バトルROワイアル@Wiki anotherB-1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルートB epilogue?


♀GMが閉ざされていた扉を力づくでこじあける。
それを止めようと、後ろからその手を掴むヒャックを振り切って室内に入る。
その部屋には、一つの宝玉が安置されていた。
♀GMは一度躊躇した後、その宝玉を起動させた。

♂アチャ:話の前後に脈絡が無いんだが……

「アルケミ卑怯杉wwww修正してやるwwwぅぇ」
「ぎゃあああ、眼があああ眼がああああ。」
「ぐ、ぐるじいいいい。が、がんべんして・・・。」

♂アチャ:♂アコと♂ケミだけかい

宝玉から聞こえてくる、それら一つの音も漏らすまいと聞き入る♀GM。
しかし、そこから聞こえてくるのは悲鳴、苦悶、そして怨嗟の声ばかり。
震えながら、それでも耳を背けようとはしない。
そうする♀GMの意志の源がヒャックにはわからなかった。
責任感? 自虐? それもあるだろう、だが♀GMのこの行動にはもっと別の意味もある気がした。

♂アチャ:あのさ、いいかげん言っていいか……
ヒャック:なんだい?
♀GM:こっからが良い所なんじゃないですか~
♂アチャ:だーれがそのまんまやれって言ったよ!

♀GM:だって私達の見せ場ってそもそも少ないですから、なんとか
♂アチャ:あったりまえだろ!
ヒャック:なあ♀GM、もし本気で目立ちたいっていうのなら…
♂アチャ:首輪付けるのは必須だぞ
ヒャック:第二回に是非参戦したいというのなら止めはしないが
♂アチャ:俺なら出演依頼あっても、心の底から断るね

♀GM:ごめんなさい、許してください_| ̄|○



目次
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|