バトルROワイアル@Wiki 115


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

115.farewell to the innocence


風が吹いた。
木々がざわめき、色づき始めた葉を降らせた。
木の葉はひらりひらりと頼りなく宙を漂い、
幾枚かはつぶてとなって、少年の髪に、鼻すじに舞い降ちた。
肌を撫ぜるかすれた感触は、少年にこう問うているようだった。

――いつまで、ここでこうしているのですか?

(動かなきゃ……)
少年は両手足を踏ん張り、立ち上がろうとした。
力が入らなかった。
体中の力が抜け落ちて、指一本動かすことが出来なかった。
空は雲ひとつない快晴で、日の光が川面できらきらと踊っている。
穏やかでうららかな昼下がり。
目の前には、頭蓋が割れ全身を血にまみらせた♀プリースト。
少し離れて、背中にナイフを突き立て、首をあらぬ方向に曲げた♀シーフ。
背にしたテントの中には、苦悶の表情のままこと切れたときらぐ主人公。
ほんの少し前まで笑いあって、一緒にご飯を囲んでいたのに。
一緒に行こうと、助け合おうと誓ったはずなのに。
少年は喉がカラカラにひりつくのを感じた。
水を飲みたいと思ったが、井戸の水も川の水もとても口にすることは出来ない。
かといって、食卓に残されたものを再び口にする勇気はなかった。
どれに毒が入っているかもわからないのだ。

――この中に人殺しが居るんですよー!
――貴方達みんなグルなんでしょう? それで私達を殺そうとして騙したのね!
――嘘つき……みんなで協力しようって言ったのに……
――知っりませ~ん♪ 私はま・だ・毒なんて入れてませんでしたからぁ~
――……呪われちゃった……神様に……あたしが人殺しだから……

誰が毒を仕込んだのか、誰が嘘を付いていたのか。
誰を信じればよかったのか。
わからない。わかっているのは、残ったのは自分だけだということ。
自分以外の5人は死んで、もう戻ってこないのだということ。
(一人ぼっちになっちゃった……)
どうしよう。どうすればいい?
またゲームが始まった時のように、死んだふりをして誰かに拾われるを待つ?
そうしてまた誰かに庇護されて、その人の足を引っ張るのだろうか。
"ゲームに乗った人"に見つかってしまったらどうしよう。
いや、例え優しそうな人に拾われたとしても、その人を信じることが出来るだろうか。

筋がゾクリとした。
(どうしよう、……信じるのが、こわい)
♀剣士と出会った時は、彼はまだ知らなかったのだ。疑心と裏切りの恐怖を。
この僅か数分の間に、彼はヒトの心の深淵を叩きつけられた。
彼は扉を開けてしまった。もう元の純真な心には戻れない。
(師匠……教えて、ボクはどうすればいいの? 助けて、師匠)

――少年、君に問おう。戦いの結果を決めるものはなんだ?

ふいに耳の奥で、懐かしい声がよみがえった。

――装備か?能力か?スキルか?
――財力、運、仲間の有無?

ああ、そうだ。あれは初めて師匠に出会った時。
師匠はボクになんて言った?

――それらのものは全て結果を決定付けるものではない。一番重要なのは

そう、一番大切なのは。
少年は右手をもちあげた。そしてその手で胸元をぎゅうと握りしめた。
「ここだよね、師匠」
瞬間、強い風が吹いた。
木の葉がくるくると渦を描き、風の中へと消えていく。
少年はその中心に、微笑をたたえる♀剣士の姿が見えたような気がした。
「師匠は知ってたんだね、ココがそういう世界だって」
師匠はボクをずっと側においてくれた。
ボクのことを、裏切るかもしれないってこれっぽちも疑わなかった?
ううん、違う。師匠はボクの何倍もこの世界のことを知っていたもの。

裏切りも騙しあいも、きっと何度も見てきたはずだ。
じゃあどうして、ボクを側に置いてくれたの?
……それはきっと、心が強かったから。
たとえ裏切られても手折られない強さがあったから。
ボクに欠けているのは強さだ。
もちろん体力も筋力も、他の参加者に比べて劣ってる。
でも今ボクに何より必要なのは、心の強さだ。
一人でがんばれないのも、他の人を信じれないのも、心が弱いからだ。

――立ち上がるがいい、少年。君は歩みを諦めるにはまだ若すぎる

「師匠、ボクは、強くなれるのかな……強くなりたい、なりたいよおぉぉぉ……」

ぽろぽろと、両の目から涙があふれ出た。
涙の粒は後から後から流れ出て、止まる気配を見せなかった。
それをぬぐうことなく、悲しみや憤りを塞き止めることもなく。
少年は地に伏し、心の全てを押し流すように、泣いた。



戻る 目次 進む
114 目次 116
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|