顕正会男子部お遊戯会:ドラえもんショー



進行役「それではここでドラえもんショーをお楽しみください。本日子供の集いで披露させていただきました。ストーリーはこの花巻温泉が舞台となっております。着ぐるみ人形は劇団芙蓉が思いを込めて作成しました。また背景の絵は男子部、女子部の美術科有志8名により、心血注ぎ製作されたものであります。それでは愉快なドラえもんショーをお楽しみください。」

劇団員「男子部の皆さん、こんばんはー!!」
男子部「こ%xad?wadvffg!3D567gr」
劇団員「男子部の皆さんさすが元気ですねー。もう一度、こんばんはー!」
男子部「こん%xad?wadvffg!3D567gr」

劇団員「今年は合宿にドラえもんたちが遊びに来てくれましたよー!」
劇団員「男子部の皆さんは昨年のドラえもんショーは、ビデオで見てくれましたか?」
劇団員「見てくれましたよねー!」

劇団員「それじゃあジャイアンとスネ夫が入信したのは覚えてますかー?」
劇団員「ところがこの二人実は魔にたぶらかされて退転しちゃったんです!」
劇団員「そしたらついに大きな罰が出ました」

劇団員「今日花巻温泉の森の中で、ジャイアンとスネ夫の大事な大事なお母さんが、なんとクマに襲われてしまったんです!」
劇団員「でも皆さん安心してください、もう大丈夫です。ジャイアンとスネ夫が深く懺悔して、御本尊様にご祈念したら、二人のお母さんは助かりました!拍手!!」

劇団員「それからそれから今日の夕方の勤行で、ジャイアンとスネ夫のお母さんも入信したんです!!」
劇団員「なんだかみんなの話を聞いてみたいですね~?それではドラえもんたちを呼んでみましょう!みんな~出ておいで~!!」

「は〜〜〜〜〜い!」



ドラえもん達「こんばんは〜!」
ジャイアン「ジャイアンだよ〜!初めまして〜!」

ドラえもん「僕ドラえもん。男子部の皆さん、初めまして〜」
ドラえもん「去年は男子部の合宿にだけ行けなくて、ごめんなさい」
ドラえもん「今年は、僕も男子部の合宿に、晴れて参加が出来て、光栄です!皆さん、どうぞ、よろしく〜!」

しずか「ジャイアンさんと、スネ夫さん!今日は御本尊様の、罰と、功徳を教えて頂いたわね!」

スネ夫「ママ〜!熊に食べられなくって本当によかったよぉ〜!」
スネ夫ママ「スネちゃま〜怖かったザマス〜」
スネ夫ママ「もうダメかと思ったザマス〜」

ジャイアン「母ちゃん!入信出来て本ッ当によかったぁぁ!」
ジャイアンママ「たけし〜!ご祈念してくれて、ありがとうなぁ!」
ジャイアン「うん!母ちゃん!」
ジャイアンママ「これからは、一緒に、勤行頑張ろうな!」
ジャイアン「うんうん!うん……」

ジャイアンママ「とっころでぇ、のぉび太君のお父さん、随分顔の色艶がいいけど、何かいい、健康法でもやったんですか?」
のび太ママ「うちの主人、毎日勤行しっかりとやってるからですよ、剛田さん」
スネ夫ママ「あ〜らま〜あ、勤行頑張れば、綺麗になれるザマスねぇ〜?」

のび太パパ「それから私、4ヶ月ほど前に、煙草をやめましてね」
のび太パパ「顕正新聞に、煙草の害の連載が、3回も載りましてね」
のび太ママ「2回目の連載までは、やめられなかったんですけどね、ウフフ」
のび太パパ「3回目に載った時は、目が覚めましたね。私、腹決めました!」
のび太パパ「あ、勿論男子部の皆さんも煙草なんて吸ってないですよね?ね?も ち ろ ん ね ?」



しずかママ「ところで、ジャイアン君とスネ夫君は、どうして勤行をやめてしまったの?去年は喜んで入信したのに」
ジャイアン「実は……ジャイ子が!」
ジャイ子「そう、私よ私!私が〜、お兄ちゃんが勤行している時に、お兄ちゃんの部屋のふすまを開けたの!」
ジャイ子「バシィ!」
ジャイアン「っジャイ子!」
ジャイ子「あっお兄ちゃん!あんた何やってんの!?」
ジャイアン「えっ、えっいやあの」
ジャイ子「お兄ちゃん!何やってんのよ!ちょっと!」
ジャイ子「そんな事してると、母ちゃんに言いつけるよ〜!?」
ジャイアン「えっ母ちゃん!?」
ジャイ子「ってね」

ジャイアン「俺、母ちゃんが怖くて」
ジャイアン「それで、それで、勤行をやめちゃったんだぁ……うぅ……」
ジャイアンママ「全く何やってんのよ全く」
ジャイアン「いてえよ母ちゃん」
ジャイアンママ「たけしほらいくよ」



しずかママ「スネ夫さんは、どうして勤行をやめてしまったの?」
スネ夫「うぅぅ…………」
のび太「あっ、そういえば、スネ夫、こんな事言ってた」
のび太「僕ちゃんはぁ〜のび太と違ってぇかっこいいしぃ頭もいいしぃお金持ちなんだぁ〜〜、って」
ドラえもん「うん、慢心しちゃったんだねー」
のび太「うんうん、うんうん」

スネ夫「そんな時、子供を守る会のおじさんが夜おs」
スネ夫「夜遅くに、こんなビラを持って訪ねて来たんだぁ〜〜〜」
「「「 カ〜ルト〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜??????? 」」」

スネ夫「それでぇ〜僕に、スネ夫君はぁ、のび太と違ってぇ〜頭もいいし〜かっこいいからぁ〜勤行なんてやらなくって、い〜んだよぉ〜〜〜〜?」
スネ夫「って優しい声で、言ったんだぁ〜」



ドラえもん「謀りだね」
スネ夫「t」
「「「謀り〜〜〜???」」」
ドラえもん「そう、謀り。第六天の魔王の仕業だ」
「「「だ、第六天の魔王〜〜?」」」
ドラえもん「そうだよ、第六天の魔王。第六天の魔王は顕正会が百万になるのを恐れているんだ」
ドラえもん「だから、もし学校や会社や町で不自然かつ不可解な妨害があったら……」
ドラえもん「第六天の魔王だー!って思えばいいんだ」

ジャイアン「第六天の魔王ってどんな奴だー?そんな奴、まーだ見た事ないぞ?」
ドラえもん「第六天の魔王は〜勲章が大好きでぇ〜」
ドラえもん「それから、世界中を歩き回っているんだ」
ドラえもん「そのくせ弱虫だから〜、い〜っつも、浅井先生から逃げ回っているんだよぉ〜〜」
ジャイ子「勲章が大好きだなんて、なんかす〜〜っごくだっさ〜い!」
ジャイ子「チンドン屋みたいで、なんだかとっても、変な奴〜〜〜〜!!気持ち悪〜〜〜い!!」



しずか「スネ夫さんは、慢心して、油断していたから、謀りを見抜けなかったのね!私も、紛らわしい魔を見破って、強〜い人材になるわ!」
ドラえもん「そして、いろんな魔や敵を粉砕して、顕正会を守るのが、衛護隊!なんだ」
ドラえもん「衛護隊の任務は、一つ!御本尊様をお護りする!」
のび太「一つ!浅井先生をお守りする!」
のび太パパ「一つ!広宣流布に戦う同志を守る!」
ドラえもん「その一方で、仏敵に対しては、毅然たる態度で鉄槌を下す!」
「「「エイヤッ!!!」」」
ドラえもん「これで、よろしいでしょうか?衛護隊長!」

衛護隊長「その通りです」
ジャイアン「わー衛護隊長だー!わーわーわー!」
ジャイアン「僕、衛護隊入れてください!」
ジャイアン「決めた!俺、ぜーったい!衛護隊長になる!!」
ジャイ子「すっごーい!お兄ちゃんかっこい〜!」
ジャイアン「ジャイ子も応援してくれよな!」
ジャイ子「うん!」



「「「「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」」」」
のび太「咲いた……咲いた……!遂に古代バスが咲いた……!!」
のび太ママ「8月3日、顕正会発足の日に咲いたのよ?」
ドラえもん「三千年前の大賀バスだよ!生命の永遠と、仏花の永遠を表すんだぁ……」
ドラえもん「瀬下支隊長、本当にご苦労様でした!」
「「「ご苦労様でした!!!」」」

しずかママ「綺麗だわ〜!なんだか蓮の花を見ていたら、信心頑張んなきゃっていう気持ちが、湧いてきたわぁ〜」
のび太ママ「ジャイアン君、スネ夫君そして二人のお母さん、蓮の花は泥の中にあって、少しも泥に染まらないのよ?」
のび太パパ「同じように、慈雨の菩薩も、世間の濁りに、少しも染まらないんだ」
のび太「染まらないだけじゃないよ?世間が、濁れば濁るほど、広宣流布目指して頑張ろう、って情熱でいっぱいになるんだよ?」

ジャイ子「ああ〜〜〜↑あ〜〜〜〜ああ〜〜〜↓ な ん だ か よ く わ か ん な い け ど  、ジャイ子、感動!!
ジャイアン「ジャイ子も、俺と一緒に、勤行やろう!」
ジャイ子「うん、やるやる、お兄ちゃんと一緒に、勤行、頑張る!」
ジャイアン「母ちゃん、こんな凄い御本尊様にお会いできたのも、母ちゃんのおかげだ!」
ジャイアン「母ちゃん、俺たちを産んでくれて、ありがとう!育ててくれて、ありがとう!!」
ジャイアンママ「フフフフ、なんだよいきなり〜もぉ〜泣かせるじゃないかぁ〜」
ジャイアン「母ちゃん〜」



しずか「そうだ!みんあで、覚えた島で、大好きなお母さんの歌を、歌いましょうよ!」
「「「うたお〜うたお〜」」」
のび太「ママ達〜、聞いててね」
のび太「さんはい!」

どんな ピンチな時も 絶対諦めない
そうさ それが 僕の大好きなお母さん
いつか 日本のみんなが 勤行頑張る日まで
毎日 ご奉公 頑張るお母さん

色んな悪口 パパの反対 決して負けないで
お母さん折伏頑張って 僕もご祈念するから
広宣流布のその日まで 一緒に頑張るからね

スネ夫ママ「うれしいザマス〜〜感激ザマス〜〜」
スネ夫ママ「ご奉公、頑張るザマス〜〜〜」
ジャイアンママ「うれしいねぇ〜〜、母ちゃんも、みんなから悪口言われても、信心、がんばるよ」
のび太ママ「広宣流布したら、今まで悪口言っていた人も、みんな前からやっていたって言うのよ」
スネ夫「すごいねぇ〜〜!そしたら僕、み〜んなに自慢できるねぇ〜〜!!」

ドラえもん「それは違うよ

ドラえもん「スネ夫、少しも自慢する必要は無いよ」
ドラえもん「広宣流布したら、僕達は黙って引っ込んでいるんだ」
しずかママ「そうよ、みんなが悪口を言う今こそ、頑張りましょう」
のび太パパ「そして、顕正会が百万を超えて、いよいよ強くなる時、強敵と四つに組んで戦うのが、君たち男子部なんだ」
のび太「悪人は恐れ、善人は頼る!若き獅子の大集団だね!」
のび太「新しい日本を作るのは、僕達だね!」

ジャイアン「そうだ!俺たちが、頑張ろ〜!」
スネ夫「そうだ、頑張ろう!」
ジャイアン「みんな、最後に歌って、踊ろうぜ〜!
「「「さんせ〜〜〜!!」」」
ジャイアン「ドラえもん、こっちだよ」
ドラえもん「僕、踊り下手だから許してね」



しずか「わ〜〜〜〜〜〜〜↑楽しかったわ〜〜〜〜〜〜!!」
ドラえもん「そろそろ、お別れの時間です」
ドラえもん「みんな、今夜は大いに語り合いましょう!」
ドラえもん「それでは、さみしいけれど、さ〜よ〜う〜な〜ら〜〜!!」
「「「さようなら〜〜〜〜!!!」」」



スネ夫「天の菩薩は、退転しない!だから、僕も、もう絶対に退転しない!!僕は、生まれ変わる!!」

のび太「僕も、邪宗の奴らが何人かかって来ても!一人で、屈伏させる実力を、備えて参ります!!」

ジャイアン「卑劣な池田大作は、絶〜ッ対!許さないッ!!!
ジャイアン「皆さん、男子精鋭一万人で大行進し!全員で、堂々と正義の雄叫びを!池田の耳に、入れてやろ!!!」
「「「お〜〜〜」」」

のび太「スネ夫!ジャイアン!平成16年の、一国勧業は、百万の、指針弘法無くしては、絶対に有り得ないんだ!!」
のび太「百万達成を決定的にする、本年終盤の戦い、その鍵たる九十万突破の歴史的九月、野比班も四名の請願、断じて成し遂げて参ります!!」

「一!一!一、二!」
「一!一!一、二!」
「一!一!一、二!」

「左向け〜左!」
「頭〜〜、右!」
「直れ!」
「前へ〜進め!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。