部品構造


  • 大部品: 個人専用機改装 RD:8 評価値:5
    • 大部品: 専用機改装の基本情報 RD:6 評価値:4
      • 部品: 専用機に改装する目的
      • 部品: 専用機に改装出来る機体の制限
      • 部品: 機体の改装にかかる費用と時間
      • 部品: 専用機を使用できるキャラクター制限
      • 部品: 量産不可制限
      • 部品: 藩王の許可と協力
    • 大部品: 専門家チームの結成 RD:0 評価値:0
    • 大部品: 過去の使用データの分析 RD:2 評価値:1
      • 部品: 実戦データの収集
      • 部品: 開発資料の収集
    • 大部品: 設計段階からの見直し RD:0 評価値:0
    • 大部品: 当たり部品での再構築 RD:0 評価値:0
    • 大部品: 電装系強化 RD:0 評価値:0
    • 大部品: 新型補助システムの実装 RD:0 評価値:0
    • 大部品: 武装の個人最適化 RD:0 評価値:0
    • 大部品: シュミレータによる最終調整 RD:0 評価値:0



部品定義


部品: 専用機に改装する目的

NWにおけるI=D開発競争は日進月歩であり、新たな機体開発はすべてのI=D開発国の最大の課題である。
しかし一方で一線を退いた機体については改良がほぼ施されずせいぜいが新型のデータ収集に使われる程度であった。
個人向け専用機に改装するにあたり、潤沢な資金と高価な資材、豊富な人材を惜しみなく投入し、
I=Dの機体スペックを限界以上に引き出す様々なプランを実現することにより
技術経験の大幅な向上と、ピンポイントでの戦闘評価の獲得を目的としている。
あとぶっちゃけ浪漫である。

部品: 専用機に改装出来る機体の制限

改装である以上、元になるI=Dが必要であり、十分な運用データと部品の選別を行うために民間工場で生産するほど普及した実戦経験のある機体が対象となる。

部品: 機体の改装にかかる費用と時間

機体の改装には抜本的な見直しが必要になり、様々な要素に金と時間をかけることになる。少なくとも新型機を一から作るくらいのリソースは覚悟するように。

部品: 専用機を使用できるキャラクター制限

技術と資金と資材と人脈が限界まで試されるその性質上、設定国民では専用機改装を使用できない。個人ACE、藩国滞在ACE、PLACEなどの国家規模のキャラクターに限られる。

部品: 量産不可制限

言うまでもなく、最高のスペックを目指すことが目的であり、言わば試験生産品であるがゆえに、
量産することが出来ず、普及版として大幅なコストカットとデチューンを施す必要がある。

部品: 藩王の許可と協力

プロジェクト発案者は所属する藩王の許可を得ること。これは十分なバックアップ体制を整えることに加えて、
技術の氾濫を抑えるための下準備なども含まれる大きな計画だからである。

部品: 実戦データの収集

戦場で使用される機体のデータ収集は多いほどよい。専用機として改装するキャラクターが
過去に戦闘で使用したことのある機体であれば十分なデータが集めることが出来るだろう。

部品: 開発資料の収集

プロジェクトが計画された段階で、その機体の開発資料を集めることになる。
それだけではなく、開発に携わった技術者たちにも聞き取り調査を行い、
実装されなかった機能や、実際の組立時の所感なども網羅し資料を充実させる。



提出書式


 大部品: 個人専用機改装 RD:8 評価値:5
 -大部品: 専用機改装の基本情報 RD:6 評価値:4
 --部品: 専用機に改装する目的
 --部品: 専用機に改装出来る機体の制限
 --部品: 機体の改装にかかる費用と時間
 --部品: 専用機を使用できるキャラクター制限
 --部品: 量産不可制限
 --部品: 藩王の許可と協力
 -大部品: 専門家チームの結成 RD:0 評価値:0
 -大部品: 過去の使用データの分析 RD:2 評価値:1
 --部品: 実戦データの収集
 --部品: 開発資料の収集
 -大部品: 設計段階からの見直し RD:0 評価値:0
 -大部品: 当たり部品での再構築 RD:0 評価値:0
 -大部品: 電装系強化 RD:0 評価値:0
 -大部品: 新型補助システムの実装 RD:0 評価値:0
 -大部品: 武装の個人最適化 RD:0 評価値:0
 -大部品: シュミレータによる最終調整 RD:0 評価値:0
 
 
 部品: 専用機に改装する目的
 NWにおけるI=D開発競争は日進月歩であり、新たな機体開発はすべてのI=D開発国の最大の課題である。
 しかし一方で一線を退いた機体については改良がほぼ施されずせいぜいが新型のデータ収集に使われる程度であった。
 個人向け専用機に改装するにあたり、潤沢な資金と高価な資材、豊富な人材を惜しみなく投入し、
 I=Dの機体スペックを限界以上に引き出す様々なプランを実現することにより
 技術経験の大幅な向上と、ピンポイントでの戦闘評価の獲得を目的としている。
 あとぶっちゃけ浪漫である。
 
 部品: 専用機に改装出来る機体の制限
 改装である以上、元になるI=Dが必要であり、十分な運用データと部品の選別を行うために民間工場で生産するほど普及した実戦経験のある機体が対象となる。
 
 部品: 機体の改装にかかる費用と時間
 機体の改装には抜本的な見直しが必要になり、様々な要素に金と時間をかけることになる。少なくとも新型機を一から作るくらいのリソースは覚悟するように。
 
 部品: 専用機を使用できるキャラクター制限
 技術と資金と資材と人脈が限界まで試されるその性質上、設定国民では専用機改装を使用できない。個人ACE、藩国滞在ACE、PLACEなどの国家規模のキャラクターに限られる。
 
 部品: 量産不可制限
 言うまでもなく、最高のスペックを目指すことが目的であり、言わば試験生産品であるがゆえに、
 量産することが出来ず、普及版として大幅なコストカットとデチューンを施す必要がある。
 
 部品: 藩王の許可と協力
 プロジェクト発案者は所属する藩王の許可を得ること。これは十分なバックアップ体制を整えることに加えて、
 技術の氾濫を抑えるための下準備なども含まれる大きな計画だからである。
 
 部品: 実戦データの収集
 戦場で使用される機体のデータ収集は多いほどよい。専用機として改装するキャラクターが
 過去に戦闘で使用したことのある機体であれば十分なデータが集めることが出来るだろう。
 
 部品: 開発資料の収集
 プロジェクトが計画された段階で、その機体の開発資料を集めることになる。
 それだけではなく、開発に携わった技術者たちにも聞き取り調査を行い、
 実装されなかった機能や、実際の組立時の所感なども網羅し資料を充実させる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "個人専用機改装",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "専用機改装の基本情報",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "専用機に改装する目的",
             "description": "NWにおけるI=D開発競争は日進月歩であり、新たな機体開発はすべてのI=D開発国の最大の課題である。\nしかし一方で一線を退いた機体については改良がほぼ施されずせいぜいが新型のデータ収集に使われる程度であった。\n個人向け専用機に改装するにあたり、潤沢な資金と高価な資材、豊富な人材を惜しみなく投入し、\nI=Dの機体スペックを限界以上に引き出す様々なプランを実現することにより\n技術経験の大幅な向上と、ピンポイントでの戦闘評価の獲得を目的としている。\nあとぶっちゃけ浪漫である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "専用機に改装出来る機体の制限",
             "description": "改装である以上、元になるI=Dが必要であり、十分な運用データと部品の選別を行うために民間工場で生産するほど普及した実戦経験のある機体が対象となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "機体の改装にかかる費用と時間",
             "description": "機体の改装には抜本的な見直しが必要になり、様々な要素に金と時間をかけることになる。少なくとも新型機を一から作るくらいのリソースは覚悟するように。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "専用機を使用できるキャラクター制限",
             "description": "技術と資金と資材と人脈が限界まで試されるその性質上、設定国民では専用機改装を使用できない。個人ACE、藩国滞在ACE、PLACEなどの国家規模のキャラクターに限られる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "量産不可制限",
             "description": "言うまでもなく、最高のスペックを目指すことが目的であり、言わば試験生産品であるがゆえに、\n量産することが出来ず、普及版として大幅なコストカットとデチューンを施す必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "藩王の許可と協力",
             "description": "プロジェクト発案者は所属する藩王の許可を得ること。これは十分なバックアップ体制を整えることに加えて、\n技術の氾濫を抑えるための下準備なども含まれる大きな計画だからである。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "専門家チームの結成",
         "part_type": "group",
         "children": []
       },
       {
         "title": "過去の使用データの分析",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "実戦データの収集",
             "description": "戦場で使用される機体のデータ収集は多いほどよい。専用機として改装するキャラクターが\n過去に戦闘で使用したことのある機体であれば十分なデータが集めることが出来るだろう。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "開発資料の収集",
             "description": "プロジェクトが計画された段階で、その機体の開発資料を集めることになる。\nそれだけではなく、開発に携わった技術者たちにも聞き取り調査を行い、\n実装されなかった機能や、実際の組立時の所感なども網羅し資料を充実させる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "設計段階からの見直し",
         "part_type": "group",
         "children": []
       },
       {
         "title": "当たり部品での再構築",
         "part_type": "group",
         "children": [],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "電装系強化",
         "part_type": "group",
         "children": [],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "新型補助システムの実装",
         "part_type": "group",
         "children": []
       },
       {
         "title": "武装の個人最適化",
         "part_type": "group",
         "children": [],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "シュミレータによる最終調整",
         "part_type": "group",
         "children": []
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]