部品構造


  • 大部品: 冒険者組合 RD:39 評価値:9
    • 大部品: 冒険者組合の概要 RD:3 評価値:2
      • 部品: 冒険者組合の設立目的
      • 部品: 冒険者組合の組織
      • 部品: 冒険者組合の構造
    • 大部品: 冒険者の登録管理 RD:6 評価値:4
      • 部品: 冒険者登録の方法
      • 部品: 冒険者カード
      • 部品: 冒険者ランク
      • 部品: パーティの登録
      • 部品: 登録情報の管理
      • 部品: 冒険者組合からの除籍
    • 大部品: 冒険者への依頼 RD:7 評価値:4
      • 部品: 依頼の発注
      • 部品: 組合の事前調査
      • 部品: 依頼掲示板への張り出し
      • 部品: 特別な指名依頼
      • 部品: 依頼の受注
      • 部品: 依頼の完了
      • 部品: 戦争時の編成
    • 大部品: 冒険者へのサポート RD:9 評価値:5
      • 部品: 素材の買い取り
      • 部品: 身分証明サービス
      • 部品: 提携宿泊施設
      • 部品: 武器防具のメンテナンスサービス
      • 部品: 併設飲食コーナーの利用
      • 部品: 訓練施設の利用
      • 部品: 共済銀行
      • 部品: パーティメンバー仲介
      • 部品: 医療サービス
    • 大部品: 冒険者組合の罰則規定 RD:6 評価値:4
      • 部品: 依頼放棄の罰則
      • 部品: 冒険者同士の死傷事件への罰則
      • 部品: 冒険者身分の悪用
      • 部品: 冒険者組合への業務妨害
      • 部品: 依頼の他者への譲渡・売買の禁止
      • 部品: その他国の定める法律違反
    • 大部品: 冒険者組合で働くスタッフ RD:8 評価値:5
      • 部品: 冒険者組合長・副組合長
      • 部品: 受付のスタッフ
      • 部品: 事務作業スタッフ
      • 部品: 登録時試験官
      • 部品: 厨房スタッフ
      • 部品: 素材鑑定スタッフ
      • 部品: 情報屋
      • 部品: 医療スタッフ



部品定義


部品: 冒険者組合の設立目的

冒険者組合は各地で活動する冒険者たちのサポートと管理を目的として設立された、公的な承認を受けた営利団体である。

部品: 冒険者組合の組織

冒険者組合は中央組合と、連盟する各地に存在する支部との構成で成り立っている。それぞれの組合には管理責任者として組合長と副組合長が置かれ、組織を運営している。

部品: 冒険者組合の構造

冒険者組合は基本的に400m2の3階建ての建物であり、一階は受付と酒場、二階はスタッフの事務所、三階は資料室と組合長室となっている。必要に応じて素材管理倉庫などが置かれる。

部品: 冒険者登録の方法

冒険者として登録するためには、受付で名前と職業を記入し、最低限の戦闘能力を試す試験を受ける必要がある。その後、冒険者カードが発行されて登録は完了する。

部品: 冒険者カード

冒険者カードは、登録された冒険者の各種情報が記載された情報カードで、冒険者の身分証明書にもなる。これがあると冒険者組合と提携した各種サービスを受けることが出来る。紛失した場合の再発行は有料である。

部品: 冒険者ランク

冒険者は、その功績と強さ、性格面での審査などを鑑みて、冒険者ランクに振り分けられる。ランクはDからSランクまであり、登録時はDランクである。ランクによって受けることの出来る依頼が決まっていて、さらにある程度のランクになると戦力として国家からの指名依頼が入ることがある。

部品: パーティの登録

ある程度の危険性が判断される依頼を受けるためには、複数人でのパーティを結成し登録する必要がある。これは冒険での危険度を減らし、不要な死傷を避けるためである。パーティの登録は受付で行うことが出来、メンバーの冒険者カードとパーティ名の登記が必要になる。パーティにもランクがあるが、これはそのパーティの平均値と功績などから決定される。

部品: 登録情報の管理

冒険者の登録情報や受けたクエストの内容などは、各冒険者組合にて管理される。Cランク以上になると中央冒険者組合と各地の組合支部で情報が共有される。これは必要に応じて藩国運営者や組合長がいつでも閲覧する権限を持つ。

部品: 冒険者組合からの除籍

冒険者は引退などで組合を抜けるとき、受付でいつでも登録を辞めることが出来る。また、組合からの罰則処分などで除籍されることもある。どちらの場合も冒険者カードを返却しなければならない。登録情報は基本的に抹消されず保存される。

部品: 依頼の発注

藩国に属する国民であれば誰でも冒険者組合に依頼を出すことが出来る。依頼料は難易度によって大まかに分けられており、内容は簡単な採集から凶悪な猛獣の討伐まで様々である。依頼料は、冒険者への報酬に組合の手数料が含まれる。

部品: 組合の事前調査

発注された依頼は、組合のスタッフによって事前に聞き取り調査や資料の取りまとめが行われる。あくまで簡単なものであるが危険度の指針にするためである。

部品: 依頼掲示板への張り出し

情報がまとめられ危険度や難易度が設定されると、それに沿って推奨冒険者ランクと簡単な説明の書かれた依頼表が掲示板へと張り出される。自身の受注可能ランクに合わせて、基本的には早い者勝ちである。

部品: 特別な指名依頼

Cランク以上の冒険者またはパーティへ指名の依頼が出されることがある。これは冒険者組合が認めた依頼者が高額の依頼料を出すことで発注される。指名の依頼は断ることも出来るが、その場合はランク査定に影響する。

部品: 依頼の受注

依頼表を受付へ持っていくと、受注可能ランクと依頼の説明を受けた後、その場で依頼を受けることが出来る。また、受付へ頼むと組合に保管されている関連資料を閲覧することも出来る。

部品: 依頼の完了

依頼を遂行した場合、依頼者への確認のあと成功報酬が支払われる。依頼者への確認が遠方の場合、報酬前払いで後日確認の形式も可能。失敗した場合は罰金を支払わなければならない。

部品: 戦争時の編成

戦争時に組合に登録された冒険者は民間部隊として編成される。これは組合冒険者の義務であり従わない場合は冒険者資格が剥奪される。

部品: 素材の買い取り

薬草や鉱石、野生動物の肉などをまとめて買い取りするサービス。市場で売りさばくより安定的に買い取ってくれる。懇意の商人が居るのならばそちらに売っても良い。

部品: 身分証明サービス

冒険者カードは身分証明書としても使え、他藩国への入国審査や公的機関の利用などに利用できる。悪用されないために紛失した場合はすぐに最寄りの組合に届け出ること。

部品: 提携宿泊施設

街の宿屋の中には冒険者組合と提携するところがあり、冒険者カードを提示すれば格安で宿泊することが可能である。

部品: 武器防具のメンテナンスサービス

冒険者組合と提携する武器防具屋で冒険者カードを提示すると格安でメンテナンスを受けることが出来る。さらに新人の冒険者には格安の装備を販売してくれる。

部品: 併設飲食コーナーの利用

一階にある酒場にて軽食や酒類などを飲食することが出来る。ここでは他の冒険者たちも居て情報交換などが行われているので、そちらを重要視する冒険者も多い。

部品: 訓練施設の利用

冒険者組合の裏手にある簡易的な訓練施設が利用できる。初心者向けに引退した冒険者などから手ほどきを受けることも出来、登録時の試験なども行われている。

部品: 共済銀行

組合に所属する冒険者であれば、共済銀行制度を利用できる。これは一時的に現金を預かる制度で、他の冒険者組合支部で引き出すことも可能である。また組合の冒険者であれば法定金利にて借金もすることが出来る。

部品: パーティメンバー仲介

冒険者のランクや特性に応じて、パーティメンバーを仲介するサービス。大半の冒険者は自身でメンバーを探すので、新規で登録した冒険者が利用することが多い。

部品: 医療サービス

組合の冒険者であれば、組合の医療ルームを利用でき、格安の治療を受けることが出来る。各種医療品が揃っていて緊急時には民間にも解放される。

部品: 依頼放棄の罰則

受注した依頼が不可能になった場合、受付に申し出ると罰則金の支払いで解決される。逃走した場合や罰則金が支払えない場合は、冒険者組合での強制労働で支払うことになる。

部品: 冒険者同士の死傷事件への罰則

冒険者同士の喧嘩や殺し合いは基本的には厳禁であり、揉め事があった場合は組合が間に入り調停する。これ破った場合は、悪質なケースにおいては冒険者カードの剥奪と警察機関への通報がなされる。

部品: 冒険者身分の悪用

冒険者カードの悪用や、冒険者身分の悪用を悪用した犯罪行為が発覚した場合、即座に登録が取り消され冒険者カードの剥奪と制裁が行われ、然るべき司法機関へと届けることになる。

部品: 冒険者組合への業務妨害

依頼の遂行を阻害したり、組合の業務を妨害する行為を繰り返すものは、組合の権限において制裁が行われ司法機関へ届けられる。

部品: 依頼の他者への譲渡・売買の禁止

自身が受注した依頼を他者へ譲渡または売買することを禁止する。これが発覚した場合は罰則金と冒険者カードの剥奪が行われる。

部品: その他国の定める法律違反

通常の法律違反の場合はその内容により、査定へのマイナス影響、ランク降格、冒険者カードの剥奪といくつかの罰則の適用がなされる。

部品: 冒険者組合長・副組合長

冒険者中央組合と各支部には組合長と副組合長が置かれ、現場での采配は最終的に組合長が行い、補佐として副組合長が業務を遂行する。

部品: 受付のスタッフ

性格的に荒っぽい冒険者と対面するため、柔軟な対応が出来るものや引退した熟練冒険者などが優先して採用される。記憶力が良いものが多い。

部品: 事務作業スタッフ

依頼の受付や資料の取りまとめ、その他事務全般を受け持つスタッフ。計算や法令に明るく、正確な作業をこなせるものが採用される。

部品: 登録時試験官

登録時の試験や初心者向け講習などで冒険者たちと模擬戦闘を行うスタッフ。引退した熟練冒険者で特に資質の見込まれたものが採用される。揉め事があった場合の仲介に入ることもある。

部品: 厨房スタッフ

軽食コーナーで調理やホールの対応を行うスタッフ。一般から募集されるが、荒っぽい冒険者が多いので少し給料がよい。

部品: 素材鑑定スタッフ

持ち込まれた素材の鑑定を行うスタッフ。引退した魔法使い系冒険者や学者などが採用される。商人ほど厳密に査定する必要はないが、様々な種類の素材に精通している必要がある。

部品: 情報屋

厳密には組合のスタッフではないのだが、情報の売り買いで生計を立てるもののうち、組合が許可を出したものが軽食コーナーで情報屋として商売することが出来る。依頼を受けたときの調査員として雇われることもある。

部品: 医療スタッフ

医師や引退した白魔法使いなどが専門に治療を行っている。各種毒物や戦闘による怪我の治療に慣れたものが採用される。



提出書式


 大部品: 冒険者組合 RD:39 評価値:9
 -大部品: 冒険者組合の概要 RD:3 評価値:2
 --部品: 冒険者組合の設立目的
 --部品: 冒険者組合の組織
 --部品: 冒険者組合の構造
 -大部品: 冒険者の登録管理 RD:6 評価値:4
 --部品: 冒険者登録の方法
 --部品: 冒険者カード
 --部品: 冒険者ランク
 --部品: パーティの登録
 --部品: 登録情報の管理
 --部品: 冒険者組合からの除籍
 -大部品: 冒険者への依頼 RD:7 評価値:4
 --部品: 依頼の発注
 --部品: 組合の事前調査
 --部品: 依頼掲示板への張り出し
 --部品: 特別な指名依頼
 --部品: 依頼の受注
 --部品: 依頼の完了
 --部品: 戦争時の編成
 -大部品: 冒険者へのサポート RD:9 評価値:5
 --部品: 素材の買い取り
 --部品: 身分証明サービス
 --部品: 提携宿泊施設
 --部品: 武器防具のメンテナンスサービス
 --部品: 併設飲食コーナーの利用
 --部品: 訓練施設の利用
 --部品: 共済銀行
 --部品: パーティメンバー仲介
 --部品: 医療サービス
 -大部品: 冒険者組合の罰則規定 RD:6 評価値:4
 --部品: 依頼放棄の罰則
 --部品: 冒険者同士の死傷事件への罰則
 --部品: 冒険者身分の悪用
 --部品: 冒険者組合への業務妨害
 --部品: 依頼の他者への譲渡・売買の禁止
 --部品: その他国の定める法律違反
 -大部品: 冒険者組合で働くスタッフ RD:8 評価値:5
 --部品: 冒険者組合長・副組合長
 --部品: 受付のスタッフ
 --部品: 事務作業スタッフ
 --部品: 登録時試験官
 --部品: 厨房スタッフ
 --部品: 素材鑑定スタッフ
 --部品: 情報屋
 --部品: 医療スタッフ
 
 
 部品: 冒険者組合の設立目的
 冒険者組合は各地で活動する冒険者たちのサポートと管理を目的として設立された、公的な承認を受けた営利団体である。
 
 部品: 冒険者組合の組織
 冒険者組合は中央組合と、連盟する各地に存在する支部との構成で成り立っている。それぞれの組合には管理責任者として組合長と副組合長が置かれ、組織を運営している。
 
 部品: 冒険者組合の構造
 冒険者組合は基本的に400m2の3階建ての建物であり、一階は受付と酒場、二階はスタッフの事務所、三階は資料室と組合長室となっている。必要に応じて素材管理倉庫などが置かれる。
 
 部品: 冒険者登録の方法
 冒険者として登録するためには、受付で名前と職業を記入し、最低限の戦闘能力を試す試験を受ける必要がある。その後、冒険者カードが発行されて登録は完了する。
 
 部品: 冒険者カード
 冒険者カードは、登録された冒険者の各種情報が記載された情報カードで、冒険者の身分証明書にもなる。これがあると冒険者組合と提携した各種サービスを受けることが出来る。紛失した場合の再発行は有料である。
 
 部品: 冒険者ランク
 冒険者は、その功績と強さ、性格面での審査などを鑑みて、冒険者ランクに振り分けられる。ランクはDからSランクまであり、登録時はDランクである。ランクによって受けることの出来る依頼が決まっていて、さらにある程度のランクになると戦力として国家からの指名依頼が入ることがある。
 
 部品: パーティの登録
 ある程度の危険性が判断される依頼を受けるためには、複数人でのパーティを結成し登録する必要がある。これは冒険での危険度を減らし、不要な死傷を避けるためである。パーティの登録は受付で行うことが出来、メンバーの冒険者カードとパーティ名の登記が必要になる。パーティにもランクがあるが、これはそのパーティの平均値と功績などから決定される。
 
 部品: 登録情報の管理
 冒険者の登録情報や受けたクエストの内容などは、各冒険者組合にて管理される。Cランク以上になると中央冒険者組合と各地の組合支部で情報が共有される。これは必要に応じて藩国運営者や組合長がいつでも閲覧する権限を持つ。
 
 部品: 冒険者組合からの除籍
 冒険者は引退などで組合を抜けるとき、受付でいつでも登録を辞めることが出来る。また、組合からの罰則処分などで除籍されることもある。どちらの場合も冒険者カードを返却しなければならない。登録情報は基本的に抹消されず保存される。
 
 部品: 依頼の発注
 藩国に属する国民であれば誰でも冒険者組合に依頼を出すことが出来る。依頼料は難易度によって大まかに分けられており、内容は簡単な採集から凶悪な猛獣の討伐まで様々である。依頼料は、冒険者への報酬に組合の手数料が含まれる。
 
 部品: 組合の事前調査
 発注された依頼は、組合のスタッフによって事前に聞き取り調査や資料の取りまとめが行われる。あくまで簡単なものであるが危険度の指針にするためである。
 
 部品: 依頼掲示板への張り出し
 情報がまとめられ危険度や難易度が設定されると、それに沿って推奨冒険者ランクと簡単な説明の書かれた依頼表が掲示板へと張り出される。自身の受注可能ランクに合わせて、基本的には早い者勝ちである。
 
 部品: 特別な指名依頼
 Cランク以上の冒険者またはパーティへ指名の依頼が出されることがある。これは冒険者組合が認めた依頼者が高額の依頼料を出すことで発注される。指名の依頼は断ることも出来るが、その場合はランク査定に影響する。
 
 部品: 依頼の受注
 依頼表を受付へ持っていくと、受注可能ランクと依頼の説明を受けた後、その場で依頼を受けることが出来る。また、受付へ頼むと組合に保管されている関連資料を閲覧することも出来る。
 
 部品: 依頼の完了
 依頼を遂行した場合、依頼者への確認のあと成功報酬が支払われる。依頼者への確認が遠方の場合、報酬前払いで後日確認の形式も可能。失敗した場合は罰金を支払わなければならない。
 
 部品: 戦争時の編成
 戦争時に組合に登録された冒険者は民間部隊として編成される。これは組合冒険者の義務であり従わない場合は冒険者資格が剥奪される。
 
 部品: 素材の買い取り
 薬草や鉱石、野生動物の肉などをまとめて買い取りするサービス。市場で売りさばくより安定的に買い取ってくれる。懇意の商人が居るのならばそちらに売っても良い。
 
 部品: 身分証明サービス
 冒険者カードは身分証明書としても使え、他藩国への入国審査や公的機関の利用などに利用できる。悪用されないために紛失した場合はすぐに最寄りの組合に届け出ること。
 
 部品: 提携宿泊施設
 街の宿屋の中には冒険者組合と提携するところがあり、冒険者カードを提示すれば格安で宿泊することが可能である。
 
 部品: 武器防具のメンテナンスサービス
 冒険者組合と提携する武器防具屋で冒険者カードを提示すると格安でメンテナンスを受けることが出来る。さらに新人の冒険者には格安の装備を販売してくれる。
 
 部品: 併設飲食コーナーの利用
 一階にある酒場にて軽食や酒類などを飲食することが出来る。ここでは他の冒険者たちも居て情報交換などが行われているので、そちらを重要視する冒険者も多い。
 
 部品: 訓練施設の利用
 冒険者組合の裏手にある簡易的な訓練施設が利用できる。初心者向けに引退した冒険者などから手ほどきを受けることも出来、登録時の試験なども行われている。
 
 部品: 共済銀行
 組合に所属する冒険者であれば、共済銀行制度を利用できる。これは一時的に現金を預かる制度で、他の冒険者組合支部で引き出すことも可能である。また組合の冒険者であれば法定金利にて借金もすることが出来る。
 
 部品: パーティメンバー仲介
 冒険者のランクや特性に応じて、パーティメンバーを仲介するサービス。大半の冒険者は自身でメンバーを探すので、新規で登録した冒険者が利用することが多い。
 
 部品: 医療サービス
 組合の冒険者であれば、組合の医療ルームを利用でき、格安の治療を受けることが出来る。各種医療品が揃っていて緊急時には民間にも解放される。
 
 部品: 依頼放棄の罰則
 受注した依頼が不可能になった場合、受付に申し出ると罰則金の支払いで解決される。逃走した場合や罰則金が支払えない場合は、冒険者組合での強制労働で支払うことになる。
 
 部品: 冒険者同士の死傷事件への罰則
 冒険者同士の喧嘩や殺し合いは基本的には厳禁であり、揉め事があった場合は組合が間に入り調停する。これ破った場合は、悪質なケースにおいては冒険者カードの剥奪と警察機関への通報がなされる。
 
 部品: 冒険者身分の悪用
 冒険者カードの悪用や、冒険者身分の悪用を悪用した犯罪行為が発覚した場合、即座に登録が取り消され冒険者カードの剥奪と制裁が行われ、然るべき司法機関へと届けることになる。
 
 部品: 冒険者組合への業務妨害
 依頼の遂行を阻害したり、組合の業務を妨害する行為を繰り返すものは、組合の権限において制裁が行われ司法機関へ届けられる。
 
 部品: 依頼の他者への譲渡・売買の禁止
 自身が受注した依頼を他者へ譲渡または売買することを禁止する。これが発覚した場合は罰則金と冒険者カードの剥奪が行われる。
 
 部品: その他国の定める法律違反
 通常の法律違反の場合はその内容により、査定へのマイナス影響、ランク降格、冒険者カードの剥奪といくつかの罰則の適用がなされる。
 
 部品: 冒険者組合長・副組合長
 冒険者中央組合と各支部には組合長と副組合長が置かれ、現場での采配は最終的に組合長が行い、補佐として副組合長が業務を遂行する。
 
 部品: 受付のスタッフ
 性格的に荒っぽい冒険者と対面するため、柔軟な対応が出来るものや引退した熟練冒険者などが優先して採用される。記憶力が良いものが多い。
 
 部品: 事務作業スタッフ
 依頼の受付や資料の取りまとめ、その他事務全般を受け持つスタッフ。計算や法令に明るく、正確な作業をこなせるものが採用される。
 
 部品: 登録時試験官
 登録時の試験や初心者向け講習などで冒険者たちと模擬戦闘を行うスタッフ。引退した熟練冒険者で特に資質の見込まれたものが採用される。揉め事があった場合の仲介に入ることもある。
 
 部品: 厨房スタッフ
 軽食コーナーで調理やホールの対応を行うスタッフ。一般から募集されるが、荒っぽい冒険者が多いので少し給料がよい。
 
 部品: 素材鑑定スタッフ
 持ち込まれた素材の鑑定を行うスタッフ。引退した魔法使い系冒険者や学者などが採用される。商人ほど厳密に査定する必要はないが、様々な種類の素材に精通している必要がある。
 
 部品: 情報屋
 厳密には組合のスタッフではないのだが、情報の売り買いで生計を立てるもののうち、組合が許可を出したものが軽食コーナーで情報屋として商売することが出来る。依頼を受けたときの調査員として雇われることもある。
 
 部品: 医療スタッフ
 医師や引退した白魔法使いなどが専門に治療を行っている。各種毒物や戦闘による怪我の治療に慣れたものが採用される。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "冒険者組合",
     "children": [
       {
         "title": "冒険者組合の概要",
         "children": [
           {
             "title": "冒険者組合の設立目的",
             "description": "冒険者組合は各地で活動する冒険者たちのサポートと管理を目的として設立された、公的な承認を受けた営利団体である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者組合の組織",
             "description": "冒険者組合は中央組合と、連盟する各地に存在する支部との構成で成り立っている。それぞれの組合には管理責任者として組合長と副組合長が置かれ、組織を運営している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "冒険者組合の構造",
             "description": "冒険者組合は基本的に400m2の3階建ての建物であり、一階は受付と酒場、二階はスタッフの事務所、三階は資料室と組合長室となっている。必要に応じて素材管理倉庫などが置かれる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "冒険者の登録管理",
         "children": [
           {
             "title": "冒険者登録の方法",
             "description": "冒険者として登録するためには、受付で名前と職業を記入し、最低限の戦闘能力を試す試験を受ける必要がある。その後、冒険者カードが発行されて登録は完了する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者カード",
             "description": "冒険者カードは、登録された冒険者の各種情報が記載された情報カードで、冒険者の身分証明書にもなる。これがあると冒険者組合と提携した各種サービスを受けることが出来る。紛失した場合の再発行は有料である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者ランク",
             "description": "冒険者は、その功績と強さ、性格面での審査などを鑑みて、冒険者ランクに振り分けられる。ランクはDからSランクまであり、登録時はDランクである。ランクによって受けることの出来る依頼が決まっていて、さらにある程度のランクになると戦力として国家からの指名依頼が入ることがある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "パーティの登録",
             "description": "ある程度の危険性が判断される依頼を受けるためには、複数人でのパーティを結成し登録する必要がある。これは冒険での危険度を減らし、不要な死傷を避けるためである。パーティの登録は受付で行うことが出来、メンバーの冒険者カードとパーティ名の登記が必要になる。パーティにもランクがあるが、これはそのパーティの平均値と功績などから決定される。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "登録情報の管理",
             "description": "冒険者の登録情報や受けたクエストの内容などは、各冒険者組合にて管理される。Cランク以上になると中央冒険者組合と各地の組合支部で情報が共有される。これは必要に応じて藩国運営者や組合長がいつでも閲覧する権限を持つ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者組合からの除籍",
             "description": "冒険者は引退などで組合を抜けるとき、受付でいつでも登録を辞めることが出来る。また、組合からの罰則処分などで除籍されることもある。どちらの場合も冒険者カードを返却しなければならない。登録情報は基本的に抹消されず保存される。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "冒険者への依頼",
         "children": [
           {
             "title": "依頼の発注",
             "description": "藩国に属する国民であれば誰でも冒険者組合に依頼を出すことが出来る。依頼料は難易度によって大まかに分けられており、内容は簡単な採集から凶悪な猛獣の討伐まで様々である。依頼料は、冒険者への報酬に組合の手数料が含まれる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "組合の事前調査",
             "description": "発注された依頼は、組合のスタッフによって事前に聞き取り調査や資料の取りまとめが行われる。あくまで簡単なものであるが危険度の指針にするためである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "依頼掲示板への張り出し",
             "description": "情報がまとめられ危険度や難易度が設定されると、それに沿って推奨冒険者ランクと簡単な説明の書かれた依頼表が掲示板へと張り出される。自身の受注可能ランクに合わせて、基本的には早い者勝ちである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "特別な指名依頼",
             "description": "Cランク以上の冒険者またはパーティへ指名の依頼が出されることがある。これは冒険者組合が認めた依頼者が高額の依頼料を出すことで発注される。指名の依頼は断ることも出来るが、その場合はランク査定に影響する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "依頼の受注",
             "description": "依頼表を受付へ持っていくと、受注可能ランクと依頼の説明を受けた後、その場で依頼を受けることが出来る。また、受付へ頼むと組合に保管されている関連資料を閲覧することも出来る。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "依頼の完了",
             "description": "依頼を遂行した場合、依頼者への確認のあと成功報酬が支払われる。依頼者への確認が遠方の場合、報酬前払いで後日確認の形式も可能。失敗した場合は罰金を支払わなければならない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "戦争時の編成",
             "description": "戦争時に組合に登録された冒険者は民間部隊として編成される。これは組合冒険者の義務であり従わない場合は冒険者資格が剥奪される。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "冒険者へのサポート",
         "children": [
           {
             "title": "素材の買い取り",
             "description": "薬草や鉱石、野生動物の肉などをまとめて買い取りするサービス。市場で売りさばくより安定的に買い取ってくれる。懇意の商人が居るのならばそちらに売っても良い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "身分証明サービス",
             "description": "冒険者カードは身分証明書としても使え、他藩国への入国審査や公的機関の利用などに利用できる。悪用されないために紛失した場合はすぐに最寄りの組合に届け出ること。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "提携宿泊施設",
             "description": "街の宿屋の中には冒険者組合と提携するところがあり、冒険者カードを提示すれば格安で宿泊することが可能である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "武器防具のメンテナンスサービス",
             "description": "冒険者組合と提携する武器防具屋で冒険者カードを提示すると格安でメンテナンスを受けることが出来る。さらに新人の冒険者には格安の装備を販売してくれる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "併設飲食コーナーの利用",
             "description": "一階にある酒場にて軽食や酒類などを飲食することが出来る。ここでは他の冒険者たちも居て情報交換などが行われているので、そちらを重要視する冒険者も多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "訓練施設の利用",
             "description": "冒険者組合の裏手にある簡易的な訓練施設が利用できる。初心者向けに引退した冒険者などから手ほどきを受けることも出来、登録時の試験なども行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "共済銀行",
             "description": "組合に所属する冒険者であれば、共済銀行制度を利用できる。これは一時的に現金を預かる制度で、他の冒険者組合支部で引き出すことも可能である。また組合の冒険者であれば法定金利にて借金もすることが出来る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "パーティメンバー仲介",
             "description": "冒険者のランクや特性に応じて、パーティメンバーを仲介するサービス。大半の冒険者は自身でメンバーを探すので、新規で登録した冒険者が利用することが多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "医療サービス",
             "description": "組合の冒険者であれば、組合の医療ルームを利用でき、格安の治療を受けることが出来る。各種医療品が揃っていて緊急時には民間にも解放される。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "冒険者組合の罰則規定",
         "children": [
           {
             "title": "依頼放棄の罰則",
             "description": "受注した依頼が不可能になった場合、受付に申し出ると罰則金の支払いで解決される。逃走した場合や罰則金が支払えない場合は、冒険者組合での強制労働で支払うことになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者同士の死傷事件への罰則",
             "description": "冒険者同士の喧嘩や殺し合いは基本的には厳禁であり、揉め事があった場合は組合が間に入り調停する。これ破った場合は、悪質なケースにおいては冒険者カードの剥奪と警察機関への通報がなされる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者身分の悪用",
             "description": "冒険者カードの悪用や、冒険者身分の悪用を悪用した犯罪行為が発覚した場合、即座に登録が取り消され冒険者カードの剥奪と制裁が行われ、然るべき司法機関へと届けることになる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "冒険者組合への業務妨害",
             "description": "依頼の遂行を阻害したり、組合の業務を妨害する行為を繰り返すものは、組合の権限において制裁が行われ司法機関へ届けられる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "依頼の他者への譲渡・売買の禁止",
             "description": "自身が受注した依頼を他者へ譲渡または売買することを禁止する。これが発覚した場合は罰則金と冒険者カードの剥奪が行われる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "その他国の定める法律違反",
             "description": "通常の法律違反の場合はその内容により、査定へのマイナス影響、ランク降格、冒険者カードの剥奪といくつかの罰則の適用がなされる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "冒険者組合で働くスタッフ",
         "children": [
           {
             "title": "冒険者組合長・副組合長",
             "description": "冒険者中央組合と各支部には組合長と副組合長が置かれ、現場での采配は最終的に組合長が行い、補佐として副組合長が業務を遂行する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "受付のスタッフ",
             "description": "性格的に荒っぽい冒険者と対面するため、柔軟な対応が出来るものや引退した熟練冒険者などが優先して採用される。記憶力が良いものが多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "事務作業スタッフ",
             "description": "依頼の受付や資料の取りまとめ、その他事務全般を受け持つスタッフ。計算や法令に明るく、正確な作業をこなせるものが採用される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "登録時試験官",
             "description": "登録時の試験や初心者向け講習などで冒険者たちと模擬戦闘を行うスタッフ。引退した熟練冒険者で特に資質の見込まれたものが採用される。揉め事があった場合の仲介に入ることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "厨房スタッフ",
             "description": "軽食コーナーで調理やホールの対応を行うスタッフ。一般から募集されるが、荒っぽい冒険者が多いので少し給料がよい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "素材鑑定スタッフ",
             "description": "持ち込まれた素材の鑑定を行うスタッフ。引退した魔法使い系冒険者や学者などが採用される。商人ほど厳密に査定する必要はないが、様々な種類の素材に精通している必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報屋",
             "description": "厳密には組合のスタッフではないのだが、情報の売り買いで生計を立てるもののうち、組合が許可を出したものが軽食コーナーで情報屋として商売することが出来る。依頼を受けたときの調査員として雇われることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "医療スタッフ",
             "description": "医師や引退した白魔法使いなどが専門に治療を行っている。各種毒物や戦闘による怪我の治療に慣れたものが採用される。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]