バトルROワイアル@Wiki 041


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

041.微笑み



「……」

 僕───♂剣士は、ただぼうっとして大きな湖畔に立ちすくんでいた。
 きっと、数時間後に死刑を待つ囚人の気持ちはこういったものだろう。
 何となく、そんな気がした。

 言われた事実は、余りにも過酷で。
 こうしていると夢のようにも思える。
 けれど、首を摩ると、僕が『繋がれている』証明が在る。
 見えない鎖がくっついた皮の首輪だ。


 さく。


 ふと、土を踏む音が聞こえて振り返る。

「誰…? 言っておくけど、僕にやる気は無いよ?」

 どうせ、どう足掻いたって、殺されるだろう。

「奇遇ね…私達もそう」

 振り返った先に居たのは、♀アーチャーと、♀マーチャント。
 僕にそういったのは、弓手の方だ。隣には、頭に猫耳を付けた商人がくっ付いている。

「珍しいね。てっきり、皆その気になってる人ばかりだと思ってた」

 言うと、弓手は憮然そうな顔、商人は残念そうな顔をしていた。

「心外ね…」
「そうですよっ。信じないと駄目ですっ」

 ぴょこぴょこと、商人の頭の上で猫耳が揺れている。
 彼女は、一歩、歩み出ると、僕の手を握る。

「よかったら、私達といきませんかっ?」

「いいの?」

「いいよいいよ。歓迎するよ」

 やがて…僕は、立ち上がる。
 二人の言葉に、ほんの少し勇気が沸いていた。
 きっと、それは僕の武器よりも、ずっと強いんだろう。
 その手の柔らかさが、僕のいくじなさを砕いていった。

「ありがとう…」


 その言葉に、二人は頷く。

 少し、遅れてしまったけれど、僕の出立の時がやってきたようだった。

「あ…ごめんですぅ。ちょっと、先に行っててもらえないですか?」

 僕と♀アーチャーは頷く。

「それじゃあ、おねがいしますぅ。直ぐ、追いつきますねっ」



 それから…商人の少女は、二人の後姿を見ていた。

 その口元に、三日月の様な微笑みを浮かべて。

戻る 目次 進む
040 目次 042
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|