 
 部品: 携帯無線機
 緊急時に連絡を受けるための小型の無線機。ソーラー発電充電器とセットでどこでも充電可能。出力は強くないので電波状況の良いところで使用すること。
 
 部品: ガスマスク
 周囲にガスやウィルス兵器が使用され、未だその影響が解消されていない状況下で、医師がその治療行為を行う場合に使用される防毒のためのマスク。一般に軍隊で使用されるものと同スペックである。
 
 部品: 密林の豊富な生物資源を利用した新薬開発
 akiharu国の密林に生息する動物や植物は精強で繁殖力の強さで知られている。その生物資源を活かし一般にも使用できる安全な新薬の開発に取り組んでいる。
 
 
 部品: 民間治療薬の蓄積
 新薬の開発だけでなく、医薬品が不足した場合のことを鑑みて民間で使用される薬草やきのこなどの治療薬の情報をまとめたり備蓄しておいたりしている。軽微な怪我や病気はだいたいこれで治す。
 
 部品: 学園要塞における研究機関
 学園要塞内の医療学部において様々な医療研究が行われている。クローンやサイボーグ手術など危険な研究については藩王の許可が必要となる。
 
 部品: 医療の実践
 強力な生物が跋扈する密林を擁するakiharu国においては、常に国民の生傷が絶えない。医師たちは医療バッグを持って走り回り、片っ端から治療を行っているのでその現場対応能力は高い。
 
 部品: 様々な種族の治療に対応した知識
 akiharu国には人間のみならず猫妖精やカマキリなどの種族が存在しており、この国の医師はそれぞれの種族の基本的な治療法を学園要塞で学び、実践によりその知識を深めていく。
 
 部品: 医師の制服
 南国に置ける湿度と温度は深刻なもので、akiharu国の医師の制服は通気性の良い素材を使用した涼しさ全開のものになっている。
 
 部品: 概要
 蟷螂を専門に見る医者である。akiharu国では、人間の医療技術を学ぶ際、希望者のみに医療技術が教えられる。
 
 部品: 蟷螂医学の概要
 蟷螂医学とは、文字通り蟷螂に適用する為に研究された医学である。人間や動物のそれと同じようなジャンル分けがされている。その為蟷螂医といっても、呼吸器系専門、神経策専門といった具合にできること、できないことがある。基本的に専門医はおらず、人間を治療する傍ら、蟷螂も治療する者が多い。
 
 部品: 蟷螂医達の信念
 『成程、確かに蟷螂は一年で死んでしまう。だがね、それを言ったら余命一年の患者も、治療するのは無駄という事になる。それはどうかと思うんだよ僕は』――とある蟷螂医の言葉
 
 基本的には、上記の様な信念を持つ蟷螂医が多い。たった一年の命でも、決して見捨てない。それが蟷螂医達の行動原理なのだ。まあ、中には
 
 『蟷螂だって自分の美しさに自身が持てないことだってあるわあ。え?蟷螂が美しいとかない?いやねこの男見る目無いわあ』――とあるオカマ蟷螂形成外科医の言葉
 
 という変わり種も居るようだが。
 
 部品: 人間と蟷螂のちょっと埋めようがない差異
 当然だが、人間と蟷螂は身体の構造から全く違う。その為、治療の方法は勿論、治療すべきかどうかすら、慎重に判断せなばならない事がある。例えば、人間なら自然治癒する様な傷でも、血液に凝固作用のない蟷螂の場合、放っておくと感染症や、下手をすれば失血死の恐れすらある。逆に人間は腕や足が無くなると二度と再生しないが、若い蟷螂の場合脱皮の際についでに再生してしまう事がある。蟷螂医の卵達はまずこの差異を、これでもかというほど徹底的に叩き込まれる。
 
 部品: 蟷螂達の受診率
 蟷螂は基本的にせっかち且つ自分の身を顧みないので、少しの病気や怪我では病院に来ることはあまり無い。しかし、鎌が欠けたり羽根から出る音が気に入らない等の、形成外科的な悩みを打ち明けに来る蟷螂は多い。
 
 部品: 蟷螂医の報酬について
 蟷螂達は基本的に経済活動を行わないため、報酬は現物になる事が多い。この為akiharu国政府は、蟷螂達の"報酬"を安い手数料で鑑定し引き取っている。また、感染症などの一部の病気の治療には補助金が出る事もある。まあ、それでもあまり割に合うものではないのだが。
 
 部品: 蟷螂医の卵達
 基本的に蟷螂医を志すものは少ない。得られる収入が不安定である上に、人間の医学と大きく異る為習得も手間だからだ。しかし、それ故に向上心のある、ある意味では医療ガチ勢の様な者が多い。
 
 部品: 蟷螂達の病気予防
 基本的に生き急いでる蟷螂達は症状が重篤になるまで病院には来ないので、病気の予防は難しいというのが実情である。少しでも初期で病気を発見するために、予防によるメリットの周知徹底を主に大病院の蟷螂医達が行っている。主な方法はインターネットやテレビのコマーシャル。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "医者(akiharu国版)",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "医師(現代版)(職業)",
         "description": "Default Root",
         "type": "group",
         "validation": {},
         "children": [
           {
             "title": "現代医の能力と技能",
             "description": "Default Root",
             "type": "group",
             "validation": {},
             "children": [
               {
                 "title": "人体への理解",
                 "description": "医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "基礎医学の心得",
                 "description": "人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。\n",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "地域医療の実地実習経験",
                 "description": "医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "清潔操作と基本的医療手技修得",
                 "description": "医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。\n清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "一次救命処置能力",
                 "description": "医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。\nこの基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。\n救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。\nC=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "患者とのコミュニケーション能力",
                 "description": "医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。\nこのため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "臨床実習で得た臨床医としての能力",
                 "description": "医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。\n患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。\nいわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "共通試験・国家試験を合格する能力",
                 "description": "一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。\nこれに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "臨床研修で得た経験",
                 "description": "一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。\n臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "6年間の医学生生活",
                 "description": "医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。\nこれは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、\n同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。\nなお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "医師の心得",
             "description": "Default Root",
             "type": "group",
             "validation": {},
             "children": [
               {
                 "title": "医療関連ルールを遵守する",
                 "description": "医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "生涯を人道に捧げる誓い",
                 "description": "医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "患者へ尽力する誓い",
                 "description": "医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "公平で公正な治療行う誓い",
                 "description": "医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "人命尊重の誓い",
                 "description": "医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。\n",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "医師という職業への誓い",
                 "description": "医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "緊急医療用バッグ",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "緊急医療用バッグの概要",
             "description": "緊急医療用バッグは、戦場などにおいて緊急で治療行為を行う必要がある場合を鑑みて個人で持ち運べる必要最低限の治療アイテムを詰めたカバンである。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "携帯型感染症検査キット",
             "description": "血液検査を行い、感染症かどうかをチェックする簡易的な検査キット。万能ではないので医師の経験則との照らし合わせが必要とされる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "抗生物質",
             "description": "体内に入り込んだ微生物や細菌の繁殖や機能を阻害する物質である。ウィルス感染が確認された患者に投与される。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "経口補水液",
             "description": "適切な分量の塩と砂糖が添加された飲料水である。重い脱水症状に陥った患者に使用される。清潔な水が用意できない場合などにも使われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "栄養剤",
             "description": "食事が十分に摂取できない患者の体力維持のために使用される経口経管栄養補助飲料である。食事が不可能な場合はカテーテルなどを使用して投与される。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "創傷包帯資材",
             "description": "小さなハサミと自己粘着性包帯とガーゼ。緊急で一時的に傷を塞ぐために使用される。適切な場所を圧迫するように処置すれば止血にも使える。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "縫合キット",
             "description": "メス、ピンセット、持針器、縫合針、縫合糸、除菌シートなど基本的な外科治療の器具がセットになったキットである。使用においては感染症に気をつけること。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "携帯無線機",
             "description": "緊急時に連絡を受けるための小型の無線機。ソーラー発電充電器とセットでどこでも充電可能。出力は強くないので電波状況の良いところで使用すること。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ガスマスク",
             "description": "周囲にガスやウィルス兵器が使用され、未だその影響が解消されていない状況下で、医師がその治療行為を行う場合に使用される防毒のためのマスク。一般に軍隊で使用されるものと同スペックである。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "akiharu国版の医者の特徴",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "密林の豊富な生物資源を利用した新薬開発",
             "description": "akiharu国の密林に生息する動物や植物は精強で繁殖力の強さで知られている。その生物資源を活かし一般にも使用できる安全な新薬の開発に取り組んでいる。\n",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "民間治療薬の蓄積",
             "description": "新薬の開発だけでなく、医薬品が不足した場合のことを鑑みて民間で使用される薬草やきのこなどの治療薬の情報をまとめたり備蓄しておいたりしている。軽微な怪我や病気はだいたいこれで治す。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "学園要塞における研究機関",
             "description": "学園要塞内の医療学部において様々な医療研究が行われている。クローンやサイボーグ手術など危険な研究については藩王の許可が必要となる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "医療の実践",
             "description": "強力な生物が跋扈する密林を擁するakiharu国においては、常に国民の生傷が絶えない。医師たちは医療バッグを持って走り回り、片っ端から治療を行っているのでその現場対応能力は高い。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "様々な種族の治療に対応した知識",
             "description": "akiharu国には人間のみならず猫妖精やカマキリなどの種族が存在しており、この国の医師はそれぞれの種族の基本的な治療法を学園要塞で学び、実践によりその知識を深めていく。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "医師の制服",
             "description": "南国に置ける湿度と温度は深刻なもので、akiharu国の医師の制服は通気性の良い素材を使用した涼しさ全開のものになっている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "蟷螂医",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "description": "蟷螂を専門に見る医者である。akiharu国では、人間の医療技術を学ぶ際、希望者のみに医療技術が教えられる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "蟷螂医学の概要",
             "description": "蟷螂医学とは、文字通り蟷螂に適用する為に研究された医学である。人間や動物のそれと同じようなジャンル分けがされている。その為蟷螂医といっても、呼吸器系専門、神経策専門といった具合にできること、できないことがある。基本的に専門医はおらず、人間を治療する傍ら、蟷螂も治療する者が多い。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "蟷螂医達の信念",
             "description": "『成程、確かに蟷螂は一年で死んでしまう。だがね、それを言ったら余命一年の患者も、治療するのは無駄という事になる。それはどうかと思うんだよ僕は』――とある蟷螂医の言葉\n\n基本的には、上記の様な信念を持つ蟷螂医が多い。たった一年の命でも、決して見捨てない。それが蟷螂医達の行動原理なのだ。まあ、中には\n\n『蟷螂だって自分の美しさに自身が持てないことだってあるわあ。え?蟷螂が美しいとかない?いやねこの男見る目無いわあ』――とあるオカマ蟷螂形成外科医の言葉\n\nという変わり種も居るようだが。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "人間と蟷螂のちょっと埋めようがない差異",
             "description": "当然だが、人間と蟷螂は身体の構造から全く違う。その為、治療の方法は勿論、治療すべきかどうかすら、慎重に判断せなばならない事がある。例えば、人間なら自然治癒する様な傷でも、血液に凝固作用のない蟷螂の場合、放っておくと感染症や、下手をすれば失血死の恐れすらある。逆に人間は腕や足が無くなると二度と再生しないが、若い蟷螂の場合脱皮の際についでに再生してしまう事がある。蟷螂医の卵達はまずこの差異を、これでもかというほど徹底的に叩き込まれる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "蟷螂医師の実情",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "蟷螂達の受診率",
                 "description": "蟷螂は基本的にせっかち且つ自分の身を顧みないので、少しの病気や怪我では病院に来ることはあまり無い。しかし、鎌が欠けたり羽根から出る音が気に入らない等の、形成外科的な悩みを打ち明けに来る蟷螂は多い。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "蟷螂医の報酬について",
                 "description": "蟷螂達は基本的に経済活動を行わないため、報酬は現物になる事が多い。この為akiharu国政府は、蟷螂達の\"報酬\"を安い手数料で鑑定し引き取っている。また、感染症などの一部の病気の治療には補助金が出る事もある。まあ、それでもあまり割に合うものではないのだが。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "蟷螂医の卵達",
                 "description": "基本的に蟷螂医を志すものは少ない。得られる収入が不安定である上に、人間の医学と大きく異る為習得も手間だからだ。しかし、それ故に向上心のある、ある意味では医療ガチ勢の様な者が多い。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "蟷螂達の病気予防",
                 "description": "基本的に生き急いでる蟷螂達は症状が重篤になるまで病院には来ないので、病気の予防は難しいというのが実情である。少しでも初期で病気を発見するために、予防によるメリットの周知徹底を主に大病院の蟷螂医達が行っている。主な方法はインターネットやテレビのコマーシャル。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]