バトルROワイアル@Wiki 121


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

121.Marionette


♂BSに襲われたところを、間一髪♀クルセに救われて逃げ果せた♀BSだったが、その歩みは目的地へと辿り着く前に止まっていた。
「どうしよう……」
約束の場所は、アルデバラン。
しかし、そこへ行くための唯一の通り道である赤芋峠が、もうすぐ禁止区域になろうとしていた。
閉じ込められ、そのまま死を待つなんてことは御免である。
命の恩人とも言える人との約束だ。出来ることなら守りたくはあったが……。
「やっぱりダメ。場所を変えるしかない」
彼女が自分の立場だったとしても、ここでアルデバランに向かうようなことはしないだろう。
進行方向を変える必要があった。
「けど……」
この位置から一番近いのはプロンテラ。
現実世界ではもっとも人々の集う、ルーンミッドガッツの首都。
「……」
だがそれ故に、彼女は恐れていた。
人が集まるということは、それだけ襲われる可能性も増えるということ。
もし、もし再び誰かに襲われたら。
そしてそれが、自分の憧れた彼だったら。
自分は正気でいられるだろうか。
恐怖に駆られて人を殺すことも無く、かといって殺されることもなく、無事に彼女と会えるのか。
「そんなの無理!無理よぉっ!!」
無理だ。無理に決まっている。
彼女の心は恐怖でいっぱいだった。
体は常にブルブルと震えているし、木々のざわめきにさえ身構えた。
今も知らず知らずのうちに、腰の包丁に手がかかっている。
「誰も……誰もいなくなればいいのに」
自分を脅かすものなんて全て消えれば良い。
そうすれば恐怖に身を竦ませる事も無い。暖かいベッドで、とまでは行かなくても、心休まる穏やかな眠りも迎えることが出来る。
そうだ。
いなくなってしまえ。
いなくなってしまえ。
いなくなってしまえ!!
「…そう、か」
そう思ったとき、彼女の中で何かが切れた。
今までに死した者たちの怨念か、はたまた舞台に渦巻く狂気の成した悪戯か。
確かに何かが、彼女の中で変わった瞬間だった。
「フ、ウフフ……」
簡単だった。
消せば良かったんだ。
自分の気に入らないもの、自分に危害を加えるもの、自分以外のもの!!
だって―――。
だって、あの人もそうしてる。
自分が惹かれ、憧れ、欲したあの人。
♂BSだって、私を殺そうとしたじゃないか!!
「ウフフフフ……アハ、アハハハハ、ハハハハハハハハッ!!!!」
恐怖というものは、ここまで人を変えることが出来るというのだろうか。
そこに、先ほどまで震えていたか弱き女性の姿は無く。
安寧を、安楽を求めるが故に、そして、何よりも人として生きることを求めたが故に。
人である事を捨てた一つの傀儡が、壊れた笑いを響かせていた。



戻る 目次 進む
120 目次 122
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|