すばらしきわが人生(無印)

素材 > 元ネタ語録 > すばらしきわが人生


直接キャプチャした高画質素材


すばらしきわが人生で岸本加世子さん、山本リンダさん、雪村いづみさんが話していた言葉です

(ナレーター:創価ルネサンスの年。笑顔と希望に溢れ、新たな年が開幕しました。池田先生の下には喜びに満ちた創価の友が集い合い、芸術部のメンバーも心温まる激励を受けました。)

岸本加世子

(ナレーター: ドラマやCMで大活躍の 岸本加世子さん。 独特のキャラクターを持つ彼女はお茶の間の人気者です 。そんな彼女も創価学会の女子部員として学会活動に励んでいます。)
「家庭訪問とかも入れるんですか?」 岸本「家庭訪問はねぇ…年明けてから一緒に、行ってもらったほうがいいかな…」

母が昭和32年に静岡で入信できまして、で、私が昭和35年の終わりに産まれたんですけど、あのーそのときに母が骨盤を損傷してる障害者なもんですから、私が、あのー産まれるときに、あのーすごく一生懸命題目をあげてくdくれて。で、医者が「無理だ」って言ったんですけど、普通分娩で、あのー未熟児だったんですけど産んでくれて、よく母が題目を真剣に上げてる背中を見て、そいで、育ったんですよねー。

「…じゃないww」「違うくないよwもう一回ね」「あのね体力がついたら」(一同爆笑)
(ナレーター:学会二世として元気に活動する岸本さん。しかし、かつては学会活動から遠のきかけたこともありました。)

15歳で芸能界に飛び込んだときには、あの寮の生活だったんですプロダクションの。で、もちろんご本尊様ないし、まったくもう誰ひとり知らない芸能界にポツンと入ったもんですから。で、母が芸能界に入ることは反対はしなかったんですけれど「先生とご本尊様だけはどんなところにいても忘れちゃいけない」って。それをね母がもう再三、私に手紙や電話で、そのことしか言わないんですよ。でうるさいなぁw思って。それがすっごく煩わしかったんですけど、で、一時反発してて、信心してなくたって成功してる人はいっぱいいるし、当時私はもう、誰も信用してなかったですし、自分一人で頑張っていくんだって。自分さえやる気があれば、自分さえ努力すれば、必ず芸能界で成功するんだっていう思いがあったんですね。
で、そんな時に、二十歳になって芸能界入って5年目のときに、あのー、池田先生にお目にかかることができまして、先生との出会いがなかったら、きっと自分の中のつまらない、あのー…こう理屈でね…ただ理想だけを追いかけてて、こう、自滅しちゃったと思うんですけど、先生にお目にかかってから、ほんとにあの学会の素晴らしさとか、こう素直に、なれるようになりまして。ほんとに信心自分が始めたのは先生にお目にかかったあの日から私は信心できるようになったんだなっていう、いう思いでいます。

岸本「本部の別館において、あの代表メンバーの…」
(ナレーター:地域では女子部の副本部長として 後輩の育成に心を配る 岸本さん。いつも明るく爽やかな姿は、女子部から善きお姉さんとして、また善き相談相手として慕われています。)
岸本「一番新しい『ある日ある時』を頂戴しまして…」

母が突然脳溢血で倒れまして、で、お医者さんに「あと三日の命です」って言われたんですね。あと三日で死ぬっていう現実が目の前に立ちふさがったときに、もう気がついたらベッドの下で、病院で、ずっと題目を上げてたんですね。だからあの時にほんとに力ある信仰がなかったら、ただ、もう、こう、狼狽し現実を受け止められないままに母を失ってたんだなって(スー)、思いがすごくするんですけど、あの時はほんとに先生と(スー)ご本尊しかなかったですね。
で、母がもうとにかく三日の命だって言われたんですけれども、あのー、命を取り留めまして、で、でも障害者っていう身体の上に、さらに脳溢血によって半身不随になってしまったんですけれども、でも母が「もう一回歩きたい」っていう風に、すごくあの頑張りまして、で、リハビリがすごく辛かったみたいでね。その一番辛いときに、先生が激励してくださり、「先生が見てくれてるから頑張ろう!」って思えて、母はなんていうかその負けじ魂で「絶対に歩いてみせる」って。で、すっごい頑張って、病院の中を折伏して歩いたんですね。
そしたらほんとに歩いて、杖一本で歩いて退院することができたんですね。現実に打ち勝つことができたのは、やっぱりその人生の師によって、がいなかったらやっぱり分かんなかったでしょうね。信心って言うのはほんとにすごいなって。叶わないことはないんだなって。母は病気に勝ち、自分に勝ったんですね。だから信心って言うのは、自分自身に勝つことなんだなっていうことを、母に教わりました。

(題目の大合唱)
(ナレーター:その後、7年も寿命を永らえて、福運輝く感謝?の人生を送った母、幸子さん。今は亡き母の強き公布への思いを胸に抱きしめて、今日も岸本さんは明るく創価の道を歩みます。)
「バンザーイ!!」

山本リンダ

「(♪どうにもとまらない@紅白歌合戦) うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁおおおおおぅぅぅぅ!!!!やぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!ウォホォォォォォォ!!!! 噂を信じちゃいけないよ♪」
(ナレーター:浮き沈みの激しい芸能界。その中でリンダさんはひたすら自分を信じて、こつこつと歌い続けてきたのです。そして今やリンダブームを生んでいます。)
ま、自分にしてみればブームという言葉が当てはまるのかな?どうなのかな?っていう風に思ってるんですけれども、ブームって言ってみたとしても、あまりそれには左右されてないというか。
とにかくこれは私の長い人生のうちの一つの出来事であって、またこの芸能界って言うのはとにかく厳しいところなので、今年よかったから来年がいいとか、ね、来年いいからまたその次いいとか決まっていませんので。もう1回1回が戦いだなって。
やはりご本尊に、あの、小学生のときから巡り会ってね、祈ってきたその福運の結果としてね、あのー、一つ一つこういう大好きな仕事を続けさせていただいているなってこと思いますのでね。
戦いでもありますけどまた、それを私の喜びとしながら、あのー頑張らせていただけるってことほんとに功徳だなって、幸せだなって思ってます。

(ナレーター:仕事の合間に少しでも時間があれば┏(^o^)┓聖教新聞や池田先生のスピーチを読むリンダさん。リンダさんのエネルギーはここから湧いてくるのかもしれません。)

創価学会ってすごいなって思うのは、目の前のちっちゃなことで悩んでた自分とか、ちっちゃな目標だけで必死になってた自分が、もっともっと大きな、ほんとに人のことを思っていける自分になっていくし、そういう自分を感じたときがすごく嬉しいんです。あ、人のことを一生懸命こうやって悩んで上げられてる自分なんだって、思えたとき嬉しいし、友人が一緒になってその悩みを乗り越えてくれて、で、「ありがとう」と応援してくれて、それが私の励みになって。役に立てたな、嬉しいなって思えますし、そういう積み重ねだって思うんです。
学会員ってみんなそうなんですよね。だから世間の週刊誌やなんかで、三流の週刊誌やなんかで書かれている学会じゃない。だから長続きするし、そしてどんどんどんどん広がっていくし、やっぱり人間は誰もバカじゃなくて、どんなバカだと思われる人だとしても、真実ってやっぱり見抜いていきますし、感じていきますし。どんな人がどんな作文をもってね、人々を騙そうとして、インチキのですね記事を書いたり、あのー噂を…「噂を信じちゃいけないよ」って言いますけど、変な噂をね流したとしても、真実はみんな見抜いていきますから。
事実じゃないことを言われたときは「なにくそ!真実を見せてやろうじゃないか!」って底力が湧いてきますしね。それが私たち創価学会員の、やっぱり一番のあのいいとこだなって思っているんですよね。

(ナレーター:学会の正しさは信仰者としての自らの振る舞いにあると、リンダさんは全力投球で仕事に臨みます。)

武道館で芸術祭って言うのが昭和43年の11月にあったんです。そのときに先生が、あのヤング☆パワーっていうグループを作ってくださったんですけれど、あのー「焦らないでねじっくりと福運を積んでいくことだよ」ってあの話があったんです。私たちヤング☆パワーに。で、私は、「あ、そうだ」やっぱりどうしても焦っちゃうんですよねー、芸能界のお仕事は大変…焦っちゃうんですよ「そうか、焦らないでじっくりと福運を積んでいくことなんだな」と思いました。
それからもう一つ先生が言われてることに、あの「いっくら芸が素晴らしくても名声があっても、どんないいものを持っていようが、」あのー「人間として本当にその人が幸せになっていかなきゃいけない」。有名であればあるほど、芸術が素晴らしいほど逆に不幸になってる人って多いと思うんです。そういう中でほんとに信心をしているってことは、自分の芸も磨いていけるし、福運も積んでいけるし、そして人間としても成長していけるし、またいい友人本当にいい仲間をね作っていくことができる。
自分には何にもなくても、 クオ☆クォンツォ (このご本尊)を知っていれば、この創価学会を知っていれば、悩んでる友達に最高の、その友達本人が自分の力で希望を見出してね、人生を勝っていくそういう切欠を教えてってあげることができる。これはすごいなって、最高の宝だなって、そう思います。

(ナレーター:さらに自分を磨いて新境地を拓いていきたいと、リンダさんは新しいリサイタルのレッスンに余念がありません。人々に生きる歓びをもたらす、心にしみる歌声をこれからも聞かせてくれることでしょう。)

雪村いづみ

(DX超弩級ジェットガルーダで遊ぶ子供)
(ナレーター:家族に囲まれ団欒のひと時を過ごす雪村いづみさん。美空ひばりさんや、江利チエミさんとともに三人娘として映画にステージにと大活躍を続けてきました。その雪村さんが創価学会と出会ったのは自由の天地アメリカだったのです。)
子供「 しばたけ
私がまだデビューして間もない頃、お手伝いをしてくださってた方が信心をしてらっしゃったんですね。それでとても折伏を受けてたんです。でもそれこそデビューしたてで人気の絶頂で若いし、「 宗教なんていらないわ(笑う 」っていう感じでしたもんですから、もう全然、理由はなくあのー10年ぐらい反対してました。
それでそのうちに何か色んなことがうまくいかなくなって、ものすごく膨大な借金背負ってることが分かったり、色んな意味で最低になっちゃったときに、アメリカへ、まぁ逃げるように家族で行っちゃったんですね。
それでそこで、アメリカ人のテレビのプロデューサーに「 Do you know 南無妙法蓮華経? 」って言われたんです!
ェェエエ ビックリしちゃって!!「 まあ! アメリカにも創価学会があるんだ!」って思って、ビックリしました。
楽屋でアメリカの、あの創価学会のメンバーに「一生懸命ねイヅミサン信心しましょうすr素晴らしいんですからしましょうよイヅミサン本当に幸せになれるんですからしましょうよ」って言われて。そのみんなの顔を見てると、ほんっとに明るくって、優しくって、いsssっ所懸命なのよね。
それでね、まー、こんな世知辛い世の中に、こんだけ人の幸せとかね、「イヅミサン幸せになってほしいんですよやりましょうよー」ってねほんとに真剣に人のことをね、思ってくれる人がいるんだなって、羨ましいなって思ったんです。
やっぱりみんなのその情熱と、一生懸命さと、純粋さに、☆押されて☆、「はい、じゃあ信心してみます」ってゆったんです。
そしたらみんながもうね、拍手してね、もうスクラム組んでね、私の周りでスクラム組んでね、なんか…歌ってくれましたよ!泣きながら!ほんとに。
だからあの時のアメリカのメンバーのしつこさがなかったら、今の私はほんとに無いっていうことと、この宗教は世界的になってるんだって思ったんですね。
だからあの今の創価学会も、世界のほうがすごくて(笑う、今に日本が一番遅れる(^Д^)っていう感じににゃんじゃにゃいかなってww
「私その代表でーす┗(^o^)  逆輸入信心 の代表です」

「…煩悩即菩提と説かれるように、」
(ナレーター:信心したあとも、雪村さんは様々な宿命に直面しました。それらを乗り越えることができたのは、剛情な信心と温かく見守る人生の師匠の存在でした。)

あたしは、池田先生がいらっしゃるから、信心続けてこられたと思ってます。まぁご本尊様やっぱり根本ですし、御書根本ですけれども、ご本尊様は何にも言ってくれませんしww御書もなかなか難しいですけれどもwwww本当に先生の、いま先生が世界に向かってなさってること、世界中の信心してる人もしてない人も含めて、あんっだけ人を幸せにし、人に尊敬され、あんっだけの労働をしてる人は、世界広しといえども先生しかないですね。

(ナレーター:絵画も雪村さんにとって欠かせない世界です。昭和57年に二科展に入選して10年、創作活動を続けていく中で多くの友との出会いがありました。)

もう皆さん私信心してることはあのご存知なんです。だからやっぱり気持ちのいいお友達のお付き合いをたくさん持っていきたいし、これからやっぱりほんとに、法華経は人の振る舞いって言われるから、自分が「あー、信心してる人って素晴らしいな」って言われるような自分になるように常にまいしゅんね、まいしゅん宿命転換しながら、人間革命しながら、一人でも多くの方にね、あのこの信心をお教えする役割を果たしていきたいって、それが私の生まれてきた本当の目的なんだって、やっぱり思います。
歌手は手段なんだって。そこらへんがねはっきり分かったときに、私の人生は変わりました。はい。

(ナレーター:歌手として画家として、そして学会の太陽、婦人部として。どこまでも自由闊達に人生を歩む雪村さん。その明るい姿は信仰による勝利の証といえるのではないでしょうか。)

(ナレーター:創価ルネサンスの輝く新時代。限りない希望と勇気と歓喜に満ちた、すばらしきわが人生!今、新しい旅立ちのときが訪れているのです!)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。