※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィシュヌ

バリヒンドゥー三大神の一人。「ヴィシュヌ」ともいう。
古代インド聖典では生命を支える維持・繁栄の神とされる。
バリ島では「水」の神なので、川沿いや橋に飾られることが多い。神鷲ガルーダの背に乗って空を舞う。石彫り・木彫りのモデルとしてはチャクラ(手裏剣)を持っている姿が多い。
この神を象徴する色は青や紫などすべてを混ぜ合わせた「黒」。一般にウィシュヌの妃はラクシュミーであるが、一説には、河と水の女神サラスワティがウィシュヌの妃とされることがある。

2006年03月


SIZE:約11×11×30.5cm,約3kg
材質:ジャワ産火山性白石
パワー:繁栄と栄光








Powered by














|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|