バトルROワイアル@Wiki 120


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

120.夢見る狐


少女は、なんの疑いもなく♂BSに走りよる。
「おーーい!」
♂BSは月夜花をちらりと見て、また視線をあさっての方にもどした。
「ねえ!BSさん一緒に行こう!ボク1人じゃさみしくて…」
「・・・・・・・・・ろ」
なにかボソリと言った。
「ん?なあに?協力してくれるの?」
「邪魔だ…消えろ」
刹那、斧が振り下ろされた。それをなんとかかわす月夜花。
「こいつもっ…殺す側なの…?」
月夜花は、離れて体勢を立て直す。
♂BSの出す殺気に彼女は恐怖した。しかし、幼い少女の姿をしているとはいえ月夜花は魔族だ。こんな事で怯えるわけにはいかない。
「エヘヘ…DOP…もう君に会えないかも…」
彼女は覚悟を決めた。刺し違えても奴を倒すと…。
力を封じられてるとはいえ、月夜花は♂BSよりちょっと弱いレベルだ。
武器がないから術や、武器がなくてもできりスキルを打ち続けた。
「フロストダイバー!ホーリーライト!メマーナイト!!」
しかしどれも通用しているようにはみえない…。
「ダメだ…敵わないよ…なんだよコイツ…」
「終わりか…?」
―もう…この手しか
一撃でしなないよう、エナジーコートを唱え、すばやく動けるよう
速度増加をかけた。あとブレッシングも…。
「う…うわあああああああああああああああ!!」
月夜花は♂BSに突撃した。♂BSの斧が彼女に振り下ろされた。
その斧は…月夜花の左肩に深々と刺さった。肺まで達したほど…。
―痛い…。痛いイタイイタイ……
彼女は大量の血を吐いた。
「ゴブゥ…。こ…これで…終わり…だよ…。」
月夜花は自分の首輪に手をかけた。
―剣士クン…。ボクもそっちにいくよ…。
爆発から少し離れた所に右腕を失った♂BSが気を失って倒れていた。


<月夜花 死亡>
<残り25名>

戻る 目次 進む
119 目次 121
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|