幸せ奏でる家族のハーモニー

素材 > 元ネタ語録 > 幸せ奏でる家族のハーモニー


(ナレーション1994年11月に開催されたアジア青年平和音楽祭で五万人によるベートーベンの代行を指揮した塩田さんは現在埼玉県入間市に住んでいます。 塩田さんとその家族には創価学会員として育んできた尊い信仰体験がありました。 塩田さんは音楽一家に生まれ幼いころから音楽に親しんできました。本格的に音楽の道を志したのは中学三年の時指揮者として名高い小澤征爾さんと出合いその人格と音楽に魅了されたからです。そして大学時代からオペラ界の中で数多くの下積みを経験していきます。奥さんの紫さんとの出会いは紫さんが藤原歌劇団に入団したころ学会の地域セミナーで歌う歌のレッスンを塩田さんに依頼したことに始まります。)

紫「さっそく彼にお願いしましてそれでがくふを日本歌曲やオペラの他に学会歌を数曲下の方に交えてあのー渡しました。
であの彼がこう見ててウーンウーンてかっこつけてみてて、で森が崎?母?ウーンてこう考えてるんですね。てこれ山本真一ウーン僕すみませんこのような曲知らないんですけどっておっしゃるので私も女子部らしくハイ!これはですねアノー学会で私はアノー歌わせていただくんですがこれは学会!学会歌と言いまして池田先生の作った詩に歌を付けているんですって言ったらー ガガガガガガガガッカイ!?ガガガッカイ!!?ガッカイッテアノ ソソソウカガッカイ!?キミガッカイハイッテルノ??エ、エエェガッカーイ!?バサッ☆ って感じでもう楽譜なげすててカッコマンの彼が取り乱したようになりまして」

カッコマン「 創価学会っていうのはですねほんとにもう嫌いだった。これはもう意味もなく毛嫌いしていたって今では思うんですけど。

ナレーター「塩田さんの協力によってセミナーは大成功、紫さんは心から塩田さんにお礼をしたいと思い、妹の茜さんが出演している富士学生合唱団定期演奏会に招待します。塩田さんはその時以来学生たちの音楽活動会には特別な思いをはせて積極的に参加しています。その特別な思いとはその翌日紫さんからふたたびオーケスストラを聞きにいきませんかと誘われこれまで知らなかった富士学生交響楽団の演奏に触れたことにあります。」

紫「最初はこー カッコマン ですから足なんか組んじゃってカッコつけてみてたんですけど、だんだんだんだんこう身をのりだして、で演奏が終了したとたんにため息をハァーーってついてもう大きな拍手を送ってくれて、デアノーポツッ☆と言ったのがウーン感動です。こんなにエネルギッシュな演奏をする団体があるとは、ですごくアノー感動してたんですね。それであのこの団体を振るには創価学会に入らないと触れないんですか?ていうのですかさず そうです創価学会入っている人しか振れないんですー 。って言ったんですね。」

カッコマン「あのね創価学会にはいったらふれるよ、っていわれて。ん…ど、こ、止まってしまったんですがまあじゃあはいります、ということでですね。もう即答の即座にきめて、入会を決意した、経緯ですね。まあ演奏会を聞いてからご本尊頂くまでやっぱりものすごい葛藤ありましてもうホントに自分が創価学会入ったことで家族が納得してくれるかどうかとか、友達、人間関係でもうホントに今までこう積み重ねてきた人間関係がばぁバラバラになってしまうだろうなって、ホントそれが一番こう私にとって重りでした。」

ナレーション「心の葛藤を乗り越えて入会した塩田さんは必死の努力が実り最年少のミュージカル指揮者として抜擢されます。そして二人は結婚。信仰をベースとした幸せな生活がスタートしました。晴れて創価合唱団に入部した塩田さんは、その年の八月に行われる国際的な合唱コンテストに参加するため、イタリアのフィレンツェに旅立ちます。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。